北村友一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北村友一
Yuichi-Kitamura20110306.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県
生年月日 (1986-10-03) 1986年10月3日(30歳)
身長 162.6cm
体重 46.9kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 栗東・田島良保 (2006.3.1 - 2007.8.31)
栗東・フリー (2007.9.1 -)
初免許年 2006年
免許区分 平地[1]
テンプレートを表示

北村 友一(きたむら ゆういち、1986年10月3日 - )は、中央競馬栗東トレーニングセンターに所属する騎手。騎手免許は平地競走障害競走両方の免許を所持しているが、障害競走への騎乗経験は現在のところない。

来歴[編集]

2006年、2月に競馬学校を卒業し騎手免許を取得、田島良保厩舎所属騎手としてデビュー。同期の騎手には田中博康的場勇人がいる。初年度は14勝を挙げ中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞した。

2007年、第1回新潟競馬において11勝、2着5回、3着3回の成績で初の開催リーディングジョッキーを獲得。10月8日京都12Rで走行妨害を受け落馬。当初JRAより頭部外傷と発表されたが、その後の精密検査で右手首骨折が判明。手術を受け年内復帰は絶望視されていたが、12月8日復帰、15日に復帰後初勝利を記録している。

2008年10月4日札幌3Rにて通算100勝を達成、仲の良い藤岡佑介騎手がプラカードを持った。10月18日デイリー杯2歳ステークスシェーンヴァルトで制し、デビュー3年目にして重賞競走を初制覇した。また同馬にて翌年の皐月賞・東京優駿に騎乗し4着・6着と結果を残す。

2009年ミヤビランベリ目黒記念七夕賞を優勝するなど、7月まで39勝を挙げる活躍を見せるも、7月19日札幌12Rにて落馬のため左上腕骨を骨折。12月12日の復帰まで長期休養となる。

2012年夏の小倉開催では北九州記念に優勝し、JRA通算300勝を達成するなど活躍したことが評価され、小倉ターフ賞を受賞した。

2013年11月2日京都2Rでミンディに騎乗し内側に斜行し、オブシディアンの進路を妨害したため開催日4日間の騎乗停止となった。このレース後に検量裁決室内で粗暴な行為を行ったため、更に追加で開催日2日間の騎乗停止となった。粗暴行為での騎乗停止追加は史上初のことになってしまった。

騎手成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2006年3月4日 1回阪神3日3R 3歳未勝利 ソリッドスウィート 15頭 13 11着
初勝利 2006年3月19日 1回中京6日7R 4歳上500万円下 ゴッドヘイロー 16頭 12 1着
重賞初騎乗 2006年12月3日 4回中京2日11R 中日新聞杯 イーグルドライバー 13頭 13 4着
重賞初勝利 2008年10月18日 4回京都3日11R デイリー杯2歳S シェーンヴァルト 12頭 3 1着
GI初騎乗 2008年5月18日 2回東京8日11R ヴィクトリアマイル タイキマドレーヌ 18頭 15 12着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
2006年 14 15 10 291 .048 .100 .134 中央競馬関西放送記者クラブ賞
2007年 45 47 46 591 .076 .156 .234
2008年 53 59 53 730 .073 .153 .226
2009年 41 30 28 460 .089 .154 .215
2010年 53 54 52 682 .078 .157 .233
2011年 58 47 54 736 .079 .143 .216
2012年 54 59 53 647 .083 .175 .257 フェアプレー賞小倉ターフ賞
2013年 52 48 54 657 .079 .152 .234
中央 370 359 350 4794 .077 .152 .225
地方 15 13 8 80 .188 .350 .450

主な騎乗馬[編集]

表彰[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]