トサモアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トサモアー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1953年4月14日
死没 1974年
トサミドリ
第三スターリングモア
母の父 月友
生国 日本の旗 日本北海道函館市
生産 鮫川由五郎
馬主 鮫川由五郎
調教師 清水茂次阪神
競走成績
生涯成績 22戦14勝
獲得賞金 591万6880円
テンプレートを表示

トサモアー日本競走馬阪神3歳ステークス神戸杯を制し、桜花賞および菊花賞で2着に入る活躍を見せた。1955年に啓衆社賞最優秀3歳牝馬に選出された。

牝系子孫にリキエイカンスズカコバンヤエノダイヤオースミハルカらを輩出する名牝系の祖として、また夭折の天才騎手大柳英雄の代表騎乗馬として知られている。

戦績[編集]

馬齢は旧表記(数え)とする。

トサモアーは、生産者の鮫川由五郎の持ち馬として1955年清水茂次厩舎に入厩し、若手の大柳英雄騎手を鞍上に、札幌競馬場でのデビュー戦を勝利で飾った。次のレースでは3着に敗れたものの、その後5連勝し、12月11日に行われた阪神3歳ステークスでも勝利を挙げ、3歳を7戦6勝の成績で終えて休養に入った。

桜花賞を目標に3月のオープン戦で復帰する事になったトサモアーであったが、デビュー戦以来のパートナーだった大柳騎手は、前年12月24日のレースで落馬殉職し、既にこの世の人では無かった。そこで、新たなパートナーとして境勝太郎騎手を迎え、オープンを快勝して臨んだ桜花賞では、力をつけていたミスリラの2着に敗れた。その後京都4歳特別(2着)を挟み、3戦2勝としてオークスに出走したが、フエアマンナの3着となり、さらに連闘で出走した日本ダービーでは、重馬場が苦手な事や、落馬事故などの影響もあって、最下位の25着(出走27頭で2頭落馬)に敗れた。

1ヶ月後、松永高徳騎手に乗り代わって出走した毎日杯では、苦手の不良馬場もあって2着となったが、続く条件戦を勝利して暫く休養に入った。

休養明けの特ハンでヒヤキオーガンを破って勝利すると、次の京都杯[1]で2着に健闘し、続く3歳限定の神戸杯を63キロという酷量[2]を克服し、ミスリラらを退け快勝。更にオープンにも勝利し、最後の一冠である菊花賞に出走した。キタノオーハクチカラに次ぐ3番人気に支持されたトサモアーは、キタノオーには敗れたものの、ハクチカラヘキラクを下して2着に入り、高い能力を示した。

しかしながら、トサモアーはこのレースを最後に引退し、繁殖牝馬となった。通算22戦14勝、日本ダービー以外では3着を外すこともない非常に安定した成績を残した競走馬だった。

引退後[編集]

引退後は産まれ故郷の鮫川牧場に戻り、繁殖牝馬としてローエングリン[3]金鯱賞)を出し、牝駒モンテホープからはリキエイカンサリュウコバンスズカコバンの母)を、その他の産駒やその仔からも次々と活躍馬を出し、その子孫は現在も鮫川牧場の基幹血統となっている。

血統表[編集]

トサモアー血統ブランドフォード系 / Rock Sand5×5=6.25%) (血統表の出典)

トサミドリ
1946 鹿毛 日本
父の父
*プリメロ
Primero
1931 鹿毛 イギリス
Blandford Swynford
Blanche
Athasi Farasi
Athgreany
父の母
*フリツパンシー
Flippancy
1924 黒鹿毛 イギリス
Flamboyant Tracery
Simonath
Slip Robert le Diable
Snip

第三スターリングモア
1944 鹿毛 日本
月友
1932 栗毛 日本
Man O' War Fair Play
Mahubah
*星友
Alzada
Sir Martin
Colna
母の母
スターリングモア
1929 鹿毛 日本
*シアンモア
Shian Mor
Buchan
Orlass
第九フロリースカツプ *ガロン
*フロリースカツプ F-No.3-l


脚注[編集]

  1. ^ この年のみ、古馬混合のレースで行われた。
  2. ^ 中央競馬発足以降、平地重賞での牝馬の最重斤量勝利。
  3. ^ 1999年生まれの同名の競走馬とは別

外部リンク[編集]