主戦騎手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

主戦騎手(しゅせんきしゅ)とは、競馬における1頭の競走馬の専属騎手を指す用語である。主戦と簡略することもある。主戦騎手といっても、海外遠征やGI競走などで他の競走馬の主戦騎手として騎乗することもあり、騎手が必ずその競走馬に騎乗するわけではない。主戦騎手からみてその馬を「お手馬」という。

あるいは、ある厩舎で主に騎乗する騎手を、(その厩舎の)主戦騎手と呼ぶ場合もある。以前は、厩舎所属の騎手が、その厩舎の有力馬に騎乗するケースがほとんどだったことから、(平場オープンなどで見習騎手が乗ることに対して)常に騎乗する騎手を主戦騎手と言っていた。

特殊な例としては、馬主が、馬の所属厩舎に関係なく、特定の騎手に騎乗依頼を行うことがあった。「ヒシ」の冠名が付いた馬の主戦騎手であった小野定夫(特定の厩舎に所属していない、いわゆるフリー騎手でのさきがけでもあった)や、「サクラ」の冠名の馬の小島太などが挙げられる。

具体的な例[編集]

トップジョッキーになると自分が主戦騎手を務める競走馬が同じ競走で出走することもある。当然、この場合はどちらかを選択する必要があるが、過去にあった例として、1998年毎日王冠(GII)で的場均が主戦騎手を務めるグラスワンダーエルコンドルパサーが出走した。的場は悩みに悩みぬいた末、グラスワンダーに騎乗することを選択した。結果はグラスワンダーが5着、エルコンドルパサーは蛯名正義に乗り替わって2着だった。

しかしその後、グラスワンダーはその年の有馬記念、さらに翌年は宝塚記念有馬記念に勝利しグランプリ3連覇を達成。エルコンドルパサーは毎日王冠以降は蛯名が主戦騎手を務めることになり、日本の3歳馬としては初のジャパンカップ制覇や海外に拠点を移して凱旋門賞で2着に健闘するなど大活躍した。ただ、グラスワンダーの現役最後の引退レースは蛯名が騎乗している。

かつては1998年の宝塚記念でのエアグルーヴサイレンススズカ1997年の有馬記念でのマーベラスサンデーとエアグルーヴ、2006年皐月賞でのアドマイヤムーンフサイチジャンクなど武豊が主戦騎手を務める競走馬が複数GI競走に出走事例が頻繁に起きた(いずれの競走も武は前競走馬に騎乗した)。GI競走には比較的レベルの高い競走馬が出走してくるため、以前に武豊が手綱を取ったことがある競走馬も多かった。

2019年牡馬クラシックに向けてはサートゥルナーリアアドマイヤマーズが有力馬として目されていたが、両馬はいずれもミルコ・デムーロが主戦騎手を務め、いずれも前年の2歳馬としての成績は4戦4勝であった。その後、同年の1月10日にサートゥルナーリアの鞍上はクリストフ・ルメールに乗り替わることが発表され[1]、デムーロはアドマイヤマーズに騎乗することとなった。同年の皐月賞で両馬は初めて対決し、サートゥルナーリアは同レースを優勝、アドマイヤマーズは4着だった。

日本の主な厩舎とその主戦騎手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]