フェブラリーステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェブラリーステークス
Moanin February-Stakes 2016(IMG3).jpg
2016年フェブラリーステークス表彰式
開催国 日本の旗日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 東京競馬場
創設 1984年2月18日
2017年の情報
距離 ダート1600m
格付け GI
賞金 1着賞金9700万円
出走条件 サラ系4歳以上(国際)(指定)
負担重量 定量(57kg、牝馬2kg減)
出典 [1][2]
テンプレートを表示

フェブラリーステークスは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬重賞競走GI)である。

競走名の「フェブラリー(February)」は、2月を意味する英語[3]

正賞は日本馬主協会連合会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、ブリーダーズカップチャレンジ賞[1][2]

概要[編集]

JRAが施行するダート重賞競走では、最も古い歴史を持つ競走である[4]

1984年に前身となる「フェブラリーハンデキャップ」が創設[4]、東京競馬場のダート1600mで施行され、当初はGIIIの格付けだった[4]。1994年にGIIへ昇格するとともに負担重量も別定に変更、名称も「フェブラリーステークス」に改称された[4]

その後、中央競馬と地方競馬の交流競走が拡大されるなか、1997年には中央競馬のダート重賞競走として初めてGIに格付け[4]され、負担重量も定量に変更、国内の上半期のダート最強馬決定戦に位置付けられた[4]。2007年からは国際競走に指定され、外国馬の出走も可能になった[5]

2016年からブリーダーズカップ・チャレンジの対象競走に指定され、優勝馬には当該年のブリーダーズカップ・クラシックへの優先出走権と出走登録料・輸送費用の一部負担の特権が付与される[6]

本競走で上位を争った馬からは、アラブ首長国連邦ドバイで行われる国際招待競走「ドバイミーティング」へ遠征するものも出るようになった[4]。2011年の優勝馬トランセンドは、ドバイワールドカップで優勝したヴィクトワールピサと接戦の末、2着に入っている[4]。また、1999年にはメイセイオペラ(岩手)が地方競馬所属馬として初めて優勝した[7]

競走条件[編集]

以下の内容は、2017年現在[1][2]のもの。

出走資格:サラ系4歳以上(出走可能頭数:最大16頭)

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(下記参照)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:定量(57kg、牝馬2kg減)

  • 第1回から第10回まではハンデキャップ、第11回から第13回までは別定[8]

出馬投票を行った馬のうち、優先出走権(次節参照)のある馬から優先して割り当て、その他の馬は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に割り当てる。

優先出走権[編集]

外国馬、およびレーティング順位の上位5頭(2012年より。牡馬・セン馬は110ポンド、牝馬は106ポンド以上であることが条件)[9]は優先出走できる。

2014年より以下の競走における1着馬に、優先出走権が付与される[10]

優先出走権付与競走
競走名 格付 施行競馬場 施行距離
東海ステークス GII 日本の旗中京競馬場 ダート1800m
根岸ステークス GIII 日本の旗東京競馬場 ダート1400m

賞金[編集]

2015年の1着賞金は9700万円で、以下2着3900万円、3着2400万円、4着1500万円、5着970万円[1][2]

コース[編集]

東京競馬場のダートコース、1600mを使用。

スタート地点は芝コース上にあり、スタート直後は芝コースを走行、第2コーナー付近からダートコースに入る[11]。バックストレッチとホームストレッチに2つの坂が設けられており、このうち長さが501mあるスタンド前のホームストレッチには高低差2.4mの上り坂がある[11]

歴史[編集]

