ワイルドワンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワイルドワンダー
Wild Wonder.jpg
2008年12月7日 阪神競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2002年3月19日(18歳)
死没 (存命)
登録日 2004年6月3日
抹消日 2010年5月14日
ブライアンズタイム
ワルツダンサー
母の父 サンデーサイレンス
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 静内フジカワ牧場
馬主 草間庸文
調教師 久保田貴士美浦北
競走成績
生涯成績 30戦9勝(通算)
27戦9勝(中央競馬
3戦0勝(地方競馬
獲得賞金 3億4958万4000円(通算)
3億1108万4000円(中央競馬)
3850万円(地方競馬)
テンプレートを表示

ワイルドワンダー (Wild Wonder) は日本の元競走馬。おもな勝鞍はアンタレスステークスプロキオンステークス根岸ステークス

略歴[編集]

ダートコースの1400 - 1800メートル戦を中心に出走、後方や中団待機からの差し・追い込みを主な戦法に9勝すべてをダート戦にて記録。2007年にはアンタレスステークスを制覇し開業5年目の久保田貴士調教師ともども初の重賞タイトルを獲得。このほか同年のプロキオンステークス、翌2008年には根岸ステークス中央競馬で3つの重賞競走に優勝した。

また先述の重賞3勝のほか、マイルチャンピオンシップ南部杯2着・フェブラリーステークス3着、さらに距離不安を囁かれたジャパンカップダートでも5着と地方競馬・中央競馬を問わずGI級レースにおいても好走を続け、2008年のジャパンカップダートにてダート戦初の二桁着順を喫するまでダートでは着外2回、5度のGI競走すべて入着と安定した成績を残した。

そのジャパンカップダート後に脚部不安のため長期休養[1]、復帰初戦となる武蔵野ステークスこそ3着と結果を出すも、以降は見せ場なく終始後方に置かれたままのレース内容を続け、2010年5月のオアシスステークス12着を最後に現役を引退。

引退後は北海道新ひだか町アロースタッドにて種牡馬となる[2]

種牡馬時代[編集]

初年度の種付け数は4頭[3]。これ以降でも4頭が最高で産駒数は非常に少ない。しかしその少ない産駒の中から2016年佐賀桜花賞を勝ったスイシン、同じく佐賀競馬場2017年背振山賞を勝ったアニメート、の2頭の地方重賞勝ち馬を出している。なおこの2頭は母スイートパッセ(父テイエムオペラオー)の全姉妹である。

