タレンティドガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タレンティドガール
欧字表記 Talented Girl[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1984年4月27日[1]
死没 2008年11月13日(24歳没)
リマンド[1]
チヨダマサコ[1]
母の父 ラバージョン[1]
生国 日本の旗 日本北海道静内町[1]
生産 千代田牧場[1]
馬主 飯田政子[1]
調教師 栗田博憲美浦[1]
競走成績
生涯成績 11戦4勝[1]
獲得賞金 1億1092万6000円[1]
 
勝ち鞍
GI エリザベス女王杯 1987年
テンプレートを表示

タレンティドガール[1]日本競走馬および繁殖牝馬1987年、この年の桜花賞優駿牝馬(オークス)の二冠を達成してメジロラモーヌに続く2年連続牝馬三冠に王手をかけていたマックスビューティエリザベス女王杯で阻止した。

競走馬時代[編集]

4歳1月にデビュー、3戦目で勝ちあがった。このときの騎手はマックスビューティの手綱を取ることになる田原成貴であった。続く初のレースでもメジロライアンの姉であるメジロフルマーを振り切って2勝目をあげた。しかし次走のフラワーカップで11着に惨敗、詰まったローテーションもあり目標をオークスに絞った。そしてオークスでは、圧倒的1番人気に応え勝利したマックスビューティの3着に食い込むが、当時は注目を集めなかった。

北海道の条件戦を勝利するも、エリザベス女王杯(当時は〈旧〉4歳牝馬のみが出走でき、古牝馬には開放されていなかった)の前哨戦であったクイーンステークスで3着に敗れたタレンティドガールは4番人気だった(1番人気はマックスビューティ)。レースでは直線で先頭に立ったマックスビューティを、外から差し切り重賞初制覇をGI優勝で飾った。

その名の由来は馬主の夭折した娘にちなみ「才媛」と言う意味でタレンティドガールと名付けられており、このエリザベス女王杯の日がちょうど13回忌だったという。また兄のニッポーテイオーもこの秋に天皇賞マイルチャンピオンシップを勝っており、1ヶ月で兄妹あわせてGI3勝という記録を達成している。

その後有馬記念中山牝馬ステークスに敗れ引退した。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[2]およびJBISサーチ[3]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F/4F
着差 騎手 斤量(kg) 勝ち馬/(2着馬)
1987.01.05 中山 4歳新馬 ダ1200m(稍) 16 5 9 06.1(2人) 2着 1:13.8 (39.1) -0.1 菅原泰夫 53 ビィクトリヤマリン
0000.01.24 中山 4歳新馬 ダ1200m(重) 10 5 5 05.1(2人) 2着 1:12.8 (37.5) -0.6 菅原泰夫 53 セントエイト
0000.02.15 東京 4歳未勝利 ダ1400m(良) 10 6 6 02.0(1人) 1着 1:28.3 (50.6) -0.2 田原成貴 53 (ダイナエミー)
0000.03.07 中山 桃花賞 400 芝1600m(良) 14 1 1 19.7(5人) 1着 1:36.2 (36.5) -0.3 蛯沢誠治 53 (メジロフルマー)
0000.03.21 中山 フラワーC GIII 芝1800m(稍) 14 1 1 07.7(4人) 11着 1:51.6 (37.4) -1.0 蛯沢誠治 53 ハセベルテックス
0000.05.24 東京 優駿牝馬 GI 芝2400m(重) 24 4 11 35.1(11人) 3着 2:31.3 (49.1) -0.4 蛯沢誠治 55 マックスビューティ
0000.08.23 函館 漁火特別 900 芝1800m(良) 11 4 4 03.2(1人) 1着 1:48.8(00.0) -0.7 安田富男 53 (ムラノサチエル)
0000.10.07 中山 クイーンS GIII 芝2000m(良) 10 6 6 02.5(1人) 3着 2:02.2 (35.5) -0.3 蛯沢誠治 54 ストロングレディー
0000.11.15 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2400m(良) 20 3 6 12.3(4人) 1着 2:29.3 (47.6) -0.3 蛯沢誠治 55 (マックスビューティ)
0000.12.27 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 8 15 15.9(8人) 12着 2:35.9 (37.5) -2.0 蛯沢誠治 53 メジロデュレン
1988.02.28 東京 中山牝馬S GIII 芝1800m(良) 8 7 7 03.1(2人) 5着 1:48.1 (48.8) -0.9 安田富男 56 ソウシンホウジュ

繁殖牝馬時代[編集]

