ジャパンカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャパンカップ(国際招待)
JAPAN CUP
2021-11-30 41th Japan Cup.jpg
2021年(第41回)
優勝馬:コントレイル(鞍上:福永祐一
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 東京競馬場
創設 1981年11月22日
2022年の情報
距離 芝2400m
格付け GI
賞金 1着賞金4億円
出走条件 サラ系3歳以上(国際招待)(指定)
負担重量 定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)
出典 [1][2]
テンプレートを表示

ジャパンカップは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬重賞競走GI)である。英称の頭文字から、JCという略称も用いられることがある[3]

正賞はロンジン賞、日本馬主協会連合会会長賞、東京馬主協会[1][2]

概要[編集]

1981年に創設された国際招待競走で、日本初の国際GIでもある[4]。また、国際競走であるため、JRA厩舎関係者表彰においては、最優秀騎手賞最優秀調教師賞の資格を得るにあたり「1着をとらねばならない競走」のひとつに指定され、いわゆる「八大競走」と同格の扱いを受けていた[5]

かつては中山グランドジャンプとジャパンカップダートも国際招待競走になっていたが、中山グランドジャンプは2011年より[6]、ジャパンカップダートは2014年よりチャンピオンズカップに改称の上、いずれもJRAが馬や関係者の諸費用を負担しない国際競走となっている。

ジャパンカップ当週の東京競馬場(2018年)。写真後面にロンジンのタイマーが特設されている

本競走は2014年にスイス発祥の世界大手時計メーカー・ロンジンとパートナーシップを締結し、公式計時もロンジンがサポート[7]しており、2022年現在の正式名称は「ジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞 ジャパンカップ」となっている[1]

なお、ジャパンカップダート(現・チャンピオンズカップ)との同日開催となった2004年[8]以後、平年の第5回中山競馬[注 1]相当分が代替されない限り、ジャパンカップが東京競馬場の年内最終競走となっている(それ以前は、ジャパンカップ終了後に一般、または特別競走が最終競走として行われていた。また他場への振り替えは2002年に東京競馬場の馬場の拡幅工事及びスタンドの建て替え工事により、中山競馬場で代替された1例だけである)。

国際的評価[編集]

世界の競馬開催国は国際セリ名簿基準委員会(ICSC)によってパートIからパートIVまでランク分けされており、2014年時点で日本は平地競走が最上位のパートI、障害競走はパートIVにランク付けされている[9]

国際競馬統括機関連盟(IFHA)が公表した「世界のトップ100GIレース」によると、2018年度の格付ランキングでは、世界7位、日本のレースの中では有馬記念を抜いて1位(有馬記念は日本2位)に位置付けられた[10]。2019年度のランキングでは世界46位、日本の中では7位であった[11]。2020年度のランキングでは世界3位、日本の中では1位であった[12]。2021年度のランキングでは世界12位、日本の中では4位であった[13]

競走条件[編集]

以下の内容は、2022年現在[1][2]のもの。

出走資格:サラ系3歳以上(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(選定馬のみ)
  • 本競走に出走登録した外国馬(優先出走)

負担重量:定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)

日本馬の出走権[編集]

  • レーティング110(牝馬は106)以上の上位5頭に優先出走権が与えられる[2](レーティングが同じ値の場合は「近走成績や距離実績などを総合的に勘案して」順位をつけているとしている[14])。
  • その他は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる[2][15]

外国馬の出走権[編集]

出馬投票を行った外国馬は、優先出走が認められている[15]

また、JRAが指定した競走(下表参照)の上位馬に対し、優先出走権を与えている[16]

開催国・競走名 競馬場 距離 優先出走権対象馬 優先出走権付与年
イギリスの旗キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス G1 アスコット 芝11f211y 1着馬・2着馬 2008年 -
フランスの旗凱旋門賞 G1 パリロンシャン 芝2400m
アイルランドの旗愛チャンピオンステークス G1 レパーズタウン 芝10f 1着馬
ドイツの旗バーデン大賞 G1 バーデンバーデン 芝2400m
アメリカ合衆国の旗アーリントンミリオンステークス G1 アーリントンパーク 芝10f 2009年 -[要出典]
アメリカ合衆国の旗ブリーダーズカップターフ G1 持ち回り 芝12f 2011年 -[要出典]

賞金・褒賞金[編集]

2021年の1着賞金は3億円で、以下2着1億2000万円、3着7500万円、4着4500万円、5着3000万円[1]

1着賞金は有馬記念と並んで中央競馬・地方競馬を通じて最高額[17][注 2]

ただ、年々香港国際競走(特に同距離に近い香港カップ香港ヴァーズ)への出走馬の流出が相次いでいること、日本国外においても、サウジカップ(1000万USドル)、ドバイワールドカップ(696万USドル)、凱旋門賞(285万7000ユーロ)などに代表される世界最高賞金額のレースが増えてきており、「海外の主要競走に対する競争力を高める」目的で、2022年の第42回から、優勝本賞金を4億円に増額される(有馬記念と同額)。[20]


褒賞金制度[編集]

天皇賞(秋)・ジャパンカップ・有馬記念の3競走を同一年にすべて優勝したJRA所属馬には内国産馬2億円、外国産馬1億円の褒賞金が交付される[21]

また、指定競走(下表参照)の当年優勝馬がジャパンカップに出走した場合に褒賞金を交付している[22]

指定外国競走
競走名の「英」はイギリス (グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)、「仏」はフランス、「愛」はアイルランド。"f"はハロン (≒201.17 m)、"y"はヤード (=0.9144 m)。
開催国・競走名 競馬場 距離
イギリスの旗キングジョージVI世&クイーンエリザベスステークス G1 アスコット 芝11f211y
フランスの旗凱旋門賞 G1 パリロンシャン 芝2400m
ドイツの旗バーデン大賞 G1 バーデンバーデン 芝2400m
アメリカ合衆国の旗アーリントンミリオンステークス G1 アーリントンパーク 芝10f
アメリカ合衆国の旗ブリーダーズカップターフ G1 持ち回り 芝12f
イギリスの旗英ダービー G1 エプソム 芝12f6y
フランスの旗仏ダービー G1 シャンティイ 芝2100m
アイルランドの旗愛ダービー G1 カラ 芝12f
カナダの旗カナディアンインターナショナルステークス G1 ウッドバイン 芝12f
オーストラリアの旗コックスプレート G1 ムーニーヴァレー 芝2040m
フランスの旗パリ大賞典 G1 パリロンシャン 芝2400m
イギリスの旗インターナショナルステークス G1 ヨーク 芝10f56y
フランスの旗サンクルー大賞 G1 サンクルー 芝2400m
アラブ首長国連邦の旗ドバイシーマクラシック G1 メイダン 芝2410m
イギリスの旗英チャンピオンステークス G1 アスコット 芝9f212y
イギリスの旗プリンスオブウェールズステークス G1 アスコット 芝9f212y
イギリスの旗エクリプスステークス G1 サンダウン 芝9f209y
アメリカ合衆国の旗ソードダンサーステークス G1 サラトガ 芝12f
アイルランドの旗愛チャンピオンステークス G1 レパーズタウン 芝10f
アメリカ合衆国の旗ジョーハーシュ・ターフクラシック G1 ベルモントパーク 芝12f
オーストラリアの旗コーフィールドカップ G1 コーフィールド 芝2400m
オーストラリアの旗メルボルンカップ G1 フレミントン 芝3200m
アメリカ合衆国の旗マンハッタンステークス G1 ベルモントパーク 芝10f
オーストラリアの旗タンクレッドステークス G1 ローズヒルガーデンズ 芝2400m

過去の指定外国競走

開催国・競走名 競馬場 距離
アメリカ合衆国の旗ブリーダーズカップ・クラシック G1 持ち回り ダート10f
アラブ首長国連邦の旗ドバイワールドカップ G1 メイダン ダート2000m[23]
褒賞金の額
本競走1着馬 本競走2着馬 本競走3着馬 左記以外
外国調教馬 300万米ドル 120万米ドル 75万米ドル 20万米ドル
日本調教馬 200万米ドル 40万米ドル 25万米ドル 10万米ドル

