フェアウェイ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェアウェイ
Fairway (horse).jpg
欧字表記 Fairway
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1925年4月15日
死没 1948年11月30日
Phalaris
Scapa Flow
母の父 Chaucer
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 第17代ダービー伯爵
馬主 第17代ダービー伯爵
調教師 フランク・バタース
競走成績
生涯成績 15戦12勝
獲得賞金 42,722ポンド
テンプレートを表示

フェアウェイFairway1925年 - 1948年)はイギリス競走馬種牡馬。1920年代後半に活躍した。馬名フェアウェイは「航路」の意で、兄ファロスが灯台、母スカパフローが港名だったことに由来している。そのほかの兄弟に1000ギニーに優勝したフェアアイル(全妹)がいる。タイムフォームによる20世紀世界の名馬200選では35位に格付けされている。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

フェアウェイは祖父のポリメラスに似て、非常に胴長で神経質な馬であった。1927年5月に競走馬としてデビュー。デビュー戦では競走中にバランスを崩し6着に敗れたがその後7月にかけて3連勝した。同馬を晩成型と見ていたダービー伯爵の側近ジョージ・ラムトンの判断から、この年はそれ以上レースに出走することなくシーズンを終えた。この年ジョッキークラブが発表した2歳フリーハンデではハーミット、ブランドに並び、126ポンドという高い評価を得た。

1928年、当初は2000ギニーに出走するプランが立てられていたがレース前日になって口腔内に膿種があることが判明し、出走を断念。陣営は目標をダービーステークスに切り替えた。フェアウェイは5月に前哨戦のニューマーケットステークスを勝利し、翌6月のダービーステークスには本命で出走した。しかしコースに出て観客席を横切るパレードの最中、興奮した観客に取り囲まれ、馬体に触られ尻尾を引っ張られるなどしたフェアウェイは神経を高ぶらせて大量に発汗し、さらにスタートが遅延するアクシデントに見舞われてますます苛立ちを募らせた。レースではスタートで出遅れ、そのまま全く見せ場を作ることなく7着に敗れた。

この後しばらくフェアウェイはエプソムダービーのことを引きずり神経質になっていたが、バタース調教師の努力で少しずつ回復すると、7月のエクリプスステークスに挑んだ。このレースは名牝ブックロウなどが出走していたが、フェアウェイは2着馬に8馬身の着差をつけ優勝した。9月には最後のクラシックとなるセントレジャーステークスに出走。フランスから遠征して来たパリロイヤルを破って優勝し、最後のチャンスをものにしてクラシック優勝馬となった。その後10月にチャンピオンステークスに出走。アルゼンチン馬フォリエイションを下し優勝し、5戦4勝でこの年のシーズンを終えた。

1929年、4歳になったフェアウェイはさらに充実し、バーウェルステークス、ルース記念ステークス、プリンセスオブウェールズステークスと3連勝した。続くエクリプスステークスではロイヤルミンストレルに敗れたが、秋にはチャンピオンステークス連覇を果たし、ジョッキークラブカップにも3馬身差で勝った。ジョッキークラブカップに勝った直後、陣営はフェアウェイの長距離適性を計るためにバタースの管理馬でゴールドカップ優勝馬のボスワースと4000mにわたってマッチレースをさせた。その結果フェアウェイが勝利し、適性ありと判断した陣営は翌1930年のゴールドカップを目指し激しい調教を課したが、フェアウェイは途中で屈腱炎を発症し競走馬を引退した。

種牡馬時代[編集]

フェアウェイは1931年から種牡馬となり、ウッドランド牧場で供用された。ダービー伯爵のフェアウェイに対する期待は大きく、全兄ファロスをフランスに売却するほどであった。フェアウェイはその期待に違わず大きな成功を収め、初年度産駒が4歳になった1936年にイギリスのリーディングサイアーとなった。その後も毎年コンスタントにリーディングサイアーの上位を占め、1939、1943、1944年にリーディングサイアーとなった。

代表産駒は二冠馬ブルーピーターフェアトライアルなど。産駒には2000ギニーおよび1000ギニーを優勝したものが5頭いる一方、ゴールドカップやグッドウッドカップなどの長距離レースで活躍したものは一頭もいない。なお、産駒には父に似て多汗な馬が多かった。

フェアウェイの産駒は種牡馬として世界中で成功を収め、イギリスでフェアトライアル、フランスでフェアコピー、アルゼンチンでフルセールがリーディングサイアーとなった。日本へはハロウェーが輸入され、リーディングサイアー上位の常連として活躍した。

1946年、フェアウェイは腰を麻痺させて種付けを中止した。麻痺は次第に下半身全体に拡大し、1948年に安楽死処分となった。

年度別競走成績[編集]

  • 1927年(4戦3勝)
  • 1928年(5戦4勝)
    • セントレジャーステークス、エクリプスステークス、チャンピオンステークス、ニューマーケットステークス
  • 1929年(6戦5勝)
    • チャンピオンステークス、ジョッキークラブカップ、プリンセスオブウェールズステークス、バーウェルステークス、ルース記念ステークス

主な産駒[編集]

血統[編集]

フェアウェイは名馬ファロスの3歳下の弟で、第17代ダービー伯爵らしくセントサイモンの3×4というインブリードが施されている。だが、血統的には兄とまったく同じにもかかわらず、兄と父に似ず長い脚と胴を持つひょろりとした体格で、顔以外はまったく似ていないといわれた。実際にこの兄弟のタイプはかなり違っており、ファロスは短距離を得意としたが、フェアウェイは長距離を得意としていた。

血統表[編集]

フェアウェイ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 フェアウェイ系ファラリス系[2]<サイリーン系[3]ベンドア系[4]ストックウェル系[5]エクリプス系[6]ダーレーアラビアン系[7]

Phalaris
1913 黒鹿毛
父の父
Polymelus
1902 鹿毛
Cyllene Bona Vista
Arcadia
Maid Marian Hampton
Quiver
父の母
Bromus
1905 鹿毛
Sainfoin Springfield
Sanda
Cheery St.Simon
Sunrise

Scapa Flow
1914 栗毛
Chaucer
1900 黒鹿毛
St.Simon Galopin
St.Angela
Canterbury Pilgrim Tristan
Pilgrimage
母の母
Anchora
1905 栗毛
Love Wisely Wisdom
Lovelorn
Eryholme Hazlehatch
Ayrsmoss
母系(F-No.) Sedbury Royal Mare(FN:13-e) [§ 2]
5代内の近親交配 St. Simon 3×4、Springfield 4×5、Hermit 5×5 [§ 3]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [8]
  3. ^ [9]


脚注[編集]

  1. ^ 日本軽種馬協会 Japan Bloodstock Information System Fairway(GB) 5代血統表 2017年8月11日閲覧。
  2. ^ 『競馬百科』日本中央競馬会・編,1976,p198
  3. ^ 『競馬百科』p194
  4. ^ 『競馬百科』p194
  5. ^ 『競馬百科』p194
  6. ^ 『競馬百科』p184
  7. ^ 『競馬百科』p184
  8. ^ 『競馬 サラブレッドの生産および英国競馬小史』デニス・クレイグ著、マイルズ・ネーピア改訂、佐藤正人訳、中央競馬ピーアールセンター刊、1986,p184
  9. ^ 日本軽種馬協会 Japan Bloodstock Information System Fairway(GB) 5代血統表 2017年8月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 原田俊治『世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1970年

外部リンク[編集]