戸塚記念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸塚記念
開催国 日本の旗 日本
主催者 神奈川県川崎競馬組合
競馬場 川崎競馬場
創設 1971年10月11日
2018年の情報
距離 ダート2100m
格付け SI
賞金 1着賞金3000万円
出走条件 サラブレッド系3歳オープン、南関東所属
負担重量 別定(本文に記載
出典 [1]
テンプレートを表示

戸塚記念(とつかきねん)は神奈川県川崎競馬組合川崎競馬場で施行する地方競馬重賞競走SI)である。

川崎競馬場の前身である戸塚競馬場を記念した競走。正式名称は「サンケイスポーツ盃 戸塚記念」。サンケイスポーツを発行する産業経済新聞社(産経新聞社)が優勝杯を提供している。

副賞は、サンケイスポーツ賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、関東地方公営競馬協議会賞、管理者賞(2018年)[2]

2018年から南関東SIに格上げされる。

概要[編集]

1971年にサラブレッド系4歳(現3歳)の南関東所属馬限定の重賞競走「報知盃 戸塚記念」として創設。創設当初はダート2000メートルのハンデキャップで施行された。1986年度をのぞいては重賞として開催されている。施行距離は1998年から現在のダート2100メートルに変更されており、2002年2003年は2000メートルに変更されたが、2004年に戻された。負担重量は2004年から別定重量に変更された。

2010年からは水沢競馬場で行われるダービーグランプリの全国指定競走に指定され、優勝馬に、ダービーグランプリへの優先出走権が与えられている。

2017年に「3歳秋のチャンピオンシップ」シリーズが始まり、そのカテゴリーB競走に指定された。本競走とダービーグランプリの双方に優勝した馬の馬主にはボーナス賞金800万円が贈られる[3](2018年までは同500万円)。

条件・賞金等(2018年)[編集]

出走条件
サラブレッド系3歳。
  • トライアル競走の「芙蓉賞」で上位2着までに入った馬に優先出走権がある。
負担重量
別定。56kg、牝馬54kg(南半球産2kg減)
賞金額
1着3,000万円、2着1,050万円、3着600万円、4着300万円、5着150万円、着外手当10万円[1]
優先出走権付与
上位3着までに入った牝馬にはロジータ記念の優先出走権が付与される[1]

歴史[編集]

