サウジアラビアロイヤルカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サウジアラビアロイヤルカップ
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 東京競馬場
第1回施行日 2015年10月10日[1]
創設 2014年[2]
2017年の情報
距離 芝1600m
格付け GIII
賞金 1着賞金3300万円
賞金総額7118万円
出走条件 サラ系2歳(国際)(特指)
負担重量 馬齢(牡・せん55kg、牝54kg)
出典 [3][1][4]
テンプレートを表示

サウジアラビアロイヤルカップは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬重賞競走GIII)である[5]

正賞はリヤド馬事クラブ賞[3][1]

概要[編集]

2歳マイル路線のさらなる充実、およびローテーションを整備する観点から2014年に「いちょうステークス」の名称で新設された重賞競走[2][6]。初年度は国際グレード制に基づく格付けが行われず、格付表記は「新設重賞」とされた[7]。2015年より現名称に改称され、格付表記も「重賞」とされた。なお、開催回次はいちょうステークスから引き継がれず、2015年は改めて「第1回」とされた[8][9]。2016年よりGIIIに新規格付される[10]

前身となる「いちょうステークス」は1984年より東京競馬場の芝1600mで3歳(現2歳)オープンの特別競走として行われ[7]、2012年と2013年は距離を1800mに延長[2]。2014年から距離を再び1600mに戻したうえで、重賞に格上げされた[2]

地方競馬所属馬は3頭まで、外国馬は9頭まで出走可能。

競走条件[編集]

以下の内容は、2017年現在[3][1][11]のもの。

出走資格:サラ系2歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(JRA認定馬3頭まで、優先出走)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢(牡・せん55kg、牝54kg)

賞金[編集]

2017年の1着賞金は3300万円で、以下2着1300万円、3着830万円、4着500万円、5着330万円[3][1]

歴史[編集]

  • 1984年 - 3歳馬によるオープン特別として「いちょうステークス」が創設[7]
  • 2014年 - 重賞(新設重賞)に格上げ[2]
  • 2015年
    • 名称を「サウジアラビアロイヤルカップ」に変更[7]
    • 格付表記を「重賞」に変更[7]
  • 2016年 - GIIIに新規格付[10]

歴代優勝馬[編集]

コース種別を表記していない距離は、芝コースを表す。

いちょうステークス[編集]

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2014年10月11日 東京 1600m クラリティスカイ 牡2 1:33.5 横山典弘 友道康夫 杉山忠国

サウジアラビアロイヤルカップ[編集]

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2015年10月10日 東京 1600m ブレイブスマッシュ 牡2 1:34.2 横山典弘 小笠倫弘 島川隆哉
第2回 2016年10月8日 東京 1600m ブレスジャーニー 牡2 1:34.5 柴田善臣 本間忍 島川隆哉
第3回 2017年10月7日 東京 1600m ダノンプレミアム 牡2 1:33.0 川田将雅 中内田充正 (株)ダノックス
2013年までの「いちょうステークス」優勝馬[編集]

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

施行日 競馬場 距離 条件 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
1988年10月29日 東京 1600m オープン ジャンボセイコ 牝2 1:37.0 成島正規 田子冬樹 原八衛
1989年10月28日 東京 1600m オープン カムイフジ 牡2 1:35.7 堀井雅広 宮沢今朝太郎 藤代由太郎
1990年10月28日 東京 1600m オープン サクラハイスピード 牡2 1:36.7 小島太 境勝太郎 (株)さくらコマース
1991年10月27日 東京 1600m オープン サンエイサンキュー 牝2 1:38.7 東信二 佐藤勝美 岩崎喜好
1992年11月1日 東京 1600m オープン ライブハウス 牝2 1:34.9 岸滋彦 坂口正則 吉田勝己
1993年10月31日 東京 1600m オープン トラストカンカン 牡2 1:35.4 小迫次男 河野通文 菅波滿
1994年10月30日 東京 1600m オープン ヤマニンパラダイス 牝2 1:34.7 武豊 浅見国一 土井商事(株)
1995年10月29日 東京 1600m オープン エアグルーヴ 牝2 1:35.8 武豊 伊藤雄二 吉原毎文
1996年10月27日 東京 1600m オープン メジロドーベル 牝2 1:35.0 吉田豊 大久保洋吉 メジロ商事(株)
1997年10月26日 東京 1600m オープン タヤスアゲイン 牡2 1:36.1 柴田善臣 山内研二 横瀬寛一
1998年11月1日 東京 1600m オープン エアギャングスター 牡2 1:36.2 武豊 伊藤雄二 (株)ラッキーフィールド
1999年10月31日 東京 1600m オープン マチカネホクシン 牡2 1:35.6 河内洋 浅見秀一 細川益男
2000年10月22日 東京 1600m オープン トラストファイヤー 牡2 1:37.1 的場均 河野通文 菅波滿
2001年10月21日 東京 1600m オープン サンヴァレー 牡2 1:36.3 田中剛 岩元市三 林進
2002年10月27日 中山 1600m オープン コスモインペリアル 牡2 1:37.7 柴田善臣 清水利章 岡田美佐子
2003年11月2日 東京 1600m オープン メテオバースト 牡2 1:35.8 武豊 萩原清 (有)サンデーレーシング
2004年10月23日 東京 1600m オープン ニシノドコマデモ 牡2 1:35.6 横山典弘 萱野浩二 西山茂行
2005年10月22日 東京 1600m オープン ジャリスコライト 牡2 1:35.9 北村宏司 藤沢和雄 吉田和美
2006年10月21日 東京 1600m オープン マイネルシーガル 牡2 1:35.9 後藤浩輝 国枝栄 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
2007年10月20日 東京 1600m オープン アロマキャンドル 牝2 1:36.2 藤田伸二 河野通文 (有)社台レースホース
2008年10月25日 東京 1600m オープン ダノンカモン 牡2 1:35.0 福永祐一 池江泰寿 (株)ダノックス
2009年10月24日 東京 1600m オープン トーセンファントム 牡2 1:34.9 内田博幸 松田国英 島川隆哉
2010年10月23日 東京 1600m オープン ロビンフット 牡2 1:36.3 後藤浩輝 堀井雅広 桐谷茂
2011年10月22日 東京 1600m オープン アーデント 牡2 1:39.0 横山典弘 加藤征弘 (有)キャロットファーム
2012年10月20日 東京 1800m オープン フラムドグロワール 牡2 1:48.1 横山典弘 藤沢和雄 (有)シルク
2013年10月19日 東京 1800m オープン イスラボニータ 牡2 1:49.6 蛯名正義 栗田博憲 (有)社台レースホース

