ジョセフ・オブライエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョセフ・オブライエン
Australia Derby.png
2014年の英ダービーオーストラリアに騎乗するオブライエン
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
出身地 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 (1993-05-23) 1993年5月23日(26歳)
身長 6' 0" =約182.9cm[1]
騎手情報
初免許年 2009年アイルランドの旗 アイルランド
免許区分 平地競走
経歴
所属 2010年 - 2016年 アイルランド
テンプレートを表示

ジョセフ・オブライエンJoseph Patrick O'Brien[2]1993年5月23日 - )はアイルランドの元騎手であり、現在は調教師。父は世界的調教師のエイダン・オブライエン。弟は現役騎手のドナカ・オブライエン[3]

騎手としては極めて珍しい180cmを超える高身長の持ち主で、父の厩舎の主戦として若くして数々の大レースを制するも、減量苦によって22歳で調教師に転身している[4]

騎手時代[編集]

2009年に16歳で騎手デビューし、翌2010年にはアイルランドの見習い騎手チャンピオンの座に輝く。2011年にはロデリックオコナー(Roderic O'Connor)でアイリッシュ2000ギニーを制し、クラシック初制覇。同レースは2013年まで3連覇を達成している[5]

2012年にはキャメロットとのコンビで英2000ギニー英ダービーを制覇し、ニジンスキー以来となるイギリスクラシック三冠が期待されたがセントレジャーでは惜しくも2着に敗れた。同年はアイルランドでリーディングジョッキーとなり、翌2013年にはマイケル・キネーンが保持していた従来の記録を更新する126勝を記録して2年連続のアイルランドリーディングに輝いている[6]2014年にはオーストラリアで自身2度目の英ダービー制覇を果たした[5]

しかし、2015年のシーズンは長身騎手の宿命である減量苦により、騎乗数が減少。一方で調教師転身の準備を進め、10月には障害競走の調教師免許を取得した[7]2016年3月、22歳の若さで騎手を引退して調教師業に専念することが発表された[6]

調教師時代[編集]

2016年4月に平地の調教師免許を取得し、約70頭の管理馬とともに調教師としてのスタートを切った[6]

2018年には自身が主戦を務めたキャメロット産駒の初年度産駒ラトローブ(Latrobe)で調教師として初めてアイリッシュダービーを制覇した(鞍上は弟のドナカ・オブライエン)。キャメロットにとってはこの勝利が産駒初のGIタイトルであった[8]

成績[編集]

騎手時代[編集]

主な勝ち鞍[編集]

調教師時代[編集]

主な勝ち鞍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Conor Pope. Life of O’Brien: behind the scenes at Coolmore and Ballydoyle. The Irish Times(August 22, 2015). 2018年9月12日閲覧
  2. ^ Horse Trainer Joseph Patrick O'Brien. irishracing.com. 2018年7月30日閲覧
  3. ^ 平松さとし. 【世界の騎手列伝 vol.105】ドナカ・オブライエン. UMAJiN(2016年3月10日付). 2018年7月30日閲覧
  4. ^ J.オブライエン騎手が調教師転身. Horse Navi(2016年3月10日付). 2018年7月30日閲覧
  5. ^ a b 平松さとし. 【世界の騎手列伝 vol.23】ジョセフ・オブライエン. UMAJin(2016年3月10日付). 2018年7月30日閲覧
  6. ^ a b c 2012&14年の英ダービー騎手が22歳で引退! 調教師業に専念. 東京スポーツ(2016年3月8日付). 2018年7月30日閲覧
  7. ^ ジョセフ・オブライエン騎手、障害調教師を目指し騎乗数制限(アイルランド). 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル(2015年10月22日付). 2018年7月30日閲覧
  8. ^ 合田直弘. サクソンウォリアーを破ったラトローブの父・キャメロットには要注目. netkeiba.com(2018年7月4日付). 2018年7月30日閲覧

外部リンク[編集]