田中学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中学
Manabu-Tanaka20110815.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1973-09-25) 1973年9月25日(44歳)
騎手情報
所属団体 兵庫県競馬組合
所属厩舎 田中道夫(兵庫)
勝負服 緑・赤菱山形
初免許年 1993年
テンプレートを表示

田中 学(たなか まなぶ、1973年9月25日 -)は、兵庫県競馬組合田中道夫厩舎に所属している騎手

来歴[編集]

現在の兵庫県競馬を代表する騎手の一人。同級生に岩田康誠永島太郎がいるが、後述する理由によりデビューは彼らより遅く1993年のデビューである。デビュー当時は父の田中道夫がまだ現役の騎手だったこともあり、勝負服の柄は黄・紫菱山形であった。勝負服は田中道夫が引退してまもなく、父が使用していたものを継ぐ形で現在の配色となった。

デビュー当初はなかなか勝ち星を重ねることができず、リーディングにおいても毎年6-10位あたりであったが、少しずつ勝つペースを上げ、小牧太赤木高太郎JRAに移籍することになった2004年に完全に脱皮、2003年までは年間99勝が最高だったところを、2004年は年間200勝と一気に伸ばして同年リーディングは岩田康誠に次ぐ2位に躍進する。岩田が2006年に中央競馬への移籍で兵庫県競馬から抜け、その後は田中と木村健リーディングジョッキーの座を争っている。

中央競馬では2010年までに8勝を挙げている。

2005年、第1回WSJS地方騎手代表選定競走で2位となり、第19回ワールドスーパージョッキーズシリーズでは補欠騎手として選出された。

2007年2008年と2年連続で兵庫ダービーを制覇した。

2008年9月2日園田第5競走で騎乗馬が故障して落馬した上に、後続馬に踏まれ第1、第2腰椎脱臼骨折と診断された。車椅子になってもおかしくない重傷だったが、7ヵ月後の2009年3月27日に復帰して、第4競走で復帰後初勝利を挙げている。

2010年10月14日第13回園田競馬4日目第8競走3歳以上B2級一般戦をスカーレットドレスで優勝(10頭立て1番人気)し、13926戦目で地方競馬通算2000勝達成[1]

2014年11月26日園田・兵庫ジュニアグランプリをジャジャウマナラシで勝ち、ダートグレード競走初制覇。さらに同年は276勝をあげ地方競馬全国リーディングジョッキーとなった[2]

エピソード[編集]

彼は一度、地方競馬教養センターを退学している。園田の帝王と呼ばれた父と同じ道を歩むべく入学したものの、「あの田中道夫の息子」という周囲からの視線とそのプレッシャーに耐えられなかったためである。

しかし退学後に今度は短期騎手課程[3]にて騎手免許を取得してデビューした。同学年の岩田らよりもデビューが遅いのはこのためである。

中央競馬での初勝利は、兵庫県競馬にサラブレッドが導入された最初の年に園田に入ったダイトクヒテンで参戦した2000年1月若駒ステークスでの勝利であった。まったく人気がなく、8頭立てだったにもかかわらず単勝は万馬券(7番人気)となった。

脚注[編集]

  1. ^ 田中学騎手(兵庫)地方通算2000勝達成 - 地方競馬情報サイト
  2. ^ “1月5日(月)「田中学騎手(兵庫)、全国リーディングを獲得!」ほか [全国競馬情報”]. ラジオNIKKEI. (2015年1月5日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/15.html 2015年1月8日閲覧。 
  3. ^ 地方競馬の騎手養成は2年間入所して騎手としてのトレーニングを一から受ける長期騎手課程と、すでに厩舎などにいたりして馬を御する技術を持つ人間を対象とした半年間の短期騎手課程の2通りの方法があった。現在は短期課程は廃止。中央競馬にも馬事公苑で騎手を養成していた時代には短期騎手課程が存在したが、競馬学校に養成機関移行と同時期に廃止された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]