セントライト記念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝日杯セントライト記念
(菊花賞トライアル)
StLite1.jpg
セントライト(1938-1965)
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 中山競馬場
創設 1947年10月12日
2016年の情報
距離 芝2200m
格付け GII
賞金 1着賞金5400万円
出走条件 サラ系3歳(国際)(指定)
負担重量 馬齢(牡・せん56kg、牝馬54kg)
出典 [1][2]
テンプレートを表示

セントライト記念(セントライトきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬重賞競走GII)である。1995年から菊花賞トライアルに指定[3]されており、競馬番組表での名称は「朝日杯セントライト記念(菊花賞トライアル)」と表記される[1]

競走名のセントライト(父ダイオライト、母フリッパンシー)は1941年に横浜農林省賞典四歳呼馬(現・皐月賞)、東京優駿、京都農林省賞典四歳呼馬(現・菊花賞)を制し、日本競馬史上初の三冠馬となった[3]。種牡馬となってからもオーライト(第15回平和賞優勝)やオーエンス(第21回天皇賞優勝)などの活躍馬を輩出し、1984年にはその功績を称えて顕彰馬に選出された[3]

2014年より寄贈賞を提供する朝日新聞社は、東京など全国4ヶ所に本社を置く新聞社[4]

正賞は朝日新聞社賞[1]

概要[編集]

3着までの馬に菊花賞の優先出走権が付与されるトライアル競走[4]。外国産馬は、2007年より優先出走権が付与されるようになった[5]

日本競馬史上初の三冠馬であるセントライトを記念して1947年に創設された、4歳(現3歳)馬限定の重賞競走[3]。創設時は東京競馬場の芝2400mで別定戦として行われていたが、施行距離や施行場は幾度かの変遷を経て、1980年から中山競馬場・芝2200m(外回り)で定着[3]。1955年までは牡馬限定戦で行われていた[3]。なお、2014年は中山競馬場がスタンド等整備工事を行ったため新潟競馬場で施行され、競走名も同年より「朝日杯セントライト記念」に改められた[3]

地方競馬所属馬は1995年より出走が可能になった[6]。外国産馬は2001年より出走可能になり、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった[6][7]

競走条件[編集]

以下の内容は、2016年現在[1][2]のもの。

出走資格:サラ系3歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(後述)
  • 外国調教馬(9頭まで)

負担重量:馬齢(牡・せん56kg、牝54kg)

菊花賞のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は菊花賞の出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められ[8][9]、3歳春のクラシック競走・NHKマイルカップで2着以内の成績を収めた馬にも出走資格がある[8][9]

賞金[編集]

2016年の1着賞金は5400万円で、以下2着2200万円、3着1400万円、4着810万円、5着540万円[1]

歴史[編集]

  • 1947年 - 4歳牡馬による別定の重賞競走として創設、東京競馬場の芝2400mで施行[3]
  • 1951年 - 出走条件を「4歳」に変更。
  • 1955年 - 名称を「農林省賞典 セントライト記念」に変更(1957年まで)[6]
  • 1964年 - 名称を「ラジオ関東賞 セントライト記念」に変更(1981年まで)[6]
  • 1982年 - 名称を「ラジオ日本賞 セントライト記念」に変更(2011年まで)[6]
  • 1984年 - グレード制施行によりGIII[注 1]に格付け。
  • 1987年 - GII[注 1]に格上げ。
  • 1991年 - 3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられる。[6]
  • 1995年
    • 指定交流競走となり、地方競馬所属馬が2頭まで出走可能になる[6]
    • 菊花賞トライアルに指定[6]
  • 2000年 - 地方競馬所属馬の出走枠を3頭に拡大[6]
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「3歳」に変更。
    • 混合競走に指定され、外国産馬が出走可能になる[6]
  • 2003年 - 負担重量を馬齢重量に変更。
  • 2007年 - 日本のパートI国昇格に伴い、格付表記をJpnIIに変更[5]
  • 2010年
    • 国際競走に変更され、外国調教馬が9頭まで出走可能となる[7]
    • 格付表記をGII(国際格付)に変更[7]
  • 2014年 - 名称を「朝日杯セントライト記念」に変更[3]

