エイダン・オブライエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2012年エプソムダービーキャメロットの様子を見るスタート前のオブライエン調教師

エイダン・オブライエンAidan Patrick O'Brien1969年10月16日 - )は、アイルランドティペラリー州のバリードイル調教場を本拠地とする調教師ゴドルフィンの専属調教師であるサイード・ビン・スルールと並び、現代の世界競馬を代表する調教師のひとりである。

長男のジョセフ・オブライエンは元騎手で現調教師。次男のドナカ・オブライエンも騎手[1]。バリードイルの設立者である大調教師ヴィンセント・オブライエンとは同姓だが、血縁関係はない。

略歴[編集]

1969年にアイルランド・ウェックスフォード州で農場の息子として誕生する。カラ競馬場近くの厩舎で働いたのち、アイルランドの名伯楽ジム・ボルジャー調教師のもとで調教助手として働き始める。

その後、将来の妻となるアン・マリー・クローリー調教師の調教助手となり、1991年に結婚する。1993年に調教師免許を取得し、妻の厩舎を引き継ぐ形で調教師生活をスタートさせた。当初は障害調教師として名を上げ、1993-1994年シーズンから1997-1998年シーズンまで5年連続でアイルランド障害リーディング・トレーナーに輝く。また障害のアマチュア騎手としても活躍し、1993-1994年シーズンにはアイルランドのアマチュア騎手チャンピオンとなった。

その腕をクールモアグループの総帥ジョン・マグナーに認められ、引退したヴィンセント・オブライエンの後任に抜擢されてバリードイルに厩舎を開業。クールモアの専属調教師として平地競走でも活躍し始める。ガリレオジャイアンツコーズウェイロックオブジブラルタルなど幾多の名馬を育て上げ、1997年から2006年まで10年連続でアイルランド平地リーディング・トレーナーを獲得。さらに2001年2002年にはイギリス平地リーディング・トレーナーにも輝いている。

バリードイルでは日本人スタッフも数名働いているが、管理馬を日本に遠征させることはほとんどない。実際に出走したのは2004年ジャパンカップのパワーズコート、2010年ジャパンカップのジョシュアツリー、2017年ジャパンカップのアイダホの3頭だけである。2007年のジャパンカップに出走予定だった同年のヨーロッパ年度代表馬ディラントーマスは検疫段階で入国が認められず出走できなかった。

2016年の凱旋門賞には3頭を出走させ、その3頭が上位を独占という史上初の快挙を成し遂げた。しかもその3頭全てが、自身が管理したガリレオ産駒であった。

おもな管理馬[編集]

おもな専属騎手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平松さとし. 【世界の騎手列伝 vol.135】ドナカ・オブライエン(PART-2). UMAJiN(2018年5月17日付). 2018年7月31日閲覧
  2. ^ ムーア騎手、オブライエン厩舎の主戦騎手へ(アイルランド) - ジャパン・スタンドブック・インターナショナル 2015年11月5日閲覧