中野雅晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 雅晴(なかの まさはる、1949年3月9日 - 1973年11月23日)は、東京都出身の日本のレーシングドライバーである。

概略[編集]

1967年5月に船橋サーキットスバル・360でレースデビュー、その後トヨタ・モータースポーツクラブ(TMSC)に入会する。トヨタのツーリングカーで活躍し、1971年にTMSCを離れ、プライベート・ドライバーとしてFL500で活躍。

1973年に田中弘率いるヒーローズレーシング富士GCFJ1300のドライバーに抜擢され、3月18日の富士300キロスピードレースで2位に入るが、しかし11月23日の富士マスターズ250キロの決勝でスタート直後、30度バンクで事故が起き、中野は事故に巻き込まれてガードレールに激突、燃料満載だった中野のマシンは爆発・炎上し焼死した。享年24。


親戚[編集]

外部リンク[編集]