ラインクラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラインクラフト
Rhein Kraft
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
白斑 曲流星
生誕 2002年4月4日
死没 2006年8月19日(4歳没)
エンドスウィープ
マストビーラヴド
母の父 サンデーサイレンス
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 大澤繁昌
調教師 瀬戸口勉栗東
厩務員 竹邑行生
競走成績
生涯成績 13戦6勝
獲得賞金 5億563万円
勝ち鞍 GI桜花賞(2005年)
NHKマイルカップ(2005年)
GIIフィリーズレビュー(2005年)
阪神牝馬ステークス(2006年)
GIIIファンタジーステークス(2004年)
テンプレートを表示

ラインクラフト(Rhein Kraft)とは日本競走馬である。2005年桜花賞NHKマイルカップなどに勝利した。馬名の由来は冠名のライン (Rhein) +クラフト(ドイツ語Kraft、力)より。

来歴[編集]

2004年 - 2005年[編集]

2004年の秋に中央競馬でデビューしたラインクラフトは新馬戦、ファンタジーステークスと快勝し、阪神ジュベナイルフィリーズに駒を進めた。1番人気で挑んだ同レースは、直線猛然と追い込んだものの外を周った分ショウナンパントルからアタマ差の3着に敗れた。

2005年フィリーズレビューから始動し、このレースを勝利すると桜花賞に挑んだ。桜花賞では1番人気のシーザリオをアタマ差で抑えてGIを初勝利した。さらに、距離の長い優駿牝馬(オークス)を回避して出走したNHKマイルカップではスローペースを味方につけて抜け出し、牡馬を破って桜花賞とNHKマイルカップを制覇という組み合わせでの変則二冠を達成した(過去にはキングカメハメハによるNHKマイルカップ・東京優駿の変則二冠という例がある。後にディープスカイも達成)。

秋初戦ローズステークスではゴール目前でエアメサイアに差され、2着に敗れた。そして続く秋華賞では変則三冠馬となれるのかどうかが注目されたが、またしてもエアメサイアにクビ差の2着と敗れた。しかし優勝したエアメサイアとは力の差では無く2000mという距離に対する距離適性の差で敗れたと言う声もある。続くマイルチャンピオンシップではハットトリックダイワメジャーに次ぐ3着と好走し[1]その後年末の阪神牝馬ステークスにも出走したが逃げる形になり、アドマイヤグルーヴの4着に敗れた。

2006年[編集]

2006年に入り、直前まで出走は未定だったものの高松宮記念に挑戦した。1200mのレースに初挑戦となったため、周囲からは心配の声が聞かれたものの2着に入り、短距離路線でも活躍できることを証明した。さらに同年は新設GI・ヴィクトリアマイルが開催される事になり、前哨戦として同年の春に行われることになった阪神牝馬ステークスでもエアメサイアらを寄せ付けずに勝利したことやマイルGI2勝の実績から、注目を集めた。しかし、ヴィクトリアマイルでは中団からレースを進めたものの、伸びきれず9着に敗れてしまった。

