阪神ジュベナイルフィリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阪神ジュベナイルフィリーズ
Hanshin Juvenile Fillies
Sodashi Hanshin Juvenile Fillies 2020(IMG2).jpg
第72回優勝馬ソダシ
(鞍上、吉田隼人
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 阪神競馬場
創設 1949年12月18日
2020年の情報
距離 芝1600m
格付け GI
賞金 1着賞金6500万円
出走条件 サラ系2歳牝馬(国際)(指定)
負担重量 馬齢(54kg)
出典 [1] [2]
テンプレートを表示

阪神ジュベナイルフィリーズ(はんしんジュベナイルフィリーズ)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬重賞競走GI[3]である。競馬番組表での名称は「農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ」と表記している[2]

競走名の「ジュベナイルJuvenile)」は、英語で「少年」「少女」を意味する。また、「フィリー(Filly)」は「(特に4歳までの)牝馬」を表している[4]

正賞は農林水産大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞[5]

概要[編集]

1949年に、関西所属の3歳(現2歳)馬チャンピオン決定戦として「阪神3歳ステークス(はんしんさんさいステークス)」の名称で創設[6][7]。施行距離は当初芝1200mだったが、1962年より芝1600mに変更。2006年より同年新設された外回りコースに変更して、現在に至る[6][7]

1991年より牡馬牝馬のチャンピオン決定戦を明確にすることを目的として、本競走は牝馬限定戦に変更[6][7]。あわせて競走名も「阪神3歳牝馬ステークス(はんしんさんさいひんばステークス)」に変更され、3歳(現2歳)牝馬チャンピオン決定戦として位置づけられた[6][7]。その後、2001年より馬齢表記が国際基準に改められたのに伴い、現名称となった[6][7]

外国産馬は1971年から、地方競馬所属馬は1995年から出走可能になったほか、外国馬も2010年から出走可能になった[6]

本競走の優勝馬が翌年の中央競馬で行われる3歳クラシックでも活躍する例がみられるなど、中央競馬の3歳クラシックに直結する競走として重要とされている[6][7]

競走条件[編集]

以下の内容は、2021年現在[1][2]のもの。

出走資格:サラ系2歳牝馬(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(後述)
  • 外国調教馬(優先出走)

負担重量:馬齢(54kg

出馬投票を行った馬のうち、優先出走権を得ている馬から優先して割り当て、その他の馬は通算収得賞金が多い順に割り当てる。

地方競馬所属馬の優先出走権[編集]

地方競馬所属馬は同年に行われる以下の競走のいずれかで2着以内に入着すると、本競走に優先出走できる[1][8][9]

競走名 競馬場 距離
アルテミスステークス GIII 日本の旗東京競馬場 芝1600m
ファンタジーステークス GIII 日本の旗京都競馬場 芝1400m

上記のほか、中央競馬で施行する芝の2歳重賞で1着となった地方競馬所属馬も出走申込がができ、この場合は他の中央競馬所属馬と同じ条件で選出される[10]

2022年からは中央競馬で施行する芝の2歳重賞で1着となった地方競馬所属馬は優先出走権が得られる[11]

賞金[編集]

2020年の1着賞金は6500万円で、以下2着2600万円、3着1600万円、4着980万円、5着650万円[1][2]

歴史[編集]

  • 1949年 - 3歳馬による競走「阪神3歳ステークス」の名称で創設、阪神競馬場の芝1200mで施行[6]
  • 1955年 - 名称を「農林省賞典 阪神3歳ステークス」に変更(ただし、1956年から1958年を除く)。
  • 1960年 - 芝1400mに変更[6](1962年から芝1600mに変更)。
  • 1971年 - 混合競走に指定され、外国産馬が出走可能になる[12]
  • 1978年 - 名称を「農林水産省賞典 阪神3歳ステークス」に変更。
  • 1984年 - グレード制施行によりGI[注 1]に格付け。
  • 1991年
    • 競走条件を「3歳牝馬」に変更。
    • 競走名を「農林水産省賞典 阪神3歳牝馬ステークス」に変更[6]
  • 1995年 - 特別指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬が出走可能になる[12]
  • 2001年
    • 馬齢表記を国際基準へ変更したのに伴い、競走条件を「2歳牝馬」に変更[6]
    • 競走名を「農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ」に変更[6]
  • 2006年 - 「阪神競馬場芝外回りコース新設記念」の副称をつけて施行[13]
  • 2007年 - 日本のパートI国昇格に伴い、格付表記をJpnIに変更[14]
  • 2010年
    • 国際競走に指定され、外国調教馬が出走可能になる[15]
    • 格付表記をGI(国際格付)に変更[15]
  • 2019年 - 「阪神競馬場開設70周年記念」の副称をつけて施行[5]

