富士ステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
富士ステークス
MtFuji FujiCity.jpg
競走名の由来となった富士山
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 東京競馬場
第1回施行日 1998年11月28日
創設 1984年
2017年の情報
距離 芝1600m
格付け GIII
賞金 1着賞金4100万円
出走条件 サラ系3歳以上(国際)(指定)
負担重量 別定
出典 [1][2]
テンプレートを表示

富士ステークス(ふじステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬重賞競走GIII)である。

競走名の「富士」は富士山に由来。富士山は、静岡県と山梨県にまたがる円錐状成層火山[3][4][5]。標高は3776mで日本一高い[3][4][5]。古来より「日本一の名山」として万葉などの古歌に詠まれ、平安時代から信仰登山が盛ん[3][4][5]。2013年6月には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」としてユネスコの世界文化遺産に登録された[3][4][5]。東京競馬場のスタンドからは晴れた日に富士山が見えることがあり、2007年に完成した新スタンドも「フジビュースタンド」と名付けられている[4]

概要[編集]

1981年にジャパンカップが創設された際、同競走に出走する招待馬とその帯同馬、および代表候補の地方競馬所属馬が出走できる国際招待競走として、11月上旬に4歳(現3歳)以上の馬による芝1800mのオープン競走が東京競馬場で設けられた[3][4][5]。このオープン競走に1984年より「富士ステークス」と競走名がつけられ、これが本競走の前身とされている[3][4][5]

その後1997年より距離を芝1400mに短縮し、馬や関係者の諸費用をJRAが負担しない国際競走に改めた[3]うえ施行時期も11月下旬に移され、スプリンターズステークスの前哨戦として位置づけられた[4][5]。1998年には重賞(GIII[注 1])に格付けされた[3][4][5]

2000年にスプリンターズステークスの施行時期が初秋の中山開催に移されると、本競走は距離を芝1600mに変更のうえ施行時期も10月に繰り上げ、マイルチャンピオンシップの前哨戦に位置づけられた[3][4][5]。2014年からは本競走の1着馬に、マイルチャンピオンシップの優先出走権が与えられている[3][4][5]

競走条件[編集]

以下の内容は、2017年現在[1][2]のもの。

出走資格:サラ系3歳以上

  • JRA所属馬(外国産馬含む)
  • 地方競馬所属馬(後述)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:別定

  • 3歳54kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減
    • 2016年10月22日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬3kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GII競走またはGIII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増
    • 2016年10月21日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

マイルチャンピオンシップのステップ競走に指定され、地方競馬所属馬はマイルチャンピオンシップの出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている[1][6][7]。また、地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めると、マイルチャンピオンシップに優先出走できる[6][7]

賞金[編集]

2017年の1着賞金は4100万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着620万円、5着410万円[1][2]

歴史[編集]

  • 1981年 - 4歳(現3歳)以上の競走馬による国際招待競走として、オープン競走を東京競馬場・芝1800mで施行[4]
  • 1984年 - 「富士ステークス」と命名[4]
  • 1993年 - 国際競走に変更[4]
  • 1998年 - 重賞(GIII[注 1])に昇格、外国調教馬の出走枠を4頭までとする[8]
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格を「3歳以上」に変更。
  • 2002年 - 外国調教馬の出走枠を4頭から8頭に拡大[8]
  • 2003年 - 外国調教馬の出走枠を9頭に拡大[8]
  • 2007年 - 名称を「サウジアラビアロイヤルカップ 富士ステークス」に変更[4]
  • 2014年 - この年から1着馬にマイルチャンピオンシップの優先出走権を付与[4]
  • 2015年 - 名称を「富士ステークス」に変更[9]

歴代優勝馬[編集]

