メルボルンカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メルボルンカップ
Melbourne Cup[1]
Phar Lap wins the Melbourne Cup.jpg
1930年メルボルンカップ(優勝馬ファーラップ
開催国 オーストラリアの旗オーストラリア
競馬場 フレミントン競馬場
創設 1861年
2014年の情報
距離 芝3200m
格付け G1
賞金 賞金総額600万豪ドル[1](約6億円[2]
出走条件 サラブレッド3歳以上
負担重量 ハンデキャップ競走
テンプレートを表示
1881年のメルボルンカップ

メルボルンカップ (Melbourne Cup) は毎年11月の第1火曜日にオーストラリアメルボルンフレミントン競馬場3200メートルで行われる競馬の競走

概要[編集]

メルボルンカップは、G1(グループワン)に指定されているが、定量戦ではなくハンデキャップ競走である。2004年からエミレーツ航空がスポンサーとなっており、『Emirates Melbourne Cup』の名称で開催している(成績書には「メルボルンカップ」と記載される。)[3][4]。フルゲートは24頭。

1861年に創設された歴史あるレースであるとともに、現在のオセアニアでの最高賞金額の競走(2014年は、賞金総額600万オーストラリアドル[4])である。

毎年この競走の開催日は、メルボルン大都市圏ではメルボルンカップ・デーとして祝日となる[5]。The Race that stops a Nation(国の動きを止めるレース)と呼ばれ、オーストラリアの国民的行事となっている[6]

レース史上最も重いハンデを背負って勝ったのは1890年カーバイン(Carbine)、この時の負担重量は145ポンド(65.8kg)であった。トップハンデを背負わされた馬は実に1969年のレインラヴァー(Rain Lover)以来長らく優勝していなかったが、2005年にマカイビーディーヴァ(Makybe Diva)が牝馬ながらトップハンデで優勝した。マカイビーディーヴァは2003年から2005年にかけて史上初のメルボルンカップ3連覇を達成している。

距離については当初は2マイル(約3218メートル)で行われていたが、1972年からメートル法を採用したため3200メートルとなっている。1971年以前のレコードタイムは1968年にレインラヴァーが記録した3分19秒1、現在のレコードタイムは1990年にキングストンルール(Kingston Rule)が記録した3分16秒3である。

2005年には5月の天皇賞(春)で3着に入線したアイポッパーが日本調教馬として初めて参戦し、12着だった。翌2006年には、同じく日本から遠征したデルタブルースが優勝、ポップロックが2着となった。

また、2008年より前年度[7]メルボルンカップ優勝馬が天皇賞(春)に招待されることになった。また、当年の天皇賞(春)優勝馬に対してもメルボルンカップの優先出走権が与えられる。

2012年の賞金総額は6,200,000豪ドル[8](当時のレート換算で約4億9600万円)、1着賞金3,600,000豪ドル(約2億8800万円[2])、2着賞金900,000豪ドル、3着賞金450,000豪ドル、4着賞金250,000豪ドル、5着賞金175,000豪ドル、6着から10着賞金125,000豪ドルと定められている。

歴代優勝馬(2000年以降)[編集]

施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第140回 2000年11月7日 オーストラリアの旗Brew ブルー 牡5 3:18.68 K.マカヴォイ M.モロニー
第141回 2001年11月6日 ニュージーランドの旗Ethereal エセリアル 牝4 3:21.08 S.シーマー S.ラクソン
第142回 2002年11月5日 アイルランドの旗Media Puzzle メディアパズル 騸6 3:16.97 D.オリヴァー D.ウェルド
第143回 2003年11月4日 オーストラリアの旗Makybe Diva マカイビーディーヴァ 牝4 3:19.90 G.ボス D.ホール
第144回 2004年11月2日 オーストラリアの旗Makybe Diva マカイビーディーヴァ 牝5 3:28.55 G.ボス L.フリードマン
第145回 2005年11月1日 オーストラリアの旗Makybe Diva マカイビーディーヴァ 牝6 3:19.17 G.ボス L.フリードマン
第146回 2006年11月7日 日本の旗Delta Blues デルタブルース 牡5 3:21.42 岩田康誠 角居勝彦
第147回 2007年11月6日 オーストラリアの旗Efficient エフィシェント 騸4 3:23.34 M.ロッド G.ロジャーソン
第148回 2008年11月4日 オーストラリアの旗Viewed ビュード 牡5 3:20.58 B.シン B.カミングス
第149回 2009年11月3日 オーストラリアの旗Shocking ショッキング 牡4 3:23.87 C.ブラウン M.カヴァナー
第150回 2010年11月2日 フランスの旗Americain アメリケイン 牡5 3:26.87 G.モッセ A.ドゥロワイエデュプレ
第151回 2011年11月1日 フランスの旗Dunaden ドゥーナデン 牡5 3:20.84 C.ルメール M.デルザングル
第152回 2012年11月6日 オーストラリアの旗Green Moon グリーンムーン 牡6 3:20.45 B.プレブル R.ヒックモット
第153回 2013年11月5日 オーストラリアの旗Fiorente フィオレンテ 牡5 3:20.30 D.オリヴァー G.ウォーターハウス
第154回 2014年11月4日 ドイツの旗Protectionist プロテクショニスト 牡5 3:17.71 R.ムーア A.ヴェーラー
第155回[9] 2015年11月3日 オーストラリアの旗Prince of Penzance プリンスオブペンザンス 騸6 3:23.15 M.ペイン D.ウィアー
第156回[10] 2016年11月1日 オーストラリアの旗 Almandin アルマンダン 騸6 3:20.58 K.マカヴォイ R.ヒックモット
第157回[11] 2017年11月7日 アイルランドの旗Rekindling リキンドリング 牡4 3:21:29 C.ブラウン J.オブライエン

(→英語版の全勝ち馬リスト

オセアニア調教馬以外からの優勝馬

日本調教馬の成績[編集]

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b IFHA Race Detail Melbourne Cup2014年11月12日閲覧。
  2. ^ a b 1豪ドルを100円換算(2014年11月レート)
  3. ^ 2011 BMWコーフィールドカップ、Tattsコックスプレート、エミレーツ・メルボルンカップの登録について(簡易版) - ジャパン・スタッドブック・インターナショナル「海外競走出馬登録」 2011年9月9日閲覧
  4. ^ a b ICSC 2014 International Cataloguing Standards Book AUSTRALIA2014年11月12日閲覧。
  5. ^ メルボルン・カップ・カーニバル - オーストラリア政府観光局 2017年11月1日閲覧
  6. ^ 「国の動きを止めるレース」メルボルンCの発走迫る - netkeiba.com 2017年11月1日閲覧
  7. ^ オーストラリアは8月から7月を1シーズンとしているため、オーストラリアの基準では同一シーズンとなる。
  8. ^ 優勝馬の馬主、調教師、騎手、厩務員、生産者への総額20万豪ドル相当のトロフィーを含む。
  9. ^ メルボルンカップの結果日本中央競馬会、2015年11月3日閲覧
  10. ^ 第156回メルボルンカップ(G1)の結果日本中央競馬会、2016年11月1日閲覧
  11. ^ 2017年結果breednet.com、2017年11月7日閲覧


外部リンク[編集]