歴代優勝馬[編集]

コース種別を表記していない距離は、芝コースを表す。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

中央所属馬の所属表記は1947年が「競馬会(日本競馬会)」、1948年 - 1953年は「国営」、1954年以降は「JRA」としている。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1947年10月12日 東京 2400m イーストパレード 牡3 競馬会 2:40 2/5 小西喜蔵 田中和一郎 井口鈴一
第2回 1948年11月21日 東京 2400m キヨマサ 牡3 国営 2:37 1/5 石毛善衛 鈴木信太郎 加藤新平
第3回 1949年11月20日 東京 2400m トサミドリ 牡3 国営 2:37 4/5 浅野武志 望月与一郎 斉藤健二郎
第4回 1950年10月22日 東京 2400m ウイザート 牡3 国営 2:35 1/5 浅見国一 相羽仙一 岩本政一
第5回 1951年11月25日 東京 2400m ミツハタ 牡3 国営 2:32 0/5 矢野幸夫 東原玉造 河野信一
第6回 1952年9月28日 東京 2400m マサムネ 牡3 国営 2:33 3/5 二本柳俊夫 鈴木勝太郎 北竹清剛
第7回 1953年9月27日 東京 2400m ラツキータカヨシ 牡3 国営 2:32 0/5 渡辺正人 秋山史郎 高橋義雄
第8回 1954年11月28日 東京 2400m ホマレオー 牡3 JRA 2:43 0/5 野平祐二 松山吉三郎 小野仁助
第9回 1955年11月23日 東京 2400m タカハギ 牡3 JRA 2:33 0/5 八木沢勝美 尾形藤吉 豊島美王麿
第10回 1956年10月7日 東京 2400m キタノオー 牡3 JRA 2:33.4 勝尾竹男 久保田金造 田中留治
第11回 1957年10月6日 中山 2400m セイユウ 牡3 JRA 2:41.3 梶与四松 稲葉秀男 河野通
第12回 1958年10月5日 中山 2400m ヒシマサル 牡3 JRA 2:36.2 小野定夫 矢野幸夫 阿部雅信
第13回 1959年10月4日 中山 2400m ハククラマ 牡3 JRA 2:31.1 保田隆芳 尾形藤吉 西博
第14回 1960年10月2日 中山 2400m キタノオーザ 牡3 JRA 2:30.8 伊藤竹男 久保田金造 田中清司
第15回 1961年10月1日 中山 2400m ケンロクオー 牡3 JRA 2:30.7 古山良司 藤本冨良 長山善建
第16回 1962年9月30日 中山 2400m リユウムサシ 牡3 JRA 2:31.8 保田隆芳 元石正雄 田中彰治
第17回 1963年10月13日 中山 2400m グレートヨルカ 牡3 JRA 2:30.3 保田隆芳 尾形藤吉 小野晃
第18回 1964年10月4日 中山 2400m ウメノチカラ 牡3 JRA 2:29.9 伊藤竹男 古賀嘉蔵 梅野昇
第19回 1965年10月3日 中山 2400m キクノスズラン 牝3 JRA 2:31.2 森安重勝 山岡寿恵次 田中弘
第20回 1966年10月9日 東京 2400m ヒロイサミ 牡3 JRA 2:28.8 郷原洋行 野平省三 勝川平太郎
第21回 1967年10月1日 中山 2200m モンタサン 牡3 JRA 2:16.2 油木宣夫 矢野幸夫 古知政市
第22回 1968年10月6日 東京 2400m アサカオー 牡3 JRA 2:29.1 加賀武見 中村広 浅香源二
第23回 1969年10月5日 中山 2200m アカネテンリュウ 牡3 JRA 2:18.0 丸目敏栄 橋本輝雄 関野栄一
第24回 1970年10月4日 中山 2200m クリシバ 牡3 JRA 2:16.4 郷原洋行 吉野勇 栗林友二
第25回 1971年10月3日 中山 2200m ベルワイド 牡3 JRA 2:17.1 加賀武見 阿部正太郎 鈴木賢一
第26回 1972年10月1日 中山 2200m タイホウシロー 牡3 JRA 2:15.5 柴田政人 高松三太 大岩貴
第27回 1973年9月30日 中山 2200m ヌアージターフ 牡3 JRA 2:15.0 白石一典 橋本輝雄 佐藤重治
第28回 1974年9月29日 東京 2400m スルガスンプジョウ 牡3 JRA 2:28.9 蛯沢誠治 成宮明光 望月茂
第29回 1975年9月28日 中山 2200m イシノアラシ 牡3 JRA 2:14.6 加賀武見 浅野武志 石嶋清仁
第30回 1976年10月3日 東京 2400m ニッポーキング 牡3 JRA 2:27.8 郷原洋行 久保田金造 山石祐一
第31回 1977年10月2日 東京 2400m プレストウコウ 牡3 JRA 2:26.9 郷原洋行 加藤朝治郎 渡辺喜八郎
第32回 1978年10月1日 東京 2400m サクラショウリ 牡3 JRA 2:26.4 小島太 久保田彦之 (株)さくらコマース
第33回 1979年9月30日 東京 2400m ビンゴガルー 牡3 JRA 2:31.1 中野栄治 久保田彦之 (有)芦屋
第34回 1980年9月28日 中山 2200m モンテプリンス 牡3 JRA 2:16.9 吉永正人 松山吉三郎 毛利喜八
