マイケル・キネーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2009年WSJS

マイケル・キネーンMichael Kinane, 1959年6月22日 - )はアイルランドの元騎手である。

ティペラリー州出身。香港における名前の中文表記は「靳能」

20年以上に渡りアイルランド、イギリスフランスクラシック競走で活躍し、2000ギニーは3度、エプソムダービーを3回、そしてアメリカ合衆国でもベルモントステークスに勝った世界を代表する名騎手のひとりである。1988年から2004年の間に12回アイルランドリーディングジョッキーになっている。

トミー・キネーン騎手で、1978年チャンピオンハードルモンクスフィールドで制したナショナルハント(イギリス・アイルランドの障害競走のこと)のリーディングジョッキーである。

略歴[編集]

1975年、アイルランドの調教師リアム・ブラウンに弟子入り。同年3月19日にレパーズタウン競馬場で初勝利。1978年にアイルランドの見習騎手チャンピオンとなる。

1982年アイリッシュ2000ギニーを優勝しクラシック初制覇。1984年からはダーモット・ウェルド1998年からはエイダン・オブライエン2004年からはジョン・オックス主戦騎手の契約を交わしており、他ジョン・マグナー香港デヴィッド・オートン厩舎とも関係が深い。ロンシャン競馬場エプソム競馬場の大舞台を得意としている。

1999年エルコンドルパサー凱旋門賞に出走した際にはモンジューで、2005年ゼンノロブロイインターナショナルステークスに出走した際にはエレクトロキューショニストで、それぞれ海外遠征した日本馬を打ち負かしていることで知られる。そのためジャパン・キラーの異名を持つ。ただし日本馬に乗るとなかなか勝てない。(例外は1999年阪神3歳牝馬ステークスヤマカツスズラン)

近年は日本の競馬雑誌『サラブレ』において、日本のGI競走に関する評論を行っている。

2007年12月19日に自身初となる日本中央競馬会の短期免許を12月22日12月23日の2日間だけ取得したことが発表された。身元引き受けは堀宣行厩舎と吉田和美オーナーで、第52回有馬記念では堀厩舎所属で吉田の所有馬であるロックドゥカンブに騎乗した。同レースには初参戦であったが、結果は4着であった。

2009年凱旋門賞をシーザスターズで制し同レース3度目の制覇を成し遂げた。

同年12月、現役引退を表明した。

主な勝鞍[編集]

アイルランドの旗アイルランド[編集]

イギリスの旗イングランド[編集]

フランスの旗フランス[編集]

アメリカ合衆国の旗アメリカ[編集]

日本の旗日本[編集]

香港の旗香港[編集]

外部リンク[編集]