ファイナルラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ファイナルラップ(final Lap)

  • レースでの最終周回。
  • ナムコのレースゲーム。本項で解説

ファイナルラップ
FINAL LAP
ジャンル レースゲーム
対応機種 アーケード
開発元 ナムコ
発売元 日本の旗ナムコ
アメリカ合衆国の旗アタリ
音楽 細江慎治
シリーズ ファイナルラップシリーズ
人数 1 - 8人(対戦プレイ)
メディア 業務用基板(3.66メガバイト
稼働時期
  • 日本 1987年12月 (1987-12)
  • アメリカ合衆国 1988年5月
デバイス ステアリング
シフトレバー
アクセルペダル
ブレーキペダル
筐体 コックピット型専用筐体
システム基板 SYSTEM II
CPU MC68000 (@ 12.288 MHz) ×2
MC6809 (@ 3.072 MHz)
HD63705 (@ 2.048 MHz)
サウンド C140 (@ 21.39 kHz)
YM2151 (@ 3.57958 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
288×224ピクセル
60.61Hz
パレット8192色
テンプレートを表示

ファイナルラップ』 (Final Lap) は、1987年にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が開発した『ポールポジション』(1982年)の流れを汲むレースゲーム

概要[ソースを編集]

初めて筐体間のデータリンクを導入し、最大8人までの同時プレイを実現した一方、「乱入」を抑止するシステムを持たなかったため、対戦型格闘ゲームでよく見られる「面識の無いプレイヤー同士による、互いのプレイスタイルに起因するトラブル」も引き起こすことになった。

1作目のコースは鈴鹿サーキットのみだが、続編の『ファイナルラップ2』(1990年)では、ゲーム開始前に4つのコースから1つをプレイヤーの多数決で選択することができるようになった。なお、トップが同数の場合はランダムで決定される。

このゲームの特色である「トップのプレイヤーがスタートラインを通過すると同時にプレイ中の全員にタイム追加され、スタートもゲーム終了も全員同時となる」「トップを走るプレイヤーよりも下位のプレイヤーの方がタイヤの限界や最高速度、加速度が高くなる(車同士がまるで「ゴムひも」で繋がれているような様子から、開発サイドの通称は「ラバーバンド」[1])」といった初心者に優しい弱者救済的システムは、プレイヤーの裾野を広げ、現在に至るまで一部を除いて対戦型レースゲームの基本形となっている。

他機種版[ソースを編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 ファイナルラップ
  • 日本 1988年8月12日 (1988-08-12)
ファミリーコンピュータ ノバ
アークシステムワークス
ナムコ 2メガビットロムカセット[2] - -
2 ファイナルラップツイン
  • 日本 1989年7月7日 (1989-07-07)
  • アメリカ合衆国 1990
PCエンジン ノバ
3メガビットHuCARD[3]
  • 日本 NC89003
  • アメリカ合衆国 TGX030020
-
ファミリーコンピュータ版
マシンのチューニングをすることができる。
PCエンジン版「ファイナルラップツイン」
通常の1Pモード、2P対戦モードがある。2Pモードは画面上下二分割の1つの画面で対戦できる、当時としては画期的なシステムで話題となった。ただし、のちに同じくPCエンジンで『F1トリプルバトル』(ヒューマン)という作品で3人同時プレイを実現され、同時プレイ人数で抜かれている。
通常のレースモードに加えRPG風の味付けを施したクエストモードが搭載されている。ミニ四駆をモチーフにしたチビ四駆の駆け出し選手として修行の旅に出かけ、全国の強豪と対戦しチャンピオンになるのが目的。一般のRPGでの戦闘に相当するフィールドマップ上でのレースで賞金を稼ぎ、それを元手に新しいパーツを購入して自らのマシンを強化していく。バックストーリーは漫画『巨人の星』をパロディ化している。

評価[ソースを編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
AllGame 3/5stars (AC)[4]
Computer and Video Games 93/100点 (TG16)[5]
Electronic Gaming Monthly 24/40点 (TG16)[5]
ファミ通 26/40点 (FC)[6]
30/40点 (PCE)[7]
(シルバー殿堂)
ファミリーコンピュータMagazine 19.58/30点 (FC)[2]
月刊PCエンジン 89/100点 (PCE)
マル勝PCエンジン 31/40点 (PCE)
PC Engine FAN 23.04/30点 (PCE)[3]
(総合89位)
The Games Machine 79/100点 (TG16)[5]
ASM 5.2/12点 (TG16)[5]
受賞
媒体 受賞
第2回ゲーメスト大賞 大賞10位[8]
年間ヒットゲーム5位[8]
アーケード版
  • 1998年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメスト読者の人気投票によるゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、「画面に映し出される映像はかなりレベルが高く、かなり実車感覚に近いイメージであった」、「通信対戦の登場により、1人で遊ぶから多人数で遊ぶといった形が作られたのもこのゲームからだろう」、「トップのマシンほど遅く、ビリのマシンほど速くなるという調整が加えられ、レースが盛り上がるように作られていた」、「デラックスの筐体では、マシンが加速する、減速するという現象をなんと筐体をモーターで前後にスライドさせることで体感を表現するなど、独特なシステムも採用された」と紹介されている[9]
ファミリーコンピュータ版
ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計26点(満40点)[6]、「ファミリーコンピュータMagazine」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.58点(満30点)となっている[2]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.16 3.25 3.31 3.42 3.15 3.29 19.58
PCエンジン版 「ファイナルラップツイン」
ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では、8・7・8・7の合計30点(満40点)でシルバー殿堂入りを獲得[7]、「月刊PCエンジン」では90・90・90・85・90の平均89点、「マル勝PCエンジン」では8・7・8・8の合計31点(満40点)、「PC Engine FAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、23.04点(満30点)となっている[3]。 また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で89位(485本中、1993年時点)となっている[3]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.81 3.75 3.87 4.04 3.82 3.75 23.04

シリーズ作品[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ しかし近年のナムコブランドのゲームでも「馬力アシスト」を正式名としていたり、プレイヤーは別ゲームでの「ブースト」という呼称を流用していたりで、定着した一般名は無いのが現状である。
  2. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 274頁。
  3. ^ a b c d 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」、『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店1993年10月1日、 112頁。
  4. ^ Final Lap for Arcade (1987) - MobyGames”. Blue Flame Labs. 2017年5月27日閲覧。
  5. ^ a b c d Final Lap for TurboGrafx-16 (1989) - MobyGames”. Blue Flame Labs. 2017年5月27日閲覧。
  6. ^ a b ファイナルラップ まとめ [ファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年5月16日閲覧。
  7. ^ a b ファイナルラップツイン まとめ [PCエンジン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年5月16日閲覧。
  8. ^ a b c d 「ゲーメスト大賞11年史」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 22 - 23頁、 ISBN 9784881994290
  9. ^ 「ザ・ベストゲーム」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 122頁、 ISBN 9784881994290

外部リンク[ソースを編集]