第35回 1981年9月27日 中山 2200m メジロティターン 牡3 JRA 2:16.6 伊藤正徳 尾形藤吉 メジロ商事(株)
第36回 1982年10月3日 中山 2200m ホスピタリテイ 牡3 JRA 2:18.1 嶋田功 稲葉幸夫 渡辺喜八郎
第37回 1983年10月2日 中山 2200m メジロハイネ 牝3 JRA 2:14.5 的場均 大久保洋吉 メジロ商事(株)
第38回 1984年9月30日 中山 2200m シンボリルドルフ 牡3 JRA 2:13.4 岡部幸雄 野平祐二 シンボリ牧場
第39回 1985年9月29日 中山 2200m タイガーボーイ 牡3 JRA 2:19.5 加賀武見 阿部新生 穴澤正
第40回 1986年9月28日 中山 2200m レジェンドテイオー 牡3 JRA 2:14.5 柴田政人 田村駿仁 (有)貞文
第41回 1987年9月27日 中山 2200m メリーナイス 牡3 JRA 2:13.9 根本康広 橋本輝雄 浦房子
第42回 1988年9月25日 新潟 2200m ダイゴウシュール 牡3 JRA 2:16.0 大崎昭一 柴田寛 金田至弘
第43回 1989年9月24日 中山 2200m サクラホクトオー 牡3 JRA 2:14.5 小島太 境勝太郎 (株)さくらコマース
第44回 1990年9月23日 中山 2200m ホワイトストーン 牡3 JRA 2:13.0 柴田政人 高松邦男 安藤博
第45回 1991年9月22日 中山 2200m ストロングカイザー 牡3 JRA 2:12.7 増沢末夫 元石孝昭 村木篤
第46回 1992年9月27日 中山 2200m レガシーワールド 騸3 JRA 2:13.6 小島貞博 戸山為夫 (株)ホースタジマ
第47回 1993年9月26日 中山 2200m ラガーチャンピオン 牡3 JRA 2:14.8 藤田伸二 山内研二 奥村啓二
第48回 1994年9月25日 中山 2200m ウインドフィールズ 牡3 JRA 2:15.9 東信二 谷原義明 服部英男
第49回 1995年9月24日 中山 2200m サンデーウェル 牡3 JRA 2:13.6 中舘英二 森秀行 鈴木義孝
第50回 1996年9月23日 中山 2200m ローゼンカバリー 牡3 JRA 2:20.1 柴田善臣 鈴木康弘 (有)社台レースホース
第51回 1997年9月21日 中山 2200m シャコーテスコ 牡3 JRA 2:16.9 蛯沢誠治 野平祐二 (株)シャコー
第52回 1998年9月27日 中山 2200m レオリュウホウ 牡3 JRA 2:17.9 江田照男 杉浦宏昭 (株)レオ
第53回 1999年9月26日 中山 2200m ブラックタキシード 牡3 JRA 2:13.7 的場均 尾形充弘 金子真人
第54回 2000年9月17日 中山 2200m アドマイヤボス 牡3 JRA 2:16.9 後藤浩輝 橋田満 近藤利一
第55回 2001年9月16日 中山 2200m シンコウカリド 牡3 JRA 2:13.1 田中勝春 宗像義忠 飯田正
第56回 2002年9月15日 新潟 2200m バランスオブゲーム 牡3 JRA 2:12.9 田中勝春 宗像義忠 薗部博之
第57回 2003年9月21日 中山 2200m ヴィータローザ 牡3 JRA 2:24.5 蛯名正義 橋口弘次郎 (有)サンデーレーシング
第58回 2004年9月19日 中山 2200m コスモバルク 牡3 北海道 2:10.1 五十嵐冬樹 田部和則 岡田美佐子
第59回 2005年9月18日 中山 2200m キングストレイル 牡3 JRA 2:11.8 北村宏司 藤沢和雄 (有)サンデーレーシング
第60回 2006年9月17日 中山 2200m トーセンシャナオー 牡3 JRA 2:13.1 L.イネス 森秀行 島川隆哉
第61回 2007年9月16日 中山 2200m ロックドゥカンブ 牡3 JRA 2:12.0 柴山雄一 堀宣行 吉田和美
第62回 2008年9月21日 中山 2200m ダイワワイルドボア 牡3 JRA 2:14.6 北村宏司 上原博之 大城敬三
第63回 2009年9月20日 中山 2200m ナカヤマフェスタ 牡3 JRA 2:12.0 蛯名正義 二ノ宮敬宇 和泉信子
第64回 2010年9月19日 中山 2200m クォークスター 牡3 JRA 2:10.9 藤岡佑介 堀宣行 (有)社台レースホース
第65回 2011年9月18日 中山 2200m フェイトフルウォー 牡3 JRA 2:10.3 柴田善臣 伊藤伸一 (有)社台レースホース
第66回 2012年9月17日 中山 2200m フェノーメノ 牡3 JRA 2:10.8 蛯名正義 戸田博文 (有)サンデーレーシング
第67回 2013年9月17日 中山 2200m ユールシンギング 牡3 JRA 2:13.5 北村宏司 勢司和浩 (有)社台レースホース
第68回 2014年9月21日 新潟 2200m イスラボニータ 牡3 JRA 2:11.7 蛯名正義 栗田博憲 (有)社台レースホース
第69回 2015年9月21日 中山 2200m キタサンブラック 牡3 JRA 2:13.8 北村宏司 清水久詞 (有)大野商事
第70回 2016年9月18日 中山 2200m ディーマジェスティ 牡3 JRA 2:13.1 蛯名正義 二ノ宮敬宇 嶋田賢