歴史[編集]

1970年代後半より「世界に通用する強い馬づくり」が提唱され[4][24]、日本国外の調教馬を招待して国際競走を開催する計画も持ち上がっていたが、招待馬の選定にあたりJRAと各国との意向に齟齬があり実現しなかった[25]経緯がある。1981年に日本初の国際招待競走として、ジャパンカップが創設された。

第1回は北アメリカアジア地区から招待馬を選出したが、翌年からは招待範囲がヨーロッパオセアニアにも広げられ[4]、参加国の多さから「世界一の競走」「競馬のオリンピック」と評されることもあった[24]。さらに1983年からは、地方競馬の所属馬も招待対象に加えられた[4]

第1回の優勝馬・メアジードーツは、アメリカからやってきた成績の目立たない牝馬の上、当時のコースレコードを1秒更新したことから、日本の競馬関係者に「(日本馬は)永遠に勝てないのではないか」と思わせる衝撃を与えた。そうした懸念は極端なものであったが[26]、創設から1990年までの10年間は外国招待馬の8勝に対し、日本馬はカツラギエース(1984年)とシンボリルドルフ(1985年)の2勝にとどまり、外国招待馬の活躍が目立っていた[4][注 3]。しかし、その後は日本馬の活躍が目立つようになり、また外国招待馬の頭数も減った(後述)ことから、2004年から2013年までの10年間でみると外国招待馬は1勝、日本馬は9勝と完全に逆転した[4]。創設から2021年までの優勝は外国招待馬14勝、日本馬27勝である。

年表[編集]


歴代優勝馬[編集]

コース種別を記載していない距離は、芝コースを表す。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

外国馬の所属表記は、調教国の出典が示されているもののみ記載する。

施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主 単勝払戻金 単勝人気 1着本賞金 レースレーティング(IFHA)
第1回 1981年
11月22日
東京 2400m メアジードーツ 牝5 USA[29][30] 2:25.3 C.アスムッセン J.フルトン A.D.シェフラー 1120円 5 6500万円
第2回 1982年
11月28日
東京 2400m ハーフアイスト 牡3 USA[30] 2:27.1 D.マクベス S.ホッフ B.R.ファイアーストーン 3230円 6 7000万円
第3回 1983年
11月27日
東京 2400m スタネーラ 牝5 IRE[30] 2:27.6 B.ラウス F.ダン F.ダン 420円 3 7200万円
第4回 1984年
11月25日
東京 2400m カツラギエース 牡4 JRA[30] 2:26.3 西浦勝一 土門一美 野出一三 4060円 10 7500万円
第5回 1985年
11月24日
東京 2400m シンボリルドルフ 牡4 JRA[30] 2:28.8 岡部幸雄 野平祐二 シンボリ牧場 200円 1 7800万円
第6回 1986年
11月23日
東京 2400m ジュピターアイランド 牡7 GBR[30] 2:25.0 P.エデリー C.ブリテン タビストック侯爵 1490円 8 8000万円
第7回 1987年
11月29日
東京 2400m ルグロリュー 牡3 FRA[30] 2:24.9 A.ルクー R.コレ S.ウォルフ 860円 3 8500万円
第8回 1988年
11月27日
東京 2400m ペイザバトラー 牡4 USA[30] 2:25.5 C.マッキャロン R.フランケル エドムンド・ガン 1490円 9 9500万円
第9回 1989年
11月26日
東京 2400m ホーリックス 牝6 NZL[30][31] 2:22.2 L.オサリバン D.オサリバン G.W.ド・グルシー 1990円 9 1億300万円
第10回 1990年
11月25日
東京 2400m ベタールースンアップ 5 AUS[30] 2:23.2 M.クラーク D.ヘイズ G.ファラー 620円 2 1億1000万円
第11回 1991年
11月24日
東京 2400m ゴールデンフェザント 牡5 USA[30] 2:24.7 G.スティーヴンス C.ウィッティンガム B.マクノール 1820円 7 1億2000万円
第12回 1992年
11月29日
東京 2400m トウカイテイオー 牡4 JRA 2:24.6 岡部幸雄 松元省一 内村正則 1000円 5 1億3000万円
第13回 1993年
11月28日
東京 2400m レガシーワールド 騸4 JRA 2:24.4 河内洋 森秀行 (株)ホースタジマ 1250円 6 1億3000万円
第14回 1994年
11月27日
東京 2400m マーベラスクラウン 騸4 JRA 2:23.6 南井克巳 大沢真 笹原貞生 1060円 6 1億3000万円
第15回 1995年
11月26日
東京 2400m ランド 牡5 GER[32] 2:24.6 M.ロバーツ H.イエンチ イットリンゲン牧場 1450円 6 1億3200万円
第16回 1996年
11月24日
東京 2400m シングスピール 牡4 GBR[32] 2:23.8 L.デットーリ M.スタウト H.H.シェイク・モハメド 760円 4 1億3200万円
第17回 1997年
11月23日
東京 2400m ピルサドスキー 牡5 GBR[32] 2:25.8 M.キネーン M.スタウト ウェインストック卿 460円 3 1億3200万円
第18回 1998年
11月29日
東京 2400m エルコンドルパサー 牡3 JRA 2:25.9 蛯名正義 二ノ宮敬宇 渡邊隆 600円 3 1億3200万円
第19回 1999年
11月28日
東京 2400m スペシャルウィーク 牡4 JRA 2:25.5 武豊 白井寿昭 臼田浩義 340円 2 1億3200万円
第20回 2000年
11月26日
東京 2400m テイエムオペラオー 牡4 JRA 2:26.1 和田竜二 岩元市三 竹園正繼 150円 1 2億5000万円
第21回 2001年
11月25日
東京 2400m ジャングルポケット 牡3 JRA 2:23.8 O.ペリエ 渡辺栄 齊藤四方司 420円 2 2億5000万円
第22回 2002年
11月24日
中山 2200m ファルブラヴ 牡4 ITA[32] 2:12.2 L.デットーリ L.ダウリア スクデリーア・ランカティ 2050円 9 2億5000万円
第23回 2003年
11月30日
東京 2400m タップダンスシチー 牡6 JRA 2:28.7 佐藤哲三 佐々木晶三 (株)友駿ホースクラブ 1380円 4 2億5000万円
第24回 2004年
11月28日
東京 2400m ゼンノロブロイ 牡4 JRA 2:24.2 O.ペリエ 藤沢和雄 大迫忍 270円 1 2億5000万円
第25回 2005年
11月27日
東京 2400m アルカセット 牡5 GBR[32] 2:22.1 L.デットーリ L.クマーニ M.チャールトン 1060円 3 2億5000万円
第26回 2006年
11月26日
東京 2400m ディープインパクト 牡4 JRA 2:25.1 武豊 池江泰郎 金子真人ホールディングス(株) 130円 1 2億5000万円
第27回 2007年
11月25日
東京 2400m アドマイヤムーン 牡4 JRA 2:24.7 岩田康誠 松田博資 ダーレー・ジャパン・ファーム(有) 1090円 5 2億5000万円
第28回 2008年
11月30日
東京 2400m スクリーンヒーロー 牡4 JRA 2:25.5 M.デムーロ 鹿戸雄一 吉田照哉 4100円 9 2億5000万円
第29回 2009年
11月29日
東京 2400m ウオッカ 牝5 JRA 2:22.4 C.ルメール 角居勝彦 谷水雄三 360円 1 2億5000万円
第30回 2010年
11月28日
東京 2400m ローズキングダム[注 5] 牡3 JRA 2:25.2 武豊 橋口弘次郎 (有)サンデーレーシング 880円 4 2億5000万円 121.00[33]
第31回 2011年
11月27日
東京 2400m ブエナビスタ 牝5 JRA 2:24.2 岩田康誠 松田博資 (有)サンデーレーシング 340円 2 2億5000万円 120.75[33]
第32回 2012年
11月25日
東京 2400m ジェンティルドンナ 牝3 JRA 2:23.1 岩田康誠 石坂正 (有)サンデーレーシング 660円 3 2億5000万円 124.25[33]
第33回 2013年
11月24日
東京 2400m ジェンティルドンナ 牝4 JRA 2:26.1 R.ムーア 石坂正 (有)サンデーレーシング 210円 1 2億5000万円 119.25[34]
第34回 2014年
11月30日
東京 2400m エピファネイア 牡4 JRA 2:23.1 C.スミヨン 角居勝彦 (有)キャロットファーム 890円 4 2億5000万円 125.25[34]
第35回 2015年
11月29日
東京 2400m ショウナンパンドラ 牝4 JRA 2:24.7 池添謙一 高野友和 国本哲秀 920円 4 3億円 119.25[34]
第36回 2016年
11月27日
東京 2400m キタサンブラック 牡4 JRA 2:25.8 武豊 清水久詞 (有)大野商事 380円 1 3億円 119.50[注 6][35]
第37回 2017年
11月26日
東京 2400m シュヴァルグラン 牡5 JRA 2:23.7 H.ボウマン 友道康夫 佐々木主浩 1330円 5 3億円 121.25[注 7][36]
第38回 2018年
11月25日
東京 2400m アーモンドアイ 牝3 JRA 2:20.6 C.ルメール 国枝栄 (有)シルクレーシング 140円 1 3億円 122.50[注 8][37]
第39回 2019年
11月24日
東京 2400m スワーヴリチャード 牡5 JRA 2:25.9 O.マーフィー 庄野靖志 (株)NICKS 510円 3 3億円 118.00[注 9][38]
第40回 2020年
11月29日
東京 2400m アーモンドアイ 牝5 JRA 2:23.0 C.ルメール 国枝栄 (有)シルクレーシング 220円 1 3億円 124.50[注 10][39]
第41回 2021年
11月28日
東京 2400m コントレイル 牡4 JRA 2:24.7 福永祐一 矢作芳人 前田晋二 160円 1 3億円 121.25[注 11][40]

