京王杯スプリングカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京王杯スプリングカップ
Keio Hai Spring Cup[1]
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 東京競馬場
創設 1956年3月11日[2]
2017年の情報
距離 芝1400m
格付け GII
賞金 1着賞金5900万円
出走条件 サラ系4歳以上(国際)(指定)
負担重量 別定
出典 [3][4]
テンプレートを表示

京王杯スプリングカップ(けいおうはいスプリングカップ)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬重賞競走GII)である。

寄贈賞を提供する京王電鉄は、東京都多摩市に本社を置く鉄道会社[5]

正賞は京王電鉄株式会社賞[3][4]

概要[編集]

1956年に、5歳(現4歳)以上の馬による重賞として「スプリングハンデキャップ」の名称で創設[5][6]。1960年に「京王杯スプリングハンデキャップ(けいおうはいスプリングハンデキャップ)」と改称された[6]後、1984年より現名称となった[5][6]

当初は2月下旬 - 3月上旬に芝1600mで行われた[5][6]が、施行時期は1972年より春季後半の東京開催で定着[6]。距離は幾度かの変更を経て、1981年から1400mで行われるようになった[5][6]。1984年のグレード制導入でGII[注 1]に格付けされ、安田記念の重要な前哨戦として位置づけられた[5][6]。2014年からは本競走の1着馬に、安田記念の優先出走権が与えられている[5][6]

外国産馬は1984年から、外国馬は1994年から、地方競馬所属馬は1995年からそれぞれ出走可能になった[2]

競走条件[編集]

以下の内容は、2017年現在[3][4]のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(後述)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:別定

  • 56kg、牝馬2kg減
    • 2016年5月14日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
    • 2016年5月13日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

安田記念のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は安田記念の出走候補馬(2頭まで)に出走資格が与えられる[7][8]。また、地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めた馬に安田記念の優先出走権が与えられる[7][8]

賞金[編集]

2017年の1着賞金は5900万円で、以下2着2400万円、3着1500万円、4着890万円、5着590万円[4]

歴史[編集]

  • 1956年 - 5歳以上の馬による重賞競走として「スプリングハンデキャップ」の名称で創設、東京競馬場の芝1600mで施行[6]
  • 1960年 - 名称を「京王杯スプリングハンデキャップ」に変更[6]
  • 1984年
    • 名称を「京王杯スプリングカップ」に変更[6]
    • 混合競走に指定、外国産馬が出走可能になる[2]
    • グレード制施行によりGII[注 1]に格付け[6]
  • 1994年 - 国際競走に変更され、外国調教馬が5頭まで出走可能となる[2]
  • 1995年 - 指定交流競走となり、地方競馬所属馬が3頭まで出走可能となる[2]
  • 1996年 - 地方競馬所属馬の出走枠が3頭から2頭に縮小[2]
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「4歳以上」に変更[2]
  • 2002年 - 外国調教馬の出走枠が9頭に拡大[2]
  • 2014年 - この年から1着馬に安田記念の優先出走権を付与[6]

歴代優勝馬[編集]

コース種別を表記していない距離は、芝コースを表す。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

外国馬の所属表記は出典が明記されているもののみ記載し、検証可能性を満たさないものは空欄とした。また、中央所属馬の表記は、すべて「JRA」に揃えている。

競走名は第4回まで「スプリングハンデキャップ」、第5回から第28回まで「京王杯スプリングハンデキャップ」[6]

