新潟ジャンプステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新潟ジャンプステークス
Niigata Jump Stakes10.jpg
第12回新潟ジャンプステークス
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 新潟競馬場
創設 1999年8月28日
2017年の情報
距離 障害芝3250m
格付け J・GIII
賞金 1着賞金2900万円
出走条件 サラブレッド系障害3歳以上(混合)
負担重量 別定
出典 [1]
テンプレートを表示

新潟ジャンプステークス(にいがたジャンプステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が新潟競馬場で施行する中央競馬重賞競走J・GIII)である。

概要[編集]

1999年に創設された、障害の重賞競走[2]。創設時の負担重量はハンデキャップだったが、2009年より別定に変更された[2]

ホームストレッチでは1周目に3回、2周目に1回の障害飛越があり、競走馬の障害飛越を間近で見ることができる[2]

競走条件[編集]

以下の内容は、2017年現在[1]のもの。

出走資格:サラブレッド系障害3歳以上

負担重量:別定

  • 3歳58kg、4歳以上60kg(牝馬2kg減)を基本に、J・GI競走1着馬は2kg、J・GII競走1着馬は1kgの負担増となる。

賞金[編集]

2017年の1着賞金は2900万円で、以下2着1200万円、3着730万円、4着440万円、5着290万円[1]

歴史[編集]

  • 1999年 - 4歳以上の馬による重賞競走(J・GIII)として創設、新潟競馬場の障害芝3200mで施行[2]
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格を「3歳以上」に変更。

歴代優勝馬[編集]

距離のコース種別は、最後の直線コースを走行する際の馬場で記述する。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1999年8月28日 新潟 芝3200m エイシンワンサイド 牡4 3:30.0 熊沢重文 湯浅三郎 平井豊光
第2回 2000年8月20日 中山 芝3350m チアズニューパワー 牡5 3:46.4 三浦堅治 増沢末夫 北村キヨ子
第3回 2001年8月18日 新潟 芝3250m ヒカルボシ 騸5 3:28.7 田中剛 森安弘昭 高橋光
第4回 2002年8月17日 新潟 芝3250m オンワードメテオ 牡5 3:29.3 横山義行 加賀武見 (株)オンワード牧場
第5回 2003年8月23日 新潟 芝3250m マルゴウィッシュ 牡7 3:32.8 浜野谷憲尚 加藤修甫 鹿倉勝爾
第6回 2004年8月21日 新潟 芝3250m デモリションマン 騸6 3:32.3 宗像徹 古賀史生 吉田勝己
第7回 2005年8月20日 新潟 芝3250m メジロベイシンガー 牝4 3:32.0 山本康志 大久保洋吉 (有)メジロ牧場
第8回 2006年8月19日 新潟 芝3250m ストームセイコー 牡5 3:31.3 穂苅寿彦 増沢末夫 竹國弘
第9回 2007年9月1日 新潟 芝3250m ミヤビペルセウス 牡7 3:32.4 穂苅寿彦 戸田博文 村上義勝
第10回 2008年8月23日 新潟 芝3250m ユウタービスケット 牡4 3:34.0 蓑島靖典 南田美知雄 上山利広
第11回 2009年8月22日 新潟 芝3250m エリモマキシム 騸10 3:31.6 五十嵐雄祐 坂口正則 山本菊一
第12回 2010年8月21日 新潟 芝3250m コウエイトライ 牝9 3:32.0 高田潤 山内研二 伊東政清
第13回 2011年8月20日 新潟 芝3250m クリーバレン 牡5 3:30.7 山本康志 手塚貴久 吉田勝己
第14回 2012年8月18日 新潟 芝3250m シゲルジュウヤク 牡4 3:29.1 中村将之 西橋豊治 森中蕃
第15回 2013年8月17日 新潟 芝3250m アサティスボーイ 牡9 3:31.3 石神深一 古賀慎明 廣松金次
第16回 2014年8月30日 新潟 芝3250m エーシンホワイティ 牡7 3:32.2 北沢伸也 松元茂樹 (株)栄進堂
第17回 2015年8月29日 新潟 芝3250m ティリアンパープル 牝5 3:29.7 金子光希 金成貴史 飯田正剛
第18回 2016年8月27日 新潟 芝3250m タイセイドリーム 牡6 3:29.9 植野貴也 矢作芳人 田中成奉
第19回 2017年8月26日 新潟 芝3250m グッドスカイ 牝4 3:31.0 森一馬 松元茂樹 杉立恭平

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 平成29年第2回新潟競馬番組(第7~12日) (PDF)”. 日本中央競馬会. 2016年9月5日閲覧。
  2. ^ a b c d 特別レース名解説(2017年、2回新潟) (PDF) - 日本中央競馬会、2017年8月27日閲覧

各回競走結果の出典[編集]