外国調教馬の成績[編集]

施行日 参戦馬名 英語表記 性齢 騎手名 管理調教師 出走時の主な勝ち鞍 単勝人気 着順 出典
第1回 1981年

11月22日

メアジードーツ Mairzy Doates 牝5 C.アスムッセン J.フルトン 5 1着
フロストキング英語版 Frost King 騸3 L.ダフィー B.マーコ 9 2着
ザベリワン英語版 The Very One 牝6 R.ミグリオーレ S.ディマウロ サンタバーバラH英語版 1 3着
ペティコート 牡5 W.シューメーカー R.フランケル 8 4着
オウンオピニオン Own Opinion 牡6 M.ジャグディッシュ A.B.デビデイアン 15 13着
ブライドルパース 牡5 P.J.スーター M.ベンソン 13 14着
ミスターマチョ 騸4 G.スターバウム L.N.アンダーソン 14 15着
第2回 1982年

11月28日

ハーフアイスト Half Iced 牡3 D.マクベス S.ホッフ 6 1着
オールアロング All Along 牝3 G.ムーア P.L.ビアンコーヌ ヴェルメイユ賞 3 2着
エイプリルラン英語版 April Run 牝4 C.アスムッセン F.ブータン ヴェルメイユ賞、ターフクラシック2回、ワシントンDC国際 2 3着
スタネーラ Stanerra 牝4 W.スウィンバーン F.ダン 9 4着
アイルオブマン英語版 Isle of Man 牡4 R.バンス G.ハンロン 5 7着
フロストキング Frost King 騸4 L.ダフィー B.マーコ 4 10着
スカウティングミラー 牡5 G.デットーリ L.カミーチ 14 12着
ジョンヘンリー John Henry 騸7 W.シューメーカー R.マッカナリー サンルイレイS2回、サンフアンカピストラーノHハリウッド招待H2回、オークツリー招待H3回、サンタアニタH2回、ジョッキークラブ金杯 1 13着
センチュリアス 牡4 M.J.キネーン L.ブラウン 13 14着
パゲーノ 牡3 M.ホーファー O.ラングネル 15 15着
第3回 1983年

11月27日

スタネーラ Stanerra 牝5 B.ラウス F.ダン ジョーマクグラス記念S 3 1着
エスプリデュノール Esprit du Nord 牡3 G.ムーア J.フェローズ 2 3着
ハーフアイスト Half Iced 牡4 E.メイプル S.ホッフ ジャパンカップ 7 4着
マクギンティ英語版 McGinty 牡4 R.バンス C.ジリングス 5 5着
チェリオルーフォ Celio Rufo 牡3 G.デットーリ L.カミーチ 12 8着
エリンズアイル英語版 Elins Isle 牡5 C.アスムッセン C.ウィッテンガム カリフォルニアンHサンセットH英語版、サンルイレイS、サンフアンカカピストラーノ招待H、ハリウッド招待H 4 9着
ハイホーク High Hawk 牝3 W.カーソン J.ダンロップ ローマ賞 1 13着
トンボス Tombos 牡5 G.ボッカイ H.イエンチ 11 14着
カナディアンファクター Canadian Factor 牡4 G.スターバウム P.イングランド 14 15着
第4回 1984年

11月25日

ベッドタイム Bedtime 騸4 W.カーソン W.ハーン 2 2着
マジェスティーズプリンス英語版 Majesty's Prince 牡5 D.マクベス J.キャンティー ロスマンズ国際S2回、マンノウォーS2回、ソードダンサーH 3 4着
ウイン英語版 Win 騸4 A.グレール S.ベイリー マンハッタンH 6 5着
キーウイ英語版 Kiwi 騸7 J.キャシディ E.ラプトン ウェリントンCメルボルンC 11 6着
ストロベリーロード Strawberry Road 牡5 L.ピゴット J.ニコルス ローズヒルギニーAJCダービークイーンズランドダービーフリーウェイSコックスプレートバーデン大賞 7 7着
バウンティーホーク Bounty Hawk 騸4 H.ホワイト J.カミングズ 8 8着
ウェルノール Welnor 牡3 C.アスムッセン G.ベネッティ 9 9着
エスプリデュノール Esprit du Nord 牡4 G.ムーア J.フェローズ オイロパ賞 5 11着
カイザーシュテルン Kaiserstern 牡6 E.アプター G.ラングネル 14 12着
バウンディングアウェイ Bounding Away 牝3 D.クラーク M.ベンソン 12 13着
第5回 1985年

11月24日

ザフィルバート The Filbert 騸5 G.フィリップス D.コーチマン 13 3着
アリダーズベスト Alydar's Best 牝3 W.カーソン J.ゴスデン 仏グランクリテリウム 5 4着
ドーン Daun 牡4 P.ギルソン T.グリーパー 9 5着
ナッシポア Nassipour 牡5 J.サミン S.ディマウロ 6 6着
ゴールドアンドアイボリー Gold and Ivory 牡4 P.エデリー I.ボールディング オイロパ賞、伊ジョッキークラブ大賞、バーデン大賞 2 8着
セントヒラリオン St. Hilarion 牡3 G.スターキー G.ハーウッド イタリア大賞英語版、伊ジョッキークラブ大賞 3 9着
ネメイン Nemain 牡3 C.ロシェ D.オブライエン 10 11着
バリトゥ Balitou 牡6 E.ルグリ P.ビアンコーヌ カドラン賞 8 13着
スピリットオブキングストン Spirit of Kingston 牝4 G.ウィレッツ R.ホイステッド 15 14着
第6回 1986年

