松山康久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松山康久
Yasuhisa-Matsuyama20111002.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都府中市
生年月日 (1943-09-04) 1943年9月4日(74歳)
所属団体 日本中央競馬会
初免許年 1974年(1976年開業)
引退日 2014年
通算勝利 7789戦1013勝
(中央7700戦1001勝、地方89戦12勝)
重賞勝利 38勝(中央37勝、地方1勝)
G1級勝利 8勝(中央7勝、地方1勝)
経歴
所属 松山吉三郎/調教助手(1966年 - 1974年)
東京競馬場/調教師(1974年 - 1978年)
美浦T.C./調教師(1978年 - 2014年)
テンプレートを表示

松山 康久(まつやま やすひさ、1943年9月4日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・美浦トレーニングセンターに所属した調教師である。

調教助手を経て1974年に調教師免許を取得し、1976年に開業。1983年に中央競馬史上3頭目のクラシック三冠を達成したミスターシービーをはじめ、1989年の東京優駿(日本ダービー)優勝馬ウィナーズサークルGI競走2勝を挙げたジェニュインなどを手がけた。1994年度JRA最多勝利調教師。2014年に70歳定年により引退。通算成績は7789戦1013勝(うちJRA7700戦1001勝)。

東京都府中市出身。父は騎手・調教師の松山吉三郎調教師顕彰者)。叔母はバレエダンサー松山樹子松山バレエ団創始者)。

経歴[編集]

1943年、当時日本競馬会の騎手であった松山吉三郎の次男として生まれる[1]。名門・尾形藤吉厩舎に所属していた父のもとで、数々の名馬を目の当たりにしながら育ち、幼少期は2歳上の兄と共に騎手を目指していた[1]。しかし中学時代に体格が大きくなり過ぎたことから断念し、目標を獣医師に改め、明星中学校・高等学校を経て麻布獣医科大学に進学[1]。大学では馬術部に所属した[1]。卒業後、北海道日東牧場で1年間研修したのち、1966年に父・吉三郎厩舎へ調教助手として入る[1]。1968年からはアメリカフランスで1年3カ月間の研修を積んだ[1]。帰国後、吉三郎のもとで改めて助手を務め、1974年に調教師免許を取得。1976年、東京競馬場で厩舎を開業した[注 1]

翌1977年にギャラントダンサー朝日杯3歳ステークスを制し、重賞初勝利。1979年には調教技術賞を初受賞し、以後毎年のように賞を受ける有力調教師となる。1983年には吉三郎厩舎の兄弟子である吉永正人が駆るミスターシービーが皐月賞を制し、八大競走初制覇を果たす。同馬は続く二冠目の日本ダービーも制し、これに伴い松山は史上初となる父・吉三郎と親子でのダービートレーナーとなった。さらにミスターシービーは秋の菊花賞も制し、シンザン以来19年ぶり・史上3頭目のクラシック三冠を達成。同年、松山は最優秀調教師に選出された。シービーは翌1984年、グレード制が導入されGI競走となった天皇賞(秋)にも優勝し、「四冠馬」となっている。1989年にはウィナーズサークルが日本ダービーを制し、ダービー2勝目を挙げた。

1994年、年間40勝を挙げて全国リーディングトレーナー(最多勝利調教師)となる。1995年、1996年にはジェニュインがそれぞれ皐月賞とマイルチャンピオンシップに優勝した。2004年にはカフェオリンポスジャパンダートダービーに優勝。2007年には関東3位(全国7位)の37勝を挙げるなど安定した成績を保っている。

2014年1月26日、2月28日の定年を前にJRA史上14人目の通算1000勝を達成[2]。父・吉三郎と親子での1000勝達成は史上初の記録であった[2]。更に、史上初となる親子調教師顕彰者にも選出された。

調教師成績[編集]

