イーグルカフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イーグルカフェ
2003-6-29-EagleCafe.jpg
2003年宝塚記念
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1997年2月10日
死没 2016年9月30日(19歳没)
登録日 1999年9月30日
抹消日 2004年12月3日
Gulch
Net Dancer
母の父 Nureyev
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 E.J.ハドソン & W.S.キルロイ
馬主 西川清
調教師 小島太美浦
競走成績
生涯成績 46戦5勝(中央地方、日本国外含む)
獲得賞金 4億8953万9000
テンプレートを表示

イーグルカフェとは日本の元競走馬である。アメリカ合衆国で生産され、日本で調教を受けた外国産馬。2000年のNHKマイルカップ、2002年に中山競馬場で開催されたジャパンカップダートを制し、引退後は日本韓国種牡馬として供用された。は当時のもの(数え)に統一する。

現役時代[編集]

1999年のデビュー戦で1番人気に推されるも3着に敗れる。なお、同馬が1番人気になったのは全46戦の中でも、このデビュー戦が最初で最後である。

その後2戦目で勝ちあがり、明けて2000年になると共同通信杯4歳ステークス(GIII)を勝つ。しかし、当時はまだクラシック競走外国産馬の出走枠が無く、その他の4歳外国産馬と同様に、マル外ダービーと呼ばれていたNHKマイルカップ路線を歩む。

前哨戦であるニュージーランドトロフィー4歳ステークス(GII)では4番人気で7着と敗れるが、続いて挑んだ本番NHKマイルカップ(GI)では2番人気と支持を集めレースに臨む。直線で前を行くトーヨーデヘアを大外から差し切り、ハナ差でGI制覇を成し遂げる。鞍上の岡部幸雄はNHKマイルカップ初制覇、調教師の小島太と馬主の西川清にとってはGI初制覇であった。その年の秋は天皇賞・秋(GI)でテイエムオペラオーの4着に入ったが、2400mのジャパンカップ(GI)では15着と大敗した。

その後は長い低迷が続き、2002年7月7日の七夕賞(GIII)までは、最高順位が2001年武蔵野ステークスの2着1回のみであった。その迎えた七夕賞では、スタートで出遅れず、折り合いもつき、直線で伸びて2年2ヶ月ぶりの勝利となった。

そして札幌記念8着、マンハッタンカフェの帯同馬として遠征したフランスでのドラール賞3着を挟んで迎えたジャパンカップダート(GI)では、人気となっていたアドマイヤドンゴールドアリュールを抑えての勝利をあげた。2002年は東京競馬場の改修に伴い、中山競馬場1800mのダートで行われた事と、鞍上にデットーリを迎えられた事を含め、多くの事に恵まれていたが、同馬はこれで中央競馬における芝・ダートのGIを制した事になった。その後、有馬記念に出走するが14頭立ての14着と最下位に沈んでいる。