11月23日

ジュピターアイランド Jupiter Island 牡7 P.J.エデリー C.E.ブリテン 8 1着
アレミロード Allez Milord 牡3 G.スターキー G.ハーウッド オイロパ賞 6 2着
ウェイバリースター英語版 Waverley Star 騸4 L.A.オサリバン D.J.オサリバン 富士S(OP) 2 5着
キャロティーン Carotene 牝3 R.プラッツ R.アトフィールド 9 9着
トリプティク Triptych 牝4 A.S.クルーズ P.L.ビアンコーヌ マルセルブサック賞愛2000ギニー英チャンピオンS 3 11着
フライングピジョン Flying Pidgeon 牡5 J.ベレス L.オリバレス 7 12着
トミーウェイ Tommy Way 牡3 W.H.カーソン J.L.ダンロップ 13 13着
第7回 1987年

11月29日

ルグロリュー Le Glorieux 牡3 A.ルクー R.コレ ベルリン大賞ワシントンDC国際 3 1着
サウスジェット Southjet 牡4 J-L.サミン S.A.ディマウロ ロスマンズ国際S 11 2着
トリプティク Triptych 牝5 A.S.クルーズ P.L.ビアンコーヌ マルセルブサック賞、愛2000ギニー、英チャンピオンS2回、ガネー賞コロネーションC英国際SフェニックスチャンピオンS、富士S(OP) 1 4着
ムーンマッドネス英語版 Moon Madness 牡4 P.J.エデリー J.L.ダンロップ 英セントレジャーサンクルー大賞 2 5着
イアデス Iades 牡5 F.トロ R.フランケル 6 6着
マウンテンキングダム Mountain Kingdom 牡3 S.コーセン C.E.ブリテン 4 7着
コックニーラス Cockney Lass 牝4 M.キネーン D.K.ウェルド 5 8着
アワウェイバリースター Our Waverley Star 騸5 M.ディットマン N.D.ランダース 富士S(OP)、チッピングノートンステークス 8 9着
アカビール Akabir 牡6 J.ベイリー T.J.スキフィントン 13 中止
第8回 1988年

11月27日

ペイザバトラー Pay the Butler 牡4 C.マッキャロン R.フランケル 9 1着
マイビッグボーイ My Big Boy 騸5 R.ロメロ C.マゴーイ 4 4着
トニービン Tony Bin 牡5 J.リード L.カミーチ イタリア共和国大統領賞2回、ミラノ大賞2回、伊ジョッキークラブ大賞、凱旋門賞 2 5着
ムーンマッドネス Moon Madness 牡5 P.J.エデリー J.L.ダンロップ 英セントレジャー、サンクルー大賞 10 6着
ボーンクラッシャー Bonecrusher 騸6 G.スチュワート F.リッチ ベイヤークラシックNZダービーエアニュージーランドS2回、タンクレッドSAJCダービーアンダーウッドSコーフィールドS、コックスプレート、オーストラリアンC 5 8着
セーラムドライブ Salem Drive 牡6 C.M.アントレー R.ランディ 富士S(OP) 8 9着
コンドル Kondor 牡4 P.レンメルト H.ボロー 6 13着
シェイディハイツ Shady Heights 牡4 柴田政人 R.アームストロング 英国際S 7 14着
スカイチェイス Sky Chase 牡4 J.マーシャル J.カミングス 英シャンペンS、ローズヒルギニー、コーフィールドS 取消
アワーズアフター Hours After 牡3 G.モッセ P.L.ビアンコーヌ 仏ダービー 取消
第9回 1989年

11月26日

ホーリックス Horlicks 牝6 L.A.オサリバン D.J.オサリバン TVニュージランドSDBドラフトクラシック英語版マッキノンS 9 1着
ペイザバトラー Pay the Butler 牡5 C.マッキャロン R.フランケル ジャパンカップ 6 3着
ホークスター Hawkster 牡3 R.ベイズ R.マッカナリー ノーフォークSセクレタリアトS、オークツリー招待H 3 5着
イブンベイ Ibn Bey 牡5 R.クィン P.コール イタリア大賞、オイロパ賞 4 6着
トップサンライズ Top Sunrise 牡4 F.ヘッド A.ファーブル 10 10着
アサティス Assatis 牡4 R.コクレーン G.ハーウッド 伊ジョッキークラブ大賞 5 12着
キャロルハウス Carroll House 牡4 M.J.キネーン M.ジャービス バーデン大賞、フェニックスチャンピオンS、凱旋門賞 7 14着
第10回 1990年

11月25日

ベタールースンアップ Better Loosen Up 騸5 M.A.クラーク D.ヘイズ ホンダSウィンフィールドS豪レイルウェイSセジェンホーS、コックスプレート、マッキノンS 2 1着
オード Ode 牝4 D.ブフ E.ルルーシュ 9 2着
カコイーシーズ Cacoethes 牡4 R.コクレーン G.ハーウッド ターフクラシックS 3 3着
アルワウーシュ Alwuhush 牡5 J.サントス A.ペンナ イタリア共和国大統領賞、ミラノ大賞、カールトンFバークH 7 5着
ベルメッツ Belmez 牡3 S.コーゼン H.セシル KGⅥ&QEDS 1 7着
イブンベイ Ibn Bey 牡6 河津裕昭 P.コール イタリア大賞、オイロパ賞、ベルリン銀行大賞、愛セントレジャー 11 8着
フレンチグローリー French Glory 牡4 P.J.エデリー A.ファーブル ロスマンズ国際S 13 9着
スタイリッシュセンチュリー Stylish Century 牡4 K.J.モーゼス F.W.ミッチェル スプリングチャンピオンSヴィクトリアダービー 12 10着
プティットイル Petite Ile 牝4 C.ブラック E.グレグソン 愛セントレジャー 6 12着
ファントムブリーズ Phantom Breeze 牡4 J.クローン W.モット 14 14着
第11回 1991年

11月24日

ゴールデンフェザント Golden Pheasant 牡5 G.スティーヴンス C.ウィッテンガム アーリントンミリオン 7 1着
マジックナイト Magic Night 牝3 A.バデル P.ドゥメルキャステル ヴェルメイユ賞 2 2着
シャフツベリーアヴェニュー英語版 Shaftesbury Avenue 騸5 D.W.ガウチ J.カミングズ ジョージメインS、ホンダS、ライトニングSニューマーケットHオールエイジドS、コーフィールドS 6 3着
ラフハビット Rough Habit 騸5 J.キャシディ J.ウィーラー クイーンズランドダービー、ストラドブロークHドゥームベンC 8 5着
ワジド Wajd 牝4 T.ジャルネ A.ファーブル 10 6着
ロックホッパー Rock Hopper 牡4 P.J.エデリー M.スタウト 4 7着
ドラムタップス英語版 Drum Taps 牡5 L.デットーリ ハンティンドン卿 3 11着
テリモン Terimon 牡5 M.ロバーツ C.E.ブリテン 英国際S 5 12着
スプラッシュオブカラー Splash of Colour 牡4 F.ヘッド N.クレマン 13 13着
第12回 1992年

11月29日

ナチュラリズム英語版 Naturalism 牡4 L.ディットマン D.L.フリードマン ローズヒルギニー、AJCダービー 2 2着 [41]
ディアドクター Dear Doctor 牡5 C.アスムッセン J.ハモンド アーリントンミリオン 4 3着
ユーザーフレンドリー User Friendly 牝3 G.ダフィールド C.E.ブリテン 英オークス愛オークスヨークシャーオークス、英セントレジャー 1 6着
レッツイロープ英語版 Let's Elope 牝5 D.ビードマン J.カミングス コーフィールドC、マッキノンS、メルボルンC、オーストラリアンC 3 7着
ドクターデヴィアス Dr. Devious 牡3 C.マッキャロン P.チャプルハイアム デューハーストS英ダービー愛チャンピオンS 7 10着
クエストフォーフェイム英語版 Quest for Fame 牡5 P.J.エデリー R.フランケル 英ダービー、ハリウッドターフH 6 11着
ヴェールタマンド英語版 Vert Amande 牡4 D.ブフ E.ルルーシュ 9 13着
第13回 1993年