コース種別を表記していない距離は、芝コースを表す。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

競走名は第10回から第17回まで「サウジアラビアロイヤルカップ 富士ステークス」。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1998年11月28日 東京 1400m エアジハード 牡3 JRA 1:23.0 橋本広喜 伊藤正徳 (株)ラッキーフィールド
第2回 1999年11月27日 東京 1400m レッドチリペッパー 牝3 JRA 1:21.4 横山典弘 松田博資 吉田和子
第3回 2000年10月21日 東京 1600m ダイワカーリアン 牡7 JRA 1:33.9 田面木博公 二ノ宮敬宇 大和商事(株)
第4回 2001年10月20日 東京 1600m クリスザブレイヴ 牡7 JRA 1:33.2 吉田豊 秋山雅一 (有)社台レースホース
第5回 2002年10月19日 中山 1600m メイショウラムセス 牡4 JRA 1:32.3 柴田善臣 伊藤雄二 松本好雄
第6回 2003年10月25日 東京 1600m ミレニアムバイオ 牡5 JRA 1:32.0 武豊 領家政蔵 バイオ(株)
第7回 2004年10月23日 東京 1600m アドマイヤマックス 牡5 JRA 1:33.2 武豊 橋田満 近藤利一
第8回 2005年10月22日 東京 1600m ウインラディウス 牡7 JRA 1:32.9 田中勝春 藤沢和雄 (株)ウイン
第9回 2006年10月21日 東京 1600m キネティクス 牡7 JRA 1:32.8 勝浦正樹 新川恵 (有)ノースヒルズマネジメント
第10回 2007年10月20日 東京 1600m マイネルシーガル 牡3 JRA 1:33.3 後藤浩輝 国枝栄 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第11回 2008年10月25日 東京 1600m サイレントプライド 牡5 JRA 1:32.7 横山典弘 国枝栄 (有)社台レースホース
第12回 2009年10月24日 東京 1600m アブソリュート 牡5 JRA 1:33.3 田中勝春 宗像義忠 薗部博之
第13回 2010年10月23日 東京 1600m ダノンヨーヨー 牡4 JRA 1:32.8 北村友一 音無秀孝 (株)ダノックス
第14回 2011年10月22日 東京 1600m エイシンアポロン 牡4 JRA 1:35.0 田辺裕信 松永昌博 平井豊光
第15回 2012年10月20日 東京 1600m クラレント 牡3 JRA 1:32.4 岩田康誠 橋口弘次郎 前田晋二
第16回 2013年10月19日 東京 1600m ダノンシャーク 牡5 JRA 1:33.5 内田博幸 大久保龍志 (株)ダノックス
第17回 2014年10月25日 東京 1600m ステファノス 牡3 JRA 1:33.2 戸崎圭太 藤原英昭 キャロットファーム
第18回 2015年10月24日 東京 1600m ダノンプラチナ 牡3 JRA 1:32.7 蛯名正義 国枝栄 (株)ダノックス
第19回 2016年10月22日 東京 1600m ヤングマンパワー 牡4 JRA 1:34.0 戸崎圭太 手塚貴久 星野壽市
第20回 2017年10月21日 東京 1600m エアスピネル 牡4 JRA 1:34.8 武豊 笹田和秀 (株)ラッキーフィールド

1997年までの優勝馬[編集]

コース種別を表記していない距離は、芝コースを表す。

優勝馬の馬齢は、現行表記に揃えている。なお、外国馬の所属表記は調教国の出典が示されているもののみ記載し、出典が明記されていないものは空欄とした。

施行日 競馬場 距離 条件 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
1984年11月11日 東京 1800m オープン アローボヘミアン 牡5 JRA 1:49.8 安田富男 梶与四松 伊達秀和
1985年11月10日 東京 1800m オープン トウショウサミット 牡3 JRA 1:48.6 柏崎正次 奥平真治 トウショウ産業(株)
1986年11月9日 東京 1800m オープン アワウェイバリースター 騸4 1:47.5 L.オサリバン D.オサリバン ウェイバリーパークスタッド
1987年11月15日 東京 1800m オープン トリプティク 牝5 1:46.9 A.クルーズ P.ビアンコーヌ アラン・クロア
1988年11月13日 東京 1800m オープン セーラムドライブ 牡6 1:46.9 C.アントレー R.ランディ ヴァージニア・クラフト・ペイスン・LLC
1989年11月12日 東京 1800m オープン オラクルアスカ 牡4 JRA 1:47.8 岡部幸雄 田村駿仁 (有)貞文
1990年11月11日 東京 1800m オープン モガミチャンピオン 牡5 JRA 1:47.9 小島太 境勝太郎 (株)最上ホースクラブ
1991年11月10日 東京 1800m オープン スタビライザー 牡3 JRA 1:47.4 柴田善臣 高橋英夫 (有)ホースマン
1992年11月15日 東京 1800m オープン シンコウラブリイ 牝3 JRA 1:47.6 岡部幸雄 藤沢和雄 安田修
1993年11月14日 東京 1800m オープン マチカネタンホイザ 牡4 JRA 1:48.2 田中勝春 伊藤雄二 細川益男
1994年11月13日 東京 1800m オープン サクラチトセオー 牡4 JRA 1:46.9 小島太 境勝太郎 (株)さくらコマース
1995年11月12日 東京 1800m オープン フジヤマケンザン 牡7 JRA 1:47.5 蛯名正義 森秀行 藤本龍也
1996年11月10日 東京 1800m オープン シンコウキング 牡5 JRA 1:48.5 岡部幸雄 藤沢和雄 安田修
1997年11月22日 東京 1400m オープン ビコーアルファー 牡7 JRA 1:22.8 M.ロバーツ 鹿戸幸治 (有)レジェンド

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 「富士ステークス(GIII)」『中央競馬全重賞競走成績集【古馬関東編】』 日本中央競馬会、2006年、1639-1656頁。

注釈[編集]

  1. ^ a b 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 38. 2016年10月17日閲覧。
  2. ^ a b c 平成29年第4回東京競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2015年10月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 2016年度第4回東京競馬特別レース名解説 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 4. 2015年10月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p レースについて:富士ステークス 今週の注目レース”. 日本中央競馬会. 2016年10月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 富士S特集(レースガイド)”. netkeiba.com. 2015年3月11日閲覧。
  6. ^ a b 「地」が出走できるGI競走とそのステップ競走について(平成29年度) (PDF)”. 日本中央競馬会. 2015年3月11日閲覧。
  7. ^ a b 平成29年度競馬番組一般事項 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2015年3月11日閲覧。
  8. ^ a b c 中央競馬全重賞成績集【古馬関東編】
  9. ^ 平成27年度の重賞競走の主な変更点について”. JRAホームページ. 2015年12月17日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]

外部リンク[編集]