レッドリヴェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レッドリヴェール[1]
Red-Reveur IMG 2305-2 20131208.JPG
2013年12月8日
第65回阪神ジュベナイルフィリーズ表彰式
欧字表記 Red Reveur[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛[1]
生誕 2011年2月19日(8歳)[1]
抹消日 2016年8月31日
ステイゴールド[1]
ディソサード [1]
母の父 Dixieland Band[1]
生国 日本の旗 日本北海道千歳市[1]
生産 社台ファーム[1]
馬主 (株)東京ホースレーシング[1]
調教師 須貝尚介栗東[1]
競走成績
タイトル 最優秀2歳牝馬(2013年)[1]
生涯成績 18戦3勝[1]
獲得賞金 1億8158万8000円[1]
 
勝ち鞍
GI 阪神ジュベナイルフィリーズ 2013年
GIII 札幌2歳ステークス 2013年
テンプレートを表示

レッドリヴェール日本競走馬である。2013年阪神ジュベナイルフィリーズ札幌2歳ステークスを勝ち、JRA賞最優秀2歳牝馬に選出された[1]

経歴[編集]

2歳(2013年)[編集]

6月1日に阪神競馬場の芝1600mの2歳新馬戦クレイグ・ウィリアムズを鞍上にデビューし、3番手から最後逃げた馬を差しきってデビュー戦を飾った。8月31日に函館競馬場で行われた札幌2歳ステークス(芝1800m)は極悪馬場の中で最後差しきって重賞初制覇を果たした。そして暮れの阪神ジュベナイルフィリーズは最後は1番人気に推されたハープスターやフォーエバーモアとの追い比べとなり、ハープスターにハナ差制し、GI制覇となった。鞍上の戸崎圭太はJRA移籍後初のGI制覇、管理する須貝尚介は阪神ジュベナイルフィリーズ連覇となった。また無敗で阪神ジュベナイルフィリーズを優勝したのは2011年のジョワドヴィーヴル以来2年ぶり、札幌2歳ステークス優勝馬が阪神ジュベナイルフィリーズを優勝したのは1995年のビワハイジ以来18年ぶりとなった。また、ステイゴールド産駒の牝馬としては初のGI制覇となった。

3歳(2014年)[編集]

桜花賞トライアルを使わず、桜花賞に直行した。レースは1番人気のハープスターよりも前でレースを進めて、最後の直線は一度は先頭に立つも最後は最後方から追い込んできたハープスターに差されて2着に敗れ、初めて土がついた。

桜花賞後、陣営はオークスではなく、ウオッカ以来となる日本ダービーの出走を表明。鞍上は福永祐一が手綱を取ることとなった。ダービーの結果次第では、斤量面で有利な凱旋門賞へ挑戦する可能性があることを明かした[2]。しかし、ダービーはいいところなく12着に敗れた。

このダービーの結果から凱旋門賞へは行かず、秋はローズステークスから秋華賞へのローテーションに変更することとなった[3]。そして、秋初戦のローズステークスは直線で伸び切れず、6着に敗れた。続くエリザベス女王杯は16着と大敗し3歳シーズンを終えた。

4歳(2015年) 〜5歳(2016年)[編集]

4歳以降は惨敗が続き、2016年の札幌記念16着後、左前腱周囲炎が判明。8月31日付けで競走馬登録を抹消し現役を引退した。引退後は社台ファームで繁殖牝馬となる[4][5]

繁殖成績[編集]

