鈴木誠一 (レーサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 誠一(すずき せいいち、1936年12月23日 - 1974年6月2日)は、元2輪ライダー、元レーシングドライバー日産系のエンジンチューナーとして名高い東名自動車(現・東名パワード)の創設者のひとり。日本では数少ないメカニカル技術を併せ持ったレーシングドライバーと言われた。東京都板橋区出身。血液型O型。愛称誠さん(せいさん)。東名パワード現会長(元東名自動車社長)の鈴木修二は実弟。

経歴[編集]

1956年に埼玉県で開催された2輪スクランブルレースにヤマハYA-1(通称赤とんぼ)で出場し優勝したのがデビュー戦と言われる。久保和夫などのバイク仲間とともに、後にモトクロスの名門と呼ばれるようになる城北ライダースクラブを結成、以後城北ライダースの主将的な存在になる。1958年浅間高原自動車テストコースで開催された第一回全日本クラブマンレースにヤマハYA-1で出場し、125ccクラス4位。当初はヤマハのサポートを受けたが、1960年からはそのクラブの技術力と結束力が評価され、スズキと契約を結び、主として国内モトクロスに出場し、常に好成績を収めた。1962年にはスズキワークスライダーとしてロードレース世界選手権(世界グランプリレース)に出場。1963年はメーカーの意向もあって海外でのレース活動はほとんどなく、国内のモトクロス等に多く出場している。

1964年5月の「第二回日本グランプリ」に、日産・ブルーバード、同セドリック、スズキ・フロンテで出場し4輪デビュー、それぞれ2位、10位、リタイヤという結果だった。

1965年日産宣伝部チーム(後の大森ワークス)のドライバーとして契約。同年11月の「マカオGP」にブルーバードで出場、3位入賞を果たしている。ツーリングカーレースで活躍し、1968年からは日本のストックカーレースにも出場するようになる。同年、城北ライダース所属の久保和夫が、日本人として初めてヨーロッパのモトクロス世界GPに参戦した際は、鈴木も調査目的で同行(実戦には出場していない)。

1968年には日産ワークスドライバーとしての活動と並行して、当時ではまだ珍しいチューニングショップ東名自動車(現・東名パワード)を、元城北ライダースの仲間とともに神奈川県川崎市に開業。セドリックやフェアレディ2000などのチューニングを行う。それらのマシンは瞬く間に各地のレースで好成績を収めていき、高い評価を得る。鈴木自身も3年連続('69〜'71年)で日本のストックカーレースシリーズである「グランドナショナルストックカー選手権」の年間チャンピオンを獲得。1969年の富士スピードウェイのストックカー戦では、1963年のデイトナ500英語版の覇者であるタイニー・ルンド英語版を迎え撃ち、激戦の末にファイナルラップの最終コーナーでタイニーを抜き去り優勝するという快挙を成し遂げた[1]。さらに3年連続で本場アメリカのストックカーレース(NASCAR Grand Americanシリーズ)への派遣選手に選ばれ、現地で用意された間に合わせのマシンに乗りながらデイトナのハイバンクオーバル戦を戦い、69年と70年はシングルフィニッシュを獲得するなど善戦している[2]。鈴木はその後も日本のストックカーの歴史に関わり続け、1972年にはJAFから脱退したNAKが主催するJAF非公認レース、むつ湾ストックカーにもJAFからの圧力に屈せず参戦を果たしている。

1970年1月にデビューした日産・サニー1200GX(B110型)を東名自動車でチューンし、自らの運転で同年11月のストックカーレース内の小排気量向けレース「Trans-Nics」にプライベート出場。たった一台のサニー(旧式のOHVエンジン)でトヨタワークスのカローラ(OHCエンジン)などに挑み、見事優勝を奪ってみせた。サニーがいかにレースに適した素性を持っているかを示し、日産ワークスも刺激を受けサニーB110型のレース用パーツの開発を始めたほどだった。これを期にワークスやプライベーターがこぞってサニーB110型をレース用に仕立て、各地のレースで優秀な成績を収め、ホモロゲーションの切れる1982年末まで活躍が続くことになった。またB110サニーのエンジンはFJ1300にも使用され、多くの若手ドライバーにフォーミュラに乗る機会を与え、名ドライバー育成の一助になった。

1973年からは富士グランチャンピオンレース(通称 富士GC、以下GC)にローラT292・BDAという組み合わせで出場。当時のGCでは、マーチ73SとBMWM-12型エンジンとの組み合わせでないと勝てないといわれており(ヒーローズレーシング黒沢元治が好例)、他の出場者もこぞってその組み合わせで出場しており、鈴木とローラが勝つのは困難だと見られていた。しかし鈴木は自らの手で一戦ごとに改良点を見出し、じっくりと熟成を進めていき確実に成績を上げていった。そして、同年11月の最終戦で予選3位からスタート後、上位2台を見事にかわし、最終的には2位を約30秒も引き離しGC初優勝。この際の平均時速202.002kmは、富士スピードウェイ6kmコース(30度バンクを含むレイアウト)での歴代3位の好記録となっている。(なおこのレースでは、スタート直後の多重クラッシュで当時24歳のヒーローズレーシングのルーキー中野雅晴(シェブロンB19・コスワースFVC)が焼死し、3人のドライバーが重度のやけどを負う大惨事になり、鈴木にとっては嬉しいはずの優勝もこのときは実にすっきりしないものだった)。