歴代優勝馬[編集]

距離はすべて芝コース。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

競走名は第1回から第7回・第9回から第42回が「阪神3歳ステークス」、第8回は「京都3歳ステークス」、第43回から第52回は「阪神3歳牝馬ステークス」[6]

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1949年12月18日 阪神 1200m ウイザート 牡2 1:16 1/5 浅見国一 梶与三男 岩本政一
第2回 1950年11月23日 阪神 1200m ミネハル 牡2 1:14 0/5 長浜彦三郎 武輔彦 隅田荘三
第3回 1951年12月16日 阪神 1200m テツノハナ 牡2 1:13 2/5 吉永猛 渋川久作 永田忠
第4回 1952年12月21日 阪神 1200m ワカクサ 牝2 1:13 1/5 境勝太郎 石門虎吉 宇治田泰次郎
第5回 1953年12月13日 阪神 1200m ヤシマアポロ 牡2 1:13 4/5 土門健司 清水茂次 小林喜子
第6回 1954年12月19日 阪神 1200m ライデンオー 牡2 1:12 0/5 上田三千夫 上田武司 上田清次郎
第7回 1955年12月11日 阪神 1200m トサモアー 牝2 1:12 0/5 大柳英雄 清水茂次 鮫川由五郎
第8回 1956年12月23日 京都 1200m ミスオンワード 牝2 1:12 3/5 栗田勝 武田文吾 樫山純三
第9回 1957年12月15日 阪神 1200m メイジミドリ 牡2 1:13 1/5 清水久雄 増本勇 中野忠雄
第10回 1958年12月7日 阪神 1200m インターナシヨナル 牡2 1:13 1/5 池之上豊 田之上勲 永田忠
第11回 1959年12月6日 阪神 1200m コダマ 牡2 1:12.0 栗田勝 武田文吾 伊藤由五郎
第12回 1960年12月18日 阪神 1400m リユウライト 牡2 1:24.2 宮本悳 橋本正晴 三好諦三
第13回 1961年12月17日 阪神 1400m チトセハーバー 牡2 1:27.4 伊藤修司 伊藤勝吉 野間勘一郎
第14回 1962年12月16日 阪神 1600m コウタロー 牡2 1:41.5 松本善登 梅内慶蔵 橋元幸吉
第15回 1963年12月22日 阪神 1600m プリマドンナ 牝2 1:39.0 松本善登 武田文吾 園田信太
第16回 1964年12月20日 阪神 1600m エイトクラウン 牝2 1:37.6 佐々木昭次 田中康三 山口昇
第17回 1965年12月19日 阪神 1600m ニホンピローエース 牡2 1:38.2 田所稔 小川佐助 小林保
第18回 1966年12月18日 阪神 1600m タイギヨウ 牡2 1:37.0 田島日出雄 武平三 中山芳雄
第19回 1967年12月17日 阪神 1600m マーチス 牡2 1:37.6 保田隆芳 伊藤修司 大久保常吉
第20回 1968年12月15日 阪神 1600m リキエイカン 牡2 1:39.4 高橋成忠 柏谷富衛 水上力夫
第21回 1969年12月14日 阪神 1600m タニノムーティエ 牡2 1:37.4 安田伊佐夫 島崎宏 谷水信夫
第22回 1970年12月13日 阪神 1600m ロングワン 牡2 1:39.0 田口光雄 松田由太郎 中井長一
第23回 1971年12月12日 阪神 1600m ヒデハヤテ 牡2 1:35.1 福永洋一 伊藤修司 伊藤英夫
第24回 1972年12月10日 阪神 1600m キシュウローレル 牝2 1:35.8 梅内忍 梅内慶蔵 木村善一
第25回 1973年12月9日 阪神 1600m キタノカチドキ 牡2 1:36.2 武邦彦 服部正利 初田豊
第26回 1974年12月8日 阪神 1600m ライジン 牡2 1:36.1 須貝四郎 橋田俊三 森本博
第27回 1975年12月7日 阪神 1600m テンポイント 牡2 1:37.1 鹿戸明 小川佐助 高田久成
第28回 1976年12月12日 阪神 1600m リュウキコウ 牡2 1:37.1 久保敏文 久保道雄 三好笑子
第29回 1977年12月11日 阪神 1600m バンブトンコート 牡2 1:35.1 伊藤清章 伊藤修司 樋口正蔵
第30回 1978年12月10日 阪神 1600m タマモアサヒ 牡2 1:36.1 田島良保 吉永猛 三野道夫
第31回 1979年12月9日 阪神 1600m ラフオンテース 牝2 1:35.4 岩元市三 布施正 小柴タマヲ
第32回 1980年12月7日 京都 1600m サニーシプレー 牡2 1:36.3 内田国夫 伊藤雄二 山本慎一
第33回 1981年12月6日 阪神 1600m リードエーティ 牡2 1:36.4 田島信行 服部正利 熊本芳雄
第34回 1982年12月12日 阪神 1600m ダイゼンキング 牡2 1:35.8 田原成貴 武田作十郎 大塚弘美
第35回 1983年12月11日 阪神 1600m ロングハヤブサ 牡2 1:35.4 河内洋 小林稔 中井長一
第36回 1984年12月16日 阪神 1600m ダイゴトツゲキ 牡2 1:36.3 稲葉的海 吉田三郎 竹村正一
