リーディングジョッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リーディングジョッキー (Leading Jockey) とはある地域競馬場、もしくは主催団体においてシーズンの勝利数が最も多い騎手のことである。最多勝利騎手ともいう。

この言葉が広まっていることから日本では2位以下の騎手のランキングについても「リーディング○位」とあらわすことがあるが、Leading Jockeyとはつまり「首位騎手」でありLeadingという言葉自体にランキングの意味はない(→リーディング (競馬)参照)。

日本[編集]

中央競馬[編集]

中央競馬においては、日本中央競馬会 (JRA) が主催する競走に出走した騎手全体のなかで勝利数が最も多い騎手のことを指す。JRA賞にもリーディングジョッキーを表彰する部門「JRA賞最多勝利騎手」があるが、この場合は中央競馬および地方競馬の一部競走(JRA指定交流競走)が採用される。また、美浦トレーニングセンター関東)あるいは栗東トレーニングセンター関西[1]所属の騎手のなかで最も勝利数の多い騎手のことを「関東リーディングジョッキー」「関西リーディングジョッキー」という場合もある。1975年度以降、関西(栗東トレーニングセンター)所属騎手のなかで中央競馬における勝利数が1位だった騎手には「関西テレビ放送賞」が贈られている[2]

さらに特定の期間における特定の競馬場での勝利数によるリーディングジョッキーという概念も存在し、地元のマスコミ関係団体などからの表彰を受ける場合がある。

関東 関西 JRA賞最多勝利騎手
騎手 所属厩舎 勝利数 騎手 所属厩舎 勝利数 騎手 所属厩舎 勝利数
1980年 増沢末夫 鈴木勝太郎 64 河内洋 武田作十郎 72
1981年 増沢末夫 鈴木勝太郎 95 河内洋 武田作十郎 83
1982年 増沢末夫 鈴木勝太郎 104 田原成貴 谷八郎 87
1983年 増沢末夫 鈴木勝太郎 89 田原成貴 谷八郎 104
1984年 増沢末夫 鈴木勝太郎 88 田原成貴 谷八郎 100
1985年 柴田政人 高松邦男 101 河内洋 フリー 118
1986年 増沢末夫 鈴木勝太郎 106 河内洋 フリー 117
1987年 岡部幸雄 フリー 138 南井克巳 宇田明彦 99 岡部幸雄 フリー
1988年 柴田政人 高松邦男 132 武豊 武田作十郎 113 柴田政人 高松邦男
1989年 岡部幸雄 フリー 94 武豊 武田作十郎 133 武豊 武田作十郎
1990年 岡部幸雄 フリー 105 武豊 武田作十郎 116 武豊 武田作十郎
1991年 岡部幸雄 フリー 128 武豊 武田作十郎 96 岡部幸雄 フリー
1992年 岡部幸雄 フリー 129 武豊 フリー 130 武豊 フリー
1993年 岡部幸雄 フリー 114 武豊 フリー 137 武豊 フリー
1994年 岡部幸雄 フリー 121 武豊 フリー 134 武豊 フリー
1995年 横山典弘 フリー 130 武豊 フリー 134 武豊 フリー
1996年 岡部幸雄 フリー 136 武豊 フリー 159 武豊 フリー
1997年 岡部幸雄 フリー 124 武豊 フリー 168 武豊 フリー
1998年 蛯名正義 フリー 136 武豊 フリー 169 武豊 フリー
1999年 蛯名正義 フリー 129 武豊 フリー 178 武豊 フリー
2000年 岡部幸雄 フリー 103 武豊 フリー 130 武豊 フリー
2001年 蛯名正義 フリー 133 四位洋文 フリー 98 蛯名正義 フリー
2002年 柴田善臣 フリー 120 武豊 フリー 133 武豊 フリー
2003年 柴田善臣 フリー 119 武豊 フリー 204 武豊 フリー
2004年 柴田善臣 フリー 145 武豊 フリー 211 武豊 フリー
2005年 横山典弘 フリー 134 武豊 フリー 212 武豊 フリー
2006年 横山典弘 フリー 113 武豊 フリー 178 武豊 フリー
2007年 後藤浩輝 フリー 116 武豊 フリー 156 武豊 フリー
2008年 内田博幸 嶋田潤 137 武豊 フリー 151 武豊 フリー
2009年 内田博幸 嶋田潤 146 武豊 フリー 140 内田博幸 嶋田潤
2010年 横山典弘 フリー 120 福永祐一 フリー 109 内田博幸 嶋田潤 125
2011年 蛯名正義 フリー 95 福永祐一 フリー 133 岩田康誠 フリー 138
2012年 蛯名正義 フリー 123 浜中俊 フリー 131 岩田康誠 フリー 135
2013年 内田博幸 フリー 114 福永祐一 フリー 131 福永祐一 フリー 131

