マイルチャンピオンシップ南部杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイルチャンピオンシップ南部杯
Blue Concord 20081013R.jpg
第21回マイルチャンピオンシップ南部杯
開催国 日本の旗 日本
主催者 岩手県競馬組合
競馬場 盛岡競馬場
創設 1988年10月9日
2016年の情報
距離 ダート1600m
格付け JpnI
賞金 1着賞金4500万円
出走条件 サラブレッド系3歳以上(指定交流)
出走条件も参照
負担重量 定量(負担重量を参照)
出典 [1]
テンプレートを表示

マイルチャンピオンシップ南部杯(マイルチャンピオンシップなんぶはい)は、岩手県競馬組合盛岡競馬場で施行する地方競馬重賞競走JpnI)である。農林水産大臣が賞を提供、またRoad to JBCに指定されているため、正式名称は「農林水産大臣賞典[注 1] Road to JBC マイルチャンピオンシップ南部杯」と表記される。通称:南部杯。また中央競馬でのマイルチャンピオンシップと区別するためマイルCS南部杯マイル南部杯MCS南部杯と表記される事がある。

競走名は江戸時代盛岡藩を治めていた南部氏に由来し45代当主・南部利昭の許可の下、名付けられた。表彰式には毎年南部家当主が出席し、南部杯を授与している。

副賞は、南部杯 ( 記念の盾 ) 農林水産大臣賞 ( 賞状、メダル )、日本中央競馬会理事長賞 ( 賞状、金杯 )、日本馬主協会連合会長奨励賞 (賞状、プラチナ製ピンプローチ )、日本地方競馬馬主振興協会会長賞 ( 賞状、賞金 )、地方競馬全国協会理事長賞 ( 賞状、クリスタルトロフィー、クリスタルグラス )、全国公営競馬主催者協議会会長賞 ( 賞状、ショルダーバッグ )、岩手県知事賞 ( 優勝カップ )、(2016年)[2]

概要[編集]

岩手県競馬組合創立25周年を記念し、1988年北日本マイルチャンピオンシップ南部杯として創設された競走[1]、第1回は水沢競馬場のダート1600mで施行された。創設当初は北日本地区(道営、東北、北関東)交流競走で[1]、地方競馬の北日本地区のマイル最強馬決定戦の位置付けとされた。

1995年に中央・地方全国指定交流競走に指定されたと同時に現在のマイルチャンピオンシップ南部杯に改名、北日本地区以外の地方所属馬及び中央競馬所属馬も出走可能になった。1996年には開催場を現在の盛岡競馬場に変更、1997年には前年から施行されたダートグレード競走のGI(統一GI)に格付けされ[1]、日本の秋のダートのマイル最強馬決定戦として定着していった。

2002年からはRoad to JBCに指定されており、本競走の優勝馬にはジャパンブリーディングファームズカップ2競走(JBCクラシックJBCスプリント)への優先出走権(出走できるのはどちらか一方の競走)が与えられる。

発走時のファンファーレは岩手競馬のJpnI用のファンファーレが使用されている[3]。2007年に岩手競馬のファンファーレはJpnI用を含め全てが新しい物に切り替わったが、JpnI用のファンファーレは2009年から従来の物に戻されている。また、2015年からは盛岡市の市民吹奏楽団 「グーテン・ライエ吹奏楽団」による生演奏が行われている。

条件・賞金等(2016年)[編集]

出走条件
サラブレッド系3歳以上。フルゲートは16頭で、出走枠は中央競馬所属馬7頭[4]、岩手所属馬4頭、岩手以外の地方競馬所属馬5頭と定められている。
負担重量
定量、3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減(南半球産3歳1kg減)[5]
賞金等
1着4,500万円、2着1,035万円、3着585万円、4着405万円、5着225万円、着外手当は6着67万5000円、7着45万円、8着以下22万5000円[6]
優先出走権付与
優勝馬にJBCクラシックとJBCスプリントの優先出走権が付与される。

優先出走権付与競走[編集]

以下の競走の優勝馬には本競走の優先出走権が付与されている。

競走 競馬場 距離 備考
青藍賞 M2 水沢競馬場 ダート1600m 以前は地方全国交流であったが、2016年現在、岩手所属限定の競走

過去の賞金額[編集]

中央競馬地方競馬全国指定交流競走に指定された1995年以降
回数 総額賞金
(万円)
1着賞金
(万円)
2着賞金
(万円)
3着賞金
(万円)
4着賞金
(万円)
5着賞金
(万円)
第8回(1995年) 9,250 5,000 2,000 1,000 750 500
第9回(1996年)
第10回(1997年) 1億1,100 6,000 2,400 1,200 900 600
第11回(1998年)
第12回(1999年) 1億500 2,100 1,020 780
第13回(2000年)
第14回(2001年) 1億200 1,800
第15回(2002年)
第16回(2003年)
第17回(2004年)
第18回(2005年)
第19回(2006年)
第20回(2007年)
第21回(2008年) 8,500 5,000 1,500 850 650 500
第22回(2009年) 7,500 1,150 650 450 250
第23回(2010年) 6,750[7] 4,500 1,035 585 405 225
第24回(2011年) 8,530 1,800 1,100 680 450
第25回(2012年) 6,750[8] 1,035 585 405 225
第26回(2013年)
第27回(2014年)
第28回(2015年)
第29回(2016年)

