松田博資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松田博資
Hiroyoshi-Matsuda20111211.jpg
2011年阪神JF表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県
生年月日 (1946-01-29) 1946年1月29日(71歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 上田武司(1963年 - 1979年)
白井寿昭(1979年 - 引退)
初免許年 1964年
免許区分 平地障害
騎手引退日 1981年
重賞勝利 8勝(平地2勝、障害6勝)
通算勝利 1037戦188勝
調教師情報
初免許年 1981年(1983年開業)
調教師引退日 2016年2月28日
重賞勝利 82勝(中央70勝、地方11勝、国外1勝)
G1級勝利 29勝(中央19勝、地方9勝、国外1勝)
通算勝利 7001戦800勝(中央のみ)
経歴
所属 栗東トレーニングセンター
テンプレートを表示
騎手時代の松田
(1981年2月28日、35歳)

松田 博資(まつだ ひろよし、1946年1月29日 - )は日本中央競馬会 (JRA) に所属していた元調教師、元騎手

佐賀県出身。騎手時代は「障害の松田」と呼ばれ、障害競走で通算150勝の中央競馬史上最多記録(当時)を樹立[注 1]。調教師転向後は、それぞれ2007年、2010年のJRA年度代表馬に選出されたアドマイヤムーンブエナビスタクラシック二冠牝馬ベガ、その産駒でGI競走7勝を挙げたアドマイヤドンなど、数々のGI優勝馬を管理している。2006年度JRA賞優秀技術調教師、2006年・2007年度同最多賞金獲得調教師。愛称は「マツパク[1][2]

経歴[編集]

1946年、両親が満州国から日本へ移る途中の引揚船の中で生まれ[3]、幼少期は福岡県小倉市(現・北九州市)で過ごした。父・和要武(とよたけ)は小倉競馬場で騎手、のちに佐賀競馬場で調教師として活動し、その影響を受けて早くから騎手を志していた[4]。中学校卒業後、東京都世田谷区馬事公苑騎手養成長期課程に入所。同期生には菅原泰夫嶋田功らがいる。2年次から中山競馬場稗田敏男厩舎で研修に入ったが、稗田の妻との折り合いが悪く、研修が終わったあとに京都競馬場上田武司厩舎に移籍[5]。1964年、上田厩舎から騎手としてデビューした。

騎手時代[編集]

体重が重かったため、デビュー当初より障害競走を中心に騎乗を続け[6]、1965年5月、クロユリで阪神大障害(京都大障害)を制して重賞初勝利を挙げる。騎手時代から、ホウシュウの冠名で知られた有力馬主・上田清次郎の支援を受け[6]、1972年には上田の所有馬ムーテイイチで二つの障害重賞に勝利、翌1973年にもホウシュウリッチで神戸新聞杯を制し、平地重賞初勝利も挙げた。以後長く「障害の松田」として鳴らしていたが、1978年より清次郎の強い勧めで調教師免許試験を受験[7]。1981年に3度目の受験で合格し、免許を取得。これに伴い騎手を引退した。通算1037戦188勝、うち重賞競走8勝。

調教師時代[編集]

1983年、滋賀県栗東トレーニングセンターに自身の厩舎を開業。同年4月23日、ボールドスミスで初勝利を挙げる。初年度からブルキングで阪神障害ステークス(春)を制し、調教師として重賞を初勝利。当初は騎手時代に勝てなかった障害の最高格競走・中山大障害制覇を目標として障害競走に力を入れており、毎年のように障害の重賞を制した[8]

1988年、清次郎が創業した上田牧場出身馬・コスモドリーム優駿牝馬(オークス)を制し、GI競走初制覇を果たす。以後平地競走での成績が目立ち始め、1993年にはベガ桜花賞、オークスを制した。1999年には上田牧場の生産馬ブゼンキャンドル秋華賞を制覇し、調教師として史上4人目の牝馬三冠を達成。これは同場最後のGI競走勝利となった。上田牧場は2001年に廃業したが、松田は調教助手らが調教の際に着る調教服や、管理馬がレースで着用する頭絡の額革のデザインに、上田清次郎・上田牧場の勝負服色と同じ黄黒元禄を採用している。