  • 1984年 - 5歳以上の馬によるハンデキャップの重賞競走「フェブラリーハンデキャップ」を新設。東京競馬場のダート1600mで施行、GIII[注 1]に格付け[4]
  • 1989年 - 混合競走に指定[4]
  • 1994年
    • GII[注 1]に昇格[4]
    • 名称を「フェブラリーステークス」に変更[4]
  • 1995年 - 指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬が出走可能となる。
  • 1997年
    • GI[注 1]に昇格[4]
    • ダート競走格付け委員会により、GI[注 2]に格付け(適用は1998年から)。
  • 2001年 - 馬齢表示を国際基準へ変更したことに伴い、出走資格を「4歳以上」に変更。
  • 2007年
    • 国際競走に指定され、外国調教馬は8頭まで出走可能となる[5]
    • 国際GIに格付け。
    • 地方競馬所属馬の出走枠が5頭から4頭に縮小。
  • 2009年 - この年より地方競馬所属馬の出走資格はJRAが別に定める出走馬選定基準により選定された競走馬のみとなる。
  • 2012年 - 出走馬選定方法が変わり、レーティング上位5頭に優先出走を認める。
  • 2014年 - トライアル制を確立し、指定された競走の1着馬に優先出走を認める。
  • 2016年 - 「ブリーダーズカップ・チャレンジ」指定競走となる。

歴代優勝馬[編集]

距離はすべてダートコース。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

競走名は第1回から第10回までが「フェブラリーハンデキャップ」[4]、第11回以降は「フェブラリーステークス」。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1984年2月18日 東京 1600m ロバリアアモン 牡5 JRA 1:40.1 吉永正人 松山吉三郎 管浦一
第2回 1985年2月16日 東京 1600m アンドレアモン 牡6 JRA 1:36.9 中島啓之 松山康久 (株)アモン
第3回 1986年2月15日 東京 1600m ハツノアモイ 牡5 JRA 1:36.7 大塚栄三郎 仲住芳雄 仲川初太郎
第4回 1987年2月21日 東京 1600m リキサンパワー 牡6 JRA 1:36.5 柴田政人 高松邦男 岩井三郎
第5回 1988年2月20日 東京 1600m ローマンプリンス 牡7 JRA 1:37.7 増沢末夫 佐藤征助 (有)ロング商事
第6回 1989年2月18日 東京 1600m ベルベットグローブ 牡6 JRA 1:37.2 郷原洋行 大久保房松 栗林英雄
第7回 1990年2月17日 東京 1600m カリブソング 牡4 JRA 1:36.7 柴田政人 加藤修甫 (株)荻伏牧場レーシングクラブ
第8回 1991年2月16日 東京 1600m ナリタハヤブサ 牡4 JRA 1:34.9 横山典弘 中尾謙太郎 山路秀則
第9回 1992年2月22日 東京 1600m ラシアンゴールド 牡4 JRA 1:35.4 蛯名正義 大久保洋吉 大原詔宏
第10回 1993年2月20日 東京 1600m メイショウホムラ 牡5 JRA 1:35.7 柴田政人 高橋成忠 松本好雄
第11回 1994年2月19日 東京 1600m チアズアトム 牡5 JRA 1:37.8 本田優 星川薫 北村キヨ子
第12回 1995年2月18日 東京 1600m ライブリマウント 牡4 JRA 1:36.4 石橋守 柴田不二男 加藤哲郎
第13回 1996年2月17日 東京 1600m ホクトベガ 牝6 JRA 1:36.5 横山典弘 中野隆良 金森森商事(株)
第14回 1997年2月16日 東京 1600m シンコウウインディ 牡4 JRA 1:36.0 岡部幸雄 田中清隆 安田修
第15回 1998年2月1日 東京 1600m グルメフロンティア 牡6 JRA 1:37.5 岡部幸雄 田中清隆 石井政義
第16回 1999年1月31日 東京 1600m メイセイオペラ 牡5 岩手[4] 1:36.3 菅原勲 佐々木修一 (有)明正商事
第17回 2000年2月20日 東京 1600m ウイングアロー 牡5 JRA 1:35.6 O.ペリエ 工藤嘉見 池田實
第18回 2001年2月18日 東京 1600m ノボトゥルー 牡5 JRA 1:35.6 O.ペリエ 森秀行 (有)池ばた
第19回 2002年2月17日 東京 1600m アグネスデジタル 牡5 JRA 1:35.1 四位洋文 白井寿昭 渡辺孝男
第20回 2003年2月23日 中山 1800m ゴールドアリュール 牡4 JRA 1:50.9 武豊 池江泰郎 (有)社台レースホース
第21回 2004年2月22日 東京 1600m アドマイヤドン 牡5 JRA 1:36.8 安藤勝己 松田博資 近藤利一
第22回 2005年2月20日 東京 1600m メイショウボーラー 牡4 JRA 1:34.7 福永祐一 白井寿昭 松本好雄
第23回 2006年2月19日 東京 1600m カネヒキリ 牡4 JRA 1:34.9 武豊 角居勝彦 金子真人ホールディングス(株)
第24回 2007年2月18日 東京 1600m サンライズバッカス 牡5 JRA 1:34.8 安藤勝己 音無秀孝 松岡隆雄
第25回 2008年2月24日 東京 1600m ヴァーミリアン 牡6 JRA 1:35.3 武豊 石坂正 (有)サンデーレーシング
第26回 2009年2月22日 東京 1600m サクセスブロッケン 牡4 JRA 1:34.6 内田博幸 藤原英昭 高嶋哲
第27回 2010年2月21日 東京 1600m エスポワールシチー 牡5 JRA 1:34.9 佐藤哲三 安達昭夫 (株)友駿ホースクラブ
第28回 2011年2月20日 東京 1600m トランセンド 牡5 JRA 1:36.4 藤田伸二 安田隆行 前田幸治
第29回 2012年2月19日 東京 1600m テスタマッタ 牡6 JRA 1:35.4 岩田康誠 村山明 吉田和美
第30回 2013年2月17日 東京 1600m グレープブランデー 牡5 JRA 1:35.1 浜中俊 安田隆行 (有)社台レースホース
第31回 2014年2月23日 東京 1600m コパノリッキー 牡4 JRA 1:36.0 田辺裕信 村山明 小林祥晃
第32回 2015年2月22日 東京 1600m コパノリッキー 牡5 JRA 1:36.3 武豊 村山明 小林祥晃
第33回 2016年2月21日 東京 1600m モーニン 牡4 JRA 1:34.0 M.デムーロ 石坂正 馬場幸夫
第34回 2017年2月19日 東京 1600m ゴールドドリーム 牡4 JRA 1:35.1 M.デムーロ 平田修 吉田勝己

