ドバイシーマクラシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドバイシーマクラシック
Dubai Sheema Classic[1]
開催国 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
競馬場 メイダン競馬場
第1回施行日 1998年3月28日
創設 1998年
2015年の情報
距離 芝2410m(約12.0ハロン[1]
格付け G1
賞金 賞金総額600万米ドル[1]
出走条件 サラブレッド北半球産4歳以上
南半球産3歳以上
負担重量 南半球産3歳53kg
北半球産4歳56.5kg
南半球産4歳以上および北半球産5歳以上57kg
牝馬2kg減
テンプレートを表示

ドバイシーマクラシックDubai Sheema Classicアラビア語: دبي شيماء كلاسيك‎)は、アラブ首長国連邦メイダン競馬場で行われる競馬の競走である。

概要[編集]

1998年に「ドバイターフクラシックDubai Turf Classic)」の名称で創設[2]、第1回はナド・アルシバ競馬場の芝2400mで行われた[2]。2000年に国際G2の認定を受け、現名称となる[2]。2002年には国際G1に昇格[2]し、2011年からメイダン競馬場の芝2410mで行われるようになった[2]

国際競馬統括機関連盟(IFHA)が公表した2012年から2014年の年間レースレーティング[注 1]の平均値に基づく「世界のトップ100GIレース」によると、ドバイシーマクラシックは全体の18位にランキングされ、クイーンアンステークス(16位)チャンピオンズマイル(17位)に次ぐ評価となっている[3]

歴史[編集]

  • 1998年 - 「ドバイターフクラシック」の名称で創設[2]
  • 2000年 - 「ドバイシーマクラシック」に改称[2]
  • 2001年 - 国際G2に昇格[2]
  • 2002年 - 国際G1に昇格[2]
  • 2010年 - 開催場をメイダン競馬場に変更[2]

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1998年3月28日 アラブ首長国連邦の旗Stowaway ストアウェイ 牡4 2:29.01 L.デットーリ S.ビン・スルール
第2回 1999年3月28日 イギリスの旗Fruits Of Love フルーツオブラヴ 牡4 2:28.45 K.ファロン M.ジョンストン
第3回 2000年3月25日 イギリスの旗Fantastic Light ファンタスティックライト 牡4 2:27.70 K.ファロン M.スタウト
第4回 2001年3月24日 日本の旗Stay Gold ステイゴールド 牡7 2:28.23 武豊 池江泰郎
第5回 2002年3月23日 イギリスの旗Nayef ネイエフ 牡4 2:29.64 R.ヒルズ M.トレゴニング
第6回 2003年3月29日 アラブ首長国連邦の旗Sulamani スラマニ 牡4 2:27.67 L.デットーリ S.ビン・スルール
第7回 2004年3月27日 フランスの旗Polish Summer ポリッシュサマー 牡7 2:31.09 G.スティーヴンス A.ファーブル
第8回 2005年3月26日 イギリスの旗Phoenix Reach フェニックスリーチ 牡5 2:30.54 M.ドワイアー A.ボールディング
第9回 2006年3月25日 日本の旗Heart's Cry ハーツクライ 牡5 2:31.89 C.ルメール 橋口弘次郎
第10回 2007年3月31日 香港の旗Vengeance of Rain ヴェンジェンスオブレイン 騸7 2:31.03 A.デルペッチ D.フェラーリ
第11回 2008年3月29日 南アフリカ共和国の旗Sun Classique サンクラシーク 牝4 2:27.45 K.シーア M.デコック
第12回 2009年3月28日 アラブ首長国連邦の旗Eastern Anthem イースタンアンセム 牡5 2:31.84 A.アジュテビ M.ビン・シャフヤ
第13回 2010年3月27日 イギリスの旗Dar Re Mi ダーレミ 牝5 2:31.84 W.ビュイック J.ゴスデン
第14回 2011年3月26日 アラブ首長国連邦の旗Rewilding リワイルディング 牡4 2:29.01 L.デットーリ M.アル・ザルーニ
第15回 2012年3月31日 フランスの旗Cirrus Des Aigles シリュスデゼーグル 騸6 2:31.30 O.ペリエ C.バランドバルブ
第16回 2013年3月30日 アイルランドの旗St Nicholas Abbey セントニコラスアビー 牡6 2:27.70 J.オブライエン A.P.オブライエン
第17回 2014年3月29日 日本の旗Gentildonna ジェンティルドンナ 牝5 2:27.25 R.ムーア 石坂正
第18回[4] 2015年3月28日 フランスの旗Dolniya ドルニヤ 牝4 2:28.21 C.スミヨン A.ロワイエ=デュプレ
第19回[5] 2016年3月26日 イギリスの旗Postponed ポストポンド 牡5 2:26.97 A.アッゼニ R.ヴェリアン
第20回[6] 2017年3月25日 イギリスの旗Jack Hobbs ジャックホブス 牡5 2:32.39 W.ビュイック J.ゴスデン

日本調教馬の成績[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 年間レースレーティングは、個々のレースにおける上位4頭のレーティングを年度末のランキング会議で決定した数値に置き換え算出した平均値。なお、牝馬限定競走以外のレースで、対象馬が牝馬の場合はアローワンスが加算される(日本の場合+4ポンド)。

出典[編集]

  1. ^ a b c 2015年ドバイワールドカップカーニバルプログラム (PDF) - ドバイ競馬クラブ、2014年11月7日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j ドバイワールドカップデー特集 - netkeiba.com、2015年3月28日閲覧
  3. ^ THE WORLD'S TOP 100 G1 RACES for 3yo's and upwards (PDF) - 日本中央競馬会、2015年3月7日閲覧
  4. ^ 2015年レース結果 - レーシングポスト 2015年3月29日閲覧
  5. ^ 2016年レース結果 - エミレーツ・レーシング・オーソリティー 2016年3月31日閲覧
  6. ^ 2017年レース結果 - 日本中央競馬会 2017年3月26日閲覧
エミレーツ・レーシング・オーソリティーの公式記録

外部リンク[編集]