代表産駒[編集]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
(上り3F
時計
勝ち馬/(2着馬)
2004 7. 3 福島 2歳新馬 9 2 2 2.6(1人) 7着 蛯名正義 54 芝1200m(良) 1:11.5 (34.9) 1.9 エイワジョリー
10. 31 東京 2歳未勝利 14 6 10 7.0(4人) 1着 武豊 55 ダ1400m(重) 1:25.1 (37.3) 0.0 (トラストジュゲム)
2005 5. 8 東京 3歳500万下 14 5 7 9.0(4人) 1着 福永祐一 56 ダ1400m(良) 1:24.6 (36.1) -0.5 (チョウカイフレンチ)
6. 19 福島 横手特別 15 2 2 3.9(2人) 2着 中舘英二 53 ダ1700m(良) 1:45.4 (37.2) 0.1 サウザンドビーチ
7. 2 福島 猪苗代特別 15 6 11 1.9(1人) 1着 中舘英二 54 ダ1700m(良) 1:45.4 (38.7) 0.0 (ハウンドコップ)
10. 30 東京 白秋S 13 7 12 18.1(8人) 4着 池添謙一 53 芝1400m(良) 1:21.4 (33.7) 0.4 ヴリル
11. 20 東京 奥多摩S 15 8 14 5.8(2人) 11着 柴山雄一 56 芝1400m(良) 1:22.1 (33.9) 1.1 ヴリル
12. 25 中山 フェアウェルS 16 6 11 7.0(3人) 1着 C.ルメール 54 ダ1800m(良) 1:52.2 (37.1) -0.6 (タイキヴァンベール)
2006 1. 22 京都 平安S GIII 16 8 15 6.0(3人) 6着 C.ルメール 55 ダ1800m(良) 1:50.9 (35.1) 0.7 タガノゲルニカ
3. 26 中山 マーチS GIII 13 6 9 2.9(1人) 5着 後藤浩輝 55 ダ1800m(良) 1:52.1 (37.7) 0.7 ヒシアトラス
5. 7 東京 サウジアラビアC OP 16 8 16 4.8(2人) 1着 後藤浩輝 55 ダ1600m(良) 1:35.7 (36.2) 0.0 (メテオバースト)
9. 18 札幌 エルムS GIII 13 7 11 7.5(3人) 8着 後藤浩輝 56 ダ1700m(良) 1:44.0 (36.9) 1.0 ヒシアトラス
2007 2. 10 京都 すばるS OP 16 7 14 6.0(4人) 3着 C.ルメール 56 ダ1400m(良) 1:23.5 (35.7) 0.3 モンテタイウン
3. 31 阪神 コーラルS OP 16 4 8 2.5(1人) 1着 岩田康誠 55 ダ1400m(稍) 1:24.4 (36.0) -0.2 バンブーエール
4. 22 京都 アンタレスS GIII 16 3 6 6.2(3人) 1着 岩田康誠 56 ダ1800m(良) 1:49.9 (35.7) -0.4 (キクノアロー)
7. 8 阪神 プロキオンS GIII 16 7 14 1.7(1人) 1着 蛯名正義 57 ダ1400m(良) 1:22.7 (36.3) -0.2 リミットレスビッド
10. 8 盛岡 南部杯 JpnI 14 3 3 1.9(1人) 2着 岩田康誠 57 ダ1600m(重) 1:36.9 0.1 ブルーコンコルド
10. 27 東京 武蔵野S GIII 14 6 10 1.7(1人) 2着 蛯名正義 57 ダ1600m(不) 1:35.6 (35.4) 0.1 エイシンロンバード
11. 24 東京 ジャパンCダート GI 16 3 6 18.5(8人) 5着 岩田康誠 57 ダ2100m(良) 2:07.7 (37.6) 1.0 ヴァーミリアン
2008 2. 4 東京 根岸S GIII 16 2 4 2.5(1人) 1着 岩田康誠 57 ダ1400m(不) 1:22.7 (35.6) -0.2 タイセイアトム
2. 24 東京 フェブラリーS GI 16 8 16 5.1(3人) 3着 岩田康誠 57 ダ1600m(良) 1:35.9 (36.3) 0.6 ヴァーミリアン
5. 5 船橋 かしわ記念 JpnI 14 8 14 2.0(2人) 3着 岩田康誠 57 ダ1600m(稍) 1:37.9 (37.5) 0.3 ボンネビルレコード
7. 13 阪神 プロキオンS GIII 13 8 12 1.7(1人) 2着 岩田康誠 57 ダ1400m(良) 1:22.2 (34.8) 0.2 ヴァンクルタテヤマ
10. 13 盛岡 南部杯 JpnI 14 3 3 1.8(1人) 3着 岩田康誠 57 ダ1600m(良) 1:37.9 0.6 ブルーコンコルド
12. 7 阪神 ジャパンCダート GI 15 8 15 28.4(10人) 10着 蛯名正義 57 ダ1800m(良) 1.50.2 (37.2) 1.0 カネヒキリ
2009 11. 7 東京 武蔵野S GIII 16 3 6 31.6(8人) 3着 蛯名正義 56 ダ1600m(良) 1:35.8 (36.2) 0.3 ワンダーアキュート
12. 13 中山 カペラS GIII 16 3 5 6.6(2人) 10着 吉田豊 56 ダ1200m(重) 1:10.4 (36.1) 0.8 ミリオンディスク
2010 1. 31 東京 根岸S GIII 16 4 7 12.2(5人) 9着 蛯名正義 56 ダ1400m(良) 1:24.2 (35.8) 0.5 グロリアスノア
2. 21 東京 フェブラリーS GI 15 8 16 81.5(12人) 13着 蛯名正義 57 ダ1600m(良) 1:38.7 (38.3) 3.8 エスポワールシチー
5. 9 東京 オアシスS OP 16 8 15 18.7(6人) 12着 内田博幸 57.5 ダ1600m(良) 1:36.8 (35.4) 1.5 ダイショウジェット

血統表[編集]

ワイルドワンダー血統ロベルト系/Hail to Reason 18.75% 3 x 4、Nasrullah 9.38% 4 x 5 ) (血統表の出典)

*ブライアンズタイム
Brian's Time
1985 黒鹿毛
父の父
Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
父の母
Kelley's Day
1977 鹿毛
Graustark Ribot
Flower Bowl
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale

ワルツダンサー
1995 鹿毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
母の母
*ウィシングフォーアスター
Wishing for a Star
1987 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Barbs Dancer Northern Dancer
Periodista F-No.12-b

半弟に2008年アイルランドトロフィー(中央競馬オープン)を制したオペラブラーボ(父・オペラハウス)、全妹ストロベリーパフェの仔に2018年から2019年にかけてゴールドCフジノウェーブ記念ブリリアントカップ川崎マイラーズと地方重賞を4連勝(他に2017年羽田盃勝ち)したキャプテンキング(父ファスリエフ)がおり、母の半妹スターリーナイト(父スターオブコジーン)の仔に2004年テレビ埼玉杯勝ちのベルモントソレイユがいる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]