以降は芝とダートのレースを2、3戦ごとに交互に出走することとなる。2003年のアンタレスステークスでは2着に入っている。2004年も現役を続け、11月のジャパンカップダート10着をもって引退した。2003年から2004年の間に14走しているが、前述の2003年アンタレスステークスの他は、連対を果たしていない。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
1999.11.06 東京 3歳新馬 13 02.0 (1人) 03着 蛯名正義 54 ダ1200m(良) 1:13.9(36.4) -0.2 アイチェックユー
0000.11.28 東京 3歳新馬 10 02.8 (2人) 02着 蛯名正義 54 ダ1600m(良) 1:40.5(36.7) -0.1 マチカネハタジルシ
0000.12.11 中山 3歳未勝利 16 04.5 0(2人) 01着 田中勝春 54 芝1600m(良) 1:36.7(35.8) -0.3 (タイムオブウイン)
2000.01.16 中山 京成杯 GIII 13 21.3 0(9人) 02着 岡部幸雄 55 芝2000m(良) 2:04.0(35.8) -0.0 マイネルビンテージ
0000.02.06 東京 共同通信杯4歳S GIII 11 06.2 0(4人) 01着 岡部幸雄 55 芝1800m(良) 1:49.7(34.9) -0.0 (ジーティーボス)
0000.04.08 中山 NZT4歳S GII 15 07.4 0(4人) 07着 岡部幸雄 56 芝1600m(良) 1:35.2(35.7) -0.8 エイシンプレストン
0000.05.07 東京 NHKマイルC GI 18 04.3 0(2人) 01着 岡部幸雄 57 芝1600m(良) 1:33.5(35.0) -0.0 (トーヨーデヘア)
0000.06.04 東京 安田記念 GI 18 09.8 0(7人) 13着 岡部幸雄 54 芝1600m(良) 1:34.8(34.8) -0.9 フェアリーキングプローン
0000.10.08 東京 毎日王冠 GII 11 12.4 0(6人) 04着 田中勝春 57 芝1800m(良) 1:46.4(34.5) -0.3 トゥナンテ
0000.10.29 東京 天皇賞(秋) GI 16 22.7 0(6人) 04着 岡部幸雄 56 芝2000m(重) 2:00.5(35.6) -0.6 テイエムオペラオー
0000.11.26 東京 ジャパンC GI 16 49.2 (11人) 15着 田中勝春 55 芝2400m(良) 2:28.4(37.6) -2.3 テイエムオペラオー
2001.01.29 東京 根岸S GIII 13 12.3 0(6人) 10着 蛯名正義 58 ダ1400m(不) 1:23.4(36.6) -1.3 ノボトゥルー
0000.02.18 東京 フェブラリーS GI 16 29.3 0(8人) 08着 田中勝春 57 ダ1600m(良) 1:36.3(35.7) -0.7 ノボトゥルー
0000.03.24 UAE ドバイDF G2 15 (14人) 09着 武豊 57 芝1777m(良) 1:49.1(00.0) -1.3 JIM AND TONIC
0000.06.10 東京 エプソムC GIII 18 07.1 0(3人) 08着 田中勝春 57 芝1800m(良) 1:45.8(34.9) -0.7 アドマイヤカイザー
0000.07.22 函館 函館記念 GIII 16 11.6 0(6人) 09着 上村洋行 57 芝2000m(良) 2:03.5(37.6) -1.1 ロードプラチナム
0000.09.09 中山 京成杯AH GIII 11 08.2 0(3人) 03着 田中勝春 57 芝1600m(良) 1:32.3(34.6) -0.8 ゼンノエルシド
0000.10.07 東京 毎日王冠 GII 12 13.2 0(8人) 05着 田中勝春 59 芝1800m(良) 1:45.5(34.5) -0.2 エイシンプレストン
0000.10.27 東京 武蔵野S GIII 15 12.5 0(5人) 02着 田中勝春 59 ダ1600m(良) 1:34.7(35.9) -1.4 クロフネ
0000.11.18 京都 マイルCS GI 18 23.4 0(9人) 10着 田中勝春 57 芝1600m(良) 1:33.8(33.8) -0.6 ゼンノエルシド
2002.01.05 東京 中山金杯 GIII 15 05.8 0(2人) 05着 田中勝春 57 芝2000m(良) 1:59.2(34.7) -0.2 ビッグゴールド
0000.01.27 東京 東京新聞杯 GIII 12 06.9 0(4人) 04着 蛯名正義 59 芝1600m(不) 1:38.0(36.1) -0.3 アドマイヤコジーン
0000.02.17 東京 フェブラリーS GI 16 13.0 0(7人) 14着 田中勝春 57 ダ1600m(良) 1:36.9(36.4) -1.8 アグネスデジタル
0000.03.24 中山 マーチS GIII 16 06.9 0(3人) 07着 岡部幸雄 57 ダ1800m(良) 1:52.0(37.6) -0.7 マンボツイスト
0000.04.13 阪神 マイラーズC GII 14 08.8 0(5人) 04着 M.デムーロ 57 芝1600m(良) 1:33.2(35.9) -0.6 ミレニアムバイオ
0000.05.12 東京 京王杯SC GII 18 32.6 (13人) 10着 郷原洋司 59 芝1400m(良) 1:21.1(34.2) -0.8 ゴッドオブチャンス
0000.06.02 東京 安田記念 GI 18 47.4 (14人) 06着 田中勝春 58 芝1600m(良) 1:33.7(35.2) -0.4 アドマイヤコジーン
0000.07.07 福島 七夕賞 GIII 14 06.9 0(3人) 01着 田中勝春 57 芝2000m(良) 1:59.2(36.2) -0.2 (ロードクロノス)
0000.08.18 札幌 札幌記念 GII 14 09.6 0(5人) 08着 田中勝春 57 芝2000m(良) 2:00.2(34.6) -0.7 テイエムオーシャン
0000.10.05 ロンシャン ドラール賞 G2 11 0(5人) 03着 田中勝春 57 芝1950m(良) 2:00.2(00.0) -0.7 Dano-Mast
0000.11.23 中山 ジャパンCダート GI 18 20.8 0(5人) 01着 L.デットーリ 57 ダ1800m(良) 1:52.2(38.3) -0.2 リージェントブラフ
0000.12.22 中山 有馬記念 GI 14 29.3 0(9人) 14着 田中勝春 57 芝2500m(良) 2:34.9(36.7) -2.3 シンボリクリスエス
2003.02.23 中山 フェブラリーS GI 16 8.8 0(4人) 03着 M.デムーロ 57 ダ1800m(稍) 1:51.5(38.5) -0.6 ゴールドアリュール
0000.04.27 京都 アンタレスS GIII 16 10.2 0(4人) 02着 田中勝春 59 ダ1800m(稍) 1:51.0(37.3) -1.3 ゴールドアリュール
0000.06.08 東京 安田記念 GI 18 26.1 (10人) 04着 D.オリヴァー 58 芝1600m(良) 1:32.2(33.6) -0.1 アグネスデジタル
0000.06.29 阪神 宝塚記念 GI 17 87.2 (12人) 14着 吉田稔 58 芝2200m(良) 2:13.7(37.4) -1.7 ヒシミラクル
0000.09.06 札幌 エルムS GIII 13 04.0 0(2人) 10着 藤田伸二 59 ダ1700m(良) 1:46.7(39.0) -2.9 アドマイヤドン
0000.10.13 盛岡 マイルCS南部杯 GI 14 0(4人) 04着 藤田伸二 57 ダ1600m(不) 1:36.4(00.0) -1.0 アドマイヤドン
0000.11.02 東京 天皇賞(秋) GI 18 52.2 (13人) 09着 田中勝春 58 芝2000m(良) 1:59.0(34.5) -1.0 シンボリクリスエス
0000.11.23 京都 マイルCS GI 18 41.9 (13人) 06着 藤田伸二 57 芝1600m(良) 1:33.8(34.4) -0.5 デュランダル
2004.01.05 京都 京都金杯 GIII 16 19.1 0(8人) 12着 藤田伸二 59 芝1600m(良) 1:34.0(35.3) -0.7 マイソールサウンド
0000.02.22 東京 フェブラリーS GI 16 28.0 0(8人) 07着 岡部幸雄 57 ダ1600m(良) 1:37.3(36.2) -0.5 アドマイヤドン
0000.04.25 京都 アンタレスS GIII 13 18.2 0(5人) 08着 赤木高太郎 59 ダ1800m(良) 1:52.8(38.0) -1.3 タイムパラドックス
0000.06.06 東京 安田記念 GI 18 50.0 (13人) 06着 蛯名正義 58 芝1600m(稍) 1:33.0(34.2) -0.4 ツルマルボーイ
0000.10.23 東京 富士S GIII 14 18.3 0(7人) 13着 五十嵐冬樹 58 芝1600m(良) 1:34.3(35.1) -1.1 アドマイヤマックス
0000.11.28 東京 ジャパンCダート GI 16 57.2 (10人) 10着 田中勝春 57 ダ2100m(良) 2:11.5(39.3) -2.8 タイムパラドックス

