浜中俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 濱中俊
浜中俊
Suguru-Hamanaka.jpg
2009年菊花賞表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市[1]
生年月日 1988年12月25日(27歳)
身長 163.8cm
体重 47kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 栗東・坂口正大(2007.3.1 - 2011.2.28)
栗東・フリー(2011.3.1 -)
初免許年 2007年
免許区分 平地[2]
テンプレートを表示

浜中 俊(はまなか すぐる、1988年12月25日[1] - )は日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属する騎手。JRAおよびマスコミ各社の表記ルールにより「浜中」となっているが、濱中俊が正しい戸籍上の氏名表記である。

来歴[編集]

故郷である福岡・小倉乗馬を始め[3]2004年競馬学校へ入学[4]2007年栗東の坂口正大厩舎所属騎手としてデビュー[5]。同期には藤岡康太丸田恭介荻野琢真[6]がいる。同年4月7日に初勝利を挙げ[7]、デビュー初年度は20勝を挙げ同期では藤岡康太の24勝に次ぐ成績を収める。なお当初は平地競走障害競走双方の免許を保持していたが、のちに騎乗機会のないまま障害免許は返上している。

2008年9月7日小倉2歳ステークスをデグラーティアで優勝、中央競馬重賞初制覇[8]。このほか中京や地元・小倉などの西日本のローカル開催を中心に騎乗し、小倉ターフ賞を受賞[9]。前年度を大きく上回る73勝を挙げる。

2009年春に通算勝利数101勝をマークし自力で見習騎手を卒業。同年10月には菊花賞スリーロールスで制し、中央競馬のGI競走初制覇を達成している[10]

2012年9月22日には自身初の年間100勝を達成。デビューから6年目での達成は、史上4位タイの記録である[11]。最終的に131勝をあげ武豊1989年、当時20歳)・福永洋一1970年、当時22歳)に次ぐ24歳の若さで自身初の全国リーディングジョッキーを獲得[12]。また、グレード制導入以降で当該年GI未勝利リーディングジョッキーは岡部幸雄1987年)、柴田政人1988年)以来24年ぶり3人目(浜中に関しては2着も0回)。ただし、地方交流競走との合算勝利数では岩田康誠が上回ったため、JRA賞最多勝利騎手の受賞はならなかった。

2013年1月23日TCK女王盃メーデイア大井競馬場初騎乗初勝利を果たす[13]

2014年秋華賞ショウナンパンドラに騎乗して優勝。これが初の牝馬クラシックタイトルとなる。

おもな騎乗馬[編集]

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗[5][55] 2007年3月3日 1回中京1日4R 3歳未勝利 コレクトシチー 16頭 14 10着
初勝利[7] 2007年4月7日 1回福島3日7R 4歳上500万円下 トシツカサオー 11頭 4 1着
重賞初騎乗 2007年11月4日 5回京都2日11R ファンタジーステークス リマレックス 14頭 10 10着
重賞初勝利[8] 2008年9月7日 3回小倉8日10R 小倉2歳ステークス デグラーティア 16頭 3 1着
GI初騎乗 2008年10月19日 4回京都4日11R 秋華賞 ピサノジュバン 18頭 17 12着
GI初勝利[10] 2009年10月25日 4回京都6日11R 菊花賞 スリーロールス 18頭 8 1着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 表彰
2007年 20 25 43 359 .056 .125 .245
2008年 73 71 57 859 .085 .168 .234 小倉ターフ賞
2009年 50 71 82 789 .063 .153 .257 中央競馬騎手年間ホープ賞[4]
2010年 69 62 70 814 .085 .161 .247
2011年 86 90 62 782 .110 .225 .304
2012年 131 93 70 887 .148 .253 .331 JRA最多勝利騎手
2013年 119 101 88 862 .138 .255 .357
2014年 125 103 77 835 .150 .273 .365
中央 673 616 549 6187 .109 .208 .297
地方 12 8 5 52 .231 .385 .481

(2015年1月2日現在 JRA騎手名鑑より)

エピソード[編集]

  • 時折かなり長いガッツポーズを見せることがあり、裁決委員から度々注意されている。2011年小倉2歳ステークスを勝った際にもゴール板を過ぎる前からガッツポーズをしてしまい、かつて所属していた坂口正大元調教師からメールで「ガッツポーズが早い!うるさいおっさんより」というメールが届いたという。
  • 鶏を養いたいくらいの好きである。本人曰く生卵の状態でも飲める程の卵好きで、何にでも目玉焼きを乗せて食べたいらしい。又、麺の固さにこだわるほどのラーメン好きでもあり、調子のいい時は袋麺を2袋一気に食べることもあるという。

