アラジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラジ
欧字表記 Arazi[1][2]
品種 サラブレッド[1][2]
性別 [1][2]
毛色 栗毛[1][2]
生誕 1989年3月4日[1][2]
Brushing Groom[1][2]
ダンスールファビュルー[1][2]
母の父 Northern Dancer[1][2]
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国(ケンタッキー州)[3][2]
生産 ラルフ・ウィルソン・ジュニア[1][3][2]
馬主 アラン・ポールソン
→アラン・ポールソン&シェイク・モハメド
→シェイク・モハメド
[1]
調教師 フランソワ・ブータン(フランス[1]
競走成績
タイトル カルティエ賞
年度代表馬、最優秀2歳牡馬(1991年)
エクリプス賞
最優秀2歳牡馬(1991年)
[3][4]
生涯成績 14戦9勝[1][2]
獲得賞金 1,212,351ドル[3]
 
勝ち鞍
GI ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル 1991年
GI グランクリテリウム 1991年
GI サラマンドル賞 1991年
GI モルニ賞 1991年
GII ロベールパパン賞 1991年
GII ロンポワン賞 1992年
GIII ボワ賞 1991年
Listed ラフレシュ賞 1991年
Listed オムニウムII賞 1992年
テンプレートを表示

アラジArazi[2]とはアメリカ合衆国生産の競走馬種牡馬。主な勝ち鞍に1991年ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルグランクリテリウムサラマンドル賞モルニ賞など。1991年のカルティエ賞年度代表馬と最優秀2歳牡馬およびエクリプス賞最優秀2歳牡馬に選出された。

戦績[編集]

  • 特記事項なき場合、本節の出典はRacing Post[1]、EQIBASE[3]、フランスギャロ[5]

1991年5月30日、シャンティイ競馬場でのメイドン競走でデビューし、2着。2戦目のリステッド競走ラフレシュ賞で初勝利を挙げ、7月にはG3競走ボワ賞英語版、G2競走ロベールパパン賞と重賞競走を連勝する。8月以降、モルニ賞サラマンドル賞グランクリテリウムとフランスの2歳G1競走を3連勝したのちアメリカに遠征し、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルでは初めてのダートコースなど不利な要素があったものの、それらの要素を克服して2着バートランドに5馬身差をつけて勝利した。ヨーロッパでは2歳にして、この年に創設されたカルティエ賞年度代表馬と最優秀2歳牡馬に、アメリカでもエクリプス賞最優秀2歳牡馬に、それぞれ選ばれた。

3歳を迎えた1992年、初戦のオムニウムII賞英語版を勝って再度アメリカにわたりケンタッキーダービーに出走も、リルイーティー英語版の8着に終わる。ヨーロッパに戻ってからは芝のマイル路線に進むが、セントジェームズパレスステークス5着、プランスドランジュ賞3着ののち10月のロンポワン賞で久しぶりの勝ち星を挙げたが、続くブリーダーズカップ・マイル11着を最後に引退した。

競走成績[編集]

以下の内容は、Racing Post[1]、EQIBASE[3]およびフランスギャロ[5]の情報および記載法に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数 枠番
(Draw)
(PP)
馬番
(horse No.)
(Pgm)
着順 騎手 斤量(st./lb./kg換算) タイム 着差 勝ち馬/(2着)馬
1991.05.30 シャンティイ メイドン競走 芝5f 2着 F. ヘッド 8-12(124/56)
0000.06.12 エヴリ ラフレシュ賞 L 芝6f (GF) 4 1着 F. ヘッド 8-9(121/55) 1:14.30 3馬身 (Tabac)
0000.07.03 ロンシャン ボワ賞 G3 芝5f (Sft) 4 3 1着 G. モッセ 8-12(124/56) 0:58.70 3/4馬身 (Steinbeck)
0000.07.21 メゾンラフィット ロベールパパン賞 G2 芝5 1/2f (Gd) 6 3 1着 G. モッセ 8-11(123/55.5) 1:05.50 1馬身1/2 (Showbrook)
0000.08.18 ドーヴィル モルニ賞 G1 芝6m (Gd) 4 1 1着 G. モッセ 8-11(123/55.5) 1:13.30 3馬身 (Kenbu)
0000.09.08 ロンシャン サラマンドル賞 G1 芝7f (GF) 8 1着 G. モッセ 8-11(123/55.5) 1:20.90 5馬身 (Mode of Gold)
0000.10.05 ロンシャン グランクリテリウム G1 芝1m (Sft) 6 2 1着 G. モッセ 8-11(123/55.5) 1:41.40 3馬身 (Rainbow Corner)
0000.11.02 チャーチルダウンズ ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル G1 ダ8.5f 14 14 11 1着 P. ヴァレンズエラ 8-10(122/55.5) 1:12.09 5馬身 (Bertrando)
1992.04.07 サンクルー オムニウムII賞 L 芝1m (Sft) 8 1着 S. コーゼン 9-2(128/58) 1:48.00 5馬身 (Supermec)
0000.05.02 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー G1 ダ10f 18 17 11 8着 P. ヴァレンズエラ 9-0(126/57) (8馬身1/4) Lil E. Tee
0000.06.16 アスコット セントジェームズパレスS G1 芝1m (GF) 8 8 5着 S. コーゼン 9-0(126/57) (2馬身1/2) Brief Truce
0000.09.20 ロンシャン プランスドランジュ賞 G3 芝1m2f (Gd) 5 3 3着 S. コーゼン 8-9(121/55) (6馬身1/4) Arcangues
0000.10.04 ロンシャン ロンポワン賞 G2 芝1m(Sft) 11 5 1着 S. コーゼン 8-11(123/55.5) 1:44.00 4馬身 (Callng Collect)
0000.10.31 ガルフストリームパーク ブリーダーズカップ・マイル G1 芝8f 14 3 4 11着 P. ヴァレンズエラ 8-10(122/55.5) (9馬身) Lure