11月28日

コタシャーン Kotashaan 牡5 K.デザーモ R.マンデラ サンルイレイS、サンフアンカピストラーノH、エディーリードHオークツリー招待SBCターフ 1 2着 [42]
プラティニ Platini 牡4 M.リマー B.シュッツ メルクフィンク銀行賞、ミラノ大賞 14 4着
スターオブコジーン Star of Cozzene 牡5 J.サントス M.ヘニグ アーリントンミリオン、マンノウォーS 3 5着
ミシル Misil 牡5 C.アスムッセン V.カルーソ 12 6着
アーバンシー Urban Sea 牝4 E.サンマルタン J.レボルド 凱旋門賞 10 8着
ナチュラリズム Naturalism 牡5 D.オリヴァー L.フリードマン ローズヒルギニー、AJCダービー、コーフィールドS 5 9着
ルアズー Luazur 牡4 G.スティーヴンス R.フランケル 9 11着
ザファントムチャンス英語版 The Phantom Chance 騸4 R.バンス C.ジリングス NZダービー、NZ国際S、コックスプレート 8 12着
ホワイトマズル White Muzzle 牡3 J.リード P.チャプルハイアム 伊ダービー 2 13着
第14回 1994年

11月27日

パラダイスクリーク Paradise Creek 牡5 P.デイ W.モット ハリウッドダービー、ETマンハッタンH、アーリントンミリオン、ワシントンDC国際 2 2着 [43]
エルナンド Hernando 牡4 C.アスムッセン F.ブータン リュパン賞、仏ダービー 4 4着
サンドピット英語版 Sandpit 牡5 C.S.ナカタニ R.マンデラ Linneo de Paula Machado大賞、Cruzeiro do Sul大賞、Francisco Eduardo de Paula Machado大賞、ABCPCC Matias Machline大賞、オークツリー招待S 1 5着
ジューン Jeune 牡5 W.ハリス D.ヘイズ 5 6着
ラフハビット Rough Habit 騸8 J.キャシディ J.ウィーラー クイーンズランドダービー、ストラドブロークH2回、ドゥームベンC3回、キャプテンクックSクイーンエリザベスS、オールエイジドS2回、コーフィールドS 12 7着
グランドフロティラ Grand Flotilla 牡7 C.ブラック J.サハディ 10 8着
フレイズ Fraise 牡6 武豊 W.モット 9 10着
ヨハンクアッツ Johann Quatz 牡5 A.ソリス R.マッカナリー 13 12着
レイントラップ Raintrap 牡4 P.J.エデリー R.フランケル 7 13着
アップルツリー Apple Tree 牡5 T.ジャルネ A.ファーブル 3 14着
第15回 1995年

11月26日

ランド Lando 牡5 M.ロバーツ H.イエンチ 独ダービー、バーデン大賞2回、ジョッキークラブ大賞、ミラノ大賞、メルクフィンク銀行賞 6 1着 [44]
エルナンド Hernando 牡5 C.アスムッセン J.ハモンド リュパン賞、仏ダービー 7 3着
アワッド Awad 牡5 E.メイプル D.ドンク セクレタリアトS、ETマンハッタンS、アーリントンミリオン 5 5着
サンドピット Sandpit 牡6 C.ナカタニ R.マンデラ Linneo de Paula Machado大賞、Cruzeiro do Sul大賞、Francisco Eduardo de Paula Machado大賞、ABCPCC Matias Machline大賞、オークツリー招待S、サンルイレイS、シーザーズ国際H英語版 3 8着
デーンウイン Danewin 牡4 C.ツェ R.トムセン 9 9着
ピュアグレイン Pure Grain 牝3 J.リード M.スタウト 10 10着
カーリング Carling 牝3 T.テュリエ C.バルブ 14 11着
ストーニーベイ Stony Bay 騸5 R.ダイ G.ウォーターハウス 12 14着
タークパサー Turk Passer 騸4 J.ヴェラスケス F.シュルホファー 取消
第16回 1996年

11月24日

シングスピール Singspiel 牡4 L.デットーリ M.スタウト カナディアン国際S 4 1着 [45]
ストラテジックチョイス英語版 Strategic Choice 牡5 T.クィン P.コール 愛セントレジャー、ミラノ大賞 10 3着
エリシオ Helissio 牡3 O.ペリエ E.ルルーシュ リュパン賞、サンクルー大賞、凱旋門賞 1 3着
アワッド Awad 牡6 C.マッキャロン D.ドンク セクレタリアトS、ETマンハッタンS、アーリントンミリオン 8 5着
ペンタイア Pentire 牡4 M.ヒルズ G.ラッグ 愛チャンピオンS、KGⅥ&QEDS 3 8着
フラッグダウン Flag Down 牡6 J.サントス C.クレメント 13 9着
セイントリー Saintly 騸4 D.ビードマン B.カミングス 取消
第17回 1997年

11月23日

ピルサドスキー Pilsudski 牡5 M.キネーン M.スタウト バーデン大賞、BCターフ、エクリプスS、愛チャンピオンS、英チャンピオンS 3 1着 [46]
カイタノ Caitano 牡3 A.シュタルケ B.シュッツ アラルポカル、伊ジョッキークラブ大賞 6 4着
アスタラバド Astarabad 牡3 G.モッセ A.ドロワイエデュプレ 7 6着
オスカーシンドラー英語版 Oscar Schindler 牡5 C.アスムッセン K.プレンダガスト 愛セントレジャー2回 5 8着
モンズ Mons 牡4 J.リード L.クマーニ 10 10着
エボニーグローブ Ebony Grosve 牡4 R.ダイ G.ロジャーソン 9 12着
第18回 1998年

11月29日

チーフベアハート Chief Bearhart 牡5 J.A.サントス M.R.フロスタッド ブリーダーズステークス、カナディアン国際S、BCターフ、マンハッタンH、ナイアガラBCH 4 4着 [47]
マックスジーン Maxzene 牝5 C.アスムッセン T.スキフィントン 9 5着
フェイスフルサン Faithful Son 騸4 L.デットーリ S.ビンスルール 8 7着
カイタノ Caitano 牡4 O.ペリエ A.シュッツ アラルポカル、伊ジョッキークラブ大賞 7 11着
ウンガロ Ungaro 牡4 T.ヘリヤー H.ブルーメ 11 12着
ルソー Luso 牡6 M.キネーン C.E.ブリテン 10 15着
第19回 1999年

11月28日

インディジェナス Indigenous 騸6 D.ホワイト I.アラン 香港チャンピオンズ&チャターカップ2回、香港金杯2回、香港ヴァーズ 12 2着 [48]
ハイライズ High-Rise 牡4 L.デットーリ S.ビンスルール 英ダービー 7 3着
モンジュー Montjeu 牡3 M.キネーン J.ハモンド 仏ダービー、愛ダービー、凱旋門賞 1 4着
ボルジア Borgia 牝5 O.ペリエ A.ファーブル 独ダービー、バーデン大賞 6 8着
フルーツオブラヴ Fruits of Love 牡4 M.ロバーツ M.ジョンストン 9 9着
タイガーヒル Tiger Hill 牡4 T.ヘリヤー P.シールゲン 3 10着
アルボラーダ Alborada 牝4 G.ダフィールド M.プレスコット 取消
第20回 2000年

11月26日

ファンタスティックライト Fantastic Light 牡4 L.デットーリ S.ビン・スルール マンノウォーS 2 3着 [49]
エラアシーナ    Ela Athena 牝4 O.ペリエ M.ジャービス 7 4着
レーヴドスカー   Reve d'Oscar 牝3 G.モッセ M.ボラックバデル サンタラリ賞 9 7着
ジョンズコール   John's Call 騸9 J.サミン T.ヴォス ソードダンサー招待H、ターフクラシック招待S 6 9着
ゴールデンスネイク Golden Snake 牡4 P.エデリー J.ダンロップ ジャンプラ賞、オイロパ賞、伊ジョッキークラブ大賞 10 10着
ティンボロア    Timboroa 牡4 D.フローレス R.フランケル イタリア共和国大統領賞 14 11着
フルーツオブラヴ  Fruits of Love 牡5 M.ロバーツ M.ジョンストン 12 12着
第21回 2001年