脚注[編集]

  1. ^ a b 【競馬学校】卒業生(=新人騎手)紹介⑥「濱中 俊」”. 日本中央競馬会競馬学校. 2015年7月3日閲覧。
  2. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月7日閲覧。
  3. ^ 第49回 中央競馬騎手 浜中俊さん”. JRA-VAN. 2015年7月3日閲覧。
  4. ^ a b 第49回 中央競馬騎手 浜中俊さん”. JRA-VAN. 2015年7月3日閲覧。
  5. ^ a b 新人騎手8名がデビュー、藤岡騎手は13鞍”. netkeiba.com. 2015年7月3日閲覧。
  6. ^ 卒業者名簿:競馬学校 JRA”. 日本中央競馬会. 2016年5月22日閲覧。
  7. ^ a b 浜中俊騎手、JRA初勝利”. netkeiba.com. 2015年7月3日閲覧。
  8. ^ a b 浜中&デグラーティアが制す/小倉2歳S - nikkansports.com 2008年9月7日(2014年8月18日閲覧)
  9. ^ 浜中俊騎手に「小倉ターフ賞」 - スポニチAnnex 2008年9月7日(2014年8月18日閲覧)
  10. ^ a b スリーロールスVで新たな伝説/菊花賞 - nikkansports.com 2009年10月26日(2014年8月18日閲覧)
  11. ^ 浜中俊騎手、JRA年間100勝達成! - ラジオNIKKEI 2012年9月22日(2014年8月18日閲覧)
  12. ^ 第667回 JRAリーディングを獲得!浜中俊騎手を分析 - JRA-VAN 2013年1月21日(2014年8月18日閲覧)
  13. ^ 【TCK女王盃】(大井・JpnIII)〜メーデイア、圧勝で重賞初制覇 - netkeiba.com 2013年1月23日(2014年8月18日閲覧)
  14. ^ 第28回小倉2歳ステークス(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  15. ^ 第70回菊花賞(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  16. ^ 第54回産経大阪杯(G2)(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  17. ^ 第30回小倉2歳ステークス(G3)(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  18. ^ 第45回日刊スポシンザン記念(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  19. ^ 第58回被災地支援毎日杯(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  20. ^ 第46回京都牝馬ステークス(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  21. ^ 第47回小倉記念(G3)(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  22. ^ 第31回小倉2歳ステークス(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  23. ^ 第56回阪急杯(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  24. ^ 第48回CBC賞(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  25. ^ 第56回産経大阪杯(G2)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  26. ^ 第29回東海ステークス(G2)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  27. ^ 第48回小倉記念(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  28. ^ 第1回アルテミスステークス(G)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  29. ^ 第48回京王杯2歳ステークス(G2)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  30. ^ 第47回日刊スポシンザン記念(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  31. ^ 第48回京都牝馬ステークス(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  32. ^ 第16回TCK女王盃競走(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  33. ^ 第17回マリーンカップ(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  34. ^ 第17回スパーキングレディー(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  35. ^ 第10回レディスプレリュード(G2)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  36. ^ 第3回JBCレディスクラシ(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  37. ^ 第17回TCK女王盃競走(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  38. ^ 第30回フェブラリーS(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  39. ^ 第44回読売マイラーズカップ(G2)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  40. ^ 第56回毎日放送賞スワンS(G2)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  41. ^ 第58回阪急杯(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  42. ^ 第48回日刊スポシンザン記念(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  43. ^ 第23回アーリントンカップ(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  44. ^ 第19回NHKマイルカップ(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  45. ^ 第57回毎日放送賞スワンS(G2)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  46. ^ 第49回京都牝馬ステークス(G3)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  47. ^ 第19回秋華賞(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  48. ^ 「エンプレス杯競走優勝馬 」 -南関東4競馬公式 2015年3月8日閲覧
  49. ^ 第76回優駿牝馬(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  50. ^ 第20回秋華賞(G1)”. netkeiba.com. 2016年1月6日閲覧。
  51. ^ ラブリーデイが快勝! サンケイスポーツ 2015年12月7日閲覧
  52. ^ ロワジャルダン”. netkeiba.com. 2016年4月7日閲覧。
  53. ^ ダンスディレクター”. netkeiba.com. 2016年4月7日閲覧。
  54. ^ ロジクライ”. netkeiba.com. 2016年4月7日閲覧。
  55. ^ 初騎乗を終えた新人騎手のコメント”. netkeiba.com. 2015年7月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]