第37回 1985年12月15日 阪神 1600m カツラギハイデン 牡2 1:36.0 西浦勝一 土門一美 野出一三
野出長一
第38回 1986年12月14日 阪神 1600m ゴールドシチー 牡2 1:37.1 本田優 清水出美 (株)友駿ホースクラブ
第39回 1987年12月20日 阪神 1600m サッカーボーイ 牡2 1:34.5 内山正博 小野幸治 (有)社台レースホース
第40回 1988年12月18日 阪神 1600m ラッキーゲラン 牡2 1:35.6 村本善之 池江泰郎 ロイヤルファーム(有)
第41回 1989年12月17日 阪神 1600m コガネタイフウ 牡2 1:35.7 田原成貴 中村好夫 瀬古孝雄
第42回 1990年12月9日 京都 1600m イブキマイカグラ 牡2 1:34.4 南井克巳 中尾正 (有)伊吹
第43回 1991年12月1日 阪神 1600m ニシノフラワー 牝2 1:36.2 佐藤正雄 松田正弘 西山正行
第44回 1992年12月6日 阪神 1600m スエヒロジョウオー 牝2 1:37.9 田面木博公 吉永猛 小林乙次郎
第45回 1993年12月5日 阪神 1600m ヒシアマゾン 牝2 1:35.9 中舘英二 中野隆良 阿部雅一郎
第46回 1994年12月4日 阪神 1600m ヤマニンパラダイス 牝2 1:34.7 武豊 浅見国一 土井商事(株)
第47回 1995年12月3日 阪神 1600m ビワハイジ 牝2 1:35.3 角田晃一 浜田光正 (有)ビワ
第48回 1996年12月1日 阪神 1600m メジロドーベル 牝2 1:34.6 吉田豊 大久保洋吉 メジロ商事(株)
第49回 1997年11月30日 阪神 1600m アインブライド 牝2 1:35.8 古川吉洋 宮徹 荒木美代治
第50回 1998年12月6日 阪神 1600m スティンガー 牝2 1:37.0 横山典弘 藤沢和雄 吉田照哉
第51回 1999年12月5日 阪神 1600m ヤマカツスズラン 牝2 1:35.6 M.キネーン 池添兼雄 山田博康
第52回 2000年12月3日 阪神 1600m テイエムオーシャン 牝2 1:34.6 本田優 西浦勝一 竹園正繼
第53回 2001年12月2日 阪神 1600m タムロチェリー 牝2 1:35.1 O.ペリエ 西園正都 谷口屯
第54回 2002年12月1日 阪神 1600m ピースオブワールド 牝2 1:34.7 福永祐一 坂口正大 飯田正
第55回 2003年12月7日 阪神 1600m ヤマニンシュクル 牝2 1:35.9 四位洋文 浅見秀一 土井肇
第56回 2004年12月5日 阪神 1600m ショウナンパントル 牝2 1:35.2 吉田豊 大久保洋吉 国本哲秀
第57回 2005年12月4日 阪神 1600m テイエムプリキュア 牝2 1:37.3 熊沢重文 五十嵐忠男 竹園正繼
第58回 2006年12月3日 阪神 1600m ウオッカ 牝2 1:33.1 四位洋文 角居勝彦 谷水雄三
第59回 2007年12月2日 阪神 1600m トールポピー 牝2 1:33.8 池添謙一 角居勝彦 (有)キャロットファーム
第60回 2008年12月14日 阪神 1600m ブエナビスタ 牝2 1:35.2 安藤勝己 松田博資 (有)サンデーレーシング
第61回 2009年12月13日 阪神 1600m アパパネ 牝2 1:34.9 蛯名正義 国枝栄 金子真人ホールディングス(株)
第62回 2010年12月12日 阪神 1600m レーヴディソール 牝2 1:35.7 福永祐一 松田博資 (有)サンデーレーシング
第63回 2011年12月11日 阪神 1600m ジョワドヴィーヴル 牝2 1:34.9 福永祐一 松田博資 (有)サンデーレーシング
第64回 2012年12月9日 阪神 1600m ローブティサージュ 牝2 1:34.2 秋山真一郎 須貝尚介 (有)シルク
第65回 2013年12月8日 阪神 1600m レッドリヴェール 牝2 1:33.9 戸崎圭太 須貝尚介 (株)東京ホースレーシング
第66回 2014年12月14日 阪神 1600m ショウナンアデラ 牝2 1:34.4 蛯名正義 二ノ宮敬宇 国本哲秀
第67回 2015年12月13日 阪神 1600m メジャーエンブレム 牝2 1:34.5 C.ルメール 田村康仁 (有)サンデーレーシング
第68回 2016年12月11日 阪神 1600m ソウルスターリング 牝2 1:34.0 C.ルメール 藤沢和雄 (有)社台レースホース
第69回 2017年12月10日 阪神 1600m ラッキーライラック 牝2 1:34.3 石橋脩 松永幹夫 (有)サンデーレーシング
第70回 2018年12月9日 阪神 1600m ダノンファンタジー 牝2 1:34.1 C.デムーロ 中内田充正 (株)ダノックス
第71回 2019年12月8日 阪神 1600m レシステンシア 牝2 1:32.7 北村友一 松下武士 (有)キャロットファーム
第72回 2020年12月13日 阪神 1600m ソダシ 牝2 1:33.1 吉田隼人 須貝尚介 金子真人ホールディングス(株)
第73回 2021年12月12日 阪神 1600m サークルオブライフ 牝2 1:33.8 M.デムーロ 国枝栄 飯田正剛