11月25日

ゴーラン     Golan 牡3 J.ムルタ M.スタウト 英2000ギニー 8 6着 [50]
インディジェナス Indigenous 騸8 W.マーウィング I.アラン 香港チャンピオンズ&チャターカップ2回、香港金杯2回、香港ヴァーズ 13 7着
ホワイトハート  White Heart 騸6 G.スティーヴンス N.ドライスデール チャールズウィッティンガムH、ターフクラシックS 12 8着
ウイズアンティシペイション With Anticipation 騸6 蛯名正義 J.シェパード ソードダンサー招待H、マンノウォーS 7 9着
キャグニー    Cagney 牡4 M.スミス R.マンデラ 9 12着
パオリニ Paolini 牡4 A.スボリクス A.ヴェーラー イタリア共和国大統領賞、ミラノ大賞 6 13着
ティンボロア   Timboroa 牡5 J.ベイリー R.フランケル イタリア共和国大統領賞、ターフクラシック招待S 10 15着
第22回 2002年

11月24日

ファルブラヴ Falbrav 牡4 L.デットーリ L.ダウリア イタリア共和国大統領賞、ミラノ大賞 9 1着 [51]
サラファン Sarafan 騸5 C.ナカタニ N.ドライスデール エディーリードH 11 2着
インディジェナス Indigenous 騸9 E.サンマルタン I.アラン 香港チャンピオンズ&チャターカップ2回、香港金杯2回、香港ヴァーズ 16 6着
ゴーラン    Golan 牡4 K.ファロン M.スタウト 英2000ギニー、KGⅥ&QEDS 6 7着
イリジスティブルジュエル Irresistible Jewel 牝3 P.スマレン D.ウェルド 13 11着
ブライトスカイ英語版 Bright Sky 牝3 T.テュリエ E.ルルーシュ 5 13着
ストーミングホーム Storming Home 牡4 M.ヒルズ B.ヒルズ 12 15着
第23回 2003年

11月30日

タイガーテイル   Tigertail 牝4 T.ジレ R.コレ 14 6着 [52]
アンジュガブリエル Ange Gabriel 牡5 T.ジャルネ E.リボー サンクルー大賞2回、香港ヴァーズ 3 7着
デノン Denon 牡5 C.ナカタニ R.フランケル ハリウッドダービー、チャールズウィッティンガムH、ターフクラシック招待S、マンハッタンH 7 8着
イズリントン英語版 Islington 牝4 K.ファロン M.スタウト ナッソーS、ヨークシャーオークス2回、BCフィリー&メアターフ 8 9着
アナマリー     Ana Marie 牝4 C.ルメール P.ドゥメルキャステル 17 12着
スルーヴァレイ   Slew Valley 牡6 J.シャヴェス G.シアカ 16 13着
ジョハー英語版     Johar 牡4 A.ソリス R.マンデラ BCターフ 6 16着
サラファン     Sarafan 騸6 V.エスピノーザ N.ドライスデール エディーリードH 13 17着
フィールズオブオマー英語版 Fields of Omagh 騸6 S.キング T.マカヴォイ コックスプレート 11 18着
第24回 2004年

11月28日

ポリシーメイカー Policy Maker 牡4 S.パスキエ E.ルルーシュ 14 4着 [53]
フェニックスリーチ英語版 Phoenix Reach 牡4 M.ドワイヤー A.ボールディング カナディアン国際S 12 6着
リュヌドール Lune d'Or 牝3 T.ジャルネ R.ギブソン リディアテシオ賞 10 7着
パワーズコート英語版 Powerscourt 牡4 J.スペンサー A.オブライエン タタソールズ金杯 8 10着
ウォーサン英語版 Warrsan 牡6 K.ファロン C.E.ブリテン コロネーションC2回、バーデン大賞 9 15着
第25回 2005年

11月27日

アルカセット Alkaased 牡5 L.デットーリ L.クマーニ サンクルー大賞 3 1着 [54]
ウィジャボード Ouija Board 牝4 K.ファロン E.ダンロップ 英オークス、愛オークス、BCフィリー&メアターフ 5 5着
バゴ Bago 牡4 T.ジレ J.ピース クリテリウム国際、ジャンプラ賞、パリ大賞典、凱旋門賞、ガネー賞 6 8着
ベタートークナウ英語版 Better Talk Now 騸6 R.ドミンゲス G.モーション ソードダンサー招待H、BCターフ、ユナイテッドネイションズS、マンノウォーS 11 12着
ウォーサン Warrsan 牡7 J.スペンサー C.ブリテン コロネーションC2回、バーデン大賞2回 16 13着
キングスドラマ King's Drama 騸5 E.プラード R.フランケル ソードダンサー招待S 13 16着
第26回 2006年

11月26日

ウィジャボード Ouija Board 牝5 L.デットーリ E.ダンロップ 英オークス、愛オークス、BCフィリー&メアターフ2回、香港ヴァーズ、プリンスオブウェールズS、ナッソーS 3 3着 [55]
フリードニア Freedonia 牝4 T.ジレ J.ハモンド 9 7着
第27回 2007年

11月25日

ペイパルブル Papal Bull 牡4 R.ムーア M.スタウト 9 7着 [56]
アルティストロワイヤル Artiste Royal 牡6 J.タラモ N.ドライスデール CLハーシュ記念ターフ選手権S 7 8着
サデックス Saddex 牡4 T.ムンドリー P.ラウ ラインラントポカル 11 11着
ハリカナサス Halicarnassus 牡3 D.ホランド M.R.シャノン 15 17着
第28回 2008年

11月30日

パープルムーン Purple Moon 騸5 J.スペンサー L.クマーニ 11 9着 [57]
シックスティーズアイコン英語版 Sixties Icon 牡5 J.ムルタ J.ノスィーダ 英セントレジャー 10 13着
ペイパルブル Papal Bull 牡5 R.ムーア M.スタウト 7 14着
マーシュサイド Marsh Side 牡5 J.カステリャーノ N.ドライスデール カナディアン国際S 取消
第29回 2009年

11月29日

コンデュイット Conduit 牡4 R.ムーア M.スタウト 英セントレジャー、BCターフ2回、KGⅥ&QES、 3 4着 [58]
ジャストアズウェル Just as Well 牡6 J.ルパルー J.シェパード 12 7着
シンティロ Scintillo 牡4 G.モッセ R.ハノン 伊グランクリテリウム 15 11着
インターパテイション Interpatation 騸7 D.コーエン R.バーバラ JHターフクラシック招待S 14 14着
マーシュサイド Marsh Side 牡6 J.カステリャーノ N.ドライスデール カナディアン国際S、ノーザンダンサーターフS 8 17着
第30回 2010年

11月28日

シリュスデゼーグル Cirrus des Aigles 騸4 F.ブロンデル C.バランドバルブ 16 9着 [59]
ジョシュアツリー英語版 Joshua Tree 牡3 C.オドノヒュー A.オブライエン カナディアン国際S 9 10着
ダンディーノ Dandino 牡3 P.マルレナン J.ギヴン 18 11着
モアズウェルズ Mores Wells 牡6 S.マイヨ R.ギブソン 15 13着
ティモス Timos 牡5 O.ペリエ T.ドゥーメン 17 15着
ヴォワライシ Voila Ici 牡5 M.デムーロ V.カルーソ ローマ賞 12 16着
マリヌス Marinous 牡4 D.ボニヤ F.ヘッド 13 17着
フィフティープルー Fifty Proof 騸4 J.スタイン I.ブラック 14 18着
第31回 2011年

11月27日

デインドリーム Danedream 牝3 A.シュタルケ P.シールゲン ベルリン大賞、バーデン大賞、凱旋門賞 1 6着 [60]
シャレータ Shareta 牝3 C.ルメール A.ドゥロワイエデュプレ 10 7着
サラリンクス Sarah Lynx 牝4 C.スミヨン J.ハモンド カナディアン国際S 13 12着
ミッションアプルーヴド Mission Approved 牡7 J.エスピノーザ N.チャタポール マンハッタンH 15 14着
第32回 2012年

