トクザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トクザクラ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1969年4月13日
パーソロン
トクノコギク
母の父 モリマツ
生国 日本の旗 日本 千葉県
生産 (有)徳間牧場
馬主 (有)徳間牧場
調教師 梶与四松(東京
競走成績
生涯成績 17戦7勝
獲得賞金 6115万6400円
勝ち鞍 京成杯3歳S(1971年)
朝日杯3歳S(1971年)
牝馬東京タイムズ杯(1972年)
ダービー卿チャレンジトロフィー(1972年)
テンプレートを表示

トクザクラ1969年4月13日 - ?)は、日本中央競馬会に所属していた競走馬繁殖牝馬。「花の47年組」の一頭。

1971年最優秀3歳牝馬1972年最優秀4歳牝馬を受賞。

経歴[編集]

1969年4月13日千葉県の徳間牧場で誕生しているが、翌14日には同期のノボルトウコウが、16日にはツキサムホマレが産まれている。

徳間牧場を経営していたオーナーの徳間康快日本を代表する実業家映画プロデューサーであり、徳間書店スタジオジブリの初代社長も務めた。

戦績[編集]

1971年7月新潟でデビュー。新馬戦を6馬身差の圧勝で人気に応えると、2戦目の新潟3歳S[1]はレコード勝ち。3戦目の京成杯3歳Sは初の不良馬場での競馬であったが、7馬身差の圧勝とスピードの違いを見せつけた。新潟3歳S・京成杯3歳Sで共にトクザクラの2着に入ったのが、同期のノボルトウコウ。3戦目の京成杯3歳Sで3着に入ったタケフブキは翌年のオークス馬。その後は白菊S4着を前哨戦とし、朝日杯3歳Sに参戦。メンバー唯一の牝馬だったが、騎乗した田村正光と共にGI級競走[2]を初制覇。1972年は始動戦のオープンを安田隆行との初コンビで快勝し、5月に行われた桜花賞では2番人気に推されるも4着。その後は5ヶ月の休養を経て、牝馬東京タイムズ杯[3]ダービー卿CTと重賞を2連続圧勝。その後は有馬記念14着を皮切りに、1974年中山牝馬S7着まで8連続未連対を記録。1974年引退。

引退後[編集]

引退後は繁殖牝馬となったが、目立った産駒は送り出せなかった。その後は不明。

競走成績[編集]

年月日 開催場 競走名 頭数 人気 着順 距離(状態 タイム 着差 騎手 斤量 勝ち馬(2着馬)
1971 7. 24 新潟 新馬 9 1 1着 芝1000m(重) 59.9 6馬身 田村正光 52 (スターチャイルド)
8. 15 新潟 新潟3歳S 9 3 1着 芝1200m(良) R1.10.9 4馬身 田村正光 52 ノボルトウコウ
10. 10 中山 京成杯3歳S 9 2 1着 芝1200m(不良) 1.13.2 7馬身 田村正光 52 (ノボルトウコウ)
11. 6 東京 白菊S 8 1 4着 芝1400m(稍重) 1.25.4 0.3秒 田村正光 54 (トモエオー)
12. 12 中山 朝日杯3歳S 9 4 1着 芝1600m(良) 1.36.2 1/2馬身 田村正光 53 (パワーライフ)
1972 3. 25 阪神 オープン 8 2 1着 芝1600m(重) 1.40.9 2馬身 安田隆行 52 (ハジメローズ)
5. 21 阪神 桜花賞 20 2 4着 芝1600m(良) 1.38.2 0.6秒 田村正光 55 アチーブスター
10. 29 東京 牝馬東京タイムズ杯 15 2 1着 芝1600m(良) 1.35.6 5馬身 田村正光 53 (クリケント)
11. 19 東京 ダービー卿CT 14 1 1着 芝1800m(良) 1.49.6 2馬身 田村正光 53 (ギャラントモア)
12. 17 中山 有馬記念 14 7 14着 芝2500m(良) 2.40.6 2.1秒 田村正光 52 イシノヒカル
1973 1. 27 東京 オープン 10 1 3着 芝1600m(稍重) 1.37.4 0.1秒 加藤和宏 53 キョウエイグリーン
3. 18 中山 中山牝馬S 12 1 7着 芝1800m(良) 1.51.8 0.7秒 田村正光 57 キョウエイグリーン
11. 18 東京 ダービー卿CT 9 4 4着 芝1800m(良) 1.49.3 0.5秒 田村正光 55 ユウシオ
12. 8 中山 オープン 9 1 5着 芝1600m(良) 1.36.0 0.5秒 田村正光 55 ロイヤルスプリンタ
1974 1. 6 東京 金杯(東) 17 7 12着 芝2000m(良) 2.02.8 1.4秒 田村正光 53 イナボレス
1. 27 東京 オープン 8 2 4着 芝1800m(良) 1.50.2 1.0秒 加藤和宏 52 コーヨー
2. 24 中山 オープン 10 - 取消 芝1600m(稍重) - - 加藤和宏 52 (サンポウ)
3. 16 中山 中山牝馬S 13 2 7着 芝1800m(良) 1.51.9 1.0秒 田村正光 55 ラファール
  1. タイム欄のRはレコード勝ちを示す。
  2. 太字の競走は八大競走

脚注[編集]

  1. ^ 当時はオープン特別。
  2. ^ グレード制導入以前。
  3. ^ 寄贈賞を提供していた東京タイムズ1992年7月廃刊)はオーナーの徳間が社長を務めていた。

外部リンク[編集]