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績
初仔 2018年 鹿毛 モーリス

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2013.06.01 阪神 2歳新馬 芝1600m(良) 5 4 04 004.4(03人) 01着 1:37.9(33.3) -0.1 C.ウィリアムズ 54kg (タイセイララバイ)
0000.08.31 函館 札幌2歳S GIII 芝1800m(不) 14 1 01 005.1(02人) 01着 1:59.7(41.3) -0.0 岩田康誠 54kg (マイネグレヴィル)
0000.12.08 阪神 阪神JF GI 芝1600m(良) 18 4 08 014.6(05人) 01着 1:33.9(34.1) -0.0 戸崎圭太 54kg ハープスター
2014.04.13 阪神 桜花賞 GI 芝1600m(良) 18 6 12 007.4(02人) 02着 1:33.3(33.4) -0.0 戸崎圭太 55kg ハープスター
0000.06.01 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 17 8 16 008.5(04人) 12着 2:25.8(34.6) -1.2 福永祐一 55kg ワンアンドオンリー
0000.09.21 阪神 ローズS GII 芝1800m(良) 17 7 14 002.2(01人) 06着 1:46.8(34.1) -0.8 福永祐一 54kg ヌーヴォレコルト
0000.10.19 京都 秋華賞 GI 芝1600m(良) 17 4 08 007.2(02人) 06着 1:57.6(33.4) -0.6 福永祐一 55kg ショウナンパンドラ
0000.11.16 京都 エリザベス女王杯 GI 芝1600m(良) 18 6 11 040.6(13人) 16着 2:13.9(34.7) -1.6 福永祐一 54kg ラキシス
2015.04.11 阪神 阪神牝馬S GII 芝1400m(稍) 17 4 08 004.7(02人) 06着 1:21.7(34.4) -0.6 C.ルメール 54kg カフェブリリアント
0000.05.17 東京 ヴィクトリアマイル GI 芝1600m(良) 18 2 04 007.8(03人) 04着 1:32.4(33.7) -0.5 C.ルメール 55kg ストレイトガール
0000.08.02 札幌 クイーンS GIII 芝1800m(良) 10 2 02 002.0(01人) 02着 1:47.1(34.6) -0.0 C.ルメール 55kg メイショウスザンナ
0000.10.17 東京 府中牝馬S GII 芝1800m(稍) 17 2 03 004.3(02人) 15着 1:47.4(35.2) -1.1 戸崎圭太 54kg ノボリディアーナ
0000.11.22 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 6 12 089.4(15人) 15着 1:33.9(33.9) -1.1 A.アッゼニ 55kg モーリス
0000.12.19 中山 ターコイズS 重賞 芝1600m(良) 16 7 13 011.3(07人) 15着 1:36.7(34.8) -1.0 内田博幸 54kg シングウィズジョイ
2016.04.09 阪神 阪神牝馬S GII 芝1600m(良) 13 3 03 043.3(08人) 12着 1:34.2(33.9) -1.1 菱田裕二 54kg スマートレイアー
0000.05.15 東京 ヴィクトリアマイル GI 芝1600m(良) 18 3 05 122.5(18人) 14着 1:33.5(36.0) -2.0 石川裕紀人 55kg ストレイトガール
0000.07.31 札幌 クイーンS GIII 芝1800m(良) 13 4 04 018.9(08人) 04着 1:48.2(34.1) -0.5 K.ティータン 55kg マコトブリジャール
0000.08.21 札幌 札幌記念 GII 芝2000m(稍) 16 7 14 042.9(10人) 16着 2:04.7(39.5) -3.0 坂井瑠星 55kg ネオリアリズム

血統表[編集]

レッドリヴェール血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系
[§ 2]

ステイゴールド 1994
黒鹿毛 北海道白老町
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
ゴールデンサッシュ 1988
栗毛 北海道白老町
*ディクタス Sanctus
Dronic
ダイナサッシュ *ノーザンテースト
*ロイヤルサッシュ

*ディソサード
Desaucered 1991
鹿毛 アメリカ
Dixieland Band 1980
鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Mississippi Mud Delta Judge
Sand Buggy
母の母
I'm Out 1984
鹿毛
Lord Gaylord Sir Gaylord
Miss Glamour Gal
*ダンシングフリー Dancing Count
Flamingo Way
母系(F-No.) Almahmoud系(FN:2-d) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 18.75% 5x3・5、Cosmah 9.38% 4x5、Turn-to 6.25% 5x5、Almahmoud 6.25% 5x5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ レッドリヴェール 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  2. ^ 競馬ラボ レッドリヴェールの繁殖牝馬情報2019年2月19日閲覧。
  3. ^ [6]JBISサーチ レッドリヴェール 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com レッドリヴェール 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  • 半兄に3歳時にベンジャミンステークス勝ちなどオープンで活躍したサードニックスがいる。
  • 母系はAlmahmoud~Cosmahの系統である。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 日本軽種馬協会,JBIS(Japan Bloodstock Information System),レッドリヴェール,基本情報,2019年1月22日閲覧。
  2. ^ レッドリヴェール号の今後の出走予定について (PDF) 東京ホースレーシング公式ニュースリリース
  3. ^ 2014年8月14日 スポーツニッポン(2014年9月2日閲覧)
  4. ^ レッドリヴェール号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2016年8月31日閲覧
  5. ^ レッドリヴェールが引退 13年阪神JF覇者 左前腱周囲炎netkeiba.com、2016年8月31日閲覧
  6. ^ 平出貴昭 (2014年9月17日). “『覚えておきたい日本の牝系100』収録の全牝系一覧”. 競馬“血統”人生/平出貴昭. 2019年2月19日閲覧。
  • netkeiba.comより

外部リンク[編集]