ジョージワシントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージワシントン
Owner Mrs John Magnier.svg
スーザン・マグナーの勝負服
欧字表記 George Washington
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2003年3月1日
死没 2007年10月27日
Danehill
Bordighera
母の父 Alysheba
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Lael Stables
馬主 Mrs.John Magnier
& Michael B.Tabor
& Derrick Smith
→Mrs.John Magnier
調教師 Aidan Patrick O'Brienアイルランド
競走成績
生涯成績 12戦6勝
獲得賞金 112万4820ドル換算
WTRR T/M 127(最高値)
テンプレートを表示

ジョージワシントン (George Washington) とはアイルランド競走馬種牡馬である。2006年2000ギニークイーンエリザベス2世ステークスなどに優勝した。世界の競馬界でゴドルフィンと肩を並べる勢力を持つクールモアの所有馬。生産者はケンタッキーダービーバーバロと同じ。

戦績[編集]

2歳・3歳時[編集]

2005年5月1日ニューマーケット競馬場のメイドン(未勝利戦)でデビューした。このレースでは3着に終わったが、3週後のメイドンを快勝し、続くG2のレイルウェイステークスにも勝った。そしてG1のフィーニクスステークスに出走すると、スタートのときわずかに妨害を受けたが、同じ厩舎のアマデウスモーツァルトに8馬身差をつけて圧勝した。さらにG1のナショナルステークスでは1番人気に応えて勝利した。その後デューハーストステークスに向かうとされたが、馬場状態が合わないとしてレース直前になって回避した。2005年のカルティエ賞では最優秀2歳牡馬に選出された。

3歳の緒戦として2000ギニーに出走したジョージワシントンは、のちのエプソムダービー馬サーパーシーなどを抑えて1番人気に支持され、2着サーパーシーに2馬身2分の1差をつけて快勝した。しかし続くアイリッシュ2000ギニーでは、不良馬場のため2000ギニーで4着だったアラーファに負けて2着だった。このレースのあとに筋肉痛のため休養する。G2のセレブレーションマイルで復帰し、それまで主戦を務めていたキーレン・ファロンからマイケル・キネーン騎手が乗り替わったが、スタートで出遅れたせいもあり3着。そのあとクイーンエリザベス2世ステークスに出走した。レースではペースメーカーとして出走したイワンディニソヴィッチとランフランコ・デットーリが騎乗したゴドルフィン所属のリブレティストが接触する場面があったなか、1馬身4分の1差で勝利した。

クイーンエリザベス2世ステークスのあと、種牡馬としての価値を高くしようとするクールモア側の意向によってブリーダーズカップ・マイルではなくブリーダーズカップ・クラシックに出走することになった。しかしレースでは直線でいつもの勢いがなくインヴァソールの6着に終わった。それでもヨーロッパ(欧州)での活躍が評価され、2006年度のカルティエ賞では最優秀3歳牡馬に選出された。

引退・現役復帰[編集]

ブリーダーズカップ・クラシックのあとに引退し、クールモアスタッドで種牡馬となることが決まった。初年度の種付け料は6万ユーロとされていた。しかしその後生殖能力に問題があることが明らかになり、競走馬に復帰した。

4歳時[編集]

復帰戦は2007年6月のクイーンアンステークスだったが4着に終わった。続くエクリプスステークスではエプソムダービー馬オーソライズドとの対戦が実現したが、最後の直線で1頭だけ外ラチに沿って走ったノットナウケイト、さらにオーソライズドとの叩き合いに敗れて3着だった。続くムーランドロンシャン賞でも3着と敗れた。

その後、10月のブリーダーズカップ・クラシックに出走するも、最後の直線で重度の故障を発症し[1]、競走を中止。安楽死処分となった[1][2]

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2005.05.01 ニューマーケット メイドン 芝5f 3着 K.ファロン 1 1/2馬身 League Champion
2005.05.22 カラ メイドン 芝6f 1着 K.ファロン 2馬身 (Global Wings)
2005.06.26 カラ レイルウェイS G2 芝6f 1着 K.ファロン 3/4馬身 (Amigoni)
2005.08.07 カラ フィーニクスS G1 芝6f 1着 K.ファロン 8馬身 (Amadeus Mozart)
2005.09.18 カラ ナショナルS G1 芝7f 1着 K.ファロン 2馬身 (Golden Arrow)
2006.05.06 ニューマーケット 2000ギニー G1 芝8f 1着 K.ファロン 2 1/2馬身 (Sir Percy)
2006.05.27 カラ 愛2000ギニー G1 芝8f 2着 K.ファロン 2馬身 Araafa
2006.08.27 グッドウッド セレブレーションマイル G2 芝8f 3着 M.キネーン 1 1/4馬身 Caradak
2006.09.23 アスコット QE2世S G1 芝8f 1着 M.キネーン 1 1/4馬身 (Araafa)
2006.11.04 チャーチルダウンズ BCクラシック G1 D10f 6着 M.キネーン 7馬身 Invasor
2007.06.19 アスコット クイーンアンS G1 芝8f 4着 M.キネーン 1/2馬身 (Ramonti)
2007.07.08 サンダウン エクリプスS G1 芝10f7y 3着 J.ヘファーナン 1 1/2馬身 (Notnowcato)
2007.09.09 ロンシャン ムーランドロンシャン賞 G1 芝1600m 3着 K.ファロン 3馬身 (Darjina)
2007.10.27 モンマスパーク BCクラシック G1 D10f 中止 M.キネーン (Curlin)

子孫[編集]

ジョージワシントンの仔は、2008年2月4日に生まれたDate With Destiny(母Flawlessly)が唯一である。2010年にデビューし、初戦を勝ち上がった。2011年のオークストライアル(準重賞)で3着に入っている。この馬は繁殖牝馬となっている。

ジョージワシントンを母の父に持つ馬は当然Date With Destinyの仔だけということになるが、2015年に初仔のBeautiful Morningがデビューし、フィリーズマイル(G1)5着、フィリーズトライアルS(準重賞)2着になっている。

血統表[編集]

ジョージワシントン血統ダンジグ系 / Natalma4×4=12.50%〈父内〉、Native Dancer5.5×5=9.38%) (血統表の出典)

*デインヒル
Danehill
1986 鹿毛
父の父
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas De Nom Admiral's Voyage
Petitioner (USA)
父の母
Razy Ana
1981 鹿毛
His Majesty Ribot
Flower Bowl
Spring Adieu Buckpasser
Natalma

Bordighera
1992 栗毛
Alysheba
1984 鹿毛
Alydar Raise A Native
Sweet Tooth
Bel Sheba Lt. Stevens
Belthazar
母の母
Blue Tip
1982 鹿毛
Tip Moss Luthier
Top Twig
As Blue Blue Tom
As Well F-No.5-g

血統背景[編集]

半兄グランデラ2002年ワールドシリーズ・レーシング・チャンピオンシップ王者。

脚注[編集]

  1. ^ a b 大一番を制したのはカーリン!/BCクラシック” (日本語). Japan Horse Navigation System (2007年10月31日). 2011年9月5日閲覧。
  2. ^ BCクラシック、3歳馬カーリンがV” (日本語). netkeiba.com (2007年10月28日). 2011年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]