11月25日

レッドカドー Red Cadeaux 騸6 G.モッセ E.ダンロップ 13 8着 [61]
ジャッカルベリー Jakkalberry 牡6 C.オドノヒュー M.ボッティ ミラノ大賞 15 11着
マウントアトス Mount Athos 騸5 R.ムーア L.クマーニ 12 12着
ソレミア Solemia 牝4 O.ペリエ C.ラフォンパリアス 凱旋門賞 7 13着
スリプトラ Sri Putra 牡6 N.カラン R.ヴェリアン 16 17着
第33回 2013年

11月24日

ドゥーナデン Dunaden 牡7 J.スペンサー M.デルザングル メルボルンC、香港ヴァーズ、コーフィールドC 13 5着 [62]
シメノン Simenon 騸4 R.ヒューズ W.マリンズ 15 13着
ジョシュアツリー Joshua Tree 牡6 J.ムルタ E.ダンロップ カナディアン国際S3回 12 17着
第34回 2014年

11月30日

アイヴァンホウ Ivanhowe 牡4 F.ミナリク J.カルヴァロ バーデン大賞、バイエルン大賞 12 6着 [63]
アップウィズザバーズ Up With the Birds 牡4 E.ダシルヴァ M.ピアース ジャマイカH 15 16着
トレーディングレザー英語版 Trading Leather 牡4 K.マニング J.ボルジャー 愛ダービー 11 中止
第35回 2015年

11月29日

イラプト Erupt 牡3 S.パスキエ F.グラファール パリ大賞典 6 6着 [64]
ナイトフラワー Nightflower 牝3 A.シュタルケ P.シールゲン オイロパ賞 9 11着
トリップトゥパリス Trip to Paris 騸4 T.ベリー E.ダンロップ アスコット金杯 11 14着
イトウ Ito 牡4 F.ミナリク J.カルヴァロ バイエルン大賞 8 18着
第36回 2016年

11月27日

イキートス Iquitos 牡4 I.ファーガソン H.グリューシェル バーデン大賞 16 7着 [65]
ナイトフラワー Nightflower 牝4 A.シュタルケ P.シールゲン オイロパ賞2回 9 12着
イラプト Erupt 牡4 P.ブドー F.グラファール パリ大賞典、カナディアン国際S 10 14着
第37回 2017年

11月26日

アイダホ英語版 Idaho 牡4 R.ムーア A.オブライエン 10 5着 [66]
ギニョール Guignol 牡5 F.ミナリク J.カルヴァロ バイエルン大賞2回、バーデン大賞 9 9着
ブームタイム Boom Time 牡6 C.パリッシュ D.ヘイズ コーフィールドC 16 12着
イキートス Iquitos 牡5 D.ポルク H.グリューシェル バーデン大賞、ダルマイヤー大賞 13 15着
第38回 2018年

11月25日

サンダリングブルー Thundering Blue 騸5 F.ベリー D.ムニュイジエ 7 10着 [67]
カプリ Capri 牡4 R.ムーア A.オブライエン 愛ダービー、英セントレジャー 6 11着
第40回 2020年

11月29日

ウェイトゥパリス Way to Paris 牡7 M.デムーロ A.マルチアリス サンクルー大賞 9 10着 [68]
第41回 2021年

11月28日

グランドグローリー Grand Glory 牝5 C.デムーロ G.ビエトリーニ ジャンロマネ賞 8 5着 [69]
ジャパン Japan 牡5 武豊 A.オブライエン パリ大賞典、英国際S 9 8着
ブルーム Broome 牡5 R.ムーア A.オブライエン サンクルー大賞 6 11着

ジャパンカップの記録[編集]

特設されたロンジンのタイマーによる2018年の勝ちタイム表示。
  • レースレコード - 2分20秒6(第38回優勝馬アーモンドアイ)[4] 
  • 最多勝利 - 2勝 ジェンティルドンナ(第32回・第33回)、アーモンドアイ(第38回第40回

外国馬の参戦について[編集]

ジャパンカップを含む一連のジャパン・オータムインターナショナルシリーズの直後に、香港国際競走が行われ、そちらへ外国調教馬の参戦が多くなりつつあり、実際ジャパンカップは2019年の開催で外国馬の参加が一頭もないという異常事態となったことを踏まえ、2021年6月28日に日本中央競馬会関西定例会見(大阪市)の席で、「これまで、外国馬の関係者からは、帯同馬を連れていきたいが、走るレースがないと聞いたことがあったのです。今はジャパンカップの前日(平年の第5回東京競馬第7日)に「キャピタルステークス」がありますが、今年(2021年)から、外国馬の大量参戦を促すために、ジャパンカップが開催される週に、賞金条件戦クラスで国際競走を新設する」ことを目指すと、国際・競走担当理事の臼田雅弘が明かした[70]

そして2021年8月1日に発表された「令和3年度秋季競馬番組」[71]において、調教などで帯同する予定の馬の出走機会を拡大しつつ、ジャパンカップに出走を予定する外国馬がジャパンカップに出走しやすい環境を提供することを目指し、次の競走を国際競走に指定することになった。

競走名 施行競馬場 開催日・競走番号 出走条件 距離
(一般競走) 東京競馬場 第5回東京競馬第7日第8競走 3歳以上・2勝馬クラス[注 12] ダート1400m
シャングリラステークス 第5回東京競馬第7日第10競走 3歳以上・3勝馬クラス[注 13]
オリエンタル賞 第5回東京競馬第8日第9競走 3歳以上・2勝馬クラス[注 12] 芝2000m
ウェルカムステークス 第5回東京競馬第8日第11競走[注 14] 3歳以上・3勝馬クラス[注 13]