生まれ故郷の千代田牧場で繁殖入りした。ライバルであるマックスビューティ同様ヨーロッパに渡りナシュワンソヴィエトスターと交配されるなど期待されたが不受胎が多く、自身の産駒ではセントライト記念アルゼンチン共和国杯でともに3着に入ったシンコウシングラーが出世頭であった。一方、孫世代以降の産駒での重賞勝ち馬としては、孫(ライジングサンデーの子)にエーシンホワイティファルコンステークス新潟ジャンプステークス)、曾孫(エミネントガールの孫)にドリームセーリング京都ジャンプステークス)、ホエールキャプチャヴィクトリアマイル)、パクスアメリカーナ京都金杯)がいる[4][5]

2008年11月13日老衰のため安楽死の措置がとられ、24歳で死亡した[6]

産駒一覧[編集]

生年 馬名 毛色 馬主 管理調教師 戦績 主な勝利競走 供用 出典
初仔 1990年 アカトンボドリーム 鹿毛 ミスターシービー 飯田政子 美浦・栗田博憲 (不出走) (繁殖牝馬) [7]
2番仔 1992年 エミネントガール 栗毛 Nashwan 2戦0勝 [8]
3番仔 1993年 テリフィック 鹿毛 ソヴィエトスター 臼田浩義 美浦・高橋祥泰 17戦3勝 [9]
4番仔 1995年 シンコウシングラー サンデーサイレンス 安田修
→飯田政子
美浦・栗田博憲 38戦5勝 [10]
5番仔 1996年 ウィンヒストリー ダンシングブレーヴ 飯田政子 5戦1勝 (繁殖牝馬) [11]
6番仔 1998年 ライジングサンデー サンデーサイレンス 5戦1勝 [12]
7番仔 2000年 ナチュラルグレイス 栗毛 タイキシャトル 飯田政子
→飯田正剛
美浦・相沢郁
西脇田中範雄
14戦0勝(うち地方3戦0勝) [13]
8番仔 2004年 ストロングランディ マリエンバード 村木篤 美浦・増沢末夫 1戦0勝 [14]
9番仔 2006年 エンドレスガール 青鹿毛 プリサイスエンド 飯田政子 美浦・栗田博憲 (不出走) (繁殖牝馬) [15]

血統表[編集]

タレンティドガール血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ブレニム系(ブランドフォード系
[§ 2]

*リマンド
Remand
1965 栗毛
父の父
Alcide
1955 鹿毛
Alycidon Donatello
Aurora
Chenille King Salmon
Sweet Aloe
父の母
Admonish
1958 芦毛
Palestine Fair Trial
Una
Warning Chanteur
Vertencia

チヨダマサコ
1977 鹿毛
*ラバージョン
Lover John
1971 栗毛
Damascus Sword Dancer
Kerala
Evening Primrose Nashua
Blue Grotto
母の母
ミスオーハヤブサ
1973 鹿毛
*パーソロン
Partholon
Milesian
Paleo
ワールドハヤブサ *ダイハード
オーハヤブサ F-No.12
母系(F-No.) ビューチフルドリーマー系(FN:12) [§ 3]
5代内の近親交配 My Babu 5×5=6.25% (母内) [§ 4]
出典
  1. ^ [16]
  2. ^ [17]
  3. ^ [16]
  4. ^ [16][17]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o タレンテイドガール”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月27日閲覧。
  2. ^ タレンティドガールの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月27日閲覧。
  3. ^ タレンティドガール 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月27日閲覧。
  4. ^ ライジングサンデーの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月27日閲覧。
  5. ^ ドリームセーリングの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月27日閲覧。
  6. ^ エリザベス女王杯馬、タレンティドガールが死亡”. netkeiba.com. 2008年11月13日閲覧。
  7. ^ アカトンボドリーム”. JBISサーチ. 2019年9月27日閲覧。
  8. ^ エミネントガール(GB)”. JBISサーチ. 2019年9月27日閲覧。
  9. ^ テリフィック”. JBISサーチ. 2019年9月27日閲覧。
  10. ^ シンコウシングラー”. JBISサーチ. 2019年9月27日閲覧。
  11. ^ ウィンヒストリー”. JBISサーチ. 2019年9月27日閲覧。
  12. ^ ライジングサンデー”. JBISサーチ. 2019年9月27日閲覧。
  13. ^ ナチュラルグレイス”. JBISサーチ. 2019年9月27日閲覧。
  14. ^ ストロングランディ”. JBISサーチ. 2019年9月27日閲覧。
  15. ^ エンドレスガール”. JBISサーチ. 2019年9月27日閲覧。
  16. ^ a b c タレンテイドガール 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月27日閲覧。
  17. ^ a b c タレンティドガールの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月27日閲覧。

外部リンク[編集]