引退後[編集]

引退後は種牡馬となり、イギリスダルハムホールスタッドとアメリカのスリーチムニーズファームオーストラリアのインディペンデント・スタリオンステーションで繋養されたのち、1998年から日本ブリーダーズ・スタリオン・ステーションで繋養され、2003年からはスイスのゲストゥト・ゾーレンホフに移った[4][6]2004年からは再びオーストラリアに戻り、2011年に生殖機能の低下に伴って種牡馬を引退し、インディペンデント・スタリオンステーションで引き続き功労馬として繋養されている[4]2016年12月に、ケンタッキー州の功労馬繋養施設オールドフレンズの創設者の一人であるマイケル・ブラウエンは、直近にオールドフレンズへ受け入れる候補の一頭に挙がっていたものの高齢でオーストラリアからの輸送は厳しいと判断し、迎え入れを断念したことを明かしている[7]

種牡馬としては、直仔としてコンガリー英語版などを、ブルードメアサイアーとしてはドバイワールドカップを勝ったエレクトロキューショニストなどを送り出した。

主な産駒[編集]

ブルードメアサイアーとしての産駒[編集]

血統表[編集]

アラジ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ブラッシンググルーム系
[§ 2]

Blashing Groom
1974 栗毛
父の父
Red God
1954 栗毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Spring Run Menow
Boola Brook
父の母
Runaway Bride
1962 鹿毛
Wild Risk Rialto
Wild Violet
Aimee Tudor Minstrel
Email

*ダンスールファビュルー
Danseur Fabuleux
1982 鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Al Mahmoud
母の母
Fabuleux Jane
1974 栗毛
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Native Partner Raise a Native
Dinner Partner
母系(F-No.) ダンスールファビュルー(USA)系(FN:7) [§ 3]
5代内の近親交配 Wild Risk 3 × 4 = 18.75%、Nearco 4 × 4 = 12.50%、Native Dancer 4 × 5 = 9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ [14]
  2. ^ [15]
  3. ^ [14]
  4. ^ [14][15]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Arazi(USA) form”. Racing Post. 2020年5月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l アラジ(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Arazi (KY)”. EQUIBASE Horse Profile. Equibase Company LLC.. 2020年5月23日閲覧。
  4. ^ a b c Pensioned Arazi Happy, Healthy in Australia”. BloodHorse.com. Blood-Horse LLC. (2012年7月27日). 2020年5月23日閲覧。
  5. ^ a b ARAZI USA”. sire infos. France Galop. 2020年5月23日閲覧。
  6. ^ Arazi to Switzerland”. BloodHorse.com. Blood-Horse LLC. (2003年1月16日). 2020年5月23日閲覧。
  7. ^ Charismatic Settles Into Old Friends”. BloodHorse.com. Blood-Horse LLC. (2016年12月12日). 2020年5月23日閲覧。
  8. ^ Congaree(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月23日閲覧。
  9. ^ ドラールアラビアン(GB)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月23日閲覧。
  10. ^ Electrocutionist(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月23日閲覧。
  11. ^ Spinning Queen(GB)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月23日閲覧。
  12. ^ Lahudood(GB)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月23日閲覧。
  13. ^ エレーヌ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月23日閲覧。
  14. ^ a b c アラジ(USA) 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月23日閲覧。
  15. ^ a b c アラジ Araziの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]