池江泰寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池江泰寿
Yasutoshi-Ikee20110115.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県[1]
生年月日 (1969-01-13) 1969年1月13日(49歳)
所属団体 JRA
初免許年 2003年(2004年開業)
経歴
所属 浅見国一(1993 - 1994)[1]
池江泰郎(1994 - 1995)[1]
マイケル・スタウト(英)(1995 - 1996)[1]
ニール・ドライスデール(米)(1996 - 2003)[1]
栗東T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

池江 泰寿(いけえ やすとし、1969年1月13日[1] - )は日本中央競馬会(JRA)の調教師東山高等学校[2]を経て同志社大学文学部[3]卒業。栗東トレーニングセンター所属。

経歴[編集]

父は元調教師の池江泰郎[4]、伯父に池江敏郎厩務員がいる[5]。同級生に武豊がおり、幼馴染みである[4]。騎手を志したが、身長が伸びたために騎手になるのを断念した[4]

1993年浅見国一厩舎所属の調教厩務員に、同年浅見国一厩舎所属の調教助手となる[1]

1994年池江泰郎厩舎に移籍[1]ステイゴールドなどを管理した[6]。その後、1995年にはイギリスに、1996年からはアメリカに渡り、マイケル・スタウト厩舎やニール・ドライスデール厩舎で調教助手を勤め、腕を磨く[1]

2003年に調教師免許を取得し、2004年に厩舎を開業[1]。2004年3月20日、ソニックサーパス号で初出走、初勝利を挙げた[7]

以降は順調に勝ち星を重ね、2006年にドリームジャーニーが朝日杯フューチュリティステークスで初重賞制覇にして初のGI勝利[8]。2008年は最多勝利調教師賞のタイトルを受賞している[7]

父が2011年2月に定年で調教師を引退することに伴い、在籍していたトゥザグローリーなどを引き継いだ[9]

2011年東京優駿にて、父・泰郎が管理した、父ステイゴールドと母父メジロマックイーンという池江家ゆかりの血統であるオルフェーヴル[10]、史上2組目となる親子2代でのダービー勝利であった[注釈 1][11]。また42歳4カ月17日でのダービー勝利は、グレード制導入後では、最年少ダービー調教師となった[11]。オルフェーヴルは菊花賞も制し、史上初めて親子で三冠馬を管理した調教師となった[12]。さらに翌週の天皇賞(秋)トーセンジョーダンで制し、2週連続GI制覇を達成した[13]。父泰郎は1991年にメジロマックイーン(1位入線後に斜行のため最下位に降着)での天皇賞(秋)制覇を逃しており、息子が20年後に雪辱を果たした形となった[14]

2015年優駿牝馬ミッキークイーンで優勝し、自身初の牝馬GI制覇となった[15]

調教師成績[編集]

受賞[編集]

主な管理馬[編集]

太字はGI競走

注釈[編集]

  1. ^ 1組目は松山吉三郎松山康久の親子。[11]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 凱旋門賞制覇へ!理と情熱のホースマン”. 東洋経済 (2013年9月11日). 2015年8月25日閲覧。
  2. ^ レッド吉田×池江泰寿 スペシャル対談 前編(ZAKZAK)
  3. ^ 同志社人訪問 JRA(日本中央競馬会)調教師 池江泰寿さんに聞く
  4. ^ a b c 武豊と池江師が幼なじみ対談/凱旋門賞”. ニッカンスポーツ (2013年10月1日). 2015年8月25日閲覧。
  5. ^ ドリームジャーニーで春秋制覇へ”. 競馬ラボ. 2015年8月25日閲覧。
  6. ^ 凱旋門賞制覇へ!理と情熱のホースマン”. 東洋経済 (2013年9月11日). 2015年8月25日閲覧。
  7. ^ a b 得意の東京でGⅠ初挑戦!ダノンカモン”. 競馬ラボ (2011年2月13日). 2015年8月25日閲覧。
  8. ^ 第58回 朝日杯フューチュリティステークス”. JRA. 2015年8月25日閲覧。
  9. ^ 調教師7名が引退・勇退、各管理馬の転厩先決定”. netkeiba.com. 2015年8月25日閲覧。
  10. ^ 【日本ダービー】オルフェ2冠!雨煙る府中で圧勝劇再び”. スポーツニッポン. 2015年8月25日閲覧。
  11. ^ a b c 競馬ブック日本ダービーアラカルト”. 競馬ブック. 2015年8月25日閲覧。
  12. ^ オルフェーヴル完ぺき三冠制覇! 来年は凱旋門賞へ菊花賞 池添「強かった」、4コーナー先頭で勝利を確信”. スポーツナビ. 2015年8月25日閲覧。
  13. ^ 【天皇賞・秋】1着トーセンジョーダン”. スポーツニッポン. 2015年8月25日閲覧。
  14. ^ 池江師2週連続G1マックの雪辱/天皇賞”. ニッカンスポーツ. 2015年8月25日閲覧。
  15. ^ 【競馬JAPAN】意外だらけだった池江厩舎ミッキークイーンのGⅠ制覇”. 東京スポーツ. 2015年8月25日閲覧。
  16. ^ a b c JRA賞 バックナンバー”. JRA. 2015年8月25日閲覧。
  17. ^ 2006年度厩舎関係者表彰決まる”. ケイバブック. 2015年8月25日閲覧。
  18. ^ ドリームジャーニー|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月25日閲覧。
  19. ^ ピカレスクコート|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月25日閲覧。
  20. ^ エアパスカル|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月25日閲覧。
  21. ^ ウォータクティクス|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月25日閲覧。
  22. ^ ランザローテ|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月25日閲覧。
  23. ^ トーセンジョーダン|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月25日閲覧。
  24. ^ メテオロロジスト|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月25日閲覧。
  25. ^ オルフェーヴル|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月25日閲覧。
  26. ^ トゥザグローリー|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月25日閲覧。
  27. ^ トレイルブレイザー|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月25日閲覧。
  28. ^ ワールドエース|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月25日閲覧。
  29. ^ トーセンホマレボシ|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月26日閲覧。
  30. ^ トーセンレーヴ|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月26日閲覧。
  31. ^ オーシャンブルー|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月26日閲覧。
  32. ^ サトノノブレス|JBISサーチ”. JBIS. 2016年4月11日閲覧。
  33. ^ ゴールスキー|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月26日閲覧。
  34. ^ トーセンスターダム|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月26日閲覧。
  35. ^ トゥザワールド|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月26日閲覧。
  36. ^ ダノンカモン|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月26日閲覧。
  37. ^ ラブリーデイ|JBISサーチ”. JBIS. 2015年11月2日閲覧。
  38. ^ ベルーフ|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月26日閲覧。
  39. ^ サトノラーゼン|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月26日閲覧。
  40. ^ ミッキークイーン|JBISサーチ”. JBIS. 2015年8月26日閲覧。
  41. ^ プロフェット|JBISサーチ”. JBIS. 2016年4月11日閲覧。
  42. ^ サトノダイヤモンド|JBISサーチ”. JBIS. 2016年4月11日閲覧。

関連項目[編集]