トミシノポルンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トミシノポルンガ
Tomishinoporunga.JPG
1995年6月4日 京都競馬場
現役期間 1991年 - 1995年
欧字表記 Tomisino Porunga
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1989年3月31日
死没 (不明)
サンオーイ
アメリカンスーパー
母の父 フエートメーカー
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 小松隆弘
馬主 富士野年恭
調教師 加藤健(笠松
厩務員 吉沢昭宏
競走成績
生涯成績 32戦17勝
地方競馬28戦16勝)
中央競馬4戦1勝)
獲得賞金 2億4539万2000円
テンプレートを表示

トミシノポルンガとは日本競走馬種牡馬である。1990年代前半における地方競馬の雄として活躍。中央競馬と地方競馬の交流が活発となる前後において積極的に中央競馬に遠征し、オープン競走で勝利するなど足跡を残した。

年齢は旧表記(数え年)とする。

経歴[編集]

幼駒時代はそれほど見栄えはしなかったが、のちに担当厩務員となる吉沢昭宏はひと目見てインスピレーションを感じ、すぐに馬主に購入を薦めたという[1]

1991年7月25日にデビュー。3歳時は初勝利に4戦を要するなど7戦2勝。オグリキャップ半妹として抜群の人気だったオグリホワイトに3度の対戦すべてで優勝をさらわれ、その陰に隠れた存在だった。しかし、4歳になると年明け初戦から連勝街道をひた走り、地元4歳馬の頂点を競う東海ダービー、地方競馬の4歳馬最高峰のレースであるダービーグランプリ[2]を制するなど、1着失格をはさんで7連勝と本格化した。5歳になって連勝は途切れるが、東海ゴールドカップ2連覇など6戦3勝。笠松競馬場以外では大井競馬場帝王賞に出走し、10着に敗れている。

6歳以降はたびたび中央競馬への遠征を行う。1994年はその年に交流重賞として新設された平安ステークスで3着。コースで行われたテレビ愛知オープンではカリブソングなど3頭の重賞勝ち馬を抑えて優勝している。オールカマーでは上位3頭から離された4着。翌1995年宝塚記念に出走するも10着に敗れた。そのほか前年に続いて帝王賞に出走して7着。この間も東海桜花賞[3]2連覇、NARグランプリ1994サラブレッド系5歳以上最優秀馬に選出されるなど、東海公営のエースであり続けた。4歳以降の地元(笠松、名古屋、中京)開催の2000メートル以下のレースでは12戦11勝、唯一の敗戦は前述の失格とほぼ完璧であった。1995年いっぱいで引退。

1996年から種牡馬となるが、種牡馬生活6年間で種付け頭数は13頭、生産頭数は6頭にとどまった。競走馬として登録された5頭はすべて勝ち上がったものの、中央、地方ともに重賞勝ち馬は出せなかった。種牡馬引退後の行方は不明である。

血統表[編集]

トミシノポルンガ血統ブランドフォード系Bold Ruler4×5=9.38%、Nasrullah5×5=6.25%) (血統表の出典)

サンオーイ
1980 鹿毛
父の父
*リマンド
Remand
1965 栗毛
Alcide Alycidon
Chenille
Admonish Palestine
Warning
父の母
サンオーオク
1974 鹿毛
*ステューペンダス Bold Ruler
Magneto
*ソヴリンレディ King's Leap
High Lady

アメリカンスーパー
1981 芦毛
*フエートメーカー
Fate Maker
1972 栗毛
Swaps Khaled
Iron Reward
A-Bee Ba-Bee ナディア
Stay Smoochie
母の母
*エンヴイアドラ
Enviadora
1971 芦毛
Enviado Envoy
Fleet Rosaire
Sierra Grey Trierarch
Broken Clouds F-No.13-b
  • 半弟アタゴホープは本馬と同じく笠松競馬場に所属し、白銀争覇を勝っている。
  • 祖母エンヴイアドラの子孫にユウキャラット(オークス3着、忘れな草賞)がいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ web Furlong 2009【REWIND 90's】第4回 1994年 全日本サラブレッドカップ
  2. ^ 主戦騎手であった安藤勝己はこのレースで地方競馬通算2000勝を達成している。
  3. ^ 当時は中京競馬場で行われる芝の地方重賞であった。

外部リンク[編集]