記録[編集]

  • レースレコード - 1:32.7(第71回優勝馬レシステンシア)[16]

世界の主な2歳牝馬競走[編集]

イギリス[編集]

フランス[編集]

アイルランド[編集]

アメリカ[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 重賞競走一覧(レース別・関西) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 117. 2021年12月26日閲覧。
  2. ^ a b c d 令和3年第6回阪神競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2021年12月26日閲覧。
  3. ^ 競馬の阪神JF前日最終オッズはナミュールが1番人気”. 産経ニュース (2021年12月11日). 2021年12月11日閲覧。
  4. ^ 2021年度第5回阪神競馬特別レース名解説(4日目) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 3. 2021年12月26日閲覧。
  5. ^ a b 令和元年5回阪神競馬番組”. 日本中央競馬会. 2019年12月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m レースについて:阪神ジュベナイルフィリーズ 今週の注目レース”. 日本中央競馬会. 2017年12月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年12月4日閲覧。
  7. ^ a b c d e f レースガイド(阪神JF)”. netkeiba.com. 2015年12月8日閲覧。
  8. ^ □地が出走できるGI競走とそのステップ競走について【令和3年度】 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2021年12月26日閲覧。
  9. ^ 競馬番組一般事項(V 出馬投票、V-2-(4)-ハ-(一)) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 22 (2021年). 2021年5月30日閲覧。
  10. ^ GI競走およびそのステップ競走に出走する地方競馬所属馬の決定方法 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2021年12月26日閲覧。
  11. ^ [地]が出走できるGI競走等とそのステップ競走について【令和4年度】 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2021年12月26日閲覧。
  12. ^ a b 中央競馬全重賞成績集【GI編】
  13. ^ 2006年の成績表参照。
  14. ^ 2007年の成績表参照。
  15. ^ a b 2010年の成績表参照。
  16. ^ 【阪神JF】レシステンシア“あっ逃”驚くレコード女王 桜と同タイム!5馬身圧勝”. netkeiba.com (2019年12月9日). 2019年12月9日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]

外部リンク[編集]