アグネステスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アグネステスコ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1978年3月1日
死没 不明
テスコボーイ
ハンサムエタ
母の父 Grey Ghost
生国 日本北海道浦河町
生産 高昭牧場
馬主 渡辺孝男
調教師 久保道雄栗東
競走成績
生涯成績 19戦4勝
獲得賞金 1億1598万5200円
テンプレートを表示

アグネステスコは、日本競走馬繁殖牝馬1981年エリザベス女王杯の勝ち馬で同年の優駿賞最優秀4歳牝馬にも選出された。

戦績[編集]

※馬齢は旧表記に統一する。

1980年秋に厩舎所属の久保敏文を背にデビュー。初戦は3着に敗れたが、年明け早々にダートの未勝利戦を勝って初勝利をあげる。 その後、ダートの条件戦を2戦勝ちきれず芝に戻って報知杯阪神4歳牝馬特別に参戦。ブロケードが圧勝する中、人気はなかったものの2着に入り、クラシックに駒を進めた。

迎えた桜花賞では前走で完敗したブロケードが快勝する中、好位中団から伸びることなく9着に終わる。 サンケイスポーツ賞4歳牝馬特別6着を挟んで参戦した優駿牝馬は後方から鋭く伸びたもののテンモンの8着。 新たに鞍上に丸山勝秀を迎えて参戦した金鯱賞ではいいところなく10着に終わった。

秋シーズンは鞍上に新たに西浦勝一を迎え、条件戦のサファイヤステークスから始動。あっさりと抜け出し2勝目。 勝った勢いで牡馬に混じって神戸新聞杯に参戦。直線で鋭く伸びて差し切り勝ち。

京都牝馬特別2着を挟んで迎えた本番エリザベス女王杯。5連勝中のオオシマスズラン、桜花賞馬ブロケード、春から幾度となく戦った同父のタケノダイヤに次ぐ4番人気に支持され、レースでは好位追走して抜け出したが、追い込んできたタケノダイヤとのマッチレースになったもののクビ差で競り勝ち最後の1冠を獲得した。

その勢いで臨んだ有馬記念では4歳勢では最先着となる6着。 秋の活躍が評価されて優駿賞最優秀4歳牝馬に選出された。

翌年は日経新春杯で3着になるものの、1番人気の京都記念で8着、サンケイ大阪杯7着、春の天皇賞11着といいところなく、宝塚記念12着を最後に引退した。

引退後[編集]

引退後は繁殖入りしたが、父ノーザンテーストのアグネスフェルティが1勝を挙げたのみである。

血統表[編集]

アグネステスコ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 テスコボーイ系
[§ 2]

*テスコボーイ
Tesco Boy
1963 黒鹿毛
父の父
Princely Gift
1951 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Blue Gem Blue Peter
Sparkle
父の母
Suncourt
1952 黒鹿毛
Hyperion Gainsborough
Selene
Inquisition Dastur
Jury

*ハンサムエタ
Handsome Etta
1966 芦毛
Grey Ghost
1957
Vilmorin Gold Bridge
Queen of the Meadows
Silver Strap The Satrap
Silver Box
母の母
Handsome Wyn
1949
Halbadier Spearhead
Cyden
Sports Girl Lo Zingaro
Gay Nymph
母系(F-No.) フロリースカツプ(GB)系(FN:2-s) [§ 3]
5代内の近親交配 Fiarway)5.5×5=9.38%、Solario)5.5×5=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ アグネステスコ 5代血統表2017年07月31日閲覧。
  2. ^ JBISサーチ アグネステスコ 5代血統表2017年07月31日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ アグネステスコ 5代血統表2017年07月31日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ アグネステスコ 5代血統表2017年07月31日閲覧。