武井榮一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武井 榮一(たけい えいいち、1945年11月18日 - )は、川崎競馬場に所属していた調教師。父・武井歌次は元調教師[1]。同じ川崎所属の調教師・武井和実は娘婿[2]久保秀男 (現調教師) 、久保勇(現調教師)、甲斐年光(現厩務員)が騎手時代に所属していた。引退時の所属騎手には田中涼がいた。報道などでは「武井栄一」と表記されることがある。

1984年厩舎開業[1]

2003年の川崎開催リーディングトレーナー、NARグランプリ2003優秀調教師賞受賞[3]

2016年7月いっぱいで調教師を引退した[1]。通算成績は地方競馬5104戦679勝、中央競馬1戦0勝。

主な管理馬[編集]

[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 武井榮一調教師が引退”. 川崎競馬倶楽部ブログ (2016年7月31日). 2016年8月9日閲覧。
  2. ^ 合格!”. 川崎競馬倶楽部ブログ (2008年5月31日). 2013年10月31日閲覧。
  3. ^ 【NARグランプリ2003】”. 地方競馬全国協会. 2013年10月31日閲覧。