歴史[編集]

  • 1988年 - 3歳以上の競走馬による北日本地区交流競走「北日本マイルチャンピオンシップ南部杯」として創設。水沢競馬場のダート1600mで施行。
  • 1995年
    • 中央・地方全国交流競走に指定。
    • 名称を「マイルチャンピオンシップ南部杯」に変更。
    • 開催日が体育の日に固定される(祝日改正法適用前で日曜日にあたった1999年を除く)。
  • 1996年 - 施行場を盛岡競馬場に変更。
  • 1997年 - ダート競走格付け委員会にGI(統一GI)に格付けされる。
  • 2002年 - Road to JBCに指定される。
  • 2007年 - 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告に伴い、統一グレード表記をJpnIに変更。
  • 2011年
    • 本年のみJRAが主催し、東京競馬場のダート1600mで「農林水産省賞典 マイルチャンピオンシップ南部杯」の名称で施行、売上の一部を支援金として岩手県競馬組合に拠出。このため、岩手県馬主会会長賞の寄贈を行わなかった。
    • 本年のみ、出走枠を地方競馬所属馬は5頭(うち岩手所属馬2頭まで)、フルゲート16頭までに変更。
  • 2012年 - 施行場を盛岡競馬場に戻す。
  • 2016年 - 中央競馬所属馬の出走枠が1頭増えて7頭に、あわせてフルゲートが1頭増えて16頭となる[4]

歴代優勝馬[編集]

コース種別を記載していない距離は、ダートコースを表す。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1988年10月9日 水沢 1600m グレートサーペン 牡6 高崎 1:42.4 工藤勉 渡辺和泰 三原勝太郎
第2回 1989年10月8日 水沢 1600m ダイコウガルダン 牡4 上山 1:42.4 水戸賢二 村山博 熊久保勅夫
第3回 1990年10月7日 水沢 1600m グレートホープ 牡4 盛岡 1:40.0 菅原勲 小西重征 小野寺喜久男
第4回 1991年10月13日 水沢 1600m タケデンファイター 牡5 新潟 1:40.8 大枝幹也 佐藤忠雄 赤川喜一郎
第5回 1992年10月11日 水沢 1600m タケデンマンゲツ 牡6 宇都宮 1:42.0 平沢則雄 平石正己 熊久保勅夫
第6回 1993年11月23日 水沢 1600m トウケイニセイ 牡6 盛岡 1:39.8 菅原勲 小西重征 小野寺喜久男
第7回 1994年9月25日 水沢 1600m トウケイニセイ 牡7 盛岡 1:39.5 菅原勲 小西重征 小野寺喜久男
第8回 1995年10月10日 水沢 1600m ライブリマウント 牡4 JRA 1:40.6 石橋守 柴田不二男 加藤哲郎 他2名
第9回 1996年10月10日 盛岡 1600m ホクトベガ 牝6 JRA 1:38.3 的場均 中野隆良 金森森商事(株)
第10回 1997年10月10日 盛岡 1600m タイキシャーロック 牡5 JRA 1:36.2 横山典弘 土田稔 (有)大樹ファーム
第11回 1998年10月10日 盛岡 1600m メイセイオペラ 牡4 水沢 1:35.1 菅原勲 佐々木修一 (有)明正商事
第12回 1999年10月11日 盛岡 1600m ニホンピロジュピタ 牡4 JRA 1:38.4 武豊 目野哲也 小林百太郎
第13回 2000年10月9日 盛岡 1600m ゴールドティアラ 牝4 JRA 1:38.3 後藤浩輝 松田国英 吉田和子
第14回 2001年10月8日 盛岡 1600m アグネスデジタル 牡4 JRA 1:37.7 四位洋文 白井寿昭 渡辺孝男
第15回 2002年10月14日 盛岡 1600m トーホウエンペラー 牡6 水沢 1:38.7 菅原勲 千葉四美 東豊物産(株)
第16回 2003年10月13日 盛岡 1600m アドマイヤドン 牡4 JRA 1:35.4 安藤勝己 松田博資 近藤利一
第17回 2004年10月11日 盛岡 1600m ユートピア 牡4 JRA 1:35.9 横山典弘 橋口弘次郎 金子真人
第18回 2005年10月10日 盛岡 1600m ユートピア 牡5 JRA 1:36.7 安藤勝己 橋口弘次郎 金子真人ホールディングス(株)
第19回 2006年10月9日 盛岡 1600m ブルーコンコルド 牡6 JRA 1:36.6 幸英明 服部利之 (株)荻伏レーシング・クラブ
第20回 2007年10月8日 盛岡 1600m ブルーコンコルド 牡7 JRA 1:36.8 幸英明 服部利之 (株)ブルーマネジメント
第21回 2008年10月13日 盛岡 1600m ブルーコンコルド 牡8 JRA 1:37.3 幸英明 服部利之 (株)ブルーマネジメント
第22回 2009年10月12日 盛岡 1600m エスポワールシチー 牡4 JRA 1:35.4 佐藤哲三 安達昭夫 (株)友駿ホースクラブ
第23回 2010年10月11日 盛岡 1600m オーロマイスター 牡5 JRA 1:34.8 吉田豊 大久保洋吉 (有)サンデーレーシング
第24回 2011年10月10日 東京
(JRA)
1600m トランセンド 牡5 JRA 1:34.8 藤田伸二 安田隆行 前田幸治
第25回 2012年10月8日 盛岡 1600m エスポワールシチー 牡7 JRA 1:35.9 佐藤哲三 安達昭夫 (株)友駿ホースクラブ
第26回 2013年10月14日 盛岡 1600m エスポワールシチー 牡8 JRA 1:35.1 後藤浩輝 安達昭夫 (株)友駿ホースクラブ
第27回 2014年10月13日 盛岡 1600m ベストウォーリア 牡4 JRA 1:35.9 戸崎圭太 石坂正 馬場幸夫
第28回 2015年10月12日 盛岡 1600m ベストウォーリア 牡5 JRA 1:36.8 福永祐一 石坂正 馬場幸夫
第29回 2016年10月10日 盛岡 1600m コパノリッキー 牡6 JRA 1:33.5R 田辺裕信 村山明 小林祥晃