2001年からはベガの第3仔であるアドマイヤドンを管理し、地方交流も含めて7つのGI競走を制覇。また同時期にはダートGI競走6勝を挙げたタイムパラドックスも管理し、両馬でJBCクラシック5連覇を達成、同一GI競走の連勝記録を作った。ベガの仔については、初仔で日本ダービーを制したアドマイヤベガ、第2仔アドマイヤボスと、馬主・近藤利一と親しい橋田満が管理していたが、近藤が「ベガを育てた松田調教師にも仔を管理して欲しい」と希望したことにより松田厩舎へ入った経緯があった[9]。これを契機に近藤からの預託が増え、2006年と2007年にはアドマイヤムーンらの活躍で年間最多賞金獲得調教師のタイトルを獲得した。

2008年からは牝馬ブエナビスタが活躍、2010年には同馬の総獲得賞金が10億円を突破し、松田の管理馬としてアドマイヤムーンに続く2頭目の10億円ホースとなった[注 2]。管理下からの複数の10億円ホース輩出は、池江泰郎に続く史上2人目の記録となった。またブエナビスタは同年に牝馬として史上4頭目の年度代表馬に選出されている。

2014年4月7日の第74回桜花賞ハープスター(同郷・佐賀県出身川田将雅騎手騎乗)が優勝。同馬は同年10月15日のフランス凱旋門賞にも挑戦したが、6着に終わった。同年12月6日の第50回金鯱賞(GII)ではラストインパクトが優勝し、JRA重賞レース通算68勝目を上げ、2006年以来のJRA重賞レース年間8勝を達成した。同年12月14日には、阪神第9レースをアドマイヤスピカで勝利して、年間49勝目。厩舎開業以来はじめてのJRA年間50勝にあと1勝と迫ったが、年内の残りのレースで勝利を加えることはできなかった。

2016年2月28日を以って定年のため調教師を引退した。中央競馬の生涯成績は7001戦800勝、重賞73勝(GI19勝)[10]

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 38 51 46 332 467 .081 .191
障害 150 85 76 259 570 .263 .412
188 136 122 591 1,037 .181 .312
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1964年3月28日 - ワリー - - 2着
初勝利 1964年5月17日 - トサクイン - - 1着
重賞初騎乗・初勝利 1965年6月10日 阪神大障害 クロユリ 4頭 2 1着
GI初騎乗 1966年4月10日 桜花賞 ホツカイフジ 23頭 21 23着

主な騎乗馬[編集]

※括弧内は松田騎乗時の勝利重賞競走。

調教師成績[編集]

日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1983年3月19日 - ハツシゲ - - 14着
初勝利 1983年4月23日 - ボールドスミス - - 1着
重賞初出走・初勝利 1983年12月4日 阪神障害S(秋) ブルキング 9頭 1 1着
GI初出走・初勝利 1988年5月22日 優駿牝馬 コスモドリーム 22頭 10 1着

表彰歴[編集]

主な管理馬[編集]

GI競走優勝馬
その他重賞競走勝利馬

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

エピソード[編集]

2009年、京都競馬場内において勝負服の盗難に遭う。後日インターネットオークションに出品されていたのを松田が発見したことから被害が発覚。犯人は逮捕、起訴された[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本中央競馬会が発足した1954年以降の記録。それ以前には本田昌雄が障害のみで423勝を挙げている。
  2. ^ 牝馬としてウオッカに続く史上2頭目。

出典[編集]

  1. ^ 中舘英二 (2009年8月25日). “マツパク流を学ぶ”. 中舘英二オフィシャルブログ 逃稿日記. 2011年11月12日閲覧。
  2. ^ レーヴは天才少女 マツパクGOサイン! / エ女王杯”. Gallop online (2011年11月11日). 2011年11月12日閲覧。
  3. ^ 芦谷(1999)p.52
  4. ^ 木村(1997)p.419
  5. ^ 木村(1997)p.420
  6. ^ a b 木村(1997)p.421
  7. ^ 木村(1997)p.422
  8. ^ 木村(1997)p.423
  9. ^ 木村(2000)p.206
  10. ^ 橋口弘、松田博、武田の3調教師がラストラン サンスポ競馬予想王 2016年2月28日
  11. ^ 2015年青葉賞レース結果 - netkeiba.com 2015年5月6日閲覧
  12. ^ a b 高橋章夫 (2013年4月). “オリジナルインタビュー 中留伸治調教助手” (日本語). 競馬ラボ. ドゥーイノベーション. 2013年4月15日閲覧。
  13. ^ 大島悠亮 (2010年1月31日). “【衝撃事件の核心】“勝負服”盗難 レアグッズに群がる競馬ファンのゆがんだ心理” (日本語). MSN産経ニュース. マイクロソフト. p. 1. 2011年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月28日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]