岐阜金賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岐阜金賞
主催者 岐阜県地方競馬組合
競馬場 笠松競馬場
創設 1977年10月23日
2018年の情報
距離 ダート1900m
格付け SPI
賞金 1着賞金300万円
出走条件 サラブレッド系3歳オープン、北陸・東海・近畿所属
負担重量 別定(牡56kg、牝54kg)
出典 [1]
テンプレートを表示

岐阜金賞(ぎふきんしょう)とは岐阜県地方競馬組合笠松競馬場ダート1900mで施行する地方競馬重賞競走SPI)である。正式名称は「中日スポーツ杯 岐阜金賞」、中日スポーツを発行する中日新聞社が優勝杯を提供している。2018年現在、ダービーグランプリの指定競走となっている。

副賞は、中日スポーツ総局長賞、岐阜県地方競馬組合管理者賞、生産牧場賞、またスタリオンシリーズ(サンカルロ賞)に指定されている(2018年)[2]

概要[編集]

1977年サラブレッド系4歳(現3歳)の東海(愛知・笠松)所属馬限定の別定の重賞競走「中日スポーツ杯 岐阜金賞」として創設。創設から一貫してダート1900mで行われている。1978年から1980年の3年間は11月に開催されたが、1981年からは施行時期を11月から10月に戻す。2005年は8月に開催された。2019年からは施行時期を10月から8月に変更する。

1996年からは東海地区重賞格付け制度施行によりSPI(スーパープレステージワン)に格付けされ、更に東海三冠競走の最終戦に指定された。

2004年から北陸・東海・近畿地区交流競走として施行、金沢所属・兵庫所属の競走馬が出走可能となり2006年からは北陸・東海・近畿・中国地区交流競走として施行、福山所属の競走馬が出走可能となる。

2009年には1着にトウホクビジン(10番人気)、2着にディアボロス(6番人気)、3着にニュースターガール(9番人気)が入線したが、三連単の的中者がおらず、特払い70円の払い戻しとなり、日本の重賞競走で初の珍事となった。

2017年に「3歳秋のチャンピオンシップ」シリーズが始まり、そのカテゴリーC競走に指定された。本競走とダービーグランプリの双方に優勝した馬の馬主にはボーナス賞金300万円が贈られる[3]

条件・賞金(2018年)[編集]

出走条件
サラブレッド系3歳、東海・北陸・近畿所属
負担重量
別定(牡56kg、牝54kg)[1]
賞金額
1着300万円、2着75万円、3着33万円、4着18万円、5着9万円[2]

歴史[編集]

  • 1977年 - 笠松競馬場のダート1900mのサラブレッド系4歳(現3歳)の東海所属馬限定の別定の重賞競走「中日スポーツ杯 岐阜金賞」として創立。
  • 1978年 - 施行時期を10月から11月に変更。
  • 1981年 - 施行時期を11月から10月に戻す。
  • 1996年
    • 東海地区重賞格付け制度施行によりSPIに格付け。
    • 東海三冠競走の最終戦に指定。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「サラブレッド系4歳の東海所属馬」から「サラブレッド系3歳の東海所属馬」に変更。
  • 2004年 - この年から北陸・東海・近畿地区交流競走として施行、出走条件を「サラブレッド系3歳の北陸・東海・近畿所属馬」に変更
  • 2006年 - この年から北陸・東海・近畿・中国地区交流競走として施行、出走条件を「サラブレッド系3歳の北陸・東海・近畿・中国所属馬」に変更。
  • 2010年 - 1着馬にダービーグランプリへの優先出走権が付与されるようになる。
  • 2013年 - 福山競馬場の廃止により、再び出走条件を「サラブレッド系3歳の北陸・東海・近畿所属馬」に変更。
  • 2019年 - 施行時期を10月から8月に変更。

歴代優勝馬[編集]