東京競馬場での施行[編集]

2011年はこの年に発生した東日本大震災の影響により、東京競馬場にて施行された[9]。岩手県競馬自体は5月より盛岡競馬場での開催を再開しダートグレード競走も施行されていたが競馬関連の施設が大きな被害を受けるなどして開催日数の減少による経営環境の厳しさなどからJRAに要請を行い、本競走は盛岡競馬場と姉妹提携を結んでいる東京競馬場にてJRA主催により施行されることとなった。

JRAは当初開催予定のなかった10月10日を「岩手競馬を支援する日」と題して東京競馬場開催を追加し(震災で中止となった3月13日の阪神競馬の事実上代替開催)、岩手競馬所属で活躍した競走馬の名前(トーホウエンペラーメイセイオペラ)を冠した競走も行われた。当競走のスタート前のファンファーレは、例年通り盛岡競馬場で使用されている曲を使用した[10]。また日曜日以外の競走で初めてWIN5が実施され、南部杯を含めた第8競走から第12競走が対象となった。

この年の入場人員は5万9475人で同年のフェブラリーステークスを上回ったほか、売り上げは70億2941万6200円で前年の本競走の約14倍を記録した[11]

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本中央競馬会(JRA)主催となった2011年度は「農林水産省賞典」と表記。

出典[編集]

  1. ^ a b c d ★今日のメインレース”. 岩手競馬 公式WEBSITE. 2016年10月8日閲覧。
  2. ^ 盛岡競馬出走馬一覧表平成28年度第9回盛岡競馬第6日10月10日(祝月) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2016年10月8日閲覧。
  3. ^ 岩手競馬のJpnI競走は現在のところ南部杯のみのため、実質的に専用のファンファーレとなっている
  4. ^ a b 2016シーズン 岩手競馬の競走体系”. 岩手競馬 公式WEBSITE. 2016年10月8日閲覧。
  5. ^ 第29回 マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)出走予定馬”. 地方競馬全国協会. 2016年10月8日閲覧。
  6. ^ 平成28年度 第9回 盛岡競馬 改定番組 (PDF)”. 岩手競馬 公式WEBSITE. 2016年10月8日閲覧。
  7. ^ 2010年(1〜12月)ダートグレード競走一覧”. KEIBA.GO.JP (2010年3月8日). 2012年8月6日閲覧。
  8. ^ 2012年(1〜12月)ダートグレード競走一覧”. KEIBA.GO.JP (2012年3月6日). 2012年8月6日閲覧。
  9. ^ 「マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)」の日本中央競馬会主催による東京競馬場での施行について”. 岩手県競馬組合 (2011年6月29日). 2011年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月14日閲覧。
  10. ^ 【レースハイライト】第24回 マイルチャンピオンシップ南部杯JpnI”. web Furlong. 2014年2月14日閲覧。
  11. ^ 【MCS南部杯】売り上げ前年比14倍”. サンケイスポーツ (2011年10月11日). 2011年10月11日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]