シスタートウショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シスタートウショウ
Requestpicture.JPG
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1988年5月25日
死没 2015年3月3日(27歳没)
トウショウボーイ
コーニストウショウ
母の父 ダンディルート
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 トウショウ牧場
馬主 トウショウ産業(株)
調教師 鶴留明雄栗東
厩務員 織川昭則
競走成績
生涯成績 12戦4勝
獲得賞金 2億1785万5700円
テンプレートを表示

シスタートウショウ日本競走馬繁殖牝馬。1991年の桜花賞に優勝、同年のJRA賞最優秀4歳牝馬を受賞した。主戦騎手角田晃一。同郷・同馬主である父トウショウボーイの種牡馬生活後期の傑作と言われる。また美しい馬体と愛らしい表情でも人気を博し、雑誌『優駿』は「最強・最美のトウショウボーイ牝馬」と評した[1]。全弟に1998年北九州記念優勝馬トウショウオリオンがいる。

馬齢は2000年以前に使用された旧表記 (数え年) で統一する。

出生[編集]

父は競走馬時代に「天馬」と称され、種牡馬としても成功を収めていたトウショウボーイ。母コーニストウショウは未勝利馬だが、日本在来の名門牝系であるシラオキ系の出身馬である。良血の組み合わせであったが、トウショウ牧場生産のトウショウボーイ産駒は成績が芳しくなく、またシラオキ系牝馬もトウショウ牧場では成績が良くなかった。コーニストウショウも一時は整理の対象となっていたが、馬体が良かったために特別に牧場に残された[2]。こうした状況下で1988年に誕生したシスタートウショウは、前後駆ともに発達した好馬体を持ち、「両親の良いところだけを受け継いだ馬」と大きな期待を受けた[2]

戦績[編集]

1990年12月、京都競馬場の新馬戦でデビュー[注 1]。当時2年目の若手騎手であった角田晃一を鞍上に、初戦勝利を挙げる。年明けの条件戦福寿草特別ではスタートで出遅れながら2馬身差で勝利、桜花賞への前哨戦として出走したチューリップ賞(当時オープン特別競走)では先行策から抜け出し、重賞2勝のスカーレットブーケに2馬身半差を付けての勝利を挙げ、3戦3勝で桜花賞に臨んだ。

当年の桜花賞は、戦前から稀に見るハイレベルと評されており[3]、中でも5戦5勝・うち重賞2勝のイソノルーブルを筆頭に、牡馬混合重賞2勝のノーザンドライバー、それぞれ重賞2勝のスカーレットブーケとミルフォードスルー、これにシスタートウショウを加えた「5強」の対決と言われた。当日の本馬は4番人気、1番人気にはイソノルーブルが支持されたが、競走前に同馬の左前脚に落鉄が発生、再装着に手間取り、結局裸足のまま発走というアクシデントが起こる。スタートが切られると先行勢が競り合いながら進み、1000m通過57秒5というハイペースとなる。この中でシスタートウショウは中団で落ち着いたレース運びを見せると、直線で早めに抜け出して後続を寄せ付けず勝利。重賞初制覇をクラシック桜花賞で果たした。稍重馬場での競走ながら、優勝タイム1分33秒8は、従来の記録を一挙に1秒短縮するレースレコード[注 2]。鞍上の角田晃一にとっても初のGI競走勝利であり、またトウショウ牧場にとっては父トウショウボーイ以来、15年振りのクラシック勝利となった。

続く優駿牝馬(オークス)では1番人気に支持されたが、スタートで出遅れて最後方からのレースとなった。道中も前に行きたがる素振りを見せたが、角田は後方待機のまま折り合いに専念。最後の直線に入ると後方大外から追い込んで13頭を交わし、ゴール前では逃げ粘りを図るイソノルーブルと馬体を接したが、ハナ差捉えきれず2着となった。

競走後はトウショウ牧場で休養に入ったが、復帰調整中に屈腱炎を発症し、休養は1年半に及んだ。1992年12月にオープン特別競走で復帰するも、8着に終わる。以降は翌1993年の中山記念で2着、続く安田記念で4着と好走を見せるも、勝利には至らなかった。その後、同年秋の目標とした天皇賞への調整中に脚部不安を生じ、競走生活から退いた。

競走成績[編集]

年月日 レース名 頭数 人気 着順 距離(状態 タイム 着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬)
1990 12. 8 京都 新馬 9 2 1着 芝1600m(良) 1:36.8 1 3/4身 角田晃一 52 (バンブーパッション)
1991 1. 5 京都 福寿草特別 15 1 1着 芝2000m(良) 2:03.0 2 1/2身 角田晃一 53 (スナークホワイト)
3. 10 中京 チューリップ賞 13 1 1着 芝1700m(良) 1:44.1 2 1/2身 角田晃一 54 スカーレットブーケ
4. 7 京都 桜花賞 GI 18 4 1着 芝1600m(稍) 1:33.8 2身 角田晃一 55 ヤマノカサブランカ
5. 19 東京 優駿牝馬 GI 20 1 2着 芝2400m(良) 2:27.8 0.0秒 角田晃一 55 イソノルーブル
1992 12. 12 阪神 ポートアイランドS 16 2 8着 芝1600m(良) 1:36.8 0.9秒 角田晃一 58 ワイドバトル
12. 20 阪神 阪神牝馬特別 GIII 16 2 5着 芝2000m(稍) 2:07.1 0.6秒 角田晃一 57.5 ユーセイフェアリー
1993 1. 24 京都 日経新春杯 GII 12 5 6着 芝2200m(良) 2:14.6 0.6秒 角田晃一 55 エルカーサリバー
3. 14 中山 中山記念 GII 14 3 2着 芝1800m(良) 1:47.2 0.2秒 角田晃一 55 ムービースター
5. 16 東京 安田記念 GI 16 5 4着 芝1600m(良) 1:33.7 0.2秒 角田晃一 55 ヤマニンゼファー
7. 11 京都 高松宮杯 GII 14 3 5着 芝2000m(良) 1:59.9 0.9秒 角田晃一 57 ロンシャンボーイ
9. 19 中山 オールカマー GIII 13 2 5着 芝2200m(良) 2:13.6 1.0秒 角田晃一 54 ツインターボ