2014年以前の「サウジアラビアロイヤルカップ」[編集]

2015年以降の「サウジアラビアロイヤルカップ」よりも以前に、「サウジアラビアロイヤルカップ」の名称で施行された、または「サウジアラビアロイヤルカップ」を冠した競走が設定されていた。

  • 1999年:東京ハイジャンプに「サウジアラビアロイヤルカップ」の名称を冠して施行[12]
  • 2003年 - 2006年:4歳以上オープンの特別競走「サウジアラビアロイヤルカップ」を施行(下記)。
  • 2007年[13] - 2014年[14]富士ステークスに「サウジアラビアロイヤルカップ」の名称を冠して施行。

2003年から2006年までの「サウジアラビアロイヤルカップ」[編集]

2003年から2006年まで、「サウジアラビアロイヤルカップ」という名称の特別競走が施行されていた。

負担重量は2003年が別定、2004年 - 2006年はハンデキャップ

優勝馬[編集]

施行日 競馬場 距離 条件 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
2003年5月11日 東京 ダート1600m オープン スターキングマン 牡4 1:36.6 村田一誠 森秀行 (有)クローバークラブ
2004年5月9日 東京 ダート1600m オープン エイシンハンプトン 牡4 1:35.7 武豊 藤原英昭 平井豊光
2005年5月8日 東京 ダート1600m オープン メイショウサライ 牡4 1:35.9 秋山真一郎 増本豊 松本好雄
2006年5月7日 東京 ダート1600m オープン ワイルドワンダー 牡4 1:35.7 後藤浩輝 久保田貴士 草間庸文

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 平成29年第4回東京競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2016年10月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e 2016年度第4回東京競馬特別レース名解説 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 3. 2016年10月5日閲覧。
  3. ^ a b c d 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 35. 2016年10月5日閲覧。
  4. ^ International Cataloguing Standards Book Part I Japan (PDF)” (英語). p. 4. 2016年10月5日閲覧。
  5. ^ 平成27年第4回東京競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2015年3月13日閲覧。
  6. ^ レースについて:サウジアラビアロイヤルカップ 今週の注目レース”. 日本中央競馬会. 2016年10月5日閲覧。
  7. ^ a b c d e サウジアラビアロイヤルC特集(レースガイド)”. netkeiba.com. 2015年10月5日閲覧。
  8. ^ 平成28年第4回東京競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2016年10月5日閲覧。
  9. ^ 平成27年度競馬番組等について (PDF)”. 日本中央競馬会 (2014年11月21日). 2015年10月5日閲覧。
  10. ^ a b 平成28年度の重賞競走の主な変更点について (PDF) - 日本中央競馬会、2015年12月17日閲覧
  11. ^ 競馬番組一般事項 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 35. 2016年10月5日閲覧。
  12. ^ 日本・サウジ外交関係樹立50周年記念事業”. 在サウジアラビア日本国大使館. 2015年12月17日閲覧。
  13. ^ 今週の注目レース−サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス”. JRAホームページ. 2007年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月17日閲覧。
  14. ^ 平成27年度の重賞競走の主な変更点について”. JRAホームページ. 2015年12月17日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]

外部リンク[編集]