クリストフ・スミヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリストフ・スミヨン
Christophe-Soumillon.jpg
2008年のスワンSでの表彰式
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
出身地 ブリュッセル首都圏地域スカールベーク
生年月日 1981年6月4日(32歳)
騎手情報
初免許年 1997年(フランス)
免許区分 平地障害
テンプレートを表示

クリストフ・スミヨン(Christophe Soumillon、1981年6月4日[1][2] - )は、ベルギー生まれの騎手香港における名前の中文表記は「蘇銘倫」

経歴[編集]

ブリュッセル首都圏地域スカールベーク生まれ[1]。父は障害競走の騎手であったジャン=マルク・スミヨンである[1]

フランスシャンティイ競馬場セドリック・ブータン厩舎の見習騎手として1997年8月にデビュー。初勝利は同年11月にメゾンラフィット競馬場で挙げる。1999年に最多勝見習騎手となり、2000年4月にロンシャン競馬場フォンテンブロー賞英語版ベリーンズサンの騎乗で制して重賞初勝利を挙げる。そして、ちょうどその1週間後、サンクルー競馬場にて1日5勝のフランス競馬タイ記録を樹立。

見習時代の1999年に、エルコンドルパサーの凱旋門賞取材でフランスを訪れていた調教師を引退したばかりの野平祐二が、シャンティイ調教場で騎乗するスミヨンに目が留まりインタビューを行った。野平はインタビューのあと『彼はすごいね。いい騎手になるよ。』と言い残した。野平は2001年に死去したが、「予言」は的中することになった。

2001年にはプール・デッセ・デ・プーラン(仏2000ギニー)で、1位入線馬の失格による繰り上げ優勝ながらもG1初制覇[1]2002年には有力オーナーブリーダーであるアガ・カーン4世との優先騎乗契約を結ぶ[1]。さらに2003年からはアンドレ・ファーブル厩舎の主戦騎手となり、この年は207勝の成績で1988年キャッシュ・アスムッセン以来となる年間200勝を達成するとともに、フランス年間最多勝記録を更新した[1]。この年を含め、フランス最多勝騎手リーディングジョッキー)を6回(2003年、2005年2006年2011年 - 2013年[3][4][5])獲得している。

上記の通り素晴らしい成績を残していたが、日ごろの言動やレースでの鞭の使用方法などに不満を持っていたアンドレ・ファーブルには2007年に契約を解除され、さらにはアガ・カーン4世にも2009年一杯での契約解除を言い渡された。2010年からはアガ・カーン4世の主戦騎手をクリストフ・ルメールが務めたが、2014年から再びスミヨンが主戦を務めることとなった[6][7]

2010年6月19日には、フランス・オートゥイユ競馬場にて、障害G1競走のオートゥイユ大ハードル英語版に出走するマンダリに騎乗、スタート直後から逃げを打ち、途中からは大逃げとなってそのまま1着となり、障害G1競走初勝利を挙げた。

日本では2001年にJRA短期免許で初めて騎乗したが、阪急杯(GIII)で騎乗した際、進路妨害による降着および開催日4日間の騎乗停止処分を受け、結局48戦6勝止まりに終わった。フランスでの目覚ましい活躍ぶりに比べると、芳しい成績を収めることはできなかった。この年以降、ヨーロッパの平地競走オフシーズンに日本で短期免許を取得することはなく、主に香港で騎乗していたが、2009年にはアントニー・クラストゥスと共に短期免許を取得し、6年ぶりに日本で騎乗した。身元引受調教師は池江泰寿、身元引受馬主は吉田勝己であった[8]。同年10月31日スワンステークスキンシャサノキセキに騎乗して優勝し、日本での重賞初制覇を達成した[9]

翌2010年にも前年と同じ身元引受人で短期免許を取得[10]。10月30日と31日のみの最初の来日では第142回天皇賞ブエナビスタで優勝し、日本での初GI競走勝利を挙げた。11月20日から12月31日までの2回目の来日では、11月28日に再びブエナビスタとのコンビで第30回ジャパンカップに挑み1位入線を果たすが、最後の直線コースで急に内側に斜行し、ローズキングダムの走行を妨害したため、2着に降着となった。これにより、開催日4日間の騎乗停止処分を受けた[11]。この際、日本の裁決委員の判定方法に不信感を持ったとされ、翌11月29日のサンケイスポーツのトップ記事で、スミヨンは「これで日本のジャッジが下手だということを、世界に配信することになるだろう」という発言を行ったと報じられた[12]

2011年のJRAの短期免許は、「制裁点数が30点を超えた場合、翌年度に短期免許を交付しない」という2010年12月の免許試験委員会における合意事項に触れたため、交付されないこととなった[13]。ただしこの規定は競走限定免許には適用されないため、海外からの遠征馬には騎乗できる。

2012年には、池添謙一に代わってオルフェーヴルに騎乗[14]フォワ賞で優勝するも[15]、本番の凱旋門賞で2着に敗れる[16]。同年10月、2年ぶりにJRAの短期免許を取得[17]

日本の障害競走での騎乗歴はない。

人物[編集]

アイルランドの騎手・ジェイミー・スペンサーとは、香港で騎乗した際にトラブルを起こして以来、犬猿の仲であるとも言われている。一方で同じフランスを拠点とするイオリッツ・メンディザバルとは、日本での騎乗の際によく一緒に食事に行くなど友人関係にある[18]

本人曰く「パリではビッグサイズの服しかない」ため、来日すると「自分のサイズに合った服を買い溜めしていく」という。中でもユナイテッドアローズが一番お気に入りのブランドとのこと[18]