  • 1971年 - 川崎競馬場のダート2000mのサラブレッド系4歳(現3歳)の南関東所属馬限定のハンデキャップの重賞競走「報知盃 戸塚記念」として創設。
  • 1984年 - 川崎のヨネジロウとエアハートが同着優勝。
  • 1985年 - 川崎の佐々木竹見が騎手として史上初の連覇。
  • 1986年 - 当年のみ、準重賞競走として施行。
  • 1995年 - 南関東グレード導入により南関東G3に格付け。
  • 1998年 - 施行距離をダート2100mに変更。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「サラブレッド系4歳の南関東所属馬」から「サラブレッド系3歳の南関東所属馬」に変更。
  • 2002年 - 施行距離をダート2000mに変更。
  • 2004年
    • 施行距離をダート2100mに戻す。
    • 負担重量を「ハンデキャップ」から「別定重量」に変更。
  • 2005年 - 川崎の足立勝久が調教師として史上初の連覇。
  • 2007年 - 南関東重賞格付け表記を南関東SIIIに変更。
  • 2010年
    • ダービーグランプリの全国指定競走に指定、1着馬にダービーグランプリへの優先出走権が付与されるようになる。
    • 優勝杯の提供を報知新聞社から神奈川新聞に変更。それに伴い、名称を「報知盃 戸塚記念」から「神奈川新聞社賞 戸塚記念」に変更。
  • 2011年 - 南関東SIIに格上げされる。
  • 2014年 - 優勝杯の提供を神奈川新聞からサンケイスポーツを発行する産業経済新聞社に変更。それに伴い、名称を「神奈川新聞社賞 戸塚記念」から「サンケイスポーツ盃 戸塚記念」に変更。
  • 2018年 - 南関東SIに格上げされる。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行年月日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1971年10月11日 ゴルドラツプ 牡3 大井 2:07.1 岡部盛雄 荒井貢 松本夫佐子
第2回 1972年9月27日 ハクセイシヨウ 牡3 川崎 2:07.6 佐々木竹見 鈴木春吉 武淵孝之
第3回 1973年7月25日 ウインザライン 牡3 大井 2:07.5 高橋三郎 遠間波満行 長谷川昭一郎
第4回 1974年7月22日 スピードパーシア 牡3 船橋 2:08.6 内野健二 及川六郎 佐藤興業(株)
第5回 1975年7月20日 ミツドウエー 牝3 川崎 2:06.6 橘真樹 梅山満 (有)旭日ホース
第6回 1976年7月27日 フアインポート 牡3 川崎 2:06.0 竹島春三 井上宥蔵 佐野行男
第7回 1977年6月28日 デンタルプリンス 牡3 川崎 2:07.0 岩本洋 岩本亀五郎 安部忠
第8回 1978年8月17日 フクリボー 牡3 船橋 2:09.5 桑島孝春 高松弘之 佐藤喜一郎
第9回 1979年10月15日 カツアール 牡3 大井 2:07.9 高橋三郎 秋谷元次 栗林英雄
第10回 1980年11月10日 トドロキエイカン 牡3 大井 2:07.0 岡部盛雄 岡部猛 町田圭三
第11回 1981年10月15日 サガミトキマサ 牡3 川崎 2:09.1 佐々木竹見 梅山満 (有)旭日ホース
第12回 1982年10月6日 フドウゴールド 牝3 船橋 2:08.4 川島正行 泉孝 市村平
第13回 1983年9月28日 ボールドマツクス 牡3 川崎 2:08.2 山崎尋美 秋山重美 鈴木三郎
第14回 1984年10月3日 ヨネジロウ 牡3 川崎 2:10.1
(同着)
本間茂 高橋久志 田所国丈
エアハート 牝3 佐々木竹見 高橋満夫 伊達秀和
第15回 1985年9月19日 ヒデノキクオー 牡3 川崎 2:09.7 佐々木竹見 勝又泉 横山秀男
(準重賞) 1986年10月14日 イーグルシヤトー 牝3 大井 2:08.9 堀千亜樹 大山二三夫 中村和夫
第16回 1987年10月7日 マルケンアキーラ 牡3 大井 2:09.5 的場文男 物井榮 丸田明
第17回 1988年10月5日 シヨウハイホープ 牡3 船橋 2:10.8 石崎隆之 波多野高次 伊藤昭次
第18回 1989年11月15日 ハクバマーチ 牝3 川崎 2:11.9 本間茂 足立勝久 高橋種顕
第19回 1990年9月19日 ハセノトライアン 牡3 船橋 2:10.4 石崎隆之 出川己代造 長谷川文夫
第20回 1991年10月30日 マスコットリオン 牡3 川崎 2:10.2 山崎尋美 岩本亀五郎 本多佳治
第21回 1992年11月23日 ワカクサホマレ 牡3 川崎 2:07.7 佐々木竹見 青野四郎 谷川弘一郎
第22回 1993年9月22日 サトノライデン 牡3 船橋 2:13.0 石崎隆之 出川己代造 今井里江子
第23回 1994年10月19日 ドルフィンボーイ 牡3 川崎 2:10.2 山崎尋美 佐々木國廣 芹澤精一
第24回 1995年11月15日 ドラールクラウン 牡3 大井 2:11.4 内田博幸 赤間清松 布施光章
第25回 1996年10月8日 ハネダリーディング 牡3 川崎 2:10.4 岩城方元 田村豫志雄 鈴木榮治
第26回 1997年9月3日 ワイルドトルーン 牡3 船橋 2:10.3 石井勝男 田中美義 保手濱忠弘
第27回 1998年9月9日 アトミックサンダー 牡3 船橋 2:17.3 張田京 川島正行 舛添要一
第28回 1999年8月31日 トッキーステルス 牡3 川崎 2:17.6 金子正彦 佐々木國廣 清水斉
第29回 2000年8月31日 カミスドリーム 牡3 船橋 2:17.1 秋田実 佐藤賢二 長谷川文夫
第30回 2001年8月30日 アブクマドリーム 牡3 船橋 2:18.9 石崎隆之 出川克己 太田克弘
第31回 2002年9月11日 ジェネスアリダー 牡3 川崎 2:10.3 桑島孝春 八木正喜 山口真吾
第32回 2003年9月3日 ティーケーツヨシ 牡3 川崎 2:10.2 野崎武司 八木正雄 小林達史
第33回 2004年9月6日 モエレトレジャー 牡3 川崎 2:16.3 金子正彦 足立勝久 中村和夫
第34回 2005年9月7日 ブルーワレンダー 牡3 川崎 2:14.2 的場文男 足立勝久 黛大介
第35回 2006年9月27日 ビービートルネード 牡3 川崎 2:17.1 町田直希 武井榮一 (有)坂東牧場
第36回 2007年9月13日 ロングウェーブ 牡3 船橋 2:16.2 今野忠成 松代眞 加藤光淑
第37回 2008年9月10日 ジルグリッター 牡3 船橋 2:17.0 張田京 岡林光浩 小皆芳広
第38回 2009年9月8日 ブルーラッド 牡3 川崎 2:15.0 御神本訓史 足立勝久 黛大介
第39回 2010年9月8日 ハーミア 牝3 大井 2:16.9 戸崎圭太 荒山勝徳 伊達泰明
第40回 2011年9月2日 ナターレ 牝3 川崎 2:17.4 的場文男 内田勝義 吉田正志
第41回 2012年9月7日 アスカリーブル 牝3 船橋 2:17.8 今野忠成 川島正行 坂本敏浩
第42回 2013年9月4日 トラバージョ 牡3 船橋 2:15.9 石崎駿 佐藤賢二 (有)エッジ
第43回 2014年9月9日 キットピーク 牡3 大井 2:17.9 岡部誠 宮浦正行 グローバルサービス(株)
第44回 2015年9月8日 ミスアバンセ 牝3 船橋 2:21.8 矢野貴之 椎名廣明 川上晋
第45回 2016年9月13日 ベルゼブブ 牡3 浦和 2:19.8 山崎誠士 小久保智 山口裕介
第46回 2017年9月7日 カンムル 牡3 浦和 2:17.4 左海誠二 小久保智 山口裕介
第47回 2018年9月12日 チャイヤプーン 牡3 船橋 2:18.5 森泰斗 川島正一 大久保和夫

馬齢は2000年以前についても現表記を用いる。

出典:南関東4競馬場公式「戸塚記念競走優勝馬」http://www.nankankeiba.com/win_uma/22.do

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 平 成 30 年 度 第 7 回川 崎 競 馬 競 走 番 組 (PDF)”. 川崎競馬公式Webサイト. 2018年9月11日閲覧。
  2. ^ 川崎競馬出走馬一覧表平成30年度第7回川崎競馬第3日9月12日(木) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2018年9月11日閲覧。
  3. ^ 3歳秋のチャンピオンシップ2017実施要項地方競馬全国協会、2017年8月11日閲覧

外部リンク[編集]