区分 1着 2着 3着 4着以下 出走数 勝率 連対率
1976年 平地 5 7 6 44 62 .081 .194
障害 3 3 2 5 13 .231 .462
8 10 8 49 75 .107 .240
1977年 平地 12 5 11 56 84 .143 .202
障害 1 1 1 5 8 .125 .250
13 6 12 61 92 .141 .207
1978年 平地 13 19 19 55 106 .123 .302
障害 2 2 3 2 9 .222 .444
15 21 22 57 115 .130 .313
1979年 平地 24 11 11 63 109 .220 .321
障害 2 2 1 2 7 .286 .571
26 13 12 65 116 .224 .336
1980年 平地 17 20 19 58 114 .149 .325
障害 1 1 2 5 9 .111 .222
18 21 21 63 123 .146 .317
1981年 平地 22 20 12 45 99 .222 .424
障害 2 0 1 1 4 .500 .500
24 20 13 46 103 .233 .427
1982年 平地 25 10 10 73 118 .212 .297
障害 0 1 0 2 3 .000 .333
25 11 10 75 121 .207 .298
1983年 平地 28 10 18 101 157 .178 .242
障害 0 0 1 2 3 .000 .000
28 10 19 103 160 .175 .238
1984年 平地 24 26 21 98 169 .142 .296
1985年 平地 31 19 12 108 170 .182 .294
1986年 平地 28 21 23 92 164 .171 .299
1987年 平地 30 29 28 101 188 .160 .314
1988年 平地 26 23 16 116 181 .144 .271
1989年 平地 34 31 34 116 215 .158 .302
1990年 平地 31 21 20 138 210 .148 .248
1991年 平地 18 14 21 121 174 .103 .184
1992年 平地 29 14 29 130 202 .144 .213
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
29 14 29 131 203 .143 .212
1993年 平地 25 16 21 150 212 .118 .193
障害 2 1 2 4 9 .222 .333
27 17 23 154 221 .122 .199
1994年 平地 40 25 27 129 221 .181 .294
障害 0 1 1 4 6 .000 .167
40 26 28 133 227 .176 .221
1995年 平地 26 26 24 132 208 .125 .250
1996年 平地 33 28 20 134 215 .153 .284
障害 2 6 1 9 18 .111 .444
35 34 21 142 233 .150 .296
1997年 平地 39 31 37 137 240 .160 .287
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
39 31 37 138 241 .159 .286
1998年 平地 35 38 34 132 239 .146 .305
1999年 平地 32 30 16 186 264 .121 .235
2000年 平地 31 19 23 140 213 .146
障害 0 0 0 4 4 .000 .000
31 19 23 144 217 .143 .230
2001年 平地 30 19 26 169 244 .123 .201
2002年 平地 33 29 35 154 251 .131 .247
2003年 平地 34 22 26 179 259 .131 .216
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
34 22 26 180 260 .131 .215
2004年 平地 29 27 17 172 245 .118 .229
障害 1 0 0 0 1 1.000 1.000
30 27 17 172 246 .122 .232
2005年 平地 22 28 13 157 220 .100 .227
障害 1 0 0 8 9 .111 .111
23 28 13 165 229 .100 .223
2006年 平地 21 19 20 250 310 .068 .129
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
21 19 20 251 311 .068 .129
2007年 平地 37 26 23 161 247 .150 .255
障害 0 0 0 2 2 .000 .000
37 26 23 163 249 .149 .253
2008年 平地 17 12 23 186 238 .071 .122
障害 1 1 1 4 7 .143 .286
18 13 24 190 245 .073 .127
2009年 平地 18 20 33 148 219 .082 .174
障害 0 0 0 10 10 .000 .000
18 20 33 158 229 .079 .166
2010年 平地 20 13 27 163 223 .090 .148
障害 0 1 0 1 2 .000 .500
20 14 27 164 225 .089 .151
2011年 平地 19 19 12 168 218 .087 .174
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
19 19 12 169 219 .087 .174
2012年 平地 22 19 19 197 257 .086 .160
障害 0 1 3 7 11 .000 .091
22 20 22 204 268 .082 .157
2013年 平地 17 17 16 171 221 .077 .154
障害 3 1 3 14 21 .143 .190
20 18 19 185 242 .083 .157
2014年 平地 3 5 1 36 45 .067 .178
障害 0 0 0 4 4 .000 .000
3 5 1 40 49 .061 .163
平地 980 788 801 4,966 7,535 .130 .235
障害 21 12 22 100 165 .127 .261
総計 1,001 810 823 5,066 7,700 .130 .236

※上記のほか、地方競馬で89戦12勝。

日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1976年3月6日 - ラスティー - - 3着
初勝利 1976年5月3日 障害300万下 クロバーウィング - - 1着
重賞初出走 1976年6月6日 東京障害特別(春) クロバーウイング 12頭 5 4着
GI級初出走・初勝利 1977年12月11日 朝日杯3歳S ギャラントダンサー 9頭 1 1着

主な管理馬[編集]

八大競走・GI級競走(1984年以降)優勝馬
その他重賞競走優勝馬
その他の馬

受賞[編集]

  • 最優秀調教師賞(1983年)
  • JRA賞(最多勝利調教師)(1994年)
  • 最多勝利調教師賞(1994年)
  • 調教技術賞(関東)4回(1979年~1982年)
  • 優秀調教師賞(関東)13回(1985年~1987年、1989年、1990年、1992年~1994年、1996年~1998年、2000年、2002年、2003年)

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 竹原啓二(1983年 - 1989年、騎手)
  • 高山太郎(2010年 - 2014年、調教助手)
  • 中舘英二(2012年1月1日 - 2014年、騎手)

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 木村(1997)pp.92-95
  2. ^ a b 松山康久調教師 JRA通算1000勝達成”. netkeiba (2014年1月26日). 2014年3月20日閲覧。
  3. ^ a b c ニュースぷらざ”. ケイバブック. 2015年6月29日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]