田原源一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

田原 源一郎(たはら げんいちろう、 1929年12月9日 - 2007年1月4日)は、日本の実業家

経歴・人物[編集]

東京都台東区元浅草にある広告物製作業「株式会社田原屋」の前代表取締役である。妻の田原慶子(たはら けいこ)は同社の取締役。

かつてはカーレーサーとして活躍。1963年第1回日本グランプリでは国内スポーツカーB-IIクラス(1300cc - 2500cc)にダットサン・フェアレディ1500で出場し、優勝する。SCCN(ニッサンスポーツカークラブ)の初代会長であり、1965年以降は日本自動車連盟 (JAF) 内の各委員会の委員、委員長を務めた。1995年にはその功績によりJAFモータースポーツ名誉委員の称号が贈られている。

日本中央競馬会 (JRA) の馬主でもあり、社団法人東京馬主協会相談役を務めた。冠名の「アサクサ」は田原屋の所在地から取ったもの。2005年にはアサクサデンエン安田記念を制し、馬主となってから40年目にして最初で最後のGI制覇となった[1]

2007年1月4日、肺炎のため77歳で死去。所有していた競走馬と勝負服の服色(桃、黒蛇目散、桃袖)は妻の慶子に引き継がれる[2]。死去から約1か月後の2月11日にはアサクサキングスきさらぎ賞を制し、のちに菊花賞にも勝利している。

おもな所有馬[編集]

妻の田原慶子名義のおもな競走馬は以下のとおり。

脚注[編集]

  1. ^ 【安田記念】6歳初GIでやった!デンエンが春のマイル王”. スポーツニッポン. 2007年9月10日閲覧。
  2. ^ 慶子は源一郎の生前から馬主であり、引き継ぐ前は桃、黒蛇目散、袖黒二本輪の服色を使用していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]