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1956年3月11日 東京 1600m クリチカラ 牡6 JRA 1:38 2/5 森安弘明 尾形藤吉 栗林友二
第2回 1957年3月10日 東京 1600m ヒデホマレ 牡5 JRA 1:39 4/5 保田隆芳 田中康三 小川満枝
第3回 1958年3月2日 東京 1600m ブレツシング 牝6 JRA 1:37 2/5 保田隆芳 尾形藤吉 小野晃
第4回 1959年3月1日 東京 1600m クリペロ 牡4 JRA 1:39 2/5 森安弘明 尾形藤吉 栗林友二
第5回 1960年2月21日 東京 1600m スイートワン 牡4 JRA 1:39.3 野平祐二 野平省三 和田共弘
第6回 1961年2月26日 東京 ダート1600m シヨウザン 牡4 JRA 1:39.9 高橋英夫 鈴木清 渡部恵子
第7回 1962年2月18日 東京 1600m トリシン 牡4 JRA 1:36.8 丸目敏栄 荒木静雄 斎藤延次郎
第8回 1963年2月24日 東京 1800m スズホープ 牡4 JRA 1:49.5 野平好男 森末之助 鈴江チヨ
第9回 1964年3月22日 東京 1800m クリライト 牡4 JRA 1:51.9 郷原洋行 大久保房松 栗林友二
第10回 1965年2月21日 東京 1800m アサホコ 牡5 JRA 1:50.2 加賀武見 藤本冨良 手塚栄一
第11回 1966年2月20日 東京 1800m グレートヨルカ 牡6 JRA 1:49.1 保田隆芳 尾形藤吉 小野晃
第12回 1967年2月26日 東京 1800m ヒシマサヒデ 牡5 JRA 1:52.1 小野定夫 稗田敏男 阿部雅信
第13回 1968年2月25日 中山 ダート1800m メジロシンゲン 牡4 JRA 1:54.0 町田精生 大久保末吉 北野雄二
第14回 1969年2月16日 東京 1800m モンタサン 牡5 JRA 1:52.4 油木宣夫 矢野幸夫 古知政市
第15回 1970年2月22日 東京 1800m ミノル 牡4 JRA 1:48.8 保田隆芳 尾形藤吉 永田賢介
第16回 1971年2月14日 東京 ダート1700m タマミ 牝4 JRA 1:44.4 増沢末夫 坂本栄三郎 影山明
第17回 1972年5月3日 東京 1800m ダイセンプー 牡4 JRA 1:50.1 津田昭 野平富久 (有)イーデン産業
第18回 1973年4月22日 東京 1800m インターブレイン 牡4 JRA 1:49.5 野平祐二 野平省三 松岡正雄
第19回 1974年5月4日 東京 1800m タケクマヒカル 牡5 JRA 1:48.7 矢野照正 中村広 武隈水雄
第20回 1975年4月20日 東京 1800m キクノオー 牡4 JRA 1:48.6 横山富雄 山岡寿恵次 田中伊三郎
第21回 1976年4月25日 東京 1800m ヤマブキオー 牡6 JRA 1:48.9 徳吉一己 森末之助 清水一郎
第22回 1977年4月24日 東京 1800m ニッポーキング 牡4 JRA 1:47.9 郷原洋行 久保田金造 山石祐一
第23回 1978年4月23日 東京 1800m シービークイン 牝5 JRA 1:47.9 吉永正人 松山吉三郎 千明牧場
第24回 1979年4月22日 東京 1800m ゴールデンボート 牡4 JRA 1:47.9 石神富士雄 中村広 川俣トシエ
第25回 1980年4月27日 東京 1800m シーバードパーク 牝4 JRA 1:47.9 菅原泰夫 本郷重彦 ホースマンクラブ
第26回 1981年4月26日 東京 1400m シンボリフレンド 牡4 JRA 1:23.3 柴田政人 野平祐二 シンボリ牧場
第27回 1982年4月29日 東京 1400m エビスクラウン 牡5 JRA 1:23.7 郷原洋行 松山康久 内多晃
第28回 1983年5月1日 東京 1400m イーストボーイ 牡5 JRA 1:22.9 根本康広 橋本輝雄 加藤久枝
第29回 1984年4月22日 東京 1400m ハッピープログレス 牡6 JRA 1:23.8 田原成貴 山本正司 藤田晋
第30回 1985年4月21日 東京 1400m ニホンピロウイナー 牡5 JRA 1:23.0 河内洋 服部正利 小林百太郎
第31回 1986年4月20日 東京 1400m トーアファルコン 牡5 JRA 1:23.7 河内洋 服部正利 伊藤昭二
第32回 1987年4月26日 東京 1400m ニッポーテイオー 牡4 JRA 1:21.8 郷原洋行 久保田金造 山石祐一
第33回 1988年4月24日 東京 1400m ダイナアクトレス 牝5 JRA 1:21.4 岡部幸雄 矢野進 (有)社台レースホース
第34回 1989年4月23日 東京 1400m リンドホシ 牡4 JRA 1:23.1 的場均 佐藤林次郎 (株)デルマークラブ
第35回 1990年4月22日 東京 1400m シンウインド 牝6 JRA 1:23.3 南井克巳 二分久男 林幸雄
第36回 1991年4月21日 東京 1400m ダイイチルビー 牝4 JRA 1:21.5 河内洋 伊藤雄二 辻本春雄
第37回 1992年4月25日 東京 1400m ダイナマイトダディ 牡4 JRA 1:21.6 加藤和宏 鈴木康弘 池谷誠一
第38回 1993年4月24日 東京 1400m ヤマニンゼファー 牡5 JRA 1:21.0 柴田善臣 栗田博憲 土井宏二
第39回 1994年4月23日 東京 1400m スキーパラダイス 牝4 1:21.4 武豊 A.ファーブル 吉田照哉
第40回 1995年4月22日 東京 1400m ドゥマーニ 牡4 UAE[9] 1:21.3 R.ヒルズ K.マクローリン ハムダン殿下 [注 2]
第41回 1996年5月11日 東京 1400m ハートレイク 牡5 UAE[9] 1:21.1 武豊 S.スルール ゴドルフィン
第42回 1997年5月10日 東京 1400m タイキブリザード 牡6 JRA 1:20.5 岡部幸雄 藤沢和雄 (有)大樹ファーム
第43回 1998年5月16日 東京 1400m タイキシャトル 牡4 JRA 1:20.1 岡部幸雄 藤沢和雄 (有)大樹ファーム
第44回 1999年5月15日 東京 1400m グラスワンダー 牡4 JRA 1:20.5 的場均 尾形充弘 半沢(有)
第45回 2000年5月14日 東京 1400m スティンガー 牝4 JRA 1:21.0 武豊 藤沢和雄 吉田照哉
第46回 2001年5月13日 東京 1400m スティンガー 牝5 JRA 1:20.1 岡部幸雄 藤沢和雄 吉田照哉
第47回 2002年5月12日 東京 1400m ゴッドオブチャンス 牡4 JRA 1:20.3 柴田善臣 和田正道 (有)ノースヒルズマネジメント
第48回 2003年5月18日 東京 1400m テレグノシス 牡4 JRA 1:21.0 勝浦正樹 杉浦宏昭 (有)社台レースホース
第49回 2004年5月16日 東京 1400m ウインラディウス 牡6 JRA 1:20.4 田中勝春 藤沢和雄 (株)ウイン
第50回 2005年5月15日 東京 1400m アサクサデンエン 牡6 JRA 1:20.3 後藤浩輝 河野通文 田原源一郎
第51回 2006年5月13日 東京 1400m オレハマッテルゼ 牡6 JRA 1:21.8 柴田善臣 音無秀孝 小田切有一
第52回 2007年5月12日 東京 1400m エイシンドーバー 牡5 JRA 1:20.0 福永祐一 小崎憲 平井豊光
第53回 2008年5月17日 東京 1400m スーパーホーネット 牡5 JRA 1:20.8 藤岡佑介 矢作芳人 森本悳男
第54回 2009年5月16日 東京 1400m スズカコーズウェイ 牡5 JRA 1:20.6 後藤浩輝 橋田満 永井啓弍
第55回 2010年5月15日 東京 1400m サンクスノート 牝5 JRA 1:19.8 蛯名正義 二ノ宮敬宇 下河邊行雄
第56回 2011年5月14日 東京 1400m ストロングリターン 牡5 JRA 1:20.2 石橋脩 堀宣行 吉田照哉
第57回 2012年5月12日 東京 1400m サダムパテック 牡4 JRA 1:20.1 C. ウィリアムズ 西園正都 大西定
第58回 2013年5月11日 東京 1400m ダイワマッジョーレ 牡4 JRA 1:20.6 蛯名正義 矢作芳人 大城敬三
第59回 2014年5月17日 東京 1400m レッドスパーダ 牡8 JRA 1:19.7 北村宏司 藤沢和雄 (株)東京ホースレーシング
第60回 2015年5月16日 東京 1400m サクラゴスペル 牡5 JRA 1:21.6 戸崎圭太 尾関知人 (株)さくらコマース
第61回 2016年5月14日 東京 1400m サトノアラジン 牡7 JRA 1:19.6 川田将雅 池江泰寿 里見治
第62回 2017年5月13日 東京 1400m レッドファルクス 牡6 JRA 1:23.2 M.デムーロ 尾関知人 (株)東京ホースレーシング