地方競馬[編集]

地方競馬においては地方競馬全体でのリーディングジョッキーのほかに開催主催者単位、あるいは競馬場単位のリーディングジョッキーという概念が存在する。

2009年度より「NARグランプリ最優秀勝利回数騎手賞」が設けられ[3]、中央競馬を含む勝利数の合計が1位となった地方競馬の騎手に贈られている。歴代の受賞者は以下のとおり。

騎手 所属 勝利数
2009年[3] 戸崎圭太 大井 408
2010年[4] 戸崎圭太 大井 310
2011年[5] 戸崎圭太 大井 336
2012年 戸崎圭太 大井 367
2013年 川原正一 兵庫 267

イギリス[編集]

平地競走[編集]

首位 勝利数 2位 3位
2010年 ランフランコ・デットーリ 104勝 フィリップ・ロビンソン キアラン・ファロン

フランス[編集]

北米[編集]

アメリカ合衆国・カナダの成績[6]

首位 勝利数 2位 3位
2000年 ラッセル・ベイズ 412勝 クリントン・ポッツ ラモン・ドミンゲス
2001年 ラモン・ドミンゲス 433勝 ラッセル・ベイズ トラヴィス・ダンケルバーガー
2002年 ラッセル・ベイズ 431勝 コルネリオ・ベラスケス ジョサイア・ハンプシャー・ジュニア
2003年 ラモン・ドミンゲス 453勝 ラッセル・ベイズ ジョン・ベラスケス
2004年 ラファエル・ベジャラノ 455勝 ラモン・ドミンゲス ジョン・ベラスケス
2005年 ラッセル・ベイズ 375勝 ロドニー・プレスコット エディー・カストロ
2006年 ジュリアン・ルパルー 403勝 ラモン・ドミンゲス ラッセル・ベイズ
2007年 ラッセル・ベイズ 398勝 ラモン・ドミンゲス エルビス・トルヒージョ
2008年 ラッセル・ベイズ 403勝 デシュワン・パーカー J・D・アコスタ
2009年 ラッセル・ベイズ 415勝 ラモン・ドミンゲス フアン・カルロス・ディアス
2010年 デシュワン・パーカー 377勝 ラモン・ドミンゲス ラッセル・ベイズ

香港[編集]

首位 勝利数 2位 3位
2009/10年 ダグラス・ホワイト 100勝 ブレット・プレブル 鄭雨滇

脚注[編集]

  1. ^ トレーニングセンター設立以前は各競馬場。
  2. ^ JRAニュース「2011年度『関西テレビ放送賞』は福永 祐一騎手が受賞」” (日本語). 日本中央競馬会 (2011年12月25日). 2012年5月20日閲覧。
  3. ^ a b 『NARグランプリ2009』表彰馬・表彰者決定!” (日本語). 地方競馬全国協会 (2010年1月7日). 2012年5月20日閲覧。
  4. ^ 『NARグランプリ2010』表彰馬・表彰者決定!” (日本語). 地方競馬全国協会 (2011年1月11日). 2012年6月9日閲覧。
  5. ^ 『NARグランプリ2011』表彰馬・表彰者決定!” (日本語). 地方競馬全国協会 (2012年1月11日). 2012年6月9日閲覧。
  6. ^ [1]