むつ湾インターナショナル・スピードウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯40度57分31.38秒 東経141度12分56.29秒 / 北緯40.9587167度 東経141.2156361度 / 40.9587167; 141.2156361

むつ湾インターナショナル・スピードウェイ
概要
所在地 日本の旗 日本青森県上北郡野辺地町大字有戸字向田118
座標 北緯40度57分31.38秒
東経141度12分56.29秒
営業期間 1972年7月 - 1973年
主なイベント むつ湾チャレンジレース&プロダクションカーレース大会
(1972年9月23日 - 24日)[1]
むつ湾グランド200マイルレース
(1973年8月18日)
コース長 4.5km
コーナー数 4
テンプレートを表示

むつ湾インターナショナル・スピードウェイ(むつわん~)は、1970年代に青森県野辺地町にあったサーキット場である。別名「野辺地スピードウェイ」(のへじ~)。

概要[編集]

  • 1972年7月にオープン。4.5km、セミオーバル・左回りの東北地区初の超高速コース。コース幅20メートルピット数40、アスファルト舗装。フラットコースだが第1&最終コーナーにカントがついている。
  • サニークラスですら最高速250kmに迫る超ハイスピードコースであった。
  • おもにストックカーレースを中心に開催された。しかし、オイルショックによるガソリン代の高騰、遠隔地なことから参加者の確保が難しく、また冬にはレース開催が不能で、海沿いであったことから砂がコースに入り、又水没したこともあり賑わうことなく1973年にわずか10レースほどで幕を閉じた。
  • サーキット閉鎖後も敷地内は動物園として利用されていたが、動物園が閉鎖後、野生化したタイワンザルが近隣の農作物を襲うので問題になったことがあった。
むつ湾インターナショナル・スピードウェイの所在地

脚注[編集]

  1. ^ むつ湾チャレンジレース&プロダクションカーレース大会”. JAFモータースポーツ. 主要レース以外の検索. 日本自動車連盟. 2019年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]