引退後[編集]

引退後は繁殖牝馬として期待を集めたが、目立った活躍馬は出していない。メジロマックイーンとの間に産まれた初仔のシンディトウショウは、血統面から多大な期待を掛けられながらも、鶴留厩舎に入厩後に黒色腫(メラノーマ)に侵されていることが判明。デビュー前に死亡した。2003年、2005年、2006年に産んだ仔もそれぞれ生後間もなく死亡するなど、順調な繁殖生活ではなかった。唯一、2002年に産んだトウショウパワーズが5勝を挙げ、オープン馬となっている。2007年以降は種付けを行っておらず、トウショウ牧場で功労馬として繋養されていた。

2015年3月3日、老衰により死亡[4]

産駒一覧[編集]

生年 馬名 毛色 戦績(特記)
第1子 1995年 シンディトウショウ 芦毛 メジロマックイーン 不出走
第2子 1996年 シャララトウショウ 鹿毛 リズム 10戦0勝
第3子 1997年 ルナトウショウ 鹿毛 ブライアンズタイム 不出走
第4子 1998年 トウショウハンサム 栗毛 フォーティナイナー 20戦3勝
第5子 1999年 トウショウスピカ 栗毛 ノーザンテースト 53戦5勝(うち地方9戦4勝)
第6子 2001年 トウショウアスロン 鹿毛 カーネギー 36戦3勝
第7子 2002年 トウショウパワーズ 鹿毛 ダンスインザダーク 32戦5勝(うち障害1戦0勝)
第8子 2003年 シスタートウショウの03 栗毛 フジキセキ (生後直死)
第9子 2004年 シリウストウショウ 栗毛 スペシャルウィーク 11戦0勝
第10子 2005年 シスタートウショウの05 栗毛 アグネスタキオン (生後直死)
第11子 2006年 シスタートウショウの06 栗毛 フレンチデピュティ (生後直死)

血統表[編集]

シスタートウショウ血統テスコボーイ系 / Hyperion4・5×5=12.50%) (血統表の出典)[§ 1]
父系 テスコボーイ系
[§ 2]

トウショウボーイ
1973 鹿毛
父の父
*テスコボーイ
Tesco Boy
1963 黒鹿毛
Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Suncourt Hyperion
Inquisition
父の母
*ソシアルバターフライ
Social Butterfly
1957 鹿毛
Your Host Alibhai
Boudoir
Wisteria Easton
Blue Cyprus

コーニストウショウ
1977 栗毛
*ダンディルート
Dandy Lute
1972 鹿毛
Luthier Klairon
Flute Enchantee
Dentrelic Prudent
Relict
母の母
ローズトウショウ
1965 鹿毛
*テューダーペリオッド
Tudor Period
Owen Tudor
Cornice
ワカシラオキ *ソロナウェー
シラオキ F-No.3-l
母系(F-No.) 3号族(FN:3-l) [§ 3]
5代内の近親交配 Hyperion4×5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ シスタートウショウ 5代血統表2016年7月19日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com シスタートウショウ 5代血統表2016年7月19日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ シスタートウショウ 5代血統表2016年7月19日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ シスタートウショウ 5代血統表2016年7月19日閲覧。

全姉エナジートウショウの仔には2007年日本ダービーを64年ぶりに牝馬で優勝したウオッカの母タニノシスター、京王杯スプリングカップ2着馬スカイアンドリュウ、ガーネットステークスの勝ち馬スリーアベニューがおり、半妹ジェーントウショウの仔にはCBC賞2勝など短距離重賞5勝を挙げたシーイズトウショウ、母の姉グレイトウショウの孫には菊花賞マチカネフクキタルがいる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 例年この時期は阪神開催であったが、当年は阪神競馬場が改修のため京都で代替開催。翌年の桜花賞も京都で開催、チューリップ賞中京競馬場で開催されている。
  2. ^ 例年は阪神開催であるが、本競走は京都開催。以後、2004年にダンスインザムードに破られるまで13年間保持された。

出典[編集]

  1. ^ 『優駿』1993年12月号(日本中央競馬会、1993年) p.58
  2. ^ a b 『優駿』1991年8月号(日本中央競馬会、1991年)p.23
  3. ^ 市丸博司『サラブレッド怪物伝説・平成版』(廣済堂出版、1997年)p.187
  4. ^ 桜花賞馬シスタートウショウ死す 27歳老衰”. スポーツ報知. 2015年3月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]