年度別成績表[編集]

フランス
年度 騎乗
勝利 勝率 獲得賞金(ユーロ
勝数 順位 金額 順位
1998年 203 11勝 89位 .054 23万4188 52位
1999年 597 56勝 14位 .094 114万5720 14位
2000年 746 68勝 10位 .091 198万5239 8位
2001年 778 88勝 5位 .113 338万9566 3位
2002年 683 99勝 2位 .145 342万9205 3位
2003年 1017 207勝 1位 .204 723万1475 1位
2004年 1020 165勝 2位 .162 553万5935 1位
2005年 1039 226勝 1位 .218 750万6425 1位
2006年 856 176勝 1位 .206 685万6405 1位
2007年 914 146勝 3位 .160 557万3585 2位
2008年 934 174勝 2位 .186  
2009年  
2010年  
2011年 1位  
2012年 1位  
2013年 1位  
通算 7853 1242勝 - .158 4288万7743 -
日本(中央競馬)
年度 騎乗
勝利 勝率 連対
獲得賞金
勝数 順位
2001年 48 6勝 100位 .125 .188 8528万5000
2003年 16 1勝 169位 .063 .375 2270万0000
2009年 75 16勝 60位 .213 .333 3億4993万5000
2010年 59 12勝 70位 .203 .441 6億0838万1000
2011年 6 1勝 143位 .167 .167 830万0000
2012年 52 8勝 84位 .154 .250 1億5900万1000
通算 256 44勝 - .172 .312 12億3360万2000
日本(地方競馬)
年度 騎乗
勝利 勝率 連対
獲得賞金
勝数 順位
2009年 1 0勝 .000 .000 800万
通算 1 0勝 - .000 .000 800万
香港
年度 騎乗
勝利 勝率 連対
獲得賞金
香港ドル
勝数 順位
01/02年 1 0勝 43位 .000 .000 180万0000
02/03年 120 15勝 15位 .125 .258 1369万4000
03/04年 19 2勝 34位 .105 .316 495万2400
04/05年 124 16勝 14位 .129 .234 1915万3635
05/06年 172 32勝 10位 .186 .308 4318万6345
06/07年 81 5勝 23位 .062 .136 1042万3600
07/08年 136 18勝 15位 .132 .265 2210万9730
08/09年
通算 653 88勝 - .135 .254 1億1531万0000

主な勝鞍[編集]

特に表記のないものはGI級競走。

フランスの旗 フランス[編集]

日本の旗 日本[編集]

香港の旗 香港[編集]

アイルランドの旗 アイルランド[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[編集]

アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦[編集]

イギリスの旗 イギリス[編集]

イタリアの旗 イタリア[編集]

カナダの旗 カナダ[編集]

トルコの旗 トルコ[編集]

  • トプカプトロフィー (G2) - Musir(2011年)、Master of Hounds(2012年)

ハンガリーの旗 ハンガリー[編集]

  • OTPハンガリア大賞 - Overdose(2009年)

テレビ出演[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f ジャパンカップ出走予定外国馬プロフィール (PDF)日本中央競馬会、2011年。
  2. ^ スミヨンとウィリアムズが対談/有馬記念日刊スポーツ、2012年12月19日。
  3. ^ Scott Burton「スミヨン騎手、5回目のリーディングジョッキーに輝く(フランス)[その他]ジャパン・スタッドブック・インターナショナル、2013年1月24日。
  4. ^ 「クリストフ・スミヨン騎手 仏国の年間最多勝記録を更新」『週刊競馬ブック』第51巻第50号(2013年12月14・15日号)、2013年、88頁。
  5. ^ 昨年仏リーディング2位・ギュイヨン 目指せ日本通スポーツニッポン、2014年1月10日。
  6. ^ スミヨンがアガ・カーン殿下と契約復活」日刊スポーツ、2013年9月4日。
  7. ^ 殿下と契約切れたルメール 次は日本で?」スポーツニッポン、2013年9月5日。
  8. ^ スミヨン短期免許取得、天皇賞でフジ騎乗」日刊スポーツ、2009年10月16日。
  9. ^ スミヨン来日即重賞初V/スワンS」日刊スポーツ、2009年11月1日。
  10. ^ UMAJINホワイト騎手、スミヨン騎手に短期免許を交付Livedoor ニュース、2010年10月28日。
  11. ^ ブエナビスタ騎乗スミヨンは4日間騎乗停止インターネット・アーカイブ)」SANSPO.COM、2010年11月28日。
  12. ^ 【JC】ブエナ衝撃降着!5億円ブッ飛んだインターネット・アーカイブ)」SANSPO.COM、2010年11月29日。
  13. ^ スミヨンら方針変更で騎手免許交付されず」日刊スポーツ、2011年6月28日。
  14. ^ オルフェ凱旋門賞スミヨン騎手と新コンビ」日刊スポーツ、2012年7月16日。
  15. ^ 凱旋門賞制覇へ視界良好、オルフェーヴル完勝/仏GII・フォワ賞netkeiba.com、2012年9月16日。
  16. ^ オルフェーヴル2着、ソレミアが優勝 凱旋門賞AFPBB News、2012年10月8日。
  17. ^ スミヨン日本で騎乗 2年ぶり短期免許取得」スポーツニッポン、2012年10月2日。
  18. ^ a b 競馬最強の法則』2012年12月号、ベストセラーズ、2012年、22-27頁。

外部リンク[編集]