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 「京王杯スプリングカップ(GII)」『中央競馬全重賞競走成績集【古馬関東編】』 日本中央競馬会、2006年、637-710頁。

注釈[編集]

  1. ^ a b 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。
  2. ^ JRAの公式記録では「ハムダン殿下」の表記になっている[2][10]

出典[編集]

  1. ^ 2016 International Cataloguing Standards Book Japan”. 国際セリ名簿基準委員会. 2016年5月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 中央競馬全重賞競走成績集【古馬関東編】
  3. ^ a b c 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 17. 2016年5月12日閲覧。
  4. ^ a b c d 平成29年第2回東京競馬番組(第7日 - 第12日) (PDF)”. 日本中央競馬会. 2016年5月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 2016年度第2回東京競馬特別レース名解説 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 5. 2016年5月12日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n レースについて:京王杯スプリングカップ 今週の注目レース”. 日本中央競馬会. 2016年5月12日閲覧。
  7. ^ a b 「地」が出走できるGI競走とそのステップ競走について(平成29年度) (PDF)”. 日本中央競馬会. 2016年5月12日閲覧。
  8. ^ a b 2017年競馬番組一般事項 「V 出馬投票」 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 17. 2016年5月9日閲覧。
  9. ^ a b 『優駿』1997年5月号、日本中央競馬会、69頁
  10. ^ netkeiba 1995年京王杯SC2014年11月10日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]

外部リンク[編集]