小久保智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小久保 智(こくぼ さとし、1971年10月17日 - )は、浦和競馬場所属の調教師。東京都出身[1]

来歴[編集]

調教師となる前は、浦和競馬場・村田貴広厩舎で調教師補佐をつとめていた[2]。2005年3月31日付で調教師免許を取得[3]

初出走は、2005年7月18日浦和競馬第9競走(トーセンウェーブ、4着)。初勝利は同年8月8日浦和競馬第1競走(カヤドーヴェルト)。

2007年、開業3年目で浦和開催リーディング2位の好成績をおさめる。

2008年10月15日浦和・埼玉栄冠賞をクレイアートビュンで制し、重賞初制覇。

2012年12月10日浦和競馬第11競走シクラメン特別(C2一組)をカヤドーモトヒメで制して年間勝利数を113勝とし、南関東地方競馬の調教師年間最多勝記録を更新した[4]。同年は最終的に年間勝利数を131までのばし、初の南関東リーディングトレーナーとなった。

2013年1月18日、浦和競馬第10競走鴻巣市産業観光館ひなの里賞をトーセンオウジで制し、地方競馬通算400勝を達成[5]、さらに同年12月24日浦和競馬第7競走フロンティアジュベナイル特別をパンパカパーティで制し、地方競馬通算500勝を達成した[1]。同年は113勝をあげ、前年に続き南関東リーディングトレーナーとなった。

2014年11月26日園田兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)をジャジャウマナラシで勝利し、ダートグレード競走初制覇[6]。同年は自身が持っていた南関東の調教師年間最多勝記録を更新する132勝(ほか他地区2勝)をあげ、3年連続で南関東リーディングトレーナーとなった[7]。同年のNARグランプリ地方競馬全体での表彰制度)では、初となる最優秀賞金収得調教師賞を受賞するとともに、管理馬2頭(ジャジャウマナラシ・サトノタイガー)がそれぞれ2歳最優秀牡馬最優秀短距離馬に選出されている[8]

2015年、ラッキープリンスで東京ダービーを初制覇[9]。同年7月15日浦和競馬第10競走しらこばと賞A2B1特別戦をジョーラプターで制し、地方競馬通算700勝を達成した[10]。同年のNARグランプリでは、前年に続いて最優秀賞金収得調教師賞を受賞するとともに、管理馬2頭(アンサンブルライフ・ラッキープリンス)がそれぞれ2歳最優秀牡馬・3歳最優秀牡馬に選出されている[11]

2016年11月29日大井競馬第2競走をアンジュジョリーで勝ってこの年の南関東地区での勝利数を133とし、自身の持つ南関東地区年間最多勝記録を更新した[12]。この年は南関東地区での勝利数を最終的に143(ほか他地区2勝)とし5年連続で南関東リーディングトレーナーとなった。NARグランプリ2016では最優秀賞金収得調教師賞を前2年に続いて受賞[13]

2017年8月18日浦和競馬第11競走芙蓉特別をビットアリエスで制し、地方競馬通算1000勝を達成した[3]

その他[編集]

「トーセン」「エスティ」の冠名で知られる島川隆哉の所有馬が数多く預託されている。

主な管理馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “小久保智調教師の通算500勝達成について”. 浦和競馬. (2013年12月24日). http://www.urawa-keiba.jp/news/nws2013122401.html 2014年8月23日閲覧。 
  2. ^ 平成16年度第4回調教師・騎手免許試験新規合格者発表”. 地方競馬全国協会 (2005年3月15日). 2012年12月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 小久保智調教師 通算1,000勝達成について”. 浦和競馬 (2017年8月18日). 2017年8月21日閲覧。
  4. ^ “小久保師が年間最多勝記録を更新!”. SANSPO.COM. (2012年12月10日). http://race.sanspo.com/nationalracing/news/20121210/nranws12121018040013-n1.html 2012年12月11日閲覧。 
  5. ^ “小久保調教師が通算400勝を達成!”. SANSPO.COM. (2013年1月18日). http://race.sanspo.com/nationalracing/news/20130118/nranws13011822120012-n1.html 2013年1月31日閲覧。 
  6. ^ 11月27日(木)「兵庫ジュニアグランプリ(兵庫)、浦和記念に続いて地方勢が上位を占める」ほか [全国競馬情報]”. ラジオNIKKEI (2014年11月27日). 2014年11月29日閲覧。
  7. ^ “【南関リーディング】森泰斗騎手、246勝で初戴冠”. スポーツニッポン. (2015年1月1日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2015/01/01/kiji/K20150101009558060.html 2015年1月1日閲覧。 
  8. ^ NARグランプリ”. 地方競馬情報サイト. 地方競馬全国協会. 2016年1月16日閲覧。
  9. ^ “6月4日(木)「ダービーウィーク2015は後半戦へ」ほか”. ラジオNIKKEI. (2015年6月4日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/642015.html 2015年6月5日閲覧。 
  10. ^ 小久保智調教師通算700勝達成について”. 浦和競馬 (2015年7月15日). 2015年11月15日閲覧。
  11. ^ NARグランプリ”. 地方競馬情報サイト. 地方競馬全国協会. 2016年1月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月14日閲覧。
  12. ^ “浦和・小久保師が南関東年間最多勝記録を更新「目標は川島さん」”. スポーツニッポン. (2016年11月30日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2016/11/30/kiji/K20161130013815870.html 2017年8月21日閲覧。 
  13. ^ a b c d e NARグランプリ2016 受賞者について”. 浦和競馬 (2017年1月11日). 2017年8月21日閲覧。
  14. ^ “平和賞はアンサンブルライフがV”. サンケイスポーツ. (2015年11月11日). http://race.sanspo.com/nationalracing/news/20151111/nranws15111121280018-n1.html 2015年11月15日閲覧。 
  15. ^ a b c 小久保智調教師 通算1,100勝達成について”. 浦和競馬 (2018年4月25日). 2018年4月28日閲覧。