サンドピアリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サンドピアリス
Requestpicture.JPG
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1986年5月17日
死没 2007年6月14日(21歳没)
ハイセイコー
イエンライト
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 岡田牧場
馬主 (株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
調教師 吉永忍栗東
競走成績
生涯成績 18戦3勝
獲得賞金 1億2767万4400円
テンプレートを表示

サンドピアリスは、日本競走馬および繁殖馬1989年エリザベス女王杯を最低人気で制した。20頭立て20番人気・単勝配当43,060円はグレード制施行後のGI記録で、現在も破られていない[1]。2007年6月14日に老衰で死亡した。

名前の由来[編集]

サンドピアリスとは「砂の貴婦人」という意味である。元々、母・イエンライトは中央競馬でダートで10勝を挙げていた馬、父・ハイセイコーは公営出身の名馬であり、サンドピアリスもエリザベス女王杯に出る前に挙げていた2勝はいずれもダートでのものだった。

エリザベス女王杯[編集]

春にダートで2勝したサンドピアリスだが、芝では京都4歳特別で0秒5差とはいえ9着に敗れるなど2戦2敗であった。秋は900万下のダートに3回出走するが、いずれも掲示板外に敗れている。そんな馬がエリザベス女王杯に使われたのは、馬主のヒダカ・ブリーダーズ・ユニオンが「(一口馬主としての)初年度募集馬をGIに出走させたい」と考え、また、吉永忍調教師も「主戦騎手岸滋彦[2]をGIに出走させてやりたい」と考えた為であった。そんなサンドピアリスは「20頭立ての20番人気」と人気が全くないのも無理はなく、関西テレビ杉本清アナウンサーは、最後の直線で「外を通りまして3枠から一頭サンドピアリスだ…、おおなんとサンドピアリスだ」と一瞬絶句した後にサンドピアリスの名前を伝え、ゴール前では「しかしびっくりだ、これはゼッケン番号6番、サンドピアリスに間違いない!」と実況した。後に杉本は著書の中で『いくらなんでもこの馬は来ないだろうと思っていたサンドピアリスが伸びてきて、それ以外に先頭争いをする馬も人気薄ばかりだった為「焦って焦って焦りまくった」』と、このレースについて書いている。

エリザベス女王杯の勝利は陣営にとっても予想外の出来事に映り、騎手の岸と調教師の吉永にしても、勝利インタビューで「サンドピアレス…」と馬の名前を最後まで間違えて答えていた。

このレースは優勝したサンドピアリスが最低の20番人気、2着10番人気、3着14番人気と人気薄が立て続けにゴールし、逆に1番人気のシャダイカグラが競走中の故障により最下位に沈んで単勝配当43060円と言う超大穴配当となった。この当時は単勝、複勝、連勝複式(現・枠連)の3種類しかなかったため、単勝配当に目がいってしまうが、後に馬連、ワイド、馬単、3連複、3連単と投票方法が増えていく毎に、このレースの推定配当金額が机上理論で語られる様になっている[3]

競走成績[編集]

エリザベス女王杯以降は1勝もできなかったが、牡馬相手に重賞でも好走しており、エリザベス女王杯勝ちがフロックではないところを見せている。しかも、その好走がいずれも波乱を呼んだ当時のエリザベス女王杯と同じ京都芝2400メートルでのものだった(現在はエリザベス女王杯と京都記念が芝外2200メートルになっている)。

  • 1989年(9戦3勝)
    • エリザベス女王杯(芝2400メートル)
  • 1990年(7戦0勝)
  • 1991年(2戦0勝)

繁殖成績[編集]

タマモストロング

同期のシャダイカグラライトカラーは有力な産駒には恵まれなかったのに対し[4]、サンドピアリスは繁殖牝馬としてダート交流戦の雄、タマモストロングを出して成功を収めている。

サンドコロネット、サンドハーブ、サンドピクチャーの3頭は繁殖入りしている。サンドコロネットの子テイエムゲンキボは荒尾九州記念肥後の国グランプリに優勝、サンドピクチャーの子タマモリターン兵庫県競馬組合園田競馬場荒山義則厩舎に入り、2008年12月31日に開催された第37回園田ジュニアカップに優勝した。

2005年に出産した黒鹿毛の牝馬は、2007年11月29日付でサンドヴィーナスという名でJRAに競走馬登録された。

血統表[編集]

サンドピアリス血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ハイペリオン系

ハイセイコー
1970 鹿毛
父の父
*チャイナロック
China Rock
1953 栃栗毛
Rockefella Hyperion
Rockfel
May Wong Rustom Pasha
Wezzan
父の母
ハイユウ
1961 黒鹿毛
*カリム
Karim
Nearco
Skylarking
*ダルモーガン
Dalmogan
Beau Son
Reticent

イエンライト
1976 黒鹿毛
*イエラパ
Yelapa
1966 黒鹿毛
Mossborough Nearco
All Moonshine
Your Point Nirgal
Your Game
母の母
テツザンヒメ
1967
*ゲイタイム
Gay Time
Rockefella
Daring Miss
ウエーライト *ハロウェー
グリンライト
母系(F-No.) (FN:3-l) [§ 2]
5代内の近親交配 Rockefella 3×4=18.75% Nearco 4×4=12.50% [§ 3]
出典
  1. ^ [5]
  2. ^ [5]
  3. ^ [5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ グレード制施行前では、優駿競走(現・東京優駿)でタチカゼが単勝55430円を出している。
  2. ^ 前週の菊花賞でGI初騎乗の予定だったが、騎乗馬のムービースターが除外となって落ち込んでいた。
  3. ^ 特に3連単が当時存在していれば推定配当金は1000万円を超えていたのではないかとの声も中にはある。
  4. ^ ライトカラーは繁殖入りして間もない1993年に骨折により死亡、シャダイカグラも2005年に死亡している。
  5. ^ a b c 血統情報:5代血統表|サンドピアリス”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]