馬齢は2000年以前についても現表記を用いる。

全て笠松競馬場ダート1900mで施行。

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1977年10月23日 ハツシンロード 牡3 笠松 2:04.4 味坂勲 松村友二
第2回 1978年11月23日 キヨウワダイヤ 牡3 愛知 2:04.5 黒宮高徳 市川安一
第3回 1979年11月23日 サンローレオー 牡3 笠松 2:04.8 安藤勝己 吉田秋好
第4回 1980年11月16日 イズミダツパー 牡3 笠松 2:04.3 町野良隆 大橋憲
第5回 1981年10月18日 イナリカブト 牡3 愛知 2:04.0 鈴木純児 羽生作造
第6回 1982年10月11日 ゴールドレツト 牡3 愛知 2:02.7 原口次夫 磯村林三
第7回 1983年10月23日 ヒデノブレーブ 牡3 笠松 2:03.6 安藤勝己 中山義宣
第8回 1984年10月21日 タイヨートウシヨウ 牡3 笠松 2:04.3 安藤勝己 大橋憲
第9回 1985年10月27日 サツキイチバン 牡3 笠松 2:03.7 澤田秀実 加藤健
第10回 1986年10月26日 タカシマリーガル 牡3 笠松 2:03.8 濱口楠彦 加藤弘明
第11回 1987年10月28日 ワイズルーラ 牡3 笠松 2:03.2 川原正一 後藤保
第12回 1988年10月26日 トミシノシエンロン 牡3 笠松 2:06.3 安藤勝己 飯干秀人
第13回 1989年10月25日 オグリリーダー 牡3 笠松 2:03.9 青木達彦 鈴木良文
第14回 1990年10月24日 エスエムグレート 牡3 笠松 2:04.0 川原正一 後藤保
第15回 1991年10月23日 マックスブレイン 牡3 笠松 2:03.9 安藤勝己 荒川友司
第16回 1992年10月25日 トミシノポルンガ 牡3 笠松 2:04.9 安藤勝己 加藤健
第17回 1993年10月24日 サブリナチェリー 牡3 笠松 2:05.6 井上孝彦 荒川友司
第18回 1994年10月26日 ツキノマイヒメ 牝3 笠松 2:04.5 村井栄治 神部幸夫
第19回 1995年10月18日 キタイセタテヤマ 牡3 笠松 2:04.3 川原正一 原隆男
第20回 1996年10月23日 フジノハイメリット 牡3 笠松 2:03.0 安藤勝己 梶原軍造
第21回 1997年10月22日 トミケンライデン 牡3 笠松 2:05.4 東川公則 荒川友司
第22回 1998年10月18日 フジノモンスター 牡3 笠松 2:04.5 川原正一 中山義宣
第23回 1999年10月17日 ラッシュスルー 牡3 笠松 2:03.5 岡部誠 井上孝彦
第24回 2000年10月18日 ミツアキサイレンス 牡3 笠松 2:05.7 川原正一 粟津豊彦
第25回 2001年10月17日 ブラウンライアン 牡3 愛知 2:04.2 兒島真二 国光徹
第26回 2002年10月16日 サダムクリスタル 牡3 笠松 2:04.0 安藤勝己 後藤保
第27回 2003年10月15日 ミツアキタービン 牡3 笠松 2:01.3 東川公則 加藤健
第28回 2004年10月1日 ヨシノイチバンボシ 牡3 愛知 2:02.2 吉田稔 錦見勇夫
第29回 2005年8月31日 マルヨサンデー 牡3 笠松 2:04.2 尾島徹 柴田高志
第30回 2006年10月18日 ティアマット 牡3 笠松 2:04.6 東川公則 田口輝彦
第31回 2007年10月10日 マルヨフェニックス 牡3 笠松 2:03.1 尾島徹 柴田高志
第32回 2008年10月30日 ノゾミカイザー 牡3 愛知 2:05.6 兒島真二 錦見勇夫
第33回 2009年10月29日 トウホクビジン 牝3 笠松 2:02.8 尾島徹 山中輝久
第34回 2010年10月28日 マルヨサイレンス 牡3 笠松 2:04.5 尾島徹 柴田高志
第35回 2011年10月14日 オオエライジン 牡3 兵庫 2:02.0 木村健 橋本忠男
第36回 2012年10月12日 ブライトシンプー 牡3 愛知 2:04.4 宇都英樹 伊藤定幸
第37回 2013年10月10日 エーシンクリアー 牡3 兵庫 2:04.9 田中学 橋本忠男
第38回 2014年10月16日 ノゾミダイヤ 牡3 愛知 2:00.8 大畑雅章 錦見勇夫
第39回 2015年10月15日 バズーカ 牡3 兵庫 2:02.3 木村健 田中範雄
第40回 2016年10月14日 エイシンニシパ 牡3 兵庫 2:04.1 吉村智洋 橋本忠男
第41回 2017年10月13日 ドリームズライン 牡3 愛知 2:04.2 大畑雅章 川西毅
第42回 2018年10月18日 クリノヒビキ 牡3 兵庫 2:01.7 赤岡修次 橋本忠明

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 第42回 岐阜金賞(SPⅠ)選定馬のお知らせ(3)”. 岐阜県地方競馬組合 (2018年10月11日). 2018年10月16日閲覧。
  2. ^ a b 笠松競馬出走馬一覧表 平成30年度岐阜県地方競馬組合営第12回笠松競馬第3日10月18日(木) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2018年10月16日閲覧。
  3. ^ 3歳秋のチャンピオンシップ2017実施要項地方競馬全国協会、2017年8月11日閲覧

各回競走結果の出典[編集]

関連項目[編集]

上記の2つはどちらも同じく東海三冠競走に指定されている競走。