8月19日早朝、放牧先のノーザンファーム空港牧場において調教中に急性心不全を発症し死亡した。陣営は10月1日に行われるスプリンターズステークスに備えていて、8月末に栗東トレーニングセンターに帰厩させる予定だった。奇しくも母の父サンデーサイレンスと同じ日が命日となっている。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
(上り3F
時計
勝ち馬/(2着馬)
2004 10. 16 京都 2歳新馬 16 4 7 5.3(3人) 1着 福永祐一 54 芝1400m(良) 1:21.8(34.1) -0.8 (ルスナイオブサクラ)
11. 7 京都 ファンタジーS GIII 13 3 3 2.7(2人) 1着 福永祐一 54 芝1400m(良) 1:21.6(34.3) -0.7 (モンローブロンド)
12. 5 阪神 阪神JF GI 18 2 3 1.5(1人) 3着 福永祐一 54 芝1600m(良) 1:35.2(35.0) 0.0 ショウナンパントル
2005 3. 13 阪神 フィリーズレビュー GII 15 5 8 1.8(1人) 1着 福永祐一 54 芝1400m(良) 1:21.2(34.3) 0.0 デアリングハート
4. 10 阪神 桜花賞 GI 18 8 17 4.6(2人) 1着 福永祐一 55 芝1600m(良) 1:33.5(34.7) 0.0 シーザリオ
5. 8 東京 NHKマイルC GI 18 6 12 3.9(2人) 1着 福永祐一 55 芝1600m(良) 1:33.6(33.6) -0.3 (デアリングハート)
9. 18 阪神 ローズS GII 15 6 10 2.2(1人) 2着 福永祐一 54 芝2000m(良) 2:00.2(36.7) 0.1 エアメサイア
10. 16 京都 秋華賞 GI 18 3 5 1.8(1人) 2着 福永祐一 55 芝2000m(良) 1:59.2(34.7) 0.0 エアメサイア
11. 20 京都 マイルCS GI 17 1 1 6.9(2人) 3着 福永祐一 54 芝1600m(良) 1:32.3(34.1) 0.2 ハットトリック
12. 18 阪神 阪神牝馬S GII 11 2 2 1.6(1人) 4着 福永祐一 56 芝1600m(良) 1:35.1(36.3) 0.6 アドマイヤグルーヴ
2006 3. 26 中京 高松宮記念 GI 18 7 14 4.7(2人) 2着 福永祐一 55 芝1200m(良) 1:08.0(34.0) 0.0 オレハマッテルゼ
4. 8 阪神 阪神牝馬S GII 12 4 4 1.7(1人) 1着 福永祐一 57 芝1400m(良) 1:21.2(35.8) -0.5 (エアメサイア)
5. 14 東京 ヴィクトリアマイル GI 18 3 6 2.4(1人) 9着 福永祐一 55 芝1600m(稍) 1:34.8(34.4) 0.8 ダンスインザムード

血統表[編集]

ラインクラフト血統ミスタープロスペクター系/Northern Dancer 4×4=12.50%) (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

* エンドスウィープ
End Sweep
1991 鹿毛
父の父
* フォーティナイナー
Forty Niner
1985 栗毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
File Tom Rolfe
Continue
父の母
Broom Dance
1979 鹿毛
Dance Spell Northern Dancer
Obeah
Witching Hour Thinking Cap
Enchanted Eve

マストビーラヴド
1993 栗毛
* サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
母の母
ダイナシュート
1982 栗毛
* ノーザンテースト
Northern Taste
Northern Dancer
Lady Victoria
シャダイマイン *ヒッティングアウェー
*ファンシミン F-No.9-f
母系(F-No.) フアンシミン(USA)系(FN:9-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern DancerM4×M4 [§ 4]
出典
  1. ^ [2]
  2. ^ [3]
  3. ^ [2]
  4. ^ [2]

祖母ダイナシュートは七夕賞など重賞3勝。母の全弟に高松宮記念優勝馬アドマイヤマックスがいる。 半弟のダノンマスターズ(父・シンボリクリスエス)は2005年のセレクトセールで最高価格となる2億1000万円でダノックスに落札され、2007年にデビューを果たした。 同じく半弟のアドマイヤロイヤル(父・キングカメハメハ)が2007年のJRHAセレクトセールで1億5500万円で叔父のアドマイヤマックスと同じ近藤利一オーナーが落札した。2013年プロキオンステークス優勝。

半弟のフロレンティーノ(父・スウェプトオーヴァーボード)はアメリカのG2・ジェニファーソンカップステークス優勝馬。

脚注[編集]

  1. ^ 主戦で鞍上の福永祐一も「やはりマイル戦の方が力を出せるだろう」とコメントしている。
  2. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ラインクラフト”. JBISサーチ. 公益財団法人日本軽種馬協会. 2017年8月26日閲覧。
  3. ^ ラインクラフトの血統表 | 競走馬データ”. netkeiba.com. 2017年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]