阿部龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
阿部龍
「第39回東京2歳優駿牝馬」で表彰される阿部龍騎手と、プレゼンターのコージー冨田(2015年12月31日).JPG
「第39回東京2歳優駿牝馬」の勝利で表彰される阿部龍(右側)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県南三陸町
生年月日 (1995-03-20) 1995年3月20日(23歳)
血液型 O型
騎手情報
所属団体 ホッカイドウ競馬
所属厩舎 角川秀樹
初免許年 2012年
テンプレートを表示

阿部 龍(あべ りゅう、1995年3月20日-)は、ホッカイドウ競馬角川秀樹厩舎所属の騎手。勝負服の柄は「青、白星ちらし、そで桃一本輪」。宮城県南三陸町出身。

来歴[編集]

2012年騎手免許取得。初出走は2012年4月25日門別競馬第1競走(キャッスルルナ、8着)、初勝利は翌日の門別競馬第2競走(アルマク)であげた。デビュー年は52勝をあげ、重賞でも交流重賞エーデルワイス賞で2着に入るなど活躍し、NARグランプリ2012優秀新人騎手賞[1]、第45回日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞した。なお、ホッカイドウ競馬所属騎手が日本プロスポーツ大賞を受賞するのは史上初のことであった[2]

2013年10月24日門別競馬第3競走をモルフェピースで制し、地方競馬通算100勝を達成[3]

2014年1月に高知競馬場で行われた第28回全日本新人王争覇戦に出場。2014年8月2日に南アフリカ・クレアウッド競馬場で行われたアジアヤングガンズチャレンジに出場し、12人中7位の成績であった[4]。同月21日ホッカイドウ3歳三冠の最終戦・王冠賞を自厩舎のスタンドアウトで制し、重賞初制覇[5]

主な騎乗馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1月15日(火)「NARグランプリ2012年度代表馬はラブミーチャン」ほか”. ラジオNIKKEI (2013年1月15日). 2014年8月28日閲覧。
  2. ^ 阿部 龍騎手が『第45回日本プロスポーツ大賞』新人賞を受賞!”. 北海道軽種馬振興公社 (2012年12月13日). 2014年8月28日閲覧。
  3. ^ 阿部 龍騎手100勝達成”. 北海道軽種馬振興公社 (2013年10月24日). 2014年8月28日閲覧。
  4. ^ 2014アジアヤングガンズチャレンジ 阿部龍騎手(北海道)の結果”. 地方競馬全国協会 (2014年8月4日). 2014年8月28日閲覧。
  5. ^ 道営クラシック最終戦・王冠賞はスタンドアウトが快勝”. 日本軽種馬協会. 2014年8月28日閲覧。

関連項目[編集]