フェブラリーステークスの記録[編集]

  • レースレコード - 1:34.0(第33回優勝馬モーニン)[12]

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

  • 「フェブラリーステークス」『中央競馬全重賞成績集【GI編】』 日本中央競馬会、2006年、1397-1433頁。

注釈[編集]

  1. ^ a b c 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。
  2. ^ ダートグレード競走の格付表記は、国内限定の独自グレード扱い。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 6 (2017年). 2017年2月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 平成29年第1回東京競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2017年2月20日閲覧。
  3. ^ 2017年度第1回東京競馬特別レース名解説 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 5. 2017年2月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o レースについて:フェブラリーステークス 今週の注目レース”. 日本中央競馬会. 2017年2月20日閲覧。
  5. ^ a b 第1回 東京競馬成績集計表 (PDF)”. 日本中央競馬会. pp. 415-416 (2007年). 2016年2月15日閲覧。(索引番号:03095)
  6. ^ ブリーダーズカップチャレンジ競走の追加指定について日本中央競馬会、2016年6月27日閲覧
  7. ^ 第27回フェブラリーステークス特集(メイセイオペラ 地方所属馬初の中央GI制覇)”. JRA-VAN. 2014年12月14日閲覧。
  8. ^ 中央競馬全重賞成績集【GI編】
  9. ^ 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 6 (2014年). 2014年7月26日閲覧。
  10. ^ 平成26年度競馬番組等について (PDF)”. 日本中央競馬会. 2014年7月27日閲覧。
  11. ^ a b 東京競馬場(コース紹介)”. 日本中央競馬会. 2014年12月14日閲覧。
  12. ^ 2016年の成績表参照。

各回競走結果の出典[編集]

ほかに日本で行われるダートの国際GI競走[編集]

外部リンク[編集]