種牡馬[編集]

2005年春より北海道日高町ブリーダーズスタリオンステーション種牡馬となった。芝・ダートでのGI勝ちの実績の割に安価な種付け料と、Gulchの後継種牡馬として人気となり、初年度から128頭の交配相手に恵まれており、その後74頭が血統登録された。2006年度の種付け料は受胎確認後30万円、産駒誕生後50万円。

2007年、10月18日にビッグレッドファームに移動となった。

2008年、初年度産駒が競走馬デビューし、6月26日に旭川競馬場で行われたフレッシュチャレンジをアメージングユーが制して産駒が初勝利を挙げた。

しかし、初年度以降は産駒数が落ち込んでおり、産駒から目立った活躍馬も現れていない。2011年の種付けシーズン終了後、マイネルセレクトとともに韓国へ輸出された[1]が、繁殖成績は振るわず、2016年9月30日に疝痛を発症し死亡した。

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

イーグルカフェ血統ミスタープロスペクター系/Raise a Native 3×5=15.63% Native Dancer 4×5=9.38%) (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

Gulch
1984 鹿毛
父の父
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
父の母
Jameela
1976 黒鹿毛
Rambunctious Rasper
Danae
Asbury Mary Seven Corners
Snow Flyer

Net Dancer
1989 鹿毛
Nureyev
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Special Forli
Thong
母の母
Doubles Partner
1984 鹿毛
Damascus Sword Dancer
Kerala
Fabuleux Jane Le Fabuleux
Native Partner F-No.7
母系(F-No.) 7号族(FN:7) [§ 3]
5代内の近親交配 Raise a Native3×5、Native Dancer4×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ イーグルカフェ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com イーグルカフェ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ イーグルカフェ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ イーグルカフェ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  • 祖母Doubles Partnerの仔・ゼンノドラゴンは種牡馬。
  • 曾祖母Fabuleux Janeの孫にアラジがいる。

脚注[編集]

  1. ^ 韓国へ - ビッグレッドファーム 公式ブログ
  2. ^ キョウエイトリガー”. JBISサーチ. 2017年11月21日閲覧。
  3. ^ ハヤテカムイオー”. JBISサーチ. 2017年11月21日閲覧。
  4. ^ ニシノイーグル”. JBISサーチ. 2017年11月21日閲覧。
  5. ^ イーグルカザン”. JBISサーチ. 2017年12月18日閲覧。
  6. ^ ケイズイーグル”. JBISサーチ. 2017年11月21日閲覧。
  7. ^ アメイジア”. JBISサーチ. 2017年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]