キシュウローレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キシュウローレル
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1970年4月19日
死没 1974年10月27日
ゴールデンパス
カネスカイ
生国 日本北海道門別町
生産 浦新栄太郎
馬主 木村善一
調教師 梅内慶蔵栗東
競走成績
生涯成績 15戦7勝
テンプレートを表示

キシュウローレルは、日本競走馬阪神3歳ステークスを制した牝馬である。同期には、タケホープ地方競馬出身の怪物・ハイセイコーらがいる。

年齢は当時に合わせ旧表記に統一する)

戦績[編集]

朝日チャレンジカップ勝ちのある持込馬グレイソヴリンソヴリンパス産駒ゴールデンパスを父として、キシュウローレルは1970年4月19日に誕生した。厩舎の主戦騎手である梅内忍(現・調教師)を背に、1972年9月17日のデビュー戦を大差勝ち、次走・デイリー杯3歳ステークスをレコード勝ち[1]と快進撃。更に、オープン勝ちを挟んで挑戦した阪神3歳ステークスを紅一点ながら1番人気で快勝。これらの勝利(4連勝)が決め手となり、キシュウローレルはこの年の優駿賞最優秀3歳牝馬に選ばれた。

1973年、紅梅賞も勝って5連勝を飾ったキシュウローレルは、関西3歳牝馬ナンバー1として、牝馬クラシック路線の大本命になった。阪神4歳牝馬特別では断然の1番人気に支持されたが、当初は伏兵レベルと目されていた3番人気の関東馬ニットウチドリのレコード駆けにクビ差で敗れ去る。これをきっかけにニットウチドリが桜花賞馬の大本命に浮上し、2番人気に転落したキシュウローレルは本番での雪辱に燃えたが、またしてもニットウチドリのレースレコードに屈し3馬身半という決定的な差を付けられて敗れ去った。距離適性もあってオークスに参戦を見送り[2]、休養に入り立て直しを図ったが、復帰緒戦の京都のオープン戦では好位追走が裏目と出て1番人気を裏切る3着と初めて連対を外し、次く阪神のセントウルステークスも2着逃げ粘り止まりと不本意な結果に終わった。

年が明けて1974年金杯では距離の壁もあって9着に惨敗し、続く適距離(1600メートル)のオープンも3着敗退に終わった。ここで、陣営は空き巣同然の中京のオープンに出走し、5馬身の差を付け久し振りの勝利を得た。勝利の感触を掴んだと考えた陣営は、次走の阪神のオープンでは大胆な追い込み戦法を試みたものの、全く良い所無くブービー負けを喫した為、体勢立て直しを図るべく再度休養を挟む事となった。

休養明け緒戦の早鞆ステークス(小倉1200メートル)では、キシュウローレルは再び逃げる作戦を取る事になった。前走の負け方を見て、陣営ではやはりこの馬には逃げが最良の作戦であると認識した。そして、陣営の期待通り1分9秒4のレコードタイムで逃げ切り勝ちを収め、短距離の快速馬としての素質の高さを改めて周囲に知らしめた。

いよいよ完成の域に達したキシュウローレルは、10月27日の第9回京都牝馬特別を最後に引退し、その快速振りを次世代に受け継ぐべく繁殖入りする事となった。1歳下の4歳馬イットーに次ぐ離れた2番人気の支持を受けたキシュウローレルは得意の先行でレースを進めたが、京都競馬場第3コーナーの坂の下りで馬場に空いた蹄の跡に脚を取られ、左前脚の開放骨折を発症し転倒してしまった。

落馬の弾みで馬場に投げ出された梅内騎手は、後続の馬に踏まれるなどして瀕死の重傷を負い[3]、先行集団にいたイットーは大きな不利を受けて10着敗退の上、回避行動の際に右後脚を7針縫う裂傷を負った為、秋の大目標であったビクトリアカップに出られなくなった。

誰の目から見ても予後不良と分かる重傷だったキシュウローレルは、何とか自力で立ち上がり開放骨折した脚部から血を流しながらもゴールに向かって歩き出したが、やがて係員に取り押さえられその日のうちに安楽死の措置がとられた。

血統表[編集]

キシュウローレル血統グレイソヴリン系 / Nearco 5×5=6.25%・Gainsborough 5×5=6.25%) (血統表の出典)
父系

ゴールデンパス
1962 黒鹿毛
父の父
Sovereign Path
1944 芦毛
Grey Sovereign Nasrullah
Kong
Mountain Path Bobsleigh
Path of Peace
父の母
*アサンテイクヰーン
Ashanti Queen
1953 黒鹿毛
The Cobbler Windsor Slipper
Overture
Dark Duet Winterhalter
Peeky

カネスカイ
1965 黒鹿毛
*リンボー
Limbo
1949 鹿毛
War Admiral Man o'War
Brushup
Boojie Boojum
Foxiana
母の母
嶋丘
1959 鹿毛
*ライジングフレーム
Rising Flame
The Phoenix
Admirable
クモタヘ クモハタ
新雪 F-No.7-c
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

本馬は仔を残すことができなかったが、全妹であるキシューファイターからはダンシングファイタ(1983年中山牝馬ステークス)が出ており、さらにそのダンシングファイタの子孫からゴーイングスズカ(1998年目黒記念、2000年福島記念)、タイムフェアレディ(2001年フラワーカップ)などが出ている。

脚注[編集]

  1. ^ この時記録した1分22秒2のレコードタイムは、コースレコードとして1991年阪神改装工事まで残った。
  2. ^ そのため、キシュウローレルは一度も関東で走っていない。
  3. ^ この落馬事故から数ヵ月後に復帰するが、復帰後は体重増に悩まされ、落馬前程の成績を挙げられなくなり、1984年に騎手を引退している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]