さらに、外国馬はこれまで、競馬学校白井市)か、三木ホースランドパーク三木市)の国際厩舎で原則1週間程度の検疫を受けなければならなかったが、より一層の外国馬の参戦を促す観点から、東京競馬場内馬場内に、国際厩舎の建設を行うことになった。これは諸外国においてはレースが開催される競馬場内での検疫が行われるのが通例であり、その流れを受けてのものである。2022年5月末に完成し、秋競馬には運用できる予定である。これにより、外国馬は国際厩舎6棟・最大12頭が検疫を受けながら、競馬場で直接調整できるようになるという[72]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 中山大障害有馬記念ホープフルステークスが行われる節。但し有馬記念は創設以来、中山競馬場の大規模改築による代替をできるだけ避ける観点から、東京競馬場など他場での代替をされたことは一度もない。
  2. ^ 地方競馬で施行する競走では、JBCクラシック(JpnI)と、東京大賞典(GI)の1着賞金8000万円が最高額[18][19]
  3. ^ 第3回から第9回までは複勝圏(3着以内)には必ず来ている。
  4. ^ 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。国際的にはリステッド競走扱い。
  5. ^ 第30回はブエナビスタが1位で入線したが最後の直線で2位入線のローズキングダムの進路を妨害したとして、審議の結果2着に降着処分を受け、ローズキングダムが繰り上がりで優勝となった(参考:ブエナビスタの走破タイム 2:24.9)。
  6. ^ 世界28位タイ、日本6位
  7. ^ 世界12位タイ、日本1位タイ
  8. ^ 世界7位、日本1位
  9. ^ 世界46位、日本7位
  10. ^ 世界3位、日本1位
  11. ^ 世界12位タイ、日本4位
  12. ^ a b 旧1000万円以下クラス
  13. ^ a b 旧1600万円以下=準オープンクラス
  14. ^ メイン競走の「ジャパンカップ」は第12競走で施行。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 令和3年第5回東京競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2021年10月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e 令和3年度重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 43. 2021年10月30日閲覧。
  3. ^ 日刊競馬で振り返るGI(第5回ジャパンカップ) - 日刊競馬新聞社、2015年2月13日閲覧
  4. ^ a b c d e f g h i j 今週の注目レース(レースについて:ジャパンカップ)”. 日本中央競馬会. 2015年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月21日閲覧。
  5. ^ 「サークルだより『障害100勝騎手を表彰』」『優駿』、日本中央競馬会、1982年2月、 84頁。
  6. ^ 2011年度開催日割および重賞競走について”. 日本中央競馬会 (2010年10月18日). 2010年10月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月30日閲覧。
  7. ^ a b ロンジン、公式計時としてジャパンカップをサポート - Gressive、2019年11月18日閲覧
  8. ^ 競走成績 2004年5回東京8日( 11月 28日) 11R 第24回 ジャパンカップ(GI)
  9. ^ INTERNATIONAL GRADING AND RACE PLANNING ADVISORY COMMITTEE "INTERNATIONAL CATALOGUING STANDARDS and INTERNATIONAL STATISTICS 2014" (PDF)” (英語). The Jockey Club Information Systems, Inc.. 2015年3月7日閲覧。
  10. ^ JRAニュース『世界のトップ100 GⅠレースがIFHAから発表!』
  11. ^ JRAニュース『世界のトップ100 GⅠレースがIFHAから発表!』
  12. ^ International Federation of Horseracing Authorities”. www.ifhaonline.org. 2021年1月26日閲覧。
  13. ^ https://jra.jp/news/202201/012605.html
  14. ^ 【ジャパンカップ(GI)】特別登録日本馬のレーティング順位”. 日本中央競馬会. 2021年10月30日閲覧。
  15. ^ a b 競馬番組一般事項 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2021年). 2021年10月30日閲覧。
  16. ^ ジャパンカップへの優先出走について”. JRAニュース. 日本中央競馬会. 2008年11月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月7日閲覧。
  17. ^ 令和3年度重賞競走一覧 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2021年10月30日閲覧。
  18. ^ ダート交流重賞競走一覧”. 地方競馬全国協会. 2021年10月30日閲覧。
  19. ^ JBC実施要綱等 JBC特設サイト2021”. 地方競馬全国協会. 2021年10月30日閲覧。
  20. ^ 有馬記念・ジャパンCの1着賞金4億円に JRA、22年から(日経電子版)
  21. ^ 同一年度に本会が定める競走に優勝した馬に対する褒賞金交付基準 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2017年1月1日). 2021年10月30日閲覧。
  22. ^ 交付対象競走、指定外国競走、交付対象馬及び褒賞金の額 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2021年10月30日閲覧。
  23. ^ 2015年ドバイワールドカップカーニバルプログラム”. ドバイ競馬クラブ. 2015年4月29日閲覧。
  24. ^ a b 「レーシングプログラム」(日本中央競馬会) 2006年11月26日
  25. ^ 優駿』1970年10月号、日本中央競馬会、 49頁。
  26. ^ 韓国馬が地元G1で日本馬にボロ負けする理由”. 東洋経済オンライン (2018年11月25日). 2019年1月14日閲覧。
  27. ^ 「ディープインパクトメモリアルデー」の実施について”. 日本中央競馬会 (2019年10月21日). 2019年10月23日閲覧。
  28. ^ 島田明宏 熱視点(外国馬ゼロのジャパンカップについて) - netkeiba.com、2019年11月14日配信、2019年11月18日閲覧
  29. ^ 思い出の名レース(No.10:昭和56年・第1回ジャパンカップ)”. 日本中央競馬会. 2015年4月14日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j k 中央競馬ピーアール・センター 『参加国別成績』〈ジャパンカップのあゆみ〉1992年、188頁。 
  31. ^ 競馬コラム(平成元年・第9回ジャパンカップ) - 日本中央競馬会、2015年4月14日閲覧
  32. ^ a b c d e “ジャパンC出走の外国馬、どの国が強い?”. 日刊スポーツ. (2008年11月26日). http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20081126-433755.html 2015年4月25日閲覧。 
  33. ^ a b c THE WORLD'S TOP 50 GROUP/GRADE ONE RACES (PDF)”. 2013年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月9日閲覧。
  34. ^ a b c THE WORLD'S GROUP/GRADE ONE RACES for 3yo's and upwards (PDF)”. 2016年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月9日閲覧。
  35. ^ THE WORLD'S TOP 100 GROUP/GRADE ONE RACES for 3yo's and upwards - 2016 (PDF)”. 2018年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月9日閲覧。
  36. ^ THE WORLD'S TOP 100 GROUP/GRADE ONE RACES for 3yo's and upwards ‐ 2017 (PDF)”. 2018年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月9日閲覧。
  37. ^ The LONGINES World's Top 100 Group/Grade 1 Races for 3yos and upwards - 2018”. 2022年3月9日閲覧。
  38. ^ THE WORLD'S TOP 100 GROUP/GRADE ONE RACES for 3yo's and upwards ‐ 2019 (PDF)”. 2022年3月9日閲覧。
  39. ^ The LONGINES World's Top 100 Group/Grade 1 Races for 3yos and upwards - 2020”. 2022年3月9日閲覧。
  40. ^ The LONGINES World's Top 100 Group/Grade 1 Races for 3yos and upwards - 2021”. www.ifhaonline.org. 2022年3月9日閲覧。
  41. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 29 November 1992 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  42. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 28 November 1993 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  43. ^ Full Result 1.01 Tokyo (JPN) | 27 November 1994 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  44. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 26 November 1995 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  45. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 24 November 1996 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  46. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 23 November 1997 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  47. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 29 November 1998 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  48. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 28 November 1999 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  49. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 26 November 2000 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  50. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 25 November 2001 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  51. ^ Full Result 6.25 Nakayama (JPN) | 24 November 2002 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  52. ^ Full Result 6.25 Tokyo (JPN) | 30 November 2003 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  53. ^ Full Result 6.45 Tokyo (JPN) | 28 November 2004 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  54. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 27 November 2005 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  55. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 26 November 2006 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  56. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 25 November 2007 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  57. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 30 November 2008 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  58. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 29 November 2009 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  59. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 28 November 2010 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  60. ^ Full Result 6.20 Tokyo (JPN) | 27 November 2011 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  61. ^ Full Result 6.40 Tokyo (JPN) | 25 November 2012 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  62. ^ Full Result 6.55 Tokyo (JPN) | 24 November 2013 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  63. ^ Full Result 6.55 Tokyo (JPN) | 30 November 2014 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  64. ^ Full Result 6.40 Tokyo (JPN) | 29 November 2015 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  65. ^ Full Result 6.40 Tokyo (JPN) | 27 November 2016 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  66. ^ Full Result 6.40 Tokyo (JPN) | 26 November 2017 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  67. ^ Full Result 6.40 Tokyo (JPN) | 25 November 2018 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  68. ^ Full Result 6.40 Tokyo (JPN) | 29 November 2020 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  69. ^ Full Result 6.40 Tokyo (JPN) | 28 November 2021 | Racing Post. Racing Post. 2022年3月11日閲覧
  70. ^ ジャパンCウイークに2、3勝クラスの国際競走新設へ「帯同馬が出走できるレースを」2021年6月28日 14:43 スポーツニッポン
  71. ^ 「2021年度秋季競馬番組が決定しました」の「○2021年度競馬番組の概要(秋季)PDFファイル 355KB」5ページ(9)ジャパンカップ実施週の(国際)=〇囲みについて参照
  72. ^ 東京競馬場の内馬場に「国際厩舎」、外国馬の参戦促す環境を整備へ 2021年12月7日 06時00分(中日スポーツ)

各回競走結果の出典[編集]


馬主名義についての出典
  • 日本馬主協会連合会(編)『日本馬主協会連合会40年史』(日本馬主協会連合会、2001年):1981年 - 2000年

参考文献[編集]

  • 中央競馬ピーアール・センター編 『ジャパンカップのあゆみ』、日本中央競馬会、1992年

外部リンク[編集]