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 「ラジオ日本賞セントライト記念(菊花賞トライアル)(GII)」『中央競馬全重賞競走成績集【2歳・3歳編】』 日本中央競馬会、2006年、823-903頁。

注釈[編集]

  1. ^ a b 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 平成28年第4回中山競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2016年9月21日閲覧。
  2. ^ a b 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 33. 2016年9月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 今週の注目レース(第69回朝日杯セントライト記念:歴史・プレイバック)”. 日本中央競馬会. 2016年9月21日閲覧。
  4. ^ a b 2016年度第4回中山競馬特別レース名解説 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 3. 2016年9月21日閲覧。
  5. ^ a b 第4回 中山競馬成績集計表 (PDF)”. pp. 2784-2786. 2016年9月21日閲覧。(索引番号:26047)
  6. ^ a b c d e f g h i j 中央競馬全重賞競走成績集【2歳・3歳編】
  7. ^ a b c 第4回 中山競馬成績集計表 (PDF)”. pp. 2884-2885. 2016年9月21日閲覧。(索引番号:26047)
  8. ^ a b 「地」が出走できるGI競走とそのステップ競走について(平成28年度) (PDF)”. 日本中央競馬会. 2016年9月21日閲覧。
  9. ^ a b 平成28年度競馬番組一般事項 V 出馬投票 (4) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 20. 2016年9月21日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]

外部リンク[編集]