1974年5月5日に開催されたGC第1戦では、予選で事故を起こし最後尾からのスタートだったが、スタートから各マシンを次々に抜いて最終的には2位に入ってみせ周囲を驚かせた。

しかし、同年6月2日のGC第2戦で、スタート直後に上位陣の接触が発端になって発生した多重クラッシュに巻き込まれ、グランドスタンド前のガードレールに激突。マシンは大破し、炎上。同じく事故に巻き込まれた風戸裕ともに焼死した。享年37。鈴木は事故発生に何ら関わっておらず、完全な“もらい事故”だった。

エピソード[編集]

  • 人付き合いは好きでなかったと語られるが人望は厚く、鈴木のことを悪く言う人はいなかったと言われる。
  • 一部に「東名自動車の社長」というイメージがあるが、実際は弟の修二が社長を務めている。鈴木は城北ライダース時代からの仲間である久保和夫らと共に、役員として名を連ねた。
  • 実弟であり鈴木をサポートし続けた修二曰く『兄弟揃って体力がなかった』そうで、これと四輪参戦が29歳からと二輪経験があったとは言え遅かった事がレーサーとしての足枷となった一面があると言われる。
  • 城北ライダースのキャプテンとして活躍していた2輪時代、チームの好成績が呼び水となりヤマハやスズキからの支援を受けていた。とはいえレース専用マシンではなく市販スタンダード車とスタンダードパーツが支給された程度で、これらを独学で培ってきた技術力でチューニングしていたと言われる。
  • 鈴木が4輪デビューをする切っ掛けは、たまたまモトクロスレースを主催するに当たって優勝旗を作るために依頼した店の主人が田原源一郎[3]だったことだと言う。鈴木は田原と話をしているうちに「良ければ一度乗ってみないか」との誘いを受けたという。
  • 日産・大森ワークスの後輩だった星野一義の才能を見抜き、1974年のFJ1300レースに東名ワークスドライバーとして出場させた。マシンはマーチ733で、エンジンは東名自動車チューンの日産A12。マーチのシャシーは桑島正美が売りに出していたもので、鈴木と星野が購入費用を折半した。星野は鈴木の期待に応え、5月19日に開催された'74全日本選手権鈴鹿フォーミュラレースでコース記録を大幅に更新し、FJ1300デビュー戦でぶっちぎりの優勝を果たしている。
  • 数多くの戦果を残してきた鈴木であるが資金面は順調ではなく、スポンサーから受け取った資金(年間およそ1千万円)はレーシングマシン購入で消え、マシンのチューニング費用は自前で賄っていたという。このような状況下では専属ドライバーを雇えるはずもなく、これが上記のハンデを抱えながらもレーサーを続ける一因となった。
  • 星野は鈴木のGC用マシンの慣らし走行を担当し、時折その回転数では到底出ないようなタイムを出し、鈴木以下東名自動車の人間を驚かせたと言われる。この事やFJ1300での結果から、鈴木は6月2日のGC第2戦を最後にレースから引退することを決意、そのシートを星野に譲ることにしたと言われる。星野にも「次からはお前に譲る」と伝えていたという。
  • 結果として最後のレースになった1974年GC第2戦の予選では、東名自動車がエンジンメンテナンスを受注していた酒井レーシングのマシンに付きっ切りで、自分のマシンはメカニックに任せていたという。引退を期して臨んだレースで、鈴木は不運にも落命してしまったことになる。
  • 星野一義のほかにも高橋健二など多くの若手ドライバーを育成してきたと語られている。
  • 鈴木誠一=東名自動車というイメージも存在するが、東名自動車は鈴木誠一個人が設立したのではなく、城北ライダースの有志が協力したものと言われている。鈴木の実弟の鈴木実(東名自動車でエンジンチューンを担当)は「兄(鈴木誠一)は日産との関係もあり、東名自動車にずっといたわけではなく、現場は久保さん兄弟や私たちで回していた。チューニングの基本は兄に学んだが、そこから先は各自が工夫しながら進めていた」と述べている。東名自動車社員としてエンジンチューンを担当後、独立して東名エンジンを設立した今井修は、「私を鈴木誠一さんの弟子と見る人もいるでしょうが、実技は弟の鈴木実さんに教わった部分が多い」と述べている。東名自動車社員として車体チューンを担当後、独立して東名スポーツを設立した中野啓吉は「溶接などの実作業に関して、鈴木さんは特に上手ではなかったかも知れない。ただし理論は非常によく分かっており、チューニングのアイデアがすごかった」と述べている。

現在、鈴木実は個人で息子たちと会社を経営している。[4]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ 1963年の「第1回日本グランプリ」に日産フェアレディで出場し優勝。SCCN(スポーツ・カー・クラブ・オブ・ニッサン)の会長だった。
  4. ^ ノスタルジックヒーロー』Vol.124。

関連事項[編集]

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]