松永昌博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松永昌博
(舞原昌博)
Masahiro-Matsunaga20111120.jpg
2011年マイルCS表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県肝属郡田代町
(現・錦江町
生年月日 (1953-12-17) 1953年12月17日(63歳)
身長 155.5cm
体重 52kg
血液型 B型
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 曽場広作(1977年3月 - 1978年2月)
松永善晴(1978年3月 - 引退)
初免許年 1977年3月1日
免許区分 平地障害
騎手引退日 2002年2月28日
重賞勝利 25勝(うち地方交流2勝)
G1級勝利 1勝(うち地方交流1勝)
通算勝利 5846戦544勝[注 1]
調教師情報
初免許年 2005年(2006年開業)
重賞勝利 11勝(うち地方交流1勝)
G1級勝利 1勝
経歴
所属 栗東トレーニングセンター
テンプレートを表示

松永 昌博(まつなが まさひろ、1953年12月17日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 栗東トレーニングセンターに所属する調教師、元騎手。中央競馬騎手・調教師であった松永善晴は義父。旧姓・舞原(まいはら)。

来歴[編集]

1953年、鹿児島県肝属郡田代町(現・錦江町)に生まれる。身体が小柄であったことから親戚より騎手になることを勧められ、中学校卒業後に阪神競馬場曽場広作厩舎に入門、騎手候補生となった。騎手免許試験6度の不合格を経て、1977年に22歳で騎手免許を取得。曽場厩舎からデビューした。

騎手時代[編集]

1977年3月に初騎乗、4月2日に初勝利を挙げた。当年、32勝を挙げて関西所属新人騎手の最多勝記録を更新。中央競馬関西放送記者クラブ賞に選ばれたが、シーズン中に制裁による騎乗停止処分を受けていたため、規定により「新人賞」ではなく「敢闘賞」を受賞した。同年に曽場が病気で死去し、翌1978年より松永善晴厩舎に移籍する。1983年には松永の娘と結婚・婿養子となり、松永昌博と改姓した。

1986年12月、ポットテスコレディ阪神牝馬特別を制し、デビュー9年目で重賞初勝利を挙げる。以後も中堅騎手として活動を続け、1991年からはナイスネイチャ主戦騎手を務め、「善戦ホース」として人気を博した同馬とともに知名度を上げた。以後もトーヨーリファールなどで重賞に勝利。1997年にはトーヨーシアトル地方交流GI競走東京大賞典を制し、騎手生活唯一のGI級競走制覇を果たした。

2000年代に入ると年間勝利数がひと桁に落ち込むようになり、2002年2月28日をもって騎手を引退した。通算5846戦544勝(うち障害3勝)、重賞25勝。

調教師時代[編集]

騎手引退後、松永善晴厩舎の調教助手を経て、2005年に調教師免許を取得。翌年、栗東トレーニングセンターに厩舎を開業した。初出走は2006年3月11日中京競馬第6競走のシシャモムスメ(11着)、初勝利は同年7月2日京都競馬第6競走でヒカリクロメート(のべ42頭目)であった。2008年にマルカフェニックスで阪神カップを制し、重賞初勝利を挙げている。2010年10月30日にはスワンステークスをマルカフェニックスで制し、JRA通算100勝を重賞勝利で飾っている。2011年11月20日エイシンアポロンマイルチャンピオンシップに優勝し、騎手時代を含めても初となるJRAのGI級競走勝利を挙げた。

通算成績[編集]

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 541 576 561 4,146 5,824 .093 .192
障害 3 1 3 15 22 .136 .182
544 577 564 4,161 5,846 .093 .192
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1977年3月6日 障害未出走・未勝利 スミマル 7頭 - 5着
初勝利 1977年4月2日 5歳以上300万下 ナニワスピード 9頭 2 1着
重賞初騎乗 1977年5月1日 京都4歳特別 ケンセイズグ 9頭 7 3着
重賞初勝利 1986年12月21日 阪神牝馬特別 ポットテスコレディ 17頭 1 1着
GI級初騎乗 1979年4月8日 桜花賞 ダイワプリマ 22頭 8 17着
GI初勝利 1997年12月28日 東京大賞典 トーヨーシアトル 13頭 2 1着
  • 全国リーディング最高17位(42勝・1987年)

受賞[編集]

主な騎乗馬[編集]

※括弧内は松永騎乗時の勝利重賞競走。太字はGI級競走。

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2006年3月11日 1回中京3日6R 4歳上500万下 シシャモムスメ 16頭 5 11着
初勝利 2006年7月2日 4回京都6日6R 3歳未勝利 ヒカリクロメート 15頭 3 1着
重賞初出走 2006年10月14日 5回京都3日11R デイリー杯2歳S メイショウバルドル 13頭 12 12着
重賞初勝利 2008年12月21日 5回阪神6日11R 阪神C マルカフェニックス 18頭 8 1着
GI初出走 2006年12月3日 3回阪神2日11R 阪神JF テンザンコノハナ 18頭 13 14着
GI初勝利 2011年11月20日 6回京都6日11R マイルCS エイシンアポロン 18頭 5 1着

主な管理馬[編集]

太字はGI級競走。

脚注[編集]

  1. ^ 数字中央のみ。

参考文献[編集]

  • 木村幸治『騎手物語』(洋泉社、1998年)ISBN 978-4896912982
  • 優駿』1997年2月号(日本中央競馬会、1997年)「杉本清の競馬談義 - 松永昌博騎手」