ローレル賞 (競馬のレース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローレル賞
開催国 日本の旗 日本
主催者 神奈川県川崎競馬組合
競馬場 川崎競馬場
創設 2001年3月14日
2018年の情報
距離 ダート1600m
格付け 南関東SII
賞金 1着賞金1200万円
出走条件 サラブレッド系2歳牝馬オープン・地方全国交流
負担重量 定量(54kg
出典 [1]
テンプレートを表示

ローレル賞(ローレルしょう)は、神奈川県川崎競馬組合川崎競馬場ダート1600mで施行する地方競馬重賞競走(南関東SII)である。正式名称は「神奈川新聞社賞 ローレル賞」、神奈川新聞を発行する神奈川新聞社が優勝杯を提供している。

競走名は月桂樹の葉(laurel)から取られている。

副賞は、神奈川新聞社賞、管理者賞(2018年)[2]

概要[編集]

南関東交流重賞(G3)競走のハンデ戦として2001年度(2002年)に創設された。第2回まではサラブレッド系3歳牝馬による重賞競走として春に施行、南関東牝馬三冠競走の前哨戦として位置付けられていたが、2003年度より開催時期が秋に移行され、それに伴い出走条件がサラブレッド系2歳牝馬となり、負担重量が別定重量に変更された。2005年より大井競馬場で行われる南関東SI競走、東京2歳優駿牝馬へのトライアル競走に指定されており、上位3着までに同競走への優先出走権が与えられる。2006年ではJBCクラシックの前座競走として施行された。2007年からは南関東重賞格付け表記を南関東SIIIに変更された。2018年にSIIに格上げ。

2010年からはGRANDAME-JAPAN・2歳シーズンに指定されている。

負担重量は2010年までは別定重量で53kgを基準とし、指定日までの番組賞金500万円毎に1kg増、55kgを上限として加増されたが、2011年以降は定量で54kgである。

条件・賞金等(2018年)[編集]

出走資格
サラブレッド系2歳牝馬。地方全国交流で他地区所属馬の出走枠は3頭以下と定められている[1]
鎌倉記念で上位3着までに入った牝馬に優先出走権がある。
負担重量[1]
定量。54kg
賞金額[1]
1着1,200万円、2着420万円、3着240万円、4着120万円、5着60万円、着外手当15万円。
優先出走権付与
上位3着までに入った馬に、東京2歳優駿牝馬の優先出走権が付与される。

歴史[編集]

  • 2002年 - 川崎競馬場のダート1600mのサラブレッド系3歳牝馬の南関東所属馬限定のハンデキャップの重賞(G3)競走「ローレル賞」として創設。
  • 2003年 - 第3回以降の施行時期を11~12月に変更。それに伴い、出走資格も「サラブレッド系3歳牝馬の南関東所属馬」から「サラブレッド系2歳牝馬の南関東所属馬」に変更。
  • 2005年 - 東京2歳優駿牝馬のトライアル競走に指定され、上位3着までに東京2歳優駿牝馬への優先出走権が付与されるようになる。
  • 2006年 - 当年のみ、JBCクラシックの前座競走として施行。
  • 2007年 - 南関東重賞格付け表記を南関東SIIIに変更。
  • 2010年 - GRANDAME-JAPAN・2歳シーズンに指定。
  • 2011年
    • この年から地方競馬全国交流競走として施行され、出走条件を「サラブレッド系2歳牝馬の地方所属馬」に変更。
    • 負担重量を「別定重量」から「定量」に変更。
  • 2018年 - SIIに昇格[3]

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2002年3月14日 ラヴァリーフリッグ 牝3 船橋 1:43.8 石崎隆之 出川克己 村中徳広
第2回 2003年2月27日 マルダイメグ 牝3 川崎 1:43.8 的場文男 佐々木仁 (有)栄光開発
第3回 2003年12月3日 ビービーバーニング 牝2 川崎 1:44.2 甲斐年光 武井榮一 (有)坂東牧場
第4回 2004年11月23日 スコーピオンリジイ 牝2 川崎 1:43.3 今野忠成 八木仁 (株)リガメェントワールド
第5回 2005年11月9日 ダガーズアラベスク 牝2 船橋 1:41:8 内田博幸 川島正行 ダーレー・ジャパン・ファーム(有)
第6回 2006年11月3日 エイコークック 牝2 川崎 1:44.8 的場文男 原三男 山下榮一
第7回 2007年11月9日 マダムルコント 牝2 川崎 1:43.3 町田直希 田邊陽一 栗山正
第8回 2008年11月5日 ヴィクトリーパール 牝2 川崎 1:45.1 佐藤博紀 田島寿一 古賀慎一
第9回 2009年11月11日 キョウエイトリガー 牝2 大井 1:42.5 柏木健宏 阪本一栄 田中美代刀
第10回 2010年10月27日 オリークック 牝2 大井 1:45.7 坂井英光 荒山勝徳 伊達泰明
第11回 2011年11月11日 ドラゴンシップ 牝2 船橋 1:42.5 御神本訓史 川島正行 窪田康志
第12回 2012年11月5日 デイジーギャル 牝2 大井 1:44.5 真島大輔 宮浦正行 小島郁雄
第13回 2013年11月12日 クライリング 牝2 北海道 1:43.1 御神本訓史 田中淳司 吉田正志
第14回 2014年11月5日 ララベル 牝2 大井 1:44.2 真島大輔 荒山勝徳 吉田照哉
第15回 2015年11月17日 モダンウーマン 牝2 北海道 1:43.4 阿部龍 角川秀樹 (有)グランド牧場
第16回 2016年11月3日 アップトゥユー 牝2 北海道 1:45.9 阿部龍 角川秀樹 (有)グランド牧場
第17回 2017年11月7日 ゴールドパテック 牝2 川崎 1:43.9 瀧川寿希也 岩本洋 岡田初江
第18回 2018年11月27日 アークヴィグラス 牝2 川崎 1:44.1 瀧川寿希也 平田正一 アークフロンティア

出典:南関東4競馬場公式「ローレル賞競走優勝馬」

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d 平成30年度第9回川崎競馬競走番組 (PDF)”. 川崎競馬公式Webサイト. 2018年11月26日閲覧。
  2. ^ 川崎競馬出走馬一覧表 平成30年度第9回川崎競馬第2日11月27日(火) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2018年11月26日閲覧。
  3. ^ 平成30年度 南関東4競馬場重賞競走の賞金額の決定について”. 南関東4競馬場公式サイト